映画「博徒列伝」

博徒列伝博徒列伝
鶴田浩二                        大木実

今回は小沢茂弘監督1968年製作「博徒列伝」をピックアップする。
本作は、数多くの東映任侠映画を監督してきた小沢茂弘監督の代表作「博徒」「博奕打ち」シリーズに並ぶ人気シリーズとして打ち出された「列伝」シリーズになる。また本作はオールスターキャストの任侠映画として正月興行として当時人気を二分していた「新・網走番外地(監督:マキノ雅弘)」と同時公開されるも、オールナイト興行では出演者たちが登場する度に拍手が沸き起こり、盛り上がりを見せていたそうだ。それというのも、本作が公開された頃はすでに主要な出演者全員、単独の看板番組を持っており、各々主役級で観客を呼べる大スターたちばかりであったため実に贅沢な配役に観客が熱狂したという。

博徒列伝博徒列伝
若山富三郎                       高倉健
博徒列伝博徒列伝
藤純子                        北林早苗

【ストリー】
昭和の初期。大木戸一家の若松組組長若松勇次部(鶴田浩二)は、3年間の懲役に服するため、大木戸一家二代目の跡目を弟分の川田(大木実)に譲り、服役後も川田の右腕とたって働いていた。一方、監獄一家の組長金光(天津敏)は、若勇の縄張を狙い、あくどいいやがらせを度重ねた。業を煮した若勇は、監獄一家に喧嘩状を叩きつけたが、関東きっての顔役、浅草の甲田(河津清三郎)が仲裁を買ってでた。若勇は、甲田の申入れを断ったものの、川田は甲田の甘言にのり、兄弟分の盃を交わすという条件で若勇のしきる芝浦埠頭の実権を金光に譲ってしまった。それからの工事現場は、若勇の案じた通りだった。人足たちの不平不満はつのり、渡世人あがりの人足小桜(北島三郎)は、単身金光にたち向った。小桜が、兄貴分の治療費を捻出するため、女房を売り、その身受金を稼ぐため、人足をしていると知った若勇は、賭場で稼ぎ小桜を助けるのだった。これには、三次(若山富三郎)や芸者勝弥(藤純子)の隠れた協力があった。その勝弥が、富士家一家の子分に因縁をつけられた。同道していた若勇は、勝弥を助けたものの、相手を傷つけ留置されてしまった。やがて、富士上健吉(高倉健)と和解した若勇を金光たちが隅討した。子分を殺された若勇は、弔合戦を川田に相談したが、甲田との摩擦をきらう川田は聞き入れず、逆に若勇を破門する始末だった。新年。親分衆の初寄合で、甲田と川田は兄弟分の盃を交わした。だが、当初より大木戸一家の縄張を狙う甲田は、金光に命じ川田を闇討し、さらに若勇の命をも狙った。その危難を小桜に救われた若勇は、川田の許へ駆けつけた。川田は、苦しい息の下から若勇に自分の非をわび世を去っていった。富士上の助勢を得た若勇が、甲田、金光に怨念を晴したのは、それから間もなくのことだった。

博徒列伝博徒列伝
菅原文太                        博徒列伝
博徒列伝博徒列伝
北島三郎                       橘ますみ
博徒列伝博徒列伝
河津清三郎                       天津敏

題名:博徒列伝
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、日下部五朗
脚本:笠原和夫
撮影:鈴木重平
照明:増田悦章
録音:堀場一朗
美術:井川徳道
装置:吉岡茂一
装飾:宮川俊夫
美粧:佐々木義一
結髪:妹尾茂子
衣裳:松田孝
擬斗:谷明憲
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:渡辺岳夫 主題歌:北島三郎「博徒の花道」
フィルム:富士フィルム
製作主任:福井良春
助監督:大西卓夫
スチール:杉本昭三
出演:鶴田浩二、若山富三郎、藤純子(富司純子)、高倉健、菅原文太、北島三郎、大木実、河津清三郎、待田京介、北林早苗、橘ますみ、天津敏、名和宏、北村英三、八名信夫、汐路章、玉川良一、人見きよし
1968年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
博徒列伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

博徒列伝博徒列伝
玉川良一                       博徒列伝
博徒列伝博徒列伝
博徒列伝                      鶴田浩二、藤純子

映画「やさぐれ刑事」


原田芳雄                        大谷直子

今回は渡邊祐介監督1976年製作「やさぐれ刑事」をピックアップする。
本作は藤本義一氏の同名小説を映画化したもので、物語の展開が良い作品になっている。70年代の原田芳雄さんの存在感が最も出ている作品ではないかと思う。松竹らしからぬ作風も新鮮だった。


高橋悦史                        清水章吾

【ストリー】
全国制覇をたくらむ関西十文字組の策謀に呼応して、各地で一斉に同系列の暴力団が動き始めた。当然、警察の動きも活発になった。北海道・札幌。暴力団取締りの中心にいた大西警部(神田隆)が殺されるという事件が起きた。犯人は、十文字系列の組の幹部・杉谷(高橋悦史)で、彼はすでに女連れで札幌から姿を消していた。大西警部直属の部下である西野警部補(原田芳雄)は、杉谷を追って北海道の最南端まで辿り着いたが、杉谷は下北半島に渡った後だった。しかも、杉谷と共に逃げているのは西野の妻・真穂(大谷直子)である事が判明した。職務に追われる西野にかまってもらえない妻はいつも寂しい思いをしていた、そこに情報を集めていた杉谷がとり入ったのだ、と西野は思った。西野は杉谷を、妻を、激しく憎んだ。二人を追う決心をした西野は警察を辞めた。法を守っていたのでは二人を追いつめることはできない、刑事でありながら法を破ることはできないからだった。西野の復讐の旅が始った。青森--。西野は真穂と再会した。西野は真穂を犯しながら、十文字組の情報を流すように命じた。相馬--。杉谷の臭いをかいで十文字組の事務所に侵入した西野はチンピラたちがブルー・フィルムに写る真穂の裸身をなめるように見ているのに出くわした。血が逆流する思いの西野は、ガスのコックを全開し、事務所ごと爆破した。東京--。西野は十文字組の背後に、政界に陰然たる影響力を持つ野村昭蔵(大滝秀治)の存在を知り、真穂は野村付きの高級コールガールとしてあてがわれていた。大阪・神戸--。真穂の情報をもとに、西野は十文字組の若衆頭を射殺、3億円にのぼる麻薬を押収した。鹿児島--。西野は十文字組の麻薬ルートの連絡中継点である浅見俊江(赤座美代子)の家を見つけ出した。だが、杉谷は沖縄に麻薬の取り引きに出て留守だった。「杉谷が抱いた女は、すべて犯す」西野は冷たい眼差しで俊江を犯した。遂に杉谷から坊ノ津港に来る、という連絡が入った。西野は杉谷と坊ノ津港の突堤で対峠した。西野のリボルバーが火を吹き、杉谷の眉間をぶち抜いた……。その頃、枕崎のとあるバーで、真穂は涙で頬を濡らしながら客を引いていた。夜目にも白く光る窓外の海、刑事二人に護送される西野は「あいつも可哀想な奴だった」と咳いた。それは、西野の一番愛していた真穂のことにちがいなかった。


絵沢萠子                         大谷直子

「やさぐれ刑事」大谷直子、原田芳雄

「やさぐれ刑事」原田芳雄、絵沢萠子

「やさぐれ刑事」赤座美代子、原田芳雄

題名:やさぐれ刑事
監督:渡邊祐介
企画:松本常保、大志万恭子
製作:猪股尭
原作:藤本義一
脚本:渡邊祐介、国弘威雄
撮影:丸山恵司
照明:三浦礼
録音:鈴木功
調音:小尾幸魚
美術:重田重盛
装置:新映美術工芸
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣装
擬斗:美山晋八
編集:寺田昭光
音楽:鏑木創
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:石田康男
出演:原田芳雄、大谷直子、高橋悦史、清水章吾、赤座美代子、絵沢萠子、大木実 、大滝秀治、花澤徳衛、佐藤蛾次郎、下川辰平、谷村昌彦、本郷直樹、神田隆、梓ようこ、ひろみどり
1976年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
やさぐれ刑事 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


原田芳雄、大谷直子                   原田芳雄

映画「次郎長三国志 甲州路殴り込み」


鶴田浩二                   長門裕之、里見浩太朗、品川隆二

今回はマキノ雅弘監督1965年製作「次郎長三国志 甲州路殴り込み」をピックアップする。
いわゆる”次郎長もの”は、1952年から1954年に東宝で9本製作され、1963年からマキノ雅弘監督によって東映で製作された本作は「次郎長三国志(1963年)」「続・次郎長三国志(1963年)」「次郎長三国志 第三部(1964年)」に続く第4(最終)作となった。


南田洋子                       里見浩太朗

【ストリー】
清水港次郎長(鶴田浩二)、お蝶(佐久間良子)夫婦のもとに、渡世人小政(里見浩太朗)が次郎長一家の投げ節お仲(安城百合子)の消息をもって駈けつけた。お仲は赤鬼金平の仇討ちに次郎長一家を狙う、甲府猿屋勘助(石山健二郎)の行動を探ぐりに行ったのだが、折から勘助の所へ草鞋を脱いでいた小政の眼力で人質として捕われたのだ。小政は次郎長と勘助のもめごとを知らず、一宿一飯の恩義を感じながらも、勘助の汚いやり方に怒り、次郎長に事の仔細を知らせたのだった。小政の案内で旅姿も颯爽と甲州路を急ぐ次郎長一家、これに江尻の大熊も乾分、お蝶を連れて加わった。大勢の乾分を連れて待ち伏せた勘助だったが、遂に次郎長の手で鮮血にまみれ、お仲は無事救出された。渡世仁義の掟でも喧嘩は喧嘩、兄貴分の大熊と別れて、次郎長一家は病弱なお蝶を連れ、兇状旅に出た。こんな次郎長一家の姿を見た石松は、勘助殺しの下手人として自首して出ると言っては、次郎長お蝶に涙さすのだった。小政はこの次郎長一家の固い結束を見て、自分も乾分にと頼みこんだ。旅なれないお蝶の発熱をみかねた乾分たちは、昔次郎長が助けた関取りの八尾ケ嶽久六を訪ねた。久六は今は十手を握るやくざの親分となり、次郎長一家を親切げに迎い入れたが、久六の本心は賞金を狙っての芝居であった。途中でそれに気づいた石松らはお蝶を石松の幼友達七五郎の恋女房、お園に預けた。献身的なお園の看病に、次郎長一家は心をなごませた。数日後お仲が久六の賭場で荒稼ぎした金を持って訪ねた時、お蝶はも早やこの世の人ではなかった。が、かくまってくれていれば、お蝶は死ななかったのにと憤る乾分たち真新しい墓標の前でお蝶への弔合戦を次郎長に迫った。不意の殴り込みに、久六一家はひとたまりもなく叩き斬られた。御用提灯の波の中、お蝶の遺髪を抱いて、次郎長一家は清水へと急いだ。その中にお仲、お園に七五郎の顔もあった。


安城百合子

題名:次郎長三国志 甲州路殴り込み
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、橋本慶一
原作:村上元三
脚本:マキノ雅弘、山内鉄也
撮影:山岸長樹
照明:増田悦章
録音:渡部芳丈
美術:鈴木孝俊
装置:木津博
装飾:宮川俊夫
美粧:佐々木義一
結髪:西野艶子
衣装:三上剛
技斗:足立伶二郎
記録:梅津泰子
編集:宮本信太郎
音楽:菊池俊輔
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
助監督:折田至
スチール:諸角義雄
出演:鶴田浩二、佐久間良子、南田洋子、大木実、里見浩太朗、長門裕之、待田京介、山本麟一、山城新伍、品川隆二、田中春男、安城百合子、石山健二郎
1965年日本・東映/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
次郎長三国志 甲州路殴り込み -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


次郎長三国志 甲州路殴り込み

1 2 3 6