映画「やくざ坊主」


勝新太郎                     小川真由美

今回は安田公義監督1967年製作「やくざ坊主」をピックアップする。
主演の勝新太郎さんは、この年”座頭市シリーズ”3本、”兵隊やくざシリーズ”2本、「悪名一代(監督:安田公義 共演:田宮二郎、森光子)」「にせ刑事(監督:山本薩夫 共演:加東大介、吉村実子)」」と本作の計8作品に出演している。翌年「続やくざ坊主(監督:池広一夫 共演:朝丘雪路、松尾嘉代)」も大映京都で製作されている。


久保菜穂子                    勝新太郎、成田三樹夫

【ストリー】
江戸のあるボロ寺に、刺青をした破戒坊主、竜全が転りこんで来た。たまたま、その寺で、聖天一家と蛇の目一家の出入りがあり、聖天は相手を全滅させて岡場所の縄張りを握ったが、竜全はその聖天に会い、縄張りをゆすった。怒って斬りかかる聖天を、竜全はあっさり火箸で片づけてしまった。二組のやくざを消した竜全は町の人気者になり、早速、売れっ妓のお辰に言い寄ったが、汚い格好の竜全に、お辰は振り向きもしなかった。竜全は次の日から、寺男の権六、島破りの三次を使って、寺で連れ込み宿を開業、そのうえ、ゆすり、賭場の開帳と、悪徳商売を始め、大儲けをした。小判の顔を拝んだお辰は、今度は前とは打って変り、竜全に対しては愛想がよかった。ある日、岡場所に目をつけた第三のやくざ井桁一家が、ひそかに機会を狙い、竜全に近づいてきた。そして竜全の所業を見て寺社奉行に密告、彼を捕えさせようとしたが、竜全は咄嗟の機転でその場を逃れた。そんなとき、金貸しに騙されて身を売ろうとしたお鶴を助けた竜全は、代償に彼女の身体をいただいたのだが、やがてお鶴は、権六の隠し金を盗んだ三次と共に寺を去った。一方、竜全は、井桁の用心棒柏に狙われ、また同心近藤の追及に商売もうまく行かなくなってきた。そのため、近藤の不正を探し出して脅したが、近藤を操っているのは処刑されたはずの大悪党猪八であり、猪八とは女郎屋巴屋の勘助の正体と知った。近藤はやがて猪八に殺され、悪徳坊主竜全は岡場所と寺を賭けて猪八、井桁、柏と対決することになった。竜全は、傷つきながらも、彼ら一味を倒したのだが、次の朝、役人たちの手で岡場所も、寺も立入禁止にされてしまった。再び無一文となった竜全は権六と共に新規まきなおしを計ってこの町を去っていった。

題名:やくざ坊主
監督:安田公義
企画:奥田久司
脚本:高岩肇
撮影:森田富士郎
照明:加藤博也
録音:林土太郎
美術:加藤茂
技斗:宮内昌平
編集:山田弘
音楽:曽根幸明
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡徹
助監督:太田昭和
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、成田三樹夫、小川真由美、三木本賀代、久保菜穂子、多々良純、小松方正、渡辺文雄、五味龍太郎、山本一郎
1967年日本・大映/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
やくざ坊主 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


久保菜穂子、小松方正                 勝新太郎

映画「女が階段を上る時」

女が階段を上る時女が階段を上る時
高峰秀子                      高峰秀子、仲代達矢

今回は成瀬巳喜男監督1960年製作「女が階段を上る時」をピックアップする。
本作は銀座のバーの雇われマダムを主人公に、華やかな世界の裏に見え隠れする非情な人間関係と女の虚しさを描いた作品で、公開当時にヒットを記録したそうだ。菊島隆三氏が脚本とプロデュースを手掛けたオリジナル作品で、主演の高峰秀子さんが主要人物の衣装考証を兼任している。

【当プログで紹介した成瀬巳喜男監督作品】
1951年「銀座化粧
1955年「浮雲
1960年「女が階段を上る時
1966年「女の中にいる他人
1967年「乱れ雲

女が階段を上る時女が階段を上る時
団令子                      高峰秀子

【ストリー】
圭子(高峰秀子)はバー“ライラック”の雇われマダムである。ある日、外国人のマスターに呼ばれ売上げの減ったことを責められた。経済研究所長という肩書を持つ高級利権屋の美濃部(小沢栄太郎)が最近店に寄りつかなくなったこと、その美濃部が以前圭子の下で働いていたユリに店を持たせていること、圭子はすべてを知っていた。マスターから暗にユリ(淡路恵子)のように体を張れと言われた。夫に死なれて、女手一つで生きていかなければならなくなった圭子が、マネジャーの小松(仲代達矢)の口ききでこの道に入ったのは五年前であった。圭子は、バーの階段を上る時が一番悲しかった。しかし、上ってしまえばその日その日の風が吹いた。美濃部が現われ、ユリの店へ案内した。店は繁昌していた。ユリが席をはずした隙に、美濃部は圭子をゴルフに誘った。--圭子は店を変えた。小松と、女給の純子(団令子)がいっしょについて来た。関西実業家の郷田(中村鴈治郎)が、店を持たせるからと圭子に迫った。彼女は上客に奉賀帳を回して十万、二十万と借りて店を持つことを決心した。小松もいっしょに貸店を探して歩いた。ユリが狂言自殺をするつもりで誤って本当に死んでしまった。葬儀の席で、美濃部が貸金の返済を執拗に迫っていた。圭子はそ知らぬ顔で現れた美濃部にくってかかった。圭子は酒と興奮のためか血を吐いて倒れた。胃潰瘍だった。佃島の実家で、クリスマスと正月を過したが、七草が過ぎるともう寝てもいられなかった。おかみのまつ子が集金の催促に現われ、兄(織田政雄)からは息子の小児マヒを手術する金を無心されたのだ。圭子はまた階段を上った。プレス工場主の関根(加東大介)の誠意だけが身にしみた。いつか奉賀帳を回した時も、気持よく十万円出すことを約束してくれた。圭子はプレス工場のおかみさんにでも喜んでなろうと、関根に抱かれた。やっと幸せが来たのだと思った。しかし、関根は二度と現われなかった。圭子は酒におぼれた。銀行支店長の藤崎と一夜を過してしまった。が、藤崎は翌日大阪の支店へ転勤になると言いながら、十万円の株券を置いて去った。小松が入れちがいに入って来て、圭子の頬を打った。彼女は小松のいっしょになってくれという言葉を空虚な思いで聞いた。圭子は試練に耐えて生きていかなければならない。新しい明日をめざして、今日もバーの階段を上って行った。

女が階段を上る時女が階段を上る時
加東大介                      淡路恵子

題名:女が階段を上る時
監督:成瀬巳喜男
製作:菊島隆三
脚本:菊島隆三
撮影:玉井正夫
照明:石井長四郎、猪原一郎
録音:藤好昌生
整音:下永尚
美術:中古智
衣裳:高峰秀子
結髪:中尾さかゑ
編集:大井英史
現像:キヌタ・ラボラトリー
音楽:黛敏郎
製作担当者:森田信
助監督:広沢栄
特殊技術:東宝技術部
スチール:秦大三
出演:高峰秀子、仲代達矢、団令子、森雅之、中村鴈治郎(二代目)、加東大介、淡路恵子、小沢栄太郎、山茶花究、多々良純、藤木悠、沢村貞子、菅井きん
1960年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ111分35mmフィルム
女が階段を上る時 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

女が階段を上る時女が階段を上る時

映画「武器なき斗い」

武器なき斗い武器なき斗い
下元勉                      渡辺美佐子、下元勉

今回は山本薩夫監督1960年製作「武器なき斗い」をピックアップする。
原作は西口克己氏の小説「山宣」を映画化したもので、山宣とは、右翼の凶刃に倒れた労働農民党の代議士・山本宣治氏の事だ。本作は、西口克己氏の講演会の後で、大阪市電の勤務者が映画化を提案したのを契機に企画され、製作資金の募金は大阪市交通局の労組、私鉄の労組、大阪総評傘下の労働者が呼びかけて始まった。没後30周年を記念する映画として、関西在住の3,000人が発起人になり、”山宣映画化実行委員会”を結成し、700万円のカンパが集められた。撮影にあたっては、延べ3,700人にのぼるエキストラが動員されたそうだ。

武器なき斗い武器なき斗い
中谷一郎                      宇野重吉

【ストリー】
大正12年、関東大震災が日本の経済に大打撃をあたえた直後。時の政府・資本家たちは治安維持法を制定してプロレタリア弾圧にのりだしていた。京都同志社大学で教壇にたって生物学者山本宣治は、その頃新しい考えかたによる性教育の必要を痛感して、教室で講義をしたり労組の集りで産児制限の講演をおこなったりしていた。だが、大学当局や政府筋は彼の行動を妨害した。大正14年。ソヴェト労組代表が来日し、これを機会に政府は多くの自由主義的な学生や労勧者を検束した。宣治も同志社を追放され、労働党の運動に加わった。佐山村農民組合争議の惨状を目のあたりにして、彼は自分の生物学者としての考えかたを世に徹底させるためには、まず政治を改めねばならぬのを知った。妻千代や三人の息子は彼のよさ理解者であった。生家である料亭花屋敷を経営する父亀松、母多年も、考えかたこそ異れ、息子を信頼していた。佐山村争議で宣治は小作人さき・清母子や共産党員本田、彼に好意をよせる娘のぶなどを知った。やがて金融恐慌がやってきて、支配階級は侵略戦争を起した。昭和3年、普選に労働党から立候補した宣治は、苦しい選挙干渉と弾圧をしりぞけて代議士に当選した。3月15日の全国的労農階級弾圧一斉検挙を迎えて、宣治は断固支配階級とたたかった。が、彼の身体は激しい日々の連続によって病魔におかされていた。政府は治安維持法をさらに改悪しようとした。宣治は一人、本会議場でこれの反対演説をおこなう決心をした。しかしその日を目前にひかえた夜、彼は神田の光来館で右翼の兇刃に倒れた。日本の暗い時代はますます重くるしく、ひろがっていこうとしていた。
--昭和4年のその日から年月が経て、侵略戦争は敗戦によって終止符をうった。はじめて赤旗に囲まれ、おこなわれた山宣の命日に、改めて人々は彼の姿を胸によるがえらせるのだった。

武器なき斗い武器なき斗い
多々良純                       小沢昭一

題名:武器なき斗い
監督:山本薩夫
企画:山宣映画化実行委員会
製作:角正太郎、伊藤武郎
原作:西口克己「山宣」
脚本:依田義賢、山形雄策
撮影:前田実
照明:田畑正一
録音:安恵重遠
美術:久保一雄
編集:河野秋和
音楽:林光
現像:東洋現像所
協力監督:今井正、小坂哲人
出演:下元勉、中谷一郎、渡辺美佐子、宇野重吉、東野英治郎、山本學、河原崎長十郎、小沢栄太郎、三島雅夫、多々良純、利根はる恵
1960年日本・大東映画/シネスコサイズ・パートカラー140分35mmフィルム
武器なき斗い [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

武器なき斗い武器なき斗い

1 2 3 4 5