映画「新 仁義なき戦い 組長最後の日」


菅原文太                      松原智恵子

今回は深作欣二監督1976年製作「新 仁義なき戦い 組長最後の日」をピックアップする。
“仁義なき戦い”シリーズ8作目の本作は、暴力団の抗争の中で常に上部組織に泣かされる弱小組織の男が、組長の命を狙い続ける執念を描いたものだ。深作欣二監督のシリーズ最後の監督作である。


和田浩治                      藤岡琢也

【ストリー】
坂本英光組長(小沢栄太郎)が統率する大阪の坂本組は、日本最強、最大の組織を誇る暴力団である。閏年の2月29日夜、坂本組と尼ケ崎・河原組の準構成員であるバイ人同志の縄張り争いでパンマが殺害され、抗争事件へと発展した。仲間を殺された坂本組系・米元組々員の中道(和田浩治)が、単身、河原組へ殴り込み、拳銃を乱射したため、河原組々員がその報復として、米元組長(藤岡琢也)を狙撃、次いで坂本組の事務所を爆破させた。これは、九州・広島・下関の組織からなる七人会のバック・アップを得た河原組の坂本組への挑戦だった。坂本組では緊急幹部会が開かれたが、河原組壊滅を唱える米元派と、警察の介入を恐れる松岡派との意見が対立した。一方、九州玄竜会では、坂本組の九州進攻作戦に備え、会長の船田(名和宏)、副会長の岩木(多々良純)以下、各組長が着々と準備を進めていた。老齢の岩木組組長の後継者と目される若者頭の野崎修一(菅原文太)は沈着冷静な男として評判が高いのだが、中道の女房・麻美(松原智恵子)が、野崎の妹であり唯一の肉親であるため、微妙な立場に立たされていた。阿蘇温泉で岩木が女マッサージ師によって殺された。米元の放った刺客であると睨んだ野崎は、寒川、伸吉他の子分を連れて大阪へ乗り込んだ。だが、その間に坂本、松岡、米元たちが小倉へ行き、船田と和解協定を結んだ。そして船田に説得された野崎は断腸の思いで復讐を諦らめるのだった。だが、野崎からの中止命令を待たずして米元の家に潜入していた殺し屋ジョーが、米元の妾と子分を殺してしまったために、烈火の如く怒った米元は船田に熱湯を浴びせかけ、再び険悪な空気が漂った。しかし、意外にも船田は、智恵者・松岡の提案した玄竜会には分の悪い和解に同調する腹づもりだった。ついに野崎は、船田の反対を押し切って、単独で坂本の首をとる決意をし、ハイウェイでドライブする坂本たちをダンプカーで襲った。だが、今一歩のところで、伸吉が運転を誤り失敗。野崎の首に500万円の賞金を賭け坂本組に謝罪した船田は、米元を破門し体面をつくろった松岡の絵図にまんまと陥っていくのだった。今や、手負い獅子となった野崎は、大阪に潜入、チャンスを狙っていた。そして野崎をつけ狙うチンピラ西本、子分でありながら裏切った寒川らを始末した野崎は、麻美の家を訪れた。九州の事件で片足を失った中道は、止める麻美を振り切り、野崎を撃とうとするが、車に轢ねられ即死してしまった。そして野崎は、天王寺駅でついに坂本を追いつめたが、坂本は発病して救急車で病院に運ばれ、野崎もまた坂本の子分に撃たれ、逮捕されて警察病院に運ばれた。しかし、麻美、伸吉の協力を得て病院から脱出した野崎は、坂本の病院先へ向かった。そして、付き添いの松岡を振り切り、今では枯木同然に横たわる坂本に向って、引き金を引いた……。


横山リエ                      桜木健一

題名:新 仁義なき戦い 組長最後の日
監督:深作欣二
企画:日下部五朗、橋本慶一、奈村協
脚本:高田宏治
撮影:中島徹
照明:増田悦章
録音:中山茂二
美術:雨森義允
装置:近藤幸一
装飾:柴田澄臣
背景:平松敬一郎
美粧:伊藤実
結髪:福本るみ
衣装:岩道保
技斗:上野隆三
編集:市田勇
記録:田中美佐江
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:伊藤彰操
演技事務:森村英次
助監督:野田和男
スチール:中山健司
出演:菅原文太、松原智恵子、和田浩治、桜木健一、地井武男、尾藤イサオ、小沢栄太郎、成田三樹夫、藤岡琢也、八名信夫、名和広、多々良純、中原早苗、三上寛、川谷拓三、横山リエ
1976年日本・東映/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
新仁義なき戦い 組長最後の日 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「新 仁義なき戦い 組長最後の日」成田三樹夫      菅原文太

映画「くノ一化粧」


西村晃                          露口茂

今回は中島貞夫監督1964年製作「くノ一化粧」をピックアップする。
本作は、肉体を武器にした女忍者の活躍を軽妙なタッチで描いた「くノ一忍法」に続き“くノ一”シリーズの第二弾になる。前作同様、東映京都撮影所内での贅沢なセット撮影が多用されている。


春川ますみ、小沢昭一                 露口茂、芦屋雁之助

春川ますみ                       緑魔子 

【ストリー】
慶安4年、由井正雪(原健策)、丸橋忠弥を中心にした幕府転覆計画は失敗に終った。老中松平伊豆守(原田甲子郎)は由井正雪の動きを早くから察知し、その資金源を、老忍者服部半助(多々良純)に探らせていた。その結果、豊臣家が遺した巨億の財宝がかくされていることを知った。そして、その在りかを解く鍵は、豊臣家の恩恵を浴した大友忍者6人のくノ一が胎内に秘めた6個の鈴であった。鈴を強奪せよという伊豆守の命を受けた、天草扇千代(露口茂)を首領とする、道忍(西村晃)、狂念(小沢昭一)、兵部(脇中昭夫)、鞭馬(芦屋雁之助)、水阿弥(加藤武)ら6人の鍔隠れの忍者は、くノ一の住む長崎に向った。しかし彼等の動きは、早くもくノ一の首領天姫(弓恵子)の許にも伝わった。天姫を中心に、もみじ(西岡慶子)、お志乃(緑魔子)、お珠(松井康子)、夕心尼(岬瑛子)、お貞(三島ゆり子)の6人は鈴の死守を誓った。お志乃は夢幻琴の音、密霞の術を使い篝火兵部を倒しながら、扇千代のために術を破られ、忍法山彦によって自らも命を絶った。しかし扇千代も天姫の髪縫いの術によって盲目になった。一方鍔隠れ忍者の逗留する丸山遊廓を襲ったお貞は、逆に鞭馬のおとこ化粧の術で殺され鈴を奪われた。さらに鞭馬は、お貞に扮し、くノ一の本拠持仏堂に乗りこんだが、正体を見破られ、お珠の先祖返りの術にかかり、赤ん坊になってしまった。だが、お珠も、一寸した油断を、かけつけた水阿弥につかれ殺された。しかし、その水阿弥にも天姫の術がかかり、扇千代の姿が幻覚で裸身のくノ一に見えるのだった。抜討ちに切りかかる水阿弥を扇千代の刃が切って捨てた。部下を斬り良心の苛責に悩む扇千代は、惚れた遊女伽羅(春川ますみ)との情事に我を忘れた。そんなうちにも、両者の争いは苛烈で、天姫と扇千代を残して、次々と倒れていった。残った天姫は奪われた鈴を取り返そうと、伽羅の肉体を借りて扇千代に近づいた。が、女の本能は抱かれた扇千代の胸の中で、初めての喜びにふるえた。くノ一の宿命と、女の真の喜びが激しく交錯した。が、突然、扇千代が求めているのは自分ではなく伽羅であることに気づき、取返した鈴をも投げ捨て、扇千代の叫ぶ声を後に悄然と去っていくのだった。


多々良純                             弓恵子

題名:くノ一化粧
監督:中島貞夫
企画:小倉浩一郎、折茂武雅
原作:山田風太郎
脚本:倉本聰、中島貞夫、金子武郎
撮影:赤塚滋
照明:和多田弘
録音:藤本尚武
美術:吉村晟
装置:温井弘司
装飾:柴田澄臣
美粧:佐々木義一
結髪:白鳥里子
衣装:三上剛
擬斗:上野隆三
記録:墨はつ子
編集:神田忠男
音楽:山本直純
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:田村守
助監督:富田義治
スチール:深野たかし
出演:西村晃、露口茂、小沢昭一、芦屋雁之助、脇中昭夫、加藤武、春川ますみ、緑魔子、三島ゆり子、多々良純、弓恵子、岬瑛子、原健策、原田甲子郎、西岡慶子、松井康子
1964年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
くノ一化粧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


くノ一化粧                                                        弓恵子、春川ますみ

映画「地平線がぎらぎらっ」


「地平線がぎらぎらっ」星輝美、ジェリー藤尾

ジェリー藤尾                   星輝美

今回は土居通芳監督1961年製作「地平線がぎらぎらっ」をピックアップする。
本作は新東宝の大蔵貢社長が退陣後の作品であり、会社倒産まじかの時期に作られた。これまでの作風とは違い、ジェリー藤尾さん演じる新波(通称マイト)のキャラクターが新鮮だった。「暴力五人娘」でも見られたが、今作も製作費捻出のためなのか?タイアップで中外製薬がグロンサンの宣伝カー(ボンネットバス)を提供している。


多々良純、天知茂                 万里昌代

【ストリー】
T刑務所の27号室-カポネこと太田(多々良純)、通称教授の松田(天知茂)、バーテンこと土屋(沖竜次)、色キチこと大平(大辻三郎)、それに密輸現行犯・海坊主(晴海勇三)の5人の囚人が刑務所独特の秩序を作って安住している。ある日、マイト(ジェリー藤尾)と称するビート族が新入りとして入ってきた。傍若無人のマイトに古強者たちは煙草を溶かした水を飲ませて殺そうとするが、マイトが大量のダイヤモンドをかくしていると告げるにおよんで事態は一変。マイトはみんなを見下す身分となった。カポネは刑期が満了して出所する海坊主に命じて事の真相を確かめさせ、事実と判明するやマイトを利用してダイヤを手に入れようと一同を連れて集団脱獄した。月賦屋に押し入り囚人服を背広に着替え落合う場所の海坊主の家に立ち寄った。海坊主は一人でも仲間が減ればと色キチを殺そうとしたが逆に倒された。朝もやの中に飛び出した一同は、製薬会社の宣伝車を強奪、マイトがダイヤをかくしているという地平線がぎらぎらしている地点に向って一路とばした。山道でハイキングの女性と出会うや色キチは奇声をあげて飛び降りるが、欲に狂ったカポネに殺される。マイトはハイキングの一行の中の一人で失神した八重(星輝美)を連れ、エンコした車を捨てて山道を走る。その後をカポネ、教授、バーテンの三人が追う。山間の飯場でトラックを盗んだ一同は、バーテンの実家がある横井村に到着したが、バーテンの妻(万里昌代)は情夫と祭りに行っていていない。狂ったバーテンに追いかけられた女房は夢中で村の半鐘を叩き大騒ぎ。バーテンは村人に押えられ、カポネたちは山中に逃げこむ。しかしマイトはマムシに噛まれ八重の看護も空しくすでに断末魔の形相。欲望の鬼と化したカポネと教授はマイトにダイヤのありかを詰め寄る。が、マイトの口から出たことばは“あれはウソだ、おれの夢よ……”の一言だった。

題名:地平線がぎらぎらっ
監督:土居通芳
企画:小野沢寛
原作:藤原審爾
脚本:内田弘三、土居通芳
撮影:森田守
照明:石森浩
録音:片岡透
美術:小汲明
編集:神島婦美
音楽:松村禎三
制作主任:藤岡治郎
助監督:深町幸男
スチール:吉田基芳
出演:ジェリー藤尾、星輝美、万里昌代、多々良純、天知茂、大辻三郎、晴海勇三 、沖竜次
1961年日本・新東宝/シネスコサイズ・モノクロ89分35mmフィルム
地平線がぎらぎらっ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


地平線がぎらぎらっ

1 2 3 4 5