映画「新座頭市 破れ!唐人剣」


勝新太郎                         王羽

今回は安田公義監督1970年製作「新座頭市 破れ!唐人剣」をピックアップする。
本作は、座頭市シリーズの第22作で勝プロダクションとゴールデン・ハーベスト(香港)との合作になる。その為に日本公開版と香港公開版があり、ラストシーンの座頭市と王(王羽)の対決は、二通りになった。日本公開版は座頭市が勝ち、香港公開版は王剛が勝つというバージョンである。香港公開版は、香港のトップスターであるジミー・ウォング(王羽)の代表作、片腕必殺剣(獨臂刀)シリーズの第3作目としている。

座頭市シリーズ


勝新太郎、浜木綿子                    寺田路恵

【ストリー】
襲いくる杉戸一家のやくざを叩っ斬り、今日も、御法度の裏街道を旅していた座頭市(勝新太郎)は、瀕死の唐人から小栄(香川雅人)という子供を預けられた。街道筋で南部藩といさかいを起こして追われる身となった王(王羽)という唐人剣士が小栄の知人であることを知った市は王を救い小栄を渡してやった。一夜の宿に、と入った水車小屋で市は再び二人に出合い、小栄のカタコトの通訳で王が福龍寺に友人をたずねていくと知った市は、心よく案内役を買ってでた。寺へいく途中、親切な与作(花澤徳衛)、お米(寺田路恵)の親子から、懸賞金ほしさに王を追っている藤兵ヱ一家の探索が続いていることを知った市は、二人を親子にかくまってもらうことにした。王、小栄の食料を求めて町にでた間に、藤兵ヱ一家に襲われ、やっと市がたどりついた時はすでに与作夫婦は斬殺されお米、王、小栄の三人の姿は見えなかった。その足で藤兵ヱの家に馳け込んだ市は得意の居合でお米を助けだしたが、お米に裏切者との思いもかけぬ言葉をぶつけられて茫然とした。やりきれぬ思いを酒でまぎらわせる市に、酌婦お仙(浜木綿子)は、あでやかな姿で言いたってきたが、これも杉戸一家生き残りの為助と用心棒の片捧をかつぐ手管だった。スキをうかがい斬りつけてきた為助(森章二)らを、目にも止まらぬ居合で斬り捨てた市は、わずかな望みを胸に、福龍寺をたずね王、小栄の無事を聞き安心したものの、王が市を裏切者と思いこんでいるとは夢にも考えてはみなかった。だが王と小栄を売ったのは、親友と信じていた福龍寺の覚全(南原宏治)であり、覚全の手引きで不意を襲ってきた南部藩士に、不覚にも小栄を奪われてしまった王は、小栄奪回のために菩提ヶ原へ乗り込んでいき、南部藩士たちと凄惨な闘いを展開していった。一方お仙の宿に逃げ込んできたお米から、王、小栄の危機を告げられた市は、お米と少々頭のいかれた、波の市(三波伸介)、新七(伊東四朗)、亀(戸塚睦夫)の手を借りて策を練った。盲の利を生かし、夜の街道を急ぐ唐丸篭護送隊に斬り込んみ、小栄を救い出して、お米に託した市は、懸命に菩提ヶ原に向った。市を必死にはばむ藤兵ヱ一家は、荷車、分銅ぐさりなどの武器で市の行手をはばんだが怒りに燃えた市を倒すことはできなかった。藩士の死体の横たわる菩提ヶ原にたどりついた市の前に、死闘のあともなまなましい王の凄惨な姿が現われた。市は王の無事を喜んだものの、誤解のとけない王は、市に血だらけの剣を向けて闘いを挑んできた。語りかけることのできない目と話しかけても通じない言葉が、非情な剣の対決に二人を陥しいれた。勝負は一瞬のうちに決まり、王の体は静かに崩れ落ちていった。


南原宏治                勝新太郎、伊東四朗、三波伸介、戸塚睦夫

題名:新座頭市 破れ!唐人剣
監督:安田公義
製作:勝新太郎
原作:子母沢寛
脚本:安田公義、山田隆之
撮影:牧浦地志
照明:美間博
録音:大谷巖
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信
擬斗:楠木栄一
編集:谷口登司夫
音楽:富田勲
現像:東洋現像所
製作補佐:西岡弘善
製作主任:眞田正典
助監督:太田昭和
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、王羽(ジミー・ウォング)、浜木綿子、南原宏治、寺田路恵、安部徹、花澤徳衛、てんぷくトリオ(三波伸介、伊東四朗、戸塚睦夫)、佐々木孝丸、山本一郎、森章二、大前均、橋本力、香川雅人、汪玲
1970年日本・香港・勝プロダクション+ゴールデン・ハーベスト/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
新座頭市 破れ!唐人剣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


勝新太郎                            王羽

王羽、勝新太郎                                                新座頭市 破れ!唐人剣

映画「緋牡丹博徒 二代目襲名」


藤純子

藤純子                      高倉健

今回は小沢茂弘監督1969年製作「緋牡丹博徒 二代目襲名」をピックアップする。
本作は緋牡丹博徒シリーズ全8作の第4作になる。内容は、故郷・熊本へ帰ったお竜さん(藤純子)は、鉄道敷設工事を妨害する宝満一家の悪らつな妨害に屈せず、鉄道施設を完成させて矢野一家・二代目を正式に襲名するというもの。


遠藤辰雄、八代万智子             清川虹子、藤純子

【ストリー】
明治の中頃。父の死後、渡世修行の旅を続けたお竜(藤純子)は、7年ぶりに故郷熊本へ帰った。その時、元矢野一家の飛車角(広瀬義宣)、常(高宮敬二)、新入りの大風呂敷(長門裕之)、それに道後からは、富士松(待田京介)、清吉(大前均)が駈けつけ、お竜の念願だった矢野一家が再興された。折しも、筑豊地方に炭田が開発され、遠賀川流域は活況を呈していた。だが、石炭運搬のために、九州の親分衆が請負いの鉄道敷設工事をはじめると、川船業者の激しい妨害にあい、工事を降りる組が相ついだ。そんな中で、お竜の叔父川辺(嵐寛寿郎)は、仕事の続行をお竜に託し世を去った。しかし、川人足の元締の赤不動の勘蔵(石山健二郎)は、矢野一家にも手荒く迫った。一方、鉄道院では、永久出入りの特典をつけ、完成を急いだ。お竜は、親分衆に励まされ工事完遂に努力したが、宝満一家の荒木田(天津敏)は勘蔵に近づき妨害に出た。だが、勘蔵は狂暴な荒木田のやり口に態度を硬化させ、お竜に工事の協力を申出た。宝満一家は報復手段に出た。お竜が面倒をみている雪江(時美沙)を人質にすると、半次(和崎俊哉)にお竜を殺すよう命じた。半次から訳を聞いたお竜は、サイの目勝負に勝ち雪江を取戻した。それから数日、筑豊鉄道が完成した。そして、お竜の二代目襲名披露が行なわれた。だが、宝満一家は一番列車を転覆させ、手抜き工事を指摘し、現場に向うお竜らを襲った。卑劣な荒木田はやがて、お竜と矢代の活躍に葬られた。


長門裕之

題名:緋牡丹博徒 二代目襲名
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
原作:火野葦平
脚本:鈴木則文
撮影:吉田貞次
照明:井上孝二
録音:野津裕男
美術:井川徳道
記録:牧野淑子
編集:神田忠男
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
監督助手:本田達男
スチール:中山健司
出演:藤純子(富司純子)、高倉健、長門裕之、待田京介、小松方正、八代万智子、嵐寛寿郎、清川虹子、天津敏、遠藤辰雄、時美沙、大前均、石山健二郎、広瀬義宣、高宮敬二
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
緋牡丹博徒 二代目襲名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤純子

緋牡丹博徒 二代目襲名