映画「やくざと抗争」


安藤昇                        菅原文太

今回は佐藤純彌監督1971年製作「やくざと抗争」をピックアップする。
本作は、新宿の盛り場を舞台に雑草の様に生き、”爆弾マッチ”と呼ばれ、最盛期には500人以上の構成員が在籍した安藤組の組長である安藤昇氏の自伝を基に本人が主演した作品である。1964年に安藤氏の意思で組は解散し、1965年に自らの自叙伝を映画化した「血と掟(松竹制作/湯浅浪男監督)」に主演し映画俳優へ転向した。本作は1967年に東映に移籍した後の作品である。


藤浩子                        渡瀬恒彦

【ストリー】
昭和初期、帝国陸軍が満州平野へ侵入した頃、新宿で通称爆弾マッチ(安藤昇)、舎弟分のオートンの勝(渡瀬恒彦)、フーテンの政(藤竜也)、小光(堀田真三)らの愚連隊が羽振りをきかせていた。ある日、過激左派党員の三人が銀行を襲い逮捕された。実はこの三人、政界の黒幕高橋(渡辺文雄)にそそのかされたのだが、過激左派党を壊滅せんと特別高等警察と高橋が仕組んだとは知らなかったのである。また、この事件で使用された拳銃が以前、マッチの所有していたものだと判明マッチは捕えられ、リンチを受ける。しかし証拠は得られず釈放となった。マッチには娼婦のお栄(藤浩子)という恋人がおり、足抜きをさせるのには300円がどうしても必要だった。ところが大木戸一家の賭場であり金取られてしまい、一計を案じたマッチ、オートン・フーテンたちは自分達で賭場を開くことにする。しかし、黙っている大木戸(天津敏)ではなかった。早速、代貸梅津(菅原文太)らを賭場へ指し向け、つぶしてしまった。怒り狂ったマッチは梅津目がけてドスで斬りかかるが、逆に片腕を斬られてしまう。梅津はその足で警察へ自首。数ヵ月後、梅津が出所、その放免祝いの席上に殴り込んだマッチだったが、傷が痛みだし、その場に倒れてしまう……。その後、マッチは命の恩人の梅津と義兄弟の契りをかわし大木戸のやっかいになった。第二回普通選挙。ある立会演説会場で、大木戸組の押す柏原(山岡徹也)と、無産者同盟の白木(近藤宏)が火花を散らす演説が行われていた。白木は以前、傷ついたマッチを看病したことがあり、お栄とも親しい間柄だった。突然、その白木の事務所に大木戸狙が殴り込み、丁度居合せたお栄を死なせてしまった。やがて白木が当選。マッチは白木の家で初めてお栄の死を聞かされる……。そこへ梅津が突び込み、白木を刺し殺し、自らもドスを腹に突き刺し死んでしまう。数日後、ある寺の本堂。祭壇に飾られている梅津の写真。大木戸組の面々が並び、高橋が厳かに弔辞を読み上げている。その高橋目がけて、マッチがドスを持って突進、崩折れる高橋。マッチは若い衆たちに押し包まれドスで突き刺されるが、最後の力をふりしぼって大木戸に飛びかかり、ドスを突き刺す。二人は重なりあって倒れた……。


近藤宏                       渡辺文雄

藤竜也                       天津敏

題名:やくざと抗争
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
原作:安藤昇「極道一代 やくざと抗争」
脚本:石松愛弘、佐藤純彌
撮影:稲田喜一
照明:大野忠三郎
録音:小松忠之
美術:北川弘
装置:根上徳一
装飾:米沢一弘
美粧:入江壮二
美容:宮島孝子
衣装:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:日暮雅信
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:橋本新一
演技事務:和田徹
スチール:加藤光男
出演:安藤昇、菅原文太、渡瀬恒彦、藤浩子、藤竜也、天津敏、渡辺文雄、山岡徹也、藤山浩二、武智豊子、室田日出男、近藤宏、堀田真三、小林稔侍、沢彰謙、森しげみ、土山登志幸、相馬剛三
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
やくざと抗争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


室田日出男、菅原文太                  安藤昇

映画「博徒列伝」

博徒列伝博徒列伝
鶴田浩二                        大木実

今回は小沢茂弘監督1968年製作「博徒列伝」をピックアップする。
本作は、数多くの東映任侠映画を監督してきた小沢茂弘監督の代表作「博徒」「博奕打ち」シリーズに並ぶ人気シリーズとして打ち出された「列伝」シリーズになる。また本作はオールスターキャストの任侠映画として正月興行として当時人気を二分していた「新・網走番外地(監督:マキノ雅弘)」と同時公開されるも、オールナイト興行では出演者たちが登場する度に拍手が沸き起こり、盛り上がりを見せていたそうだ。それというのも、本作が公開された頃はすでに主要な出演者全員、単独の看板番組を持っており、各々主役級で観客を呼べる大スターたちばかりであったため実に贅沢な配役に観客が熱狂したという。

博徒列伝博徒列伝
若山富三郎                       高倉健
博徒列伝博徒列伝
藤純子                        北林早苗

【ストリー】
昭和の初期。大木戸一家の若松組組長若松勇次部(鶴田浩二)は、3年間の懲役に服するため、大木戸一家二代目の跡目を弟分の川田(大木実)に譲り、服役後も川田の右腕とたって働いていた。一方、監獄一家の組長金光(天津敏)は、若勇の縄張を狙い、あくどいいやがらせを度重ねた。業を煮した若勇は、監獄一家に喧嘩状を叩きつけたが、関東きっての顔役、浅草の甲田(河津清三郎)が仲裁を買ってでた。若勇は、甲田の申入れを断ったものの、川田は甲田の甘言にのり、兄弟分の盃を交わすという条件で若勇のしきる芝浦埠頭の実権を金光に譲ってしまった。それからの工事現場は、若勇の案じた通りだった。人足たちの不平不満はつのり、渡世人あがりの人足小桜(北島三郎)は、単身金光にたち向った。小桜が、兄貴分の治療費を捻出するため、女房を売り、その身受金を稼ぐため、人足をしていると知った若勇は、賭場で稼ぎ小桜を助けるのだった。これには、三次(若山富三郎)や芸者勝弥(藤純子)の隠れた協力があった。その勝弥が、富士家一家の子分に因縁をつけられた。同道していた若勇は、勝弥を助けたものの、相手を傷つけ留置されてしまった。やがて、富士上健吉(高倉健)と和解した若勇を金光たちが隅討した。子分を殺された若勇は、弔合戦を川田に相談したが、甲田との摩擦をきらう川田は聞き入れず、逆に若勇を破門する始末だった。新年。親分衆の初寄合で、甲田と川田は兄弟分の盃を交わした。だが、当初より大木戸一家の縄張を狙う甲田は、金光に命じ川田を闇討し、さらに若勇の命をも狙った。その危難を小桜に救われた若勇は、川田の許へ駆けつけた。川田は、苦しい息の下から若勇に自分の非をわび世を去っていった。富士上の助勢を得た若勇が、甲田、金光に怨念を晴したのは、それから間もなくのことだった。

博徒列伝博徒列伝
菅原文太                        博徒列伝
博徒列伝博徒列伝
北島三郎                       橘ますみ
博徒列伝博徒列伝
河津清三郎                       天津敏

題名:博徒列伝
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、日下部五朗
脚本:笠原和夫
撮影:鈴木重平
照明:増田悦章
録音:堀場一朗
美術:井川徳道
装置:吉岡茂一
装飾:宮川俊夫
美粧:佐々木義一
結髪:妹尾茂子
衣裳:松田孝
擬斗:谷明憲
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:渡辺岳夫 主題歌:北島三郎「博徒の花道」
フィルム:富士フィルム
製作主任:福井良春
助監督:大西卓夫
スチール:杉本昭三
出演:鶴田浩二、若山富三郎、藤純子(富司純子)、高倉健、菅原文太、北島三郎、大木実、河津清三郎、待田京介、北林早苗、橘ますみ、天津敏、名和宏、北村英三、八名信夫、汐路章、玉川良一、人見きよし
1968年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
博徒列伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

博徒列伝博徒列伝
玉川良一                       博徒列伝
博徒列伝博徒列伝
博徒列伝                      鶴田浩二、藤純子

映画「関東緋桜一家」



藤純子                        鶴田浩二

今回はマキノ雅弘監督1972年製作「関東緋桜一家」をピックアップする。
本作は、最後のプログラムピクチャーといえる東映任侠映画スター藤純子さんの引退記念映画(東映専属で90本の映画に出演)であり、1960年「八州遊侠伝 男の盃」でデビュー時のマキノ雅弘監督作品で締めくくっている。共演は、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、鶴田浩二、若山富三郎、高倉健、菅原文太といった当時の東映スター俳優、藤山寛美、水島道太郎、木暮実千代、南田洋子、長門裕之、待田京介、金子信雄といったベテラン俳優が脇を固め、東映オールスターキャストで製作された。またマキノ雅弘監督も本作を最後にテレビ映画以外の劇場用映画の演出からは完全に引退し、このフィナーレとともに任侠路線も終焉を迎えた。

【追記・訃報】
「鬼龍院花子の生涯」や「極道の妻たち」シリーズなど数多くのヒット映画を世に送った東映京都撮影所の名プロデューサー、日下部五朗(くさかべ・ごろう)氏が2020年2月7日に腎不全のため死去した。2月18日、東映が発表した。85歳。岐阜県生まれ。葬儀は家族のみで営まれた。日下部氏は早稲田大学卒業後に東映に入社。1963年「変幻紫頭巾」でデビュー。「緋牡丹博徒」などの任(人ベンに峡の旧字体のツクリ)ものから、「柳生一族の陰謀」などの大型時代劇まで130本を超える映画をプロデュースした。主な作品に「陽暉楼」「肉体の門」「寒椿」「藏」などがある。また、今村昌平監督がメガホンをとった「楢山節考」は83年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを獲得した。(本作で企画担当)
2/18(火) 14:04配信 スポニチアネックス


片岡千恵蔵                      高倉健

【ストリー】
明治末頃--柳橋一帯の町内頭で鳶「に組」の副組頭の河岸政の娘・芸者鶴次(藤純子)はその美貌と男まさりの侠気と、幼い頃から呑竜(若山富三郎)という北辰一刀流の達人で講釈師から学んだ剣術で評判を呼んでいた。鶴次には「に組」の組頭吉五郎(片岡千恵蔵)の一人息子である纒持信三(高倉健)という末を誓い合った男がいたが、信三は彼女に酔ってからんだヤクザ数人と乱斗し、その中の一人をあやめてしまったことから旅に出てしまった。その頃、日本橋の博徒新堀一家の客分である、刑事くずれの博徒鬼鉄(遠藤辰雄)が、柳橋で賭場を開き、河岸政(水島道太郎)が世話になってる旦那衆から金や財産を捲き上げたことから、いざこざが起こるようになった。新堀一家の親分辰之助(嵐寛寿郎)と河岸政とは兄弟分であり、柳橋では賭場は開かないという約束が二人の間でかわされていたが、床に伏せている辰之肋をよいことに、代貸の中州の常吉と鬼鉄は河岸政の縄張りに目をつけ、その拡張を計っていたのだ。一挙に勢力拡大を狙う鬼鉄、その身内の大寅(天津敏)、小寅(山本麟一)は、河岸政を大川端に襲って暗殺した。鶴次の決意と「に組」小頭由次郎の力添えによって、女であるからという頭取衆の反対を説き伏せて、鶴次が父の跡目をついだ。ある夜、独り大川河岸を歩く鶴次に大寅達がまたも襲いかかった。数人を叩き伏せたが、進退きわまった鶴次を渡世人風の男が救った。それは河岸政の悲報を開いて九州から帰った信三だった。一方、鶴次暗殺に失敗した鬼鉄は、バカ熊(汐路章)に命じて、割烹旅館金柳館に火を放った。「に組」の消火作業で金柳館は一部を焼失しただけで済み、信三はバカ熊を捕えた。鶴次は、鬼鉄に奪われた金柳館の権利証とバカ熊を賭けた勝負を挑んだ。鬼鉄は、新堀一家に草鞋を脱いだばかりの客人旅清(鶴田浩二)をたて挑戦を受けた。鶴次の心意気を察した旅清は勝を譲った。それからしばらくして辰之助が後事を、義兄弟旅清に託して息を引きとった。一方、銀次が、廓に売られ入水自殺を計ったお志乃(南田洋子)とその子供を救ったことから、お志乃は鬼鉄の妾であることが判明し、引き渡しを迫る鬼鉄と、母子をかばう銀次の対立は激しさを増した。だが、吉五郎の仲裁によって鬼鉄の野望は消えたかに見えたが、吉五郎と呑竜は鬼鉄の闇打ちにあい死んだ。喧嘩仕度で湧き立つ鬼鉄一家。新堀一家を引き連れて助っ人に向おうとした常吉の前に立ち塞がった旅清は、常吉の白刃を腹に受けながら叩き斬った。父のかたみの手カギを手に、鬼鉄の賭場に向う鶴次と信三、そして腹にサラシを巻いた旅清。三人を前に鬼鉄達は倒れた。しかし、最後の力をふり絞った旅清は、鶴次と信三に見とられ息を引き取った。


菅原文太                      嵐寛寿郎

藤山寛美                   木暮実千代、藤純子

題名:関東緋桜一家
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗、武久芳三
製作:岡田茂
脚本:笠原和夫
撮影:わし尾元也
照明:増田悦章
録音:渡部芳丈
美術:富田治郎
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:松田孝
技斗:上野隆三
振付:藤間勘三郎
記録:牧野淑子
編集:宮本信太郎
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:渡辺操
助監督:清水彰
演技事務:伊駒実麿
スチール:木村武司
出演:藤純子(富司純子)、鶴田浩二、高倉健、若山富三郎、菅原文太、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、藤山寛美、渡瀬恒彦、木暮実千代、金子信雄、待田京介、伊吹吾郎、山城新伍、水島道太郎、八名信夫、遠藤辰雄、天津敏、山本麟一、長門裕之、南田洋子、工藤明子、潮健児、石山律三郎、汐路章
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー102分35mmフィルム
関東緋桜一家 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


潮健児、南田洋子、待田京介             金子信雄

「関東緋桜一家」東映京都撮影所オープンセット

関東緋桜一家

「関東緋桜一家」マキノ雅弘監督

1 2 3 10