映画「ジャコ萬と鉄」


高倉健                               丹波哲郎

今回は深作欣二監督1963年製作「ジャコ萬と鉄」をピックアップする。
本作は1949年に東宝で制作(監督:谷口千吉 主演:三船敏郎)した同名映画のリメイクである。
ロケーション撮影は、積丹半島の島武意海岸で行ったそうだ。


山形勲                              南田洋子、大坂志郎

【ストリー】
終戦後間もない北海道カムイ岬、九兵衛一家は前科者の多い出稼漁夫を使ってぼろい儲けをしていた。ある日出稼漁夫を相手に暴れまわる片目の男をみて九兵衛(山形勲)はガク然とした。ジャコ萬(丹波哲郎)というその男はかつて九兵衛に船を盗まれソ連に抑留されたのだ。復讐に燃えるジャコ萬の出現に困り果てる一家の許へ、嵐の海へ行方不明となっていた九兵衛の息子鉄(高倉健)が舞い戻って来た。ジャコ萬と鉄、荒くれ者の二人はことごとく対決したが、鉄はジャコ萬から父が船を盗んだ事を知らされ愕然とした。そんな時、ジャコ萬を追いかける女ユキ(高千穂ひづる)があらわれた。邪険にあつかうジャコ萬に、鉄は何かと親切に番屋で雇ってやるのだった。業つくばりの九兵衛と出稼漁夫の間は決してうまく行ってなかった。大時化の夜一向に歩を出さない九兵衛に出稼漁夫はストライキを起こした。たかをくくっていた九兵衛も一同を代表して鉄が割増金を要求したのを見て、要求をのむしかないと悟った。ニシンの大群を前にして、驚喜して浜へ走る漁夫を後にジャコ萬は九兵衛の前に立ち塞がった。鉄がその危機の中に割って入った。出稼漁夫の乗る船の元網を切ろうとするジャコ万、それをさせじとする鉄。乱闘は続いた。が、力強いかけ声の響く中、ジャコ萬の復讐心は次第に消えていくのだった。そんな「ユキと一緒にほっ建て小屋でも建てろよ」と札束を放り投げる鉄は、またさびしく海へ出ていった。


江原真二郎                            高千穂ひづる

題名:ジャコ萬と鉄
監督:深作欣二
企画:関政次郎、植木照男
原作:梶野悳三「鰊漁場」
脚本:黒澤明、谷口千吉
撮影:坪井誠
照明:原田政重
録音:廣上益弘
美術:近藤照男、中村修一郎
編集:長沢嘉樹
音楽:佐藤勝
現像:東映化学
製作主任:内田有作
助監督:野田幸男
スチール:藤井善男
出演:高倉健、丹波哲郎、山形勲、江原真二郎、南田洋子、高千穂ひづる、大坂志郎、入江若葉、渡辺粂子
1963年日本・東映/シネスコサイズ・モノクロ99分35mmフィルム
ジャコ萬と鉄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山形勲、渡辺粂子                           ジャコ萬と鉄

入江若葉                             高倉健

映画「男の紋章」


高橋英樹、轟夕起子                  和泉雅子

今回は松尾昭典監督1963年製作「男の紋章」をピックアップする。
本作は1963年~1966年まで作られた全10編シリーズの第一作であり、任侠大河ドラマの序章編だ。東映任侠映画「日本侠客伝シリーズ」「昭和残侠伝シリーズ」「緋牡丹博徒シリーズ」とは違う日活任侠映画の描き方に社風の違いを見るが、当時はシノギを削って競争していた事が分かる。


大坂志郎、石山健二郎              轟夕起子、名古屋章

【ストリー】
昭和5年、この港町一帯に羽振をきかす大島組の主、庄三郎(石山健二郎)の豪胆な顔に近頃淋しげな影がよぎるのは、一人息子の竜次(高橋英樹)に望みどおり医者への道を歩ませたものの、永年守りとおした組の将来を案じてであった。渡世人を嫌いながら、父親の苦悩を知る竜次は、自ら志望して山奥のダム工事現場の診療所へ赴任した。そこで作業員たちに苛酷な労動を強いる西野組に憤った竜次は、彼等の本拠に乗り込んだ。西野はドスをつきつけたが、一人の男が竜次の父親を明かすと色を失った。自分の力への疑問に竜次が思い悩んでいるとき、庄三郎が反目する斎賀(名古屋章)の手によって殺されたことを知った。庄三郎の懐刀といわれた勘三(大坂志郎)が、斎賀の背後にいる村田きよ(轟夕起子)という女親分は竜次の実母だと全ての事情を打ち明けた。庄三郎はきよの父親と出入りになった時、渡世人の義理からきよを実家に帰し、以来竜次一人を頼りに生きてきたのだ。その夜竜次は自分の肌に父親と同じ刺青を彫らせ、組を引き継ぐ決心をした。折から満州事変が勃発、竜次は大島組を率いて軍の工事を請負ったが、斎賀は卑劣な手段を弄して妨害した。はやり立つ勘三らをおさえていた竜次も、勘三が死体となって運び込まれたとき意を決した。ひとり斎賀の許へ乗り込んだ竜次が忽ち配下に囲まれた時、きよが現れ白刃を遮った。豪雨が双肌脱いだ竜次の刺青を洗う中母と子はじっと見つめあった。


和泉雅子、大坂志郎                  井上昭文

題名:男の紋章
監督:松尾昭典
企画:笹井英男
脚本:甲斐久尊
撮影:岩佐一泉
照明:吉田協佐
美術:横尾嘉良
録音:米津次男
記録:宍倉徳子
編集:井上親弥
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:園山蕃里
助監督:千野皓司
色彩計測:小栗準之助
スチール:浅石靖
出演:高橋英樹、和泉雅子、石山健二郎、大坂志郎、名古屋章、轟夕起子、井上昭文、富田仲次郎、近藤宏、小池朝雄、武藤章生、河上信夫、藤岡重慶
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
2017年8月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「男の紋章」

映画「黒い傷あとのブルース」


「黒い傷あとのブルース」吉永小百合

小林旭                          吉永小百合

今回は野村孝監督1961年製作「黒い傷あとのブルース」をピックアップする。
本作は吉永小百合さんと小林旭さんが共演した唯一の作品であり、日活独特の緩いハードボイルド・サスペンスになっている。ロケーションは、神奈川県横浜市曙町、神奈川県立音楽堂、チャペルセンター、野毛山動物園、兵庫県神戸市で行われている。


大坂志郎、吉永小百合                   郷鍈治

大坂志郎、近藤宏、神山繁                 稲葉義男

【ストリー】
霧笛流れる横浜の波止場に、白いトレンチ・コートの男渡三郎(小林旭)が姿を現わした。5年前、落ち目の勢力を挽回しようとあせって堤組の組長(松本染升)が、小牧(大坂志郎)のもってきた密輸の取り引きに手を出し、その取り引き現場を何者かに襲われて死に、渡は警察に捕えられたのだった。いま彼は小牧を探そうとしている。あの事件は小牧の仕組んだ芝居とにらんだからだ。昔なじみの場所をあたったが、小牧の行方はつかめない。ただ、この間にふとしたことで知り合った清純なバレリーナ洋子(吉永小百合)と再会したことが、渡の心を慰めた。渡は小牧がモダンなスーパー・マーケットを経営しているのを知った。彼は小牧に500万円を要求した。むろん、堤の遺族のためである。ところが、あの洋子が意外にも小牧の一人娘だった。洋子に結婚を申し込んでいるクラブ“ブルー・ムーン”の社長茂原(神山繁)の名がマーケットの登記書にあることを洋子に聞いた渡は、黒幕が茂原であり、堤組をつぶした小牧と共謀して事件をたくらんだことを知った。このころ、洋子と渡の胸に、たがいに慕情が芽生えてきたのだった。洋子は、かつて堤組のチンピラだった丈二(郷鍈治)から父の秘密を聞かされ、父に無断で500万円を渡に届けた。彼はこの金を堤の未亡人たか(東恵美子)に渡そうとしたが、小さな幸福を求めて子供をかたぎに育てようとしているたかは受け取らない。渡は5年間の報復の念が空しいものになったことを知った。茂原は渡を消そうと小牧をそそのかし、夜更けの倉庫裏に二人を対決させた。相討ちに見せかけようとする茂原の銃弾--。渡の応戦に茂原は肩を射抜かれたが、小牧もまた息絶えた。洋子は一人ぼっちになった。渡への恋心だけが生きる糧であった。渡への手紙を丈二に託した洋子は、喫茶店で渡を待った。が、遠くから彼女の姿をじっと見ただけで、渡の白いトレンチ・コートは霧の中に消えていった。


東恵美子                        吉永小百合、小林旭

題名:黒い傷あとのブルース
監督:野村孝
企画:児井英生
原作:山野良夫
脚本:山崎巌、吉田憲二
撮影:岩佐一泉
照明:岩木保夫
録音:福島信雅
美術:木村威夫
擬斗:渡井喜久雄
記録:服部佳子
編集:鈴木晄
音楽:大森盛太郎 主題歌:小林旭「黒い傷あとのブルース」挿入歌:牧村旬子「女の素肌」
現像:東洋現像所
製作主任:武藤良夫
助監督:吉田憲二
色彩計測:小栗準之助
スチール:荻野昇
出演:小林旭、吉永小百合、大坂志郎、神山繁、郷鍈治、稲葉義男、金井克子、東恵美子、近藤宏、深江章喜、木島一郎、松本染升
1961年日本・日活/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
黒い傷あとのブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


吉永小百合                      黒い傷あとのブルース

1 2 3 4