映画「夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース」

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
梅宮辰夫                        宮園純子

今回は村山新治監督1968年製作「夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース」をピックアップする。
本作は、青江三奈さんのヒット曲「伊勢佐木町ブルース」を基に作られた”夜の歌謡シリーズ”第4作である。他には森進一さんのヒット曲「命かれても(1968年/監督:鷹森立一)」「おんな(1969年/監督:鷹森立一)」青江三奈さんのヒット曲「長崎ブルース(1969年/監督:鷹森立一)」「悪党ブルース(1969年/監督:鷹森立一)」ぴんからトリオのヒット曲「女のみち(1973年/監督:山口和彦)」八代亜紀さんのヒット曲「なみだ恋(1973年/監督:斎藤武市)」などが作られた。

【追記・訃報】
映画「仁義なき戦い」シリーズなどで知られる俳優の梅宮辰夫さんが2019年12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で亡くなった。享年81。死因は慢性腎不全だった。

梅宮辰夫さんが言い残したこと

芸能界というのは「大衆から常に憧れる世界でならなければならない」というのが持論だった梅宮さんにとって〝平成〟という時代の芸能界は歯がゆさだけが残った。「もう〝令和〟の芸能界なんかには期待していない。俺のいた芸能界からは、もっともっと距離が離れていくだろうな」 さらに「今さら懐かしむわけじゃないけどね」としながらも「今とは比べられないほど個性的で、しかも格好のいい素敵な映画スターが多かった。そんな時代のことを語ると古いって言われるかもしれないけど、これは、やっぱり映画からテレビの時代になっちゃったのかもしれないね。ほとんどの俳優というか芸能人が、それこそテレビCMのために存在しているようになっちゃったってことだよ。みんな商品の宣伝のために出ている…それこそ薬品とか化粧品とかね、もちろん、それが悪いって言っているわけじゃないけど、宣伝ばかりやっているような、そんな連中がゴロゴロしてきちゃってね、本当、つまらない世界になっちゃったってことなんだよ、そうとは思わないか?」

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
清水まゆみ                       吉田輝雄

【ストリー】
宮田(梅宮辰夫)は、バーやキャバレー新開店の諸準備を請負うオープン屋をしていた。土地成金の大倉(伴淳三郎)は、宮田に1,500万円でバー開店を依頼した。ただし、ママになる女を二号にしたいとの条件つきだった。二つ返事で引受けた宮田は伊勢佐木町裏のバーを買収し、酒場のホステスれい子(宮園純子)を強引に口説き落とした。バー「れい子」の開店日は大盛況だった。その日、大倉は希望に胸ふくらませてれい子を誘惑した。だが、二号話を聞かされていなかったれい子に、にべもなく断られてしまった。怒りを心頭に発した大倉は、愚連隊を雇い、宮田に迫った。宮田は、いつもの調子よさで、自分に熱を上げているホステスの房子(清水まゆみ)を、ホテルに待たせてある大倉に送った。その夜、宮田は、刑務所から出たばかりの竹村(吉田輝雄)がれい子と情事にふけっているのを見て愕然とした。竹村は、れい子をヒモとして、ふたたび昔の生活を始めようとしていた。宮田は、れい子が自分には欠かせぬ女であることを悟った。竹村は200万円の代償を請求した。金策に困った宮田は、女実業家笹井(山口洋子)に委託されたクラブのオープンを引受け、ママにれい子を推薦した。だが、れい子引抜きを怒った大倉が、宮田の行手に待っていた。愚連隊に襲われ、200万円を奪われた宮田の話を聞いた竹村は、大倉から金を取戻した。しかし、そこにはれい子をふたたび大倉のバーに戻すという契約がなされていた。房子からこの話を聞いた宮田は、れい子をバーテン小滝(佐々木功)に預けると竹村と対決した。この事件により竹村は刑務所に逆戻り、宮田は大倉に200万円を渡し、れい子の移籍を了承させた。宮田とれい子の間の障害は消えさった。だが、れい子は小滝との結婚を打明けるのだった。宮田を慕い、彼のために大倉に身を任せた房子の献身が、れい子に全てを諦めさせたのだ。それから間もなく、泥酔した宮田と寄添う房子の姿が波止場に消えていった。

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
伴淳三郎                        青江三奈

題名:夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース
監督:村山新治
企画:園田実彦、扇沢要
脚本:舟橋和郎
撮影:星島一郎
照明:銀屋謙蔵
録音:内田陽造
美術:中村修一郎
装置:加藤勇次
装飾:佐藤善昭
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:鏑木創 主題歌:青江三奈「伊勢佐木町ブルース」「酒場人形」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:阿部征司
助監督:伊藤俊也
スチール:加藤光男
出演:梅宮辰夫、宮園純子、青江三奈、清水まゆみ、吉田輝雄、伴淳三郎、佐々木功、南原宏治、高毬子、山口洋子、大泉滉、紙京子、和田みどり、伊藤慶子、小松方正、小林稔侍、相馬剛三
1968年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
清水まゆみ、宮園純子                夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース
伊勢佐木町ブルース

映画「夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース」

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
松方弘樹                       宮園純子
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
宮園純子

今回は鷹森立一監督1969年製作「夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース」をピックアップする。
“夜の歌謡シリーズ第5作”である本作は、青江三奈さんのヒット曲”長崎ブルース”をバックに、ムードで綴る歌謡シリーズという内容だ。大原麗子さんが美しい。

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
梅宮辰夫                       大原麗子
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
大原麗子

【ストリー】
クラブ・エリートのナンバーワン・ホスト浜崎史郎(松方弘樹)は、新宿でまだあどけなさの残る少年水野清志(谷隼人)を拾った。清志はテレビタレントを志望していたが、史郎の甘言に乗り、クラブのセリに出されてしまった。しかし、純情型の清志は最高値で落札され、いつしかホストとしての腕をあげていった。清志の姉直美(宮園純子)が上京したのはそんな折だった。直美は清志を説得して長崎へ連れ戻そうとしたが、高収入の仕事を捨てようとはしなかった。直美は史郎にも懇願したが、史郎のプライドを傷つけてしまった。激怒した史郎は、直美に襲いかかったが、彼女の気品にふれ自分の行為を後悔した。やがて、史郎は清志から直美の結婚話を聞かされ、長崎に発った。そして、婚約者の布施(梅宮辰夫)に直美と関係のあったことを告げた。直美は布施から蔑視され、絶望の余り自殺をはかった。その直美を死から救ったのは史郎だった。だが、復讐に燃える布施はゴロツキを雇い、史郎に重傷を負わせた。誠心誠意の看護を続ける直美。二人が婚約したのはそれから間もなくのことだった。

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
谷隼人                        白木マリ

題名:夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
監督:鷹森立一
企画:園田実彦、吉峰甲子夫
脚本:舟橋和郎
撮影:星島一郎
照明:銀屋謙蔵
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:加藤勇次
装飾:武井正二
擬斗:日尾孝司
記録:山之内康代
編集:田中修
音楽:伊部晴美 主題歌:青江三奈「長崎ブルース」「新宿サタデーナイト」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:清河朝友
助監督:山口和彦
スチール:加藤光雄
出演:松方弘樹、宮園純子、青江三奈、大原麗子、谷隼人、梅宮辰夫、白木マリ、西岡慶子、藤村有弘、曽我町子、若水ヤエ子、長沢純、宮内洋、人見きよし、曽根晴美、大泉滉、高宮敬二
1969年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
松方弘樹、青江三奈                梅宮辰夫、松方弘樹
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース

映画「地獄の曲り角」

地獄の曲り角
「地獄の曲り角」稲垣美穂子
地獄の曲り角地獄の曲り角
葉山良二                         稲垣美穂子

今回は藏原惟繕監督1959年製作「地獄の曲り角」をピックアップする。
本作は、藤原審爾氏の原作を日本版フィルム・ノワールとして映画化したものだ。内容は、仕掛けれた謎と裏の世界で伸し上がった男の物語である。男が殺し屋にロックオンされるラストの終わり方は、私は好きだ。南田洋子さんが美しく印象に残った。

地獄の曲り角
葉山良二、稲垣美穂子
地獄の曲り角地獄の曲り角
南田洋子                      葉山良二、大泉滉

【ストリー】
さくらホテルのボーイ牧(葉山良二)は殺人事件のあった部屋で「3分の1の鍵」と書かれた紙片と鍵の一部をひろった。翌日の朝刊で、彼は昨夜の殺人はある公団の収賄事件にまつわるもので、殺されたのは出所直後の某省課長補佐であり、共犯の課長松永(二本柳寛)はなお服役しており、1億5千万円の金が行方不明になっているのを知った。思わぬ運命の微笑に彼は狂喜した。ホテルの花屋につとめながら、10万円でその店を買い、彼と暮すことを夢見ている恋人章子(稲垣美穂子)の心配をよそに、彼は生活態度をきりかえた。事件のあった隣りの部屋に宿をとった謎の女貴子(南田洋子)は、色じかけで彼の鍵を狙ってきた。彼女を手にいれた牧は、ホテルの部屋にテープレコーダーをしかけ、密会するアベックから金をおどしとることをはじめ、やくざの上月組とはり合うようになった。麻薬事件を密告して上月組の組織を自分のものにした牧は、今やいっぱしの顔の利く男となった。しかし、花屋を買いとってもらって経営にあたっていた章子は、そんな牧をいやがった。だが牧の目は覚めなかった。貴子の持っていた鍵を手に入れ、出所した松永の手から殺し屋を使って鍵を奪った牧は、3つを合せて中央郵便局私書函からメモをとり出し、それをコピーしてメモにある3人の人物をホテルに集めた。代議士吉満(嵯峨善兵)、局長鈴木(山田禅二)、某会社専務宮岡(松下達夫)の三人は、牧殺害を計ったが、計画はかつて牧のしかけておいたテープにとられていた。こうして5千円札のぎっしり詰ったパッグを手中におさめた牧は、それを自動車に投げ入れて乗ろうとした時、章子の電話でフロントに呼ばれた。そのスキに貴子が車にとびのり、逃走した。だが車には牧を仇と狙うサブの細工がしてあった。追う牧の目前で貴子の車と札束は炎上した。衣服は破れ、うちのめされた牧は、一人章子の部屋に倒れ込んだ。

地獄の曲り角地獄の曲り角
南田洋子、二本柳寛                    高品格

題名:地獄の曲り角
監督:藏原惟繕
企画:大塚和
原作:藤原審爾 「命と女と花」
脚本:馬場当、山田信夫、今村昌平(ノンクレジット)
撮影:間宮義雄
照明:高島正博
美術:千葉一彦
録音:沼倉範夫
技斗:峰三平
編集:鈴木晄
音楽:真鍋理一郎
製作主任:武藤良夫
助監督:野村孝、木下喜源
出演:葉山良二、稲垣美穂子、南田洋子、二本柳寛、近藤宏、高品格、大泉滉、土方弘、大町文夫、松下達夫、山田禅二、河上信夫、嵯峨善兵
1959年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ93分35mmフィルム

地獄の曲り角地獄の曲り角
地獄の曲り角

1 2 3 12