映画「処女ゲバゲバ」



芦川絵里                        谷川俊之

今回は若松孝二監督1969年製作「処女ゲバゲバ」をピックアップする。
大島渚監督により命名された本作は、地下室に見立てた空間を御殿場ロケのみで完結している。
この時期、足立正生監督「女学生ゲリラ」のロケハンで同地を訪れていた若松監督が、同行していた大和屋竺氏に脚本を依頼し、3日間で書き上げた前衛的な内容が荒野に炸裂する。スタッフ・キャストは同作品とほぼ同じ、2本撮りである。(監督談)

作品リスト


芦川絵里                      処女ゲバゲバ

【ストリー】
駆け落ちした星(谷川俊之)と花子(芦川絵里)は、組織のボスの命令で二人を追ってきた男女7人の若者グループに捕まってしまった。見渡す限り続く荒野の真中で、グループのメンバーはボスに指示されたとおりの手順で二人に奇妙なリンチを始めたのだった。花は十字架に掛けられ、星はグループの3人の女たちと順番に寝るよう命じられたのだ。隙を見て素ッ裸のまま逃げ出した星は、花子を置き去りにした後ろめたさに悩みつつ荒野をさ迷い、社長と呼ばれる男の一行と出会うのだった。こうして、犬のしるし、獣のしるしである尻尾をもつ男の奇妙な彷徨が始まった。

題名:処女ゲバゲバ
監督:若松孝二
企画・製作:若松孝二
脚本:出口出(大和屋竺)
撮影:伊東英男
照明:磯貝一
編集:田賀保
音楽:迷宮世界
助監督:小水一男、秋山未知汚
撮影助手:赤川修也
照明助手:荻原勝
制作進行:西村清
モデルガン:上野中田商店
出演:芦川絵里、谷川俊之、乱孝寿、林美樹、大和屋竺、木俣堯喬
1969年日本・若松プロダクション/シネスコサイズ・パートカラー66分35mmフィルム
処女ゲバゲバ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


処女ゲバゲバ

【出演】
花子:芦川絵里(プロ鷹)
絹代:乱孝寿
ふじ子:林美樹
馬沢:大和田五郎
牛松:深井雅
猿田:宮瀬健二
キッコ:伊豆幸子
トン子:真鍋紀子
大幹部:南条範勝
用心棒:森達也
情婦1:花村亜法芽
情婦2:桜憲子
ボス:
幹部:大和屋竺
星:谷川俊之

映画「裏切りの季節」


裏切りの季節」立川雄三                 谷口朱里

今回は鬼才・大和屋竺監督1966年製作「裏切りの季節」をピックアップする。
初監督作品である本作は、プロデューサーを務めた若松孝二氏が「自身がプロデュースした中では最も衝撃を受けた作品だ」と述懐している。


裏切りの季節」山谷初男、佐藤重臣

【ストリー】
ベトナムから帰国した報道写真家の中谷(立川雄三)。友人の長谷川は戦場で亡くなってしまった。中谷は長谷川の恋人だった眉子(谷口朱里)のもとへ向かうが長谷川の遺したフィルムを手に入れようとする組織が中谷の後を追ってくる。ベトナム帰りの報道カメラマンに下された“復讐劇”。その裏側にあるもの、そして待ち受ける戦慄のラストとは・・・。


裏切りの季節」谷口朱里

題名:裏切りの季節
監督:大和屋竺
企画・製作:若松孝二
脚本:大谷義明(大和屋竺、田中陽造)
撮影:伊東英男
照明:磯貝一
録音:目黒スタジオ
音効:福島幸雄
記録:藤田豊子
編集:具流勘助
音楽:佐藤允彦
現像:目黒スタジオ
製作主任:宍倉源司
製作進行:菅原伸次
助監督:田中陽造
監督助手:加藤衛
撮影助手:浜野義之、大竹紀夫
照明助手:福井通夫、末吉忠二
演出協力:若松孝二
スチール:小泉喜正
出演:立川雄三、谷口朱里、山谷初男、志摩みはる、寺島幹夫、曽根成光、一の瀬弓子、中谷三郎、飛田八郎、森公司
1966年日本・若松プロダクション/シネスコサイズ・モノクロ77分35mmフィルム
裏切りの季節 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


裏切りの季節」立川雄三

映画「毛の生えた拳銃」


麿赤兒                        大久保鷹

今回は大和屋竺監督1968年製作「毛の生えた拳銃」をピックアップする。
裏切りの季節」「荒野のダッチワイフ」に続く大和屋竺監督の第3作になる本作は、劇団状況劇場(唐十郎主宰)の看板俳優を迎えて、前衛で先鋭な大和屋ワールドが炸裂する。惜しくも1993年1月13日に亡くなってから25年になるが、今、この様な秀でた監督、脚本家が日本映画界にいないのが残念だ。


吉沢健                       林美樹、谷川俊之

毛の生えた拳銃

【ストリー】
司郎(吉沢健)は、自らの恋人を襲った組織に復讐するために、ボスを刺し、その手下を撃った。組織は、高(麿赤兒)と商(大久保鷹)という殺し屋2人組を雇い、司郎を始末するよう命じる。しかし、高と商は、追跡を続けるうち、司郎に親しみをおぼえはじめる。


麿赤兒、山谷初男                     佐藤重臣

題名:毛の生えた拳銃
監督:大和屋竺
企画・製作:若松孝二
脚本:大山村人(大和屋竺)
撮影:伊東英夫
照明:磯貝一
録音:目黒スタジオ
音効:福島効果グループ
編集:具流勘助
記録:葵ひとみ
音楽:相倉久人(演奏:中村誠一・森山威男)
現像:目黒スタジオ
製作主任:弥山政之
助監督:小水一男
監督助手:秋山未知汚
撮影助手:一之瀬正史、田中康次
照明助手:安藤裕司、山崎正雄
モデルガン:上野中田商店
スチール:明日実
出演:麿赤兒、大久保鷹、吉沢健、林美樹、山谷初男、谷川俊之、松田政男、佐藤重臣、足立正生
1968年日本・若松プロダクション/シネスコサイズ・パートカラー70分35mmフィルム
毛の生えた拳銃 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


毛の生えた拳銃

【出演】
江原司郎(たそがれの司郎) :吉沢健(劇団状況劇場)
高:麿赤兒(劇団状況劇場)
商:大久保鷹(劇団状況劇場)
情報屋:松田政男
情報屋:佐藤重臣
大広間の男:足立正生
相倉久人
恵子:林美樹
菅野:山谷初男(俳優小劇場)
野田:谷川俊之
花子:乱孝寿
下:長岡丈二
マキ:古幡梢
不良:和田巌
哲:FM・ガイラスト・JR
殺し屋:汎乱気
キー子:万屋マリー
用心棒:原野伊野純
殺し屋:L・クレジロー
殺し屋:吉屋信夫
殺し屋:吉行淳
女:木戸脇菖子
女:松田俊子
女:吉岡順子

1 2 3