映画「私が棄てた女」

私が棄てた女
「私が棄てた女」浅丘ルリ子
私が棄てた女私が棄てた女
浅丘ルリ子                    河原崎長一郎

今回は浦山桐郎監督1969年製作「私が棄てた女」をピックアップする。
本作は遠藤周作氏の同名小説を映画化したもので、内容は幸福な人生の為と田舎娘を棄て、出世の道を選んだ男の末路を虚無的に描いているが、ベテラン女優の浅丘ルリ子さんに優るとも劣らないデビュー作を飾った小林トシ江さんの存在感に圧倒される作品である。浦山監督の秀逸な演出と相まって本作は傑作であると思う。東京都内でのロケ地は、品川区五反田駅周辺、世田谷区成城学園周辺、台東区上野動物園などだ。

私が棄てた女
「私が棄てた女」小林トシ江
私が棄てた女私が棄てた女
小林トシ江                 小沢昭一、浅丘ルリ子、河原崎長一郎

【ストリー】
自動車の部品会社に勤める吉岡努(河原崎長一郎)は、専務の姪のマリ子(浅丘ルリ子)との結婚を控えていたが楽しくはなかった。かつては学生運動に青春を燃やした自分が、いまは刹那的な快楽と利益を追う並みの人間の一人になっているのを自覚していたからだ。ある夜、努は旧友の長島(江守徹)らとクラブの女を抱いた。その女から努はミツ(小林トシ江)の噂を聞いて愕然とした--。彼女は努が学生時代に遊び相手として見つけた女工だった。愛情もなく、肉体だけのつながり、将来への希望もない中で努が肉体だけを楽しむだけ楽しんだ上、海岸におきざりにして逃げてきた女、それがミツだった。下宿も変えた努に、ミツが子供を中絶したことなど知る由もなかった。こうしてミツとの関係を断ってから、努は今の会社に勤め、マリ子から愛された。社長一家との顔合せに向かう途中で努は偶然ミツを見かけ追いかける。突然の再会にミツは泣き崩れるのだった。顔見せの宴で努はしたたか泥酔したが、それでもマリ子の愛は変らなかった。しかし、努の心には、ミツを無残に見捨てたことへの慚愧の思いがあったのだ。とにかく、努はマリ子と結婚した。一方、ミツはその頃、借金をかかえて失意の日を送っていたが、女工時代からの仲間しま子(夏海千佳子)から努の結婚のニュースを聞いた。それでも彼女は努との思い出を大事にしているのだった。ミツはひょんなことから知り合ったキネ婆さん(岸輝子)の入った養老院に住み込みで働くようになる。その頃、努は都心のアパートに新居を構えたが、何かしっくりゆかなかった。ある日、努は業者の接待にきたホステスのしま子からミツの近況を聞きミツに会った。いつか二人は結ばれたが、その様子をしま子の情夫武隈(江角英明)が撮影していた。やがてマリ子の許にかつて努がミツに送ったラブレターが送られてきた。かねてから不審に思っていたマリ子は、養老院で働くミツを訪ね、手切金をつきつけたが、手紙はしま子の仕業だったのだ。それに気づいたミツはしま子から写真のネガを奪って焼いた。そして怒る武隈に窓から外に逃げようとしたミツは転落死する。努は彼女の死を知って、始めてミツを、本当に愛していたことを知った。それを告げられたマリ子は努を罵倒してアパートを出て行く。努の悪夢が始まる……。妊娠を告げられたマリ子がアパートに戻ると努とキネ婆さんの息子八郎(加藤武)が将棋を指している。ミツの写真と手紙を燃やしたマリ子はつぶやく。「ミッちゃん。何故あなたは死んだのか。何故あなたはもっと生きつづけて私を苦しめなかったのか…」。

私が棄てた女私が棄てた女
小林トシ江、加藤武                河原崎長一郎、夏海千佳子

題名:私が棄てた女
監督:浦山桐郎
企画:大塚和
原作:遠藤周作「私が棄てた女」
脚本:山内久
撮影:安藤庄平
照明:岩木保夫、松下文雄
録音:紅谷愃一、神保小四郎
美術:横尾嘉良、深民浩
記録:中川初子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:長谷川朝次郎
助監督:斎藤光正
出演:河原崎長一郎、浅丘ルリ子、小林トシ江、小沢昭一、加藤武、岸輝子、辰巳柳太郎、加藤治子、夏海千佳子、佐野浅夫、露口茂、大滝秀治、江守徹、江角英明
1969年日本・日活/シネスコサイズ・パートカラー116分35mmフィルム

私が棄てた女私が棄てた女
露口茂                         浅丘ルリ子

私が棄てた女
私が棄てた女

映画「大人と子供のあいのこだい」

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
浜田光夫                       松原智恵子

今回は若杉光夫監督1961年製作「大人と子供のあいのこだい」をピックアップする。
本作は松原智恵子さんのデビュー作だが、驚くほど出番とカラミが少ない。「キューポラのある街」と比べると見劣りする内容とテーマの追求である。プロダクションノートに書いてある教配スタジオ(目黒区柿の木坂・旧目黒スタジオ)を使用しているそうだが、どのシーンだかは分からなかった。70年代後半~90年代前半までCF撮影で、特に徹夜の仕事で通ったのを思い出す。2002年に教配スタジオは売却され、跡地にはUR都市機構シティコート目黒が建った。余談になるが、それから6年経た2008年10月に東宝ビルド(東京美術センター)も閉鎖、解体され、跡地は集合住宅として再開発された。

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
鈴木瑞穂、浜田光夫                 佐々木すみ江、宇野重吉

【ストリー】
平井明夫(浜田光夫)は下町の中学三年生だ。父親の国造(松下達夫)は小さな工場の工員、母親のマサ(小夜福子)は内職、姉の加代(高田敏江)も工員をして貧しい家計を助けている。国造は、工場の不況で月給も遅れがちになのに、毎日酒を飲み、競輪や競馬にうつつをぬかしていた。明夫は、そんな父親に憤りを感じるとともに、“専門学校までいった父ちゃんに日雇い仕事までさせたくない”と文句も言わず、苦しい家計をやりくりしている母親にも不満だった。学校で生徒会役員の選挙があった。成績優秀な彼は友人たちに推されて立候補し、役員に選ばれた。喜んだ親友の杉下京一(鈴木寿雄)は明夫を自分の家へ誘い、家族に明夫の演説ぶりを話した。その晩、楽しい夕飯をご馳走になった明夫は、食後に京一から「坂口智佐子(松原智恵子)が好きなんだろう」と言われた。国造の働いている工場が潰れた。次の仕事は中々見つかりそうもない。そのうえ加代も無理がたたって病気になり、療養所へ入ってしまった。しかし明夫はいじけなかった。学校では役員として活躍し、高校入試模擬テストでは全国でも優秀な成績をとった。明夫は毎日日記をつけている。「貧乏なのはしかたがない。俺は俺の力で争うだけだ」と書いた明夫は、昼間働き、夜間の高校へ行くつもりで勉強していた。明夫を高校へ進学させたい担任教師・田口先生(鈴木瑞穂)と京一の父親・洋介(宇野重吉)が相談し、明夫を自分の家に預った。明夫と京一は励まし合って勉強し、二人と見事に合格した。合格の当日、明夫は療養所へ駆けつけた。姉の佳代も合格を喜んでくれるものと思っていた明夫だったが…。

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
高田敏江                        松下達夫

題名:大人と子供のあいのこだい
監督:若杉光夫
企画:大塚和
原作:渡辺照男
脚本:岩田重利、米山彊
撮影:井上莞
照明:鈴木貞雄
録音:丸山国衛
美術:岡田戸夢
編集:青山一郎
音楽:林光
製作主任:小林吉男
助監督:佐川功
スチール:寺本正一
出演:浜田光夫、松原智恵子、宇野重吉、高田敏江、梅野泰靖、松下達夫、武智豊子、小夜福子、鶴丸睦彦、鈴木瑞穂、佐々木すみ江、大滝秀治、鈴木寿雄
1961年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ70分35mmフィルム

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
大人と子供のあいのこだい

映画「暴力金脈」

暴力金脈暴力金脈
梅宮辰夫、松方弘樹                  松方弘樹、小沢栄太郎

今回は中島貞夫監督1975年製作「暴力金脈」をピックアップする。
本作は”東映実録路線”過渡期の異色作で、現代やくざの変種といえる総会屋の生態を描いており、初めての松方弘樹さん主演作品である。

暴力金脈暴力金脈
丹波哲郎                        梅宮辰夫、田中邦衛

【ストリー】
早朝5時、大阪通天閣を朝日が射す頃、総会屋の端くれである中江宏(松方弘樹)は、大平重工の総務部へ出かけ整理券を貰う。会社の始る9時から整理券の順番にそって総務部に出向き、手当を貰う。宏は、そういう付き合いの中から“貰いつづけて30年”〃と自称する古い万才屋・乃木万太郎(小沢栄太郎)と知り合い、総会屋の手ほどきを受ける。総会屋だけでは食えない宏は、合間に三味線とハンバーグの材料にする猫捕りを手伝っていたが、その縁で暴力団・寺岡組の若い衆で、宏とは同郷の奥田寛次(梅宮辰夫)と親しくなる。大物総会屋への野望に燃える宏、日本一の組長をめざす奥田の二人は連係を約する。奥田の腕力と、乃木の協力を得た中江は、関西で実力一の総会屋・神野(田中邦衛)と対決し、浪花相互銀行を事件にし、その熾烈な戦いで乃木は死んだ。やがて、頭取の不正融資をネタに3,000万円脅し取った宏は、東京に進出した。八方破れな行動力に目をつけた綜合商社・東商物産副社長の長尾(大滝秀治)は、買収に失敗し続けている東亜制作所の攻撃を宏に依頼した。長尾の後には曽宮社長(若山富三郎)に対する反社長派の常務・三浦(嵯峨善兵)の画策があった。しかし、東亜制作所についている総会屋は、その名も知られた西島一光(丹波哲郎)だった。彼は暴力団・綿志会を背景に敢然たる勢力を持っていた。西島には綿志会が、中江のバックには奥田が寺岡組を率いて上京し、それぞれ眠みをきかせた。曽宮の愛人関係を調べていた中江は、クラブのママ、上原アヤ(池玲子)の存在を知った。アヤには父は無く、たった一人の母も死に、曽宮の世話を受けながら、彼の異常な性欲のハケロになっていた。宏はそんなアヤを抱いた。そしてアヤを調査しているうちに彼女は曽宮の実の子である事を知った。そしてアヤは証拠物件である母親の日記を宏に渡して自殺した。総会前夜、宏は曽宮に会い、アヤの死と、彼女が実の娘であった事を告げた。そして総会。宏の工作は西島に敵わなかった。だが、曽宮は一身上の都合を理由に社長を退陣した。闘いは終った。しかし東亜制作所はビクともせず厳然と残る。新たな野望に燃える宏は会場を後に力強く歩き出した。

暴力金脈暴力金脈
若山富三郎、池玲子                  絵沢萠子
暴力金脈暴力金脈
若山富三郎                     松方弘樹、室田日出男

題名:暴力金脈
監督:中島貞夫
企画:日下部五朗、佐藤雅夫
脚本:野上龍雄、笠原和夫
撮影:増田敏雄
照明:北口光三郎
録音:中山茂二
美術:富田治郎
装置:吉岡茂一
装飾:西村和比古
背景:松原邦四郎
美粧:長友初生
結髪:白鳥里子
衣装:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:津島利章
現像:東映化学
進行主任:上田正直
監督補佐:清水彰
助監督:藤原敏之
演技事務:森本英次
スチール:中山健司
出演:松方弘樹、梅宮辰夫、池玲子、小沢栄太郎、田中邦衛、若山富三郎、丹波哲郎、山城新伍、大滝秀治、伊吹吾郎、絵沢萠子、室田日出男、川谷拓三、森田めぐみ、橘麻紀、浜田寅彦、嵯峨善兵、片桐竜次、汐路章、志賀勝
1975年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
暴力金脈 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

暴力金脈暴力金脈
池玲子                         松方弘樹

1 2 3 7