映画「江戸川乱歩の陰獣」


あおい輝彦                      香山美子

今回は加藤泰監督1977年製作「江戸川乱歩の陰獣」をピックアップする。
本作は江戸川乱歩の原作を映画化した謎とき推理サスペンスで、本編の重要なテーマであるSMシーンに果敢に挑んでいる香山美子さんが美しかった。


あおい輝彦、若山富三郎               野際陽子

【ストリー】
本格推理小説家の寒川(あおい輝彦)に、彼のファンだと言って、さりげなく近づいて来た、うなじに赤いミミズ腫れのある人妻・小山田静子(香山美子)。彼女は寒川に、自分は変格派推理小説家で、初恋の相手でもあった大江春泥から脅迫されていると訴えた。寒川は自分が一番軽蔑している春泥の名をききこの事件に興味をいだく。脅迫状には、静子と夫の夜の秘事まで完ぺきな観察記録があり、闇にひそむ陰獣のような目に静子はおそれおののいていた。そして、物音がしたという小山田邸の天井裏を探ってみると誰かが這い回った跡があり飾りボタンが一つおちていた。寒川は春泥の足どりを追いかけた。そして、寒川の担当記者でただ一度だけ春泥と面識のある本田(若山富三郎)は、浅草でピエロ姿の春泥を見たといい出したが、全く彼の足どりはつかめず。静子に第二の脅迫状が届き、その予告通り、静子の夫、六郎(大友柳太朗)が隅田川の船着場に溺死体で浮び上がった。六郎の通夜の席に顔を出したヘレン・クリスティ(田口久美)に寒川はどうも腑に落ちなかった。そんなある日、ヘレンは寒川をホテルへ誘い、自分を鞭で打ってくれと懇願する。その時寒川はヘレンが天井裏で見つけた、ボタンと同じもののついた手袋を持っていることを知る。それは、六郎が英国出張中に二人で対で買ったもので、彼女が六郎の英国での情人であったのである。寒川は、このヘレンのマゾヒズムの喜びと、六郎の部屋にあった乗場鞭、そして静子のうなじのミミズ腫れを思い出し、静子を責めるだけでは満足できなくなった六郎が一連の脅迫犯人であり、あやまって死亡したものではないか、と推理した。しかし、納得ができない事があった。それは、本田が見た春泥は彼の本の奥付けについている写真とは違う人物なのだ。この頃、寒川と静子はとある土蔵を借りて、ただれるような愛欲の日夜を送る関係になっていた。ある日、歌舞伎役者の市川荒丸(川津祐介)が殺された。そして、彼こそが自分が会った春泥だ、と本田は言った。また、小山田家の運転手が六郎からボタンが欠けたまま昨年十一月に貰ったという手袋が天井裏のものと同一であることが判明。春泥=六郎という寒川の推理は根底からくずれた。土蔵にもどると、そこでは静子が寒川にヘレンが彼に懇願した事と同じことを求めてきた。その時、寒川にひらめくものがあり、この一連の事件は変格派春泥が本格派の自分に対し探偵作家としての挑戦で二重三重に仕組んだ巧妙な完全なトリックであると。


田口久美                      香山美子

題名:江戸川乱歩の陰獣
監督:加藤泰
製作:白木慶二
原作:江戸川乱歩
脚本:加藤泰、仲倉重郎
撮影:丸山恵司
照明:三浦礼
録音:小林英男
調音:小尾幸魚
美術:梅田千代夫
装置:石渡敬之助
装飾:印南昇
衣裳:松竹衣裳
かつら:八木かつら店
編集:大沢しづ
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:池田義徳
監督補:三村晴彦
製作補:池田義徳
製作進行:大川修
スチール:金田正
出演:あおい輝彦、香山美子、大友柳太朗、若山富三郎、川津祐介、中山仁、仲谷昇、野際陽子、田口久美、加賀まりこ、尾藤イサオ、倍賞美津子、藤岡琢也、菅井きん、花柳幻舟
1977年日本・松竹/スタンダードサイズ・カラー118分35mmフィルム
江戸川乱歩の陰獣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


あおい輝彦
江戸川乱歩の陰獣

【追記・訃報】
ドラマ「サインはV」での鬼コーチ役で知られた俳優の中山仁(本名・中山仁平)さんが2019年10月12日に亡くなっていたことが11月11日、所属事務所から発表された。77歳。肺腺がんだった。故人の遺志により、葬儀、お別れ会を行うことはせず、逝去の公表も控えていたという。中山さんは早稲田大学政経学部を中退し、1965年、文学座養成所入り。その後、劇団「NLT」を経て、1968年、三島由紀夫氏らと浪曼劇場を設立し、1970年の解散まで所属した。彫りの深い上品な顔立ちの二枚目で、「七人の刑事」などのドラマや映画、舞台に幅広く活躍した。「コンタック」CMでのコミカルな役柄でも注目された。(デイリースポーツ/2019年11月11日)

映画「タンポポ」


「タンポポ」山崎努、渡辺謙、加藤嘉、桜金造、安岡力也

宮本信子                         山崎努

今回は伊丹十三監督1985年製作「タンポポ」をピックアップする。
本作は、売れないラーメン屋を立て直す物語だが、本筋とは無関係ない食にまつわるエピソードが唐突に入り込んで来る構成になっている。モデルとなったラーメン店は、東京荻窪の”佐久信”を下書きにしたとされている。
2008年に本作をオマージュしたロバート・アラン・アッカーマン監督によるハリウッド映画「ラーメンガール(THE RAMEN GIRL)」が制作され、山崎努さんも出演している。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「タンポポ」宮本信子

役所広司                        岡田茉莉子

【ストリー】
雨の降る夜、タンクローリーの運転手、ゴロー(山崎努)とガン(渡辺謙)は、ふらりと来々軒というさびれたラーメン屋に入った。店内には、ピスケン(安岡力也)という図体の大きい男とその子分達がいてゴローと乱闘になる。ケガをしたゴローは、店の女主人タンポポ(宮本信子)に介抱された。彼女は夫亡き後、ターボー(池内万平)というひとり息子を抱えて店を切盛りしている。ゴローとガンのラーメンの味が今一つの言葉に、タンポポは二人の弟子にしてくれと頼み込む。そして、マラソンなど体力作り、他の店の視察と特訓が始まった。タンポポは他の店のスープの味を盗んだりするが、なかなかうまくいかない。ゴローはそんな彼女を、食通の乞食集団と一緒にいるセンセイ(加藤嘉)という人物に会わせた。それを近くのホテルの窓から、白服の男(役所広司)が情婦(黒田福美)と共に見ている。“来々軒”はゴローの提案で、“タンポポ”と名を替えることになった。ある日、ゴロー、タンポポ、ガン、センセイの四人は、そば屋で餅を喉につまらせた老人(大滝秀治)を救けた。老人は富豪で、彼らは御礼にとスッポン料理と老人の運転手、ショーヘイ(桜金造)が作ったラーメンをごちそうになる。ラーメンの味は抜群で、ショーヘイも“タンポポ”を町一番の店にする協力者となった。ある日、ゴローはピスケンに声をかけられ、一対一で勝負した後、ピスケンも彼らの仲間に加わり、店の内装を担当することになった。ゴローとタンポポは互いに魅かれあうものを感じていた。一方、白服の男が何者かに撃たれる。血だらけになって倒れた彼のもとに情婦が駆けつけるが、男は息をひきとった。--やがて、タンポポの努力が実り、ゴロー達が彼女の作ったラーメンを「この味だ」という日が来た。店の改装も終わり、“タンポポ”にはお客が詰めかけ、行列が続いた。ゴローはタンクローリーに乗ってガンと共に去っていく。


津川雅彦                         藤田敏八監督

題名:タンポポ
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:田村正毅
照明:井上幸男
特機:落合保雄
録音:橋本文雄
音効:斎藤昌利 リーレコ:河野競司
美術:木村威夫
装飾:越智利治
小道具:小俣倉之助、毛尾喜泰
衣裳:小合惠美子、中山邦夫
結髪:小沼みとせり ヘアーメイク:雑賀健治
料理:石森いずみ、小川聖子
配役:笹岡幸三郎
擬斗:高瀬将嗣
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄 ネガ編集:荒川鎮雄
音楽:村井邦彦
現像:東洋現像所
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
製作担当:川崎隆
製作進行:長田忠彦、岩下真司
演技事務:桜田繁
助監督:白山一城
演出助手:久保田延広、鈴木健二
撮影助手:笠松則通、伊藤栄美、茂呂高志、三森葉子
照明助手:加藤博美、斎藤志伸、町田修一、岡本幸典、関根謙一
録音助手:林大輔、柴山申広、葛木誠
美術助手:丸山裕司
編集助手:米山幹一
グラフィック・デザイン:佐村憲一
スチール:目黒祐司、宮本一郎
出演:山崎努、宮本信子、役所広司、渡辺謙、安岡力也、加藤嘉、桜金造、岡田茉莉子、大滝秀治、津川雅彦、竹内直人、橋爪功、大友柳太朗、黒田福美、藤田敏八、松本明子、池内万平
1985年日本・伊丹プロダクション+ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー115分35mmフィルム
タンポポ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


タンポポ

映画「怪竜大決戦」


怪竜大決戦

松方弘樹                      小川知子

今回は山内鉄也監督1966年製作「怪竜大決戦」をピックアップする。
当時、東宝のゴジラや大映のガメラ、日活がガッパ、松竹がギララという怪獣を登場させていた。本作は東映が唯一製作した“怪獣が登場する映画”であり、撮影は東映京都撮影所で行われ時代劇の重鎮が顔を揃えている。


大友柳太朗                     天津敏

【ストリー】
家老結城大乗の謀によって殺された近江の城主、尾形左馬亮の若君雷丸(松方弘樹)は、飛騨の国に逃げた。そこで雷丸は仙人、がま道人(金子信雄)から忍術を仕込まれ青年になったが、がま道人は昔の悪弟子、大蛇丸(大友柳太朗)に殺害された。その大蛇丸が父をも殺したことを知り、雷丸は自雷也と名乗り仇討ちのため近江に旅発った。途中、幼い時に別れた父を探し近江に向う綱手(小川知子)という少女に出会った。少女綱手も、父を探して自雷也の後を追った。大蛇丸から自雷也のことを聞いた結城大乗(天津敏)は、忍者を配し警戒網を張った。自雷也は百姓、善兵衛(原健策)の娘お咲(鈴村由美)の婿に化け市中潜入に成功したが、大蛇丸は善兵衛を殺した上にお咲までさらって逃げた。一方綱手も一度は、大蛇丸の配下の忍者に襲われるが、やはり忍者の一人の百々兵衛(千葉敏男)に救われ、無事に近江に入った。時あたかも、尾形家再興に現われた自雷也の噂でもちきりで、この混乱に乗じ大蛇丸は大乗を失脚させ、さらに自雷丸を倒し城主におさまろうという腹だった。百々兵衛のおかげで自雷也に再会できた綱手も、その百々兵衛から大蛇丸こそ探していた父だと聞かされ、連れていかれた。綱手は父大蛇丸より自雷也毒殺を命じられた。綱手から薬を飲まされた自雷也は大蛇丸の思うツボ、昏々と眠り続けた。すでに自雷也が死んだものと早合点した大乗が、酒宴を催している只中に躍り出た自雷也は、一気に大乗を倒し、さらにその裏切りを怒った大蛇丸は百々兵衛を殺し、それから自雷也の“がまの妖術”と大蛇丸の“昇竜の術”の決戦となったが、この大格闘に城は破壊された。自雷也があわや!と思われた時、綱手が蜘蛛婆(原泉)からもらったかんざしを大蛇丸に投げつけると、大蜘蛛が現われ、すさまじい落雷とともに、すべての妖術が解け、自雷也は大蛇丸を一刀のもとに斬り倒してしまった。無事仇討ちを果たした自雷也と綱手は大鷲に乗り、お咲姉弟と別れて元気に飛騨の国へと飛立った。


小川知子

大友柳太朗                                                   松方弘樹、大友柳太朗

題名:怪竜大決戦
監督:山内鉄也
企画:岡田茂、新海竹介
脚本:伊上勝
撮影:わし尾元也
特撮:赤塚滋
照明:長谷川武夫
録音:荒川輝彦
美術:矢田精治
装置:米沢勝
装飾:山田久司
造型:エキスプロダクション
美粧:堤野正直
結髪:橋本明子
衣装:三上剛
技斗:上野隆三
記録:矢部はつ子
編集:神田忠男
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学 合成:松木春吉
音楽:津島利章
製作主任:並河正夫
助監督:牧口雄二
スチール:中山健司
出演:松方弘樹、小川知子、大友柳太朗、鈴村由美、金子信雄、原健策、千葉敏男、林真一郎、天津敏、原泉、岡田千代、福本清三
1966年日本・東映/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
怪竜大決戦 -DVD-
怪竜大決戦[DMMレンタル]


鈴村由美、岩村隆男、小川知子、松方弘樹

1 2