映画「つむじ風」


渥美清                        加賀まりこ

今回は中村登監督1963年製作「つむじ風」をピックアップする。
本作は、銭湯の黄金時代(昭和30年代)を背景に物語は展開される。今となっては希少な銭湯を軸にしいる事で、喜劇というより当時の風俗に興味を曳く作品である。撮影は巨匠成島東一郎氏。


桂小金治                        伴淳三郎、殿山泰司

富士真奈美                     若水ヤエ子、伴淳三郎

【ストリー】
失業中の浅利圭介(桂小金治)が乗用車にはね飛ばされた田舎風の青年、松平陣太郎(渥美清)を連れ帰ったのは、逃げた車の持主を探し出して賠償金をたんまりいただこうとの下心があったからである。車のナンバーから犯人は流行作家の加納明治(伊藤雄之助)と風呂屋の猿沢三吉(伴淳三郎)のどちらかであることが判り、浅利が加納に、青年が三吉に当ることになった。この青年松平陣太郎は自ら徳川将軍の末孫と称し、珍奇な風貌、頭の回転と行動力は恐るべきものがあった。彼の調べでは、三吉湯の商売仇に泉湯があり、三吉の娘一子(加賀まりこ)と泉湯の息子竜之助が(川津祐介)ロメオとジュリエット的悲恋の運命にあることも知れた。一人ほくそえんだ陣太郎が両者をあおったからたまらない。風呂賃の値下げ競争で両家の食卓にはウメボシ、ニボシが並ぶだけとなり家族は栄養失調寸前、そんな時陣太郎は引き逃げ事件を三吉に切り出した。三吉のアリバイはアパートに囲っている女子大生のお妾さん、真知子(富士真奈美)によって証明されたが、陣太郎は口止め料をせしめることが出来た。一方浅利は、加納の秘書塙女史(環三千世)を何としても攻略出来なかった。業を煮やしてこちらにも出馬した陣太郎は、たちまち引き逃げしたことを書いた加納の日記を手に入れ、まんまと多額の賠償金をせしめた。三吉に真知子の監視役を頼まれた陣太郎は彼女の隣室に移ったのだが、こともあろうに二人の間に愛情が芽生えていた。そうとは知らず三吉は陣太郎を松平家の御曹子と信じて一子と一緒にさせようと計ったので、一子は愛する竜之助と家出してしまった。塙女史が陣太郎は徳川家と無関係であることを調べあげてきたので烈火の如く怒った三吉達がアパートへ押しよせてみると二人の姿はなく、残されていたのは二組の挙式料請求書であった。その頃、陣太郎と真知子、竜之助と一子のカップルは新婚旅行のタクシーに乗込んでいた。


沢村貞子                       環三千世、伊藤雄之助

題名:つむじ風
監督:中村登
製作:深沢猛
原作:梅崎春生
脚本:清水俊男、宮崎守
撮影:成島東一郎
照明:田村晃雄
録音:吉田庄太郎
美術:佐藤公信
装置:中島好雄
装飾:町田武
衣装:山口松男
編集:浦岡敬一
現像:東洋現像所
音楽:いずみたく 主題歌:渥美清
色彩技術:倉持芳宏
スチール:梶本一三
出演:渥美清、加賀まりこ、川津祐介、伴淳三郎、桂小金治、伊藤雄之助、殿山泰司、富士真奈美、若水ヤエ子、沢村貞子、環三千世、藤田まこと、辻さとみ、大泉滉
1963年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
つむじ風 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


川津祐介、加賀まりこ                 つむじ風

映画「女番長 玉突き遊び」


叶優子                                                                 叶優子、衣麻遼子

今回は関本郁夫監督1974年製作「女番長 玉突き遊び」をピックアップする。
本作は、女番長シリーズの第7弾にして最終作となった。本作撮影中に、主役の叶優子さんが怪我をして撮影が中断するアクシデントが起きたそうだ。その為に次回作を予定していた池玲子さん主演の「女番長 タイマン勝負」がクランクインしてしまう。その後、叶優子さんが復帰し撮影が再開され本作は完成するのである。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


衣麻遼子                                                         女番長 玉突き遊び

【ストリー】
山猫お今日こと牧今日子(叶優子)が少年院を出て2年ぶりに、大阪に戻って来た。今日子は、かつての仲間で、今は落ち目のユキ(藤山律子)、トン子(美和じゅん子)、かおる(碧川ジュン)、そして今日子の度胸に敬服した桃代(田島晴美)と弘子(城恵美)を集めて、新しい女番長グループを結成した。一方、2年前に今日子に負わされた顔の傷の復讐を誓うカトレア会の女番長三奈(衣麻遼子)は、暴力団立花興業の社員である情夫の小池(菅貫太郎)に頼んで今日子に闇討ちをかけるが、一匹狼を名乗る西条五郎(白石襄)に邪魔されてしまう。数日後、今日子は、カトレア会のマリのスポンサーである沖タイヤの経理部長・八木(名和宏)が社長の沖と結託して、会社を偽装倒産させ、10億円相当の密輸ダイヤを売りさばく事をつきとめた。そこで今日子はマリと八木の情事を写真に撮り、30万円をゆすり取るや、追って来たカトレア会を滅多打ちに倒してしまう。一方、密輸ダイヤの事を小池から知らされたボスの立花(安部徹)も動き出した。やがて、ユキたちが小池に捕われ、単身彼女たちを救い出した今日子が、今度は自分が捕われ、小池たちに次々と強姦された。心身ともに傷ついた今日子を五郎は、優しく労るのだった。五郎と組んでダイヤを手に入れる決意に燃える今日子は、まんまとダイヤを手に入れ、換金するために伊丹空港へ向かう。だが、途中でユキが殺されてしまい、空港に待ち伏せしていた立花たちにダイヤを奪われてしまった。復讐の鬼と化した今日子たちは、三奈を一撃のもとに倒すや、立花らが立てこもっている琵琶湖のホテルへと向う。モーターボート、水中ガンなとを駆使してホテルの真っ只中へ不意打ちをかけた今日子たちは、小池、立花を血祭りにあげるが、ダイヤは、モーターボートともども炎上してしまった。深手を負いながらもこの光景を見届けた五郎は、満足そうな微笑を残して息絶えた。


白石襄

題名:女番長 玉突き遊び
監督:関本郁夫
企画:三村敬三
脚本:松本功
撮影:鈴木重平、古谷伸
照明:井上孝二
録音:格畑学、中山重二
美術:竹川輝夫
装置:温井弘司
装飾:山田久司
背景:西村和比古
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司、松田孝
擬斗:土井淳之祐
記録:牧野叔子、森村幸子
編集:神田忠男
音楽:クニ河内 挿入歌:星まり子「泣くなオッパイちゃん」
製作主任:上田正直
演技事務:伊駒実磨
助監督:河村満和、萩原将司
スチール:諸角義雄、中山健司
出演:叶優子、田島晴美、藤山律子、白石襄、衣麻遼子、星まり子、城恵美、大堀早苗、相川圭子、愛田純、碧川ジュン、美和じゅん子、菅貫太郎、金子信雄、大泉滉、安部徹、名和宏、成瀬正孝
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
女番長 玉突き遊び -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


星まり子                                                                  叶優子

映画「まむしの兄弟 恐喝三億円」


菅原文太                       川地民夫、菅原文太

今回は鈴木則文監督1973年製作「まむしの兄弟 恐喝三億円」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作は第6作になる。同時上映は「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」であった。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


松方弘樹                          堀越光恵

【ストリー】
久し振りに出所し、娑婆に出て来たゴロ政(菅原文太)が神戸に戻って来たところ、勝(川地民夫)が当り屋に失敗して入院していた。政は、勝をはねたのが、神洋交易の社長・李楊徳(河津清三郎)の娘麗花(堀越光恵)と知り、李をゆすって300万円の見舞金を出させようと、ゴルフ場で李に凄んだ。ところが、ゴルフ場で李は、やくざ・安武(渡辺文雄)とボールにつめた麻薬の取り引きをしていたのだが、それとは知らない勝がボールを持ち返ってしまったために、用心棒の広津建(松方弘樹)に300万円の小切手を渡して二人を追わせた。しかし、広津はその小切手を政たちに渡さず、ボールを取り返した後に、着服してしまった。だが、翌日、政と勝が小切手を取り返しに殴り込んで来たことから、広津は着服したことを李に知られ、リンチを受けた。一方、小切手を手にして浮かれていた政と勝だが、フーテン女高生の甘い言葉に誘われ、折角の小切手を取られてしまった。そのころ、李と安武の間で、3億円にも及ぶ、麻薬の大量取り引きが進行し、大阪空港にゴルフボールに仕組んだ現物が香港から到着することになった。これを知った広津は、自分を野良犬とののしった李への報復から再び裏切って、3億円を一人占めにしようと計った。この企みに、広津に惚れこんでいる麗花と、広津に近親感を抱いている政と勝も加担することにした。国際線貨物取扱い所から積荷を積んだトラックに、麗花が、父の命令だと偽わって、勝を運転台に乗りこますのに成功し、トラックごと奪ってしまった。しかし、急報によって追いかけて来た安武組に、河原の堤防で包囲され激しい銃撃戦となった。政が片腕を撃たれながらも、ようやく広津との集合場所にたどりついた。麻薬を車に移し変えた広津は直ちに発進したが、安武組の執拗な追跡に逃げ切れず、遂に、広津、麗花とも銃弾に倒れた。二人の死を知った政と勝は、復讐を誓って、トラックを安武組へと突進させるが、丁度その頃、麗花を殺されて怒った李が、反対に安武に刺殺されていた……。


女屋実和子、三島ゆり子                                      まむしの兄弟 恐喝三億円

渡辺文雄                        河津清三郎

一の瀬レナ                                                                    早乙女りえ 

題名:まむしの兄弟 恐喝三億円
監督:鈴木則文
企画:橋本慶一
脚本:高田宏治、鈴木則文
撮影:鈴木重平
照明:和多田弘
録音:格畑学
美術:鈴木孝俊
装置:温井弘司
装飾:清水悦男
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:高安彦司
擬斗:三好郁夫
記録:牧野叔子
編集:宮本信太郎
音楽:広瀬健次郎
進行主任:上田正直
助監督:藤原敏之
演技事務:高村英次
協力:福田レーシング・チーム
スチール:木村武司
出演:菅原文太、川地民夫、堀越光恵、松方弘樹、三島ゆり子、女屋実和子、一の瀬レナ、早乙女りえ、河津清三郎、渡辺文雄、今井健二、菅井きん、武智豊子、林彰太郎、片桐竜次、大泉滉、川谷拓三
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
まむしの兄弟 恐喝三億円 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


まむしの兄弟 恐喝三億円               川地民夫、菅原文太

1 2 3 11