映画「懲役太郎 まむしの兄弟」


菅原文太、川地民夫                    佐藤友美

今回は中島貞夫監督1971年製作「懲役太郎 まむしの兄弟」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。 本作はシリーズ第1作になる。
【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


安藤昇                          葉山良二

【ストリー】
前科12犯、通称ゴロ政こと政太郎(菅原文太)が2年ぶり12回目の懲役を終え、兄弟分勝次(川地民夫)の出迎えで出所した。二人は神戸の新開地の北部を縄張りとする七友会山北組と西部の滝花組の乱斗に直面、相手かまわず暴れ込んだり、高級レストランでイヤがらせをしたり無軌道ぶりを発揮する。福原で風俗嬢の花江(三島ゆり子)、洋子(女屋実和子)とねんごろになり、そのアパートにしけ込んでいるところへ、山北組代貸の友枝(林彰太郎)が、政と勝に滝花組代貸の梅田(葉山良二)殺しを依頼してくる。二人は梅田を狙ったが、七友会最高幹部早崎(安藤昇)の出現で中断されてしまった。怒った政は、早崎と勝負をするために、郷里の小豆島に帰った早崎の後を追ったが、その貫禄の前に手も足も出なかった。そうしたある日、七友会の二代目を早崎が継ぐと知った山北組々長は七友会を脱会、滝花組を叩きつぶす計画を進めた。山北組のマシンガンが梅田を襲ったのは数日後。梅田はまきぞえのゆき(山田圭子)をかばって他界した。傷ついたゆきを見舞い、怒り狂った政と勝は、かけつけた早崎を挑戦するように罵倒する。じっと耐える早崎はある決意をしていた。政と勝は、山北組にトラックを走らせた。早崎は山北組々長に解散を命じ、組長の自首をすすめた。だが卑劣な山北は子分たちに早崎に襲わせた。その場にダイナマイトを手にした政と勝が乗り込んで来たのだ。山北組のマシンガンにふらつきながらも山北の心臓に匕首を突き刺す早崎だったが、そのまま息絶える。突進する政と勝、その背には見事な大蛇の刺青。政と勝は修羅場に飛び込んだが、マシンガンを浴びてのけぞる勝。政のドスが、次々に友枝たち子分を倒していく。しかし、銃弾を受けた政の目はかすんでくる。早崎に負けまいと墨で書いた二人の刺青が、雨にうたれてどろどろと溶け始めている。


佐藤友美                         山田圭子

菅原文太、三島ゆり子              川地民夫、女屋実和子

題名:懲役太郎 まむしの兄弟
監督:中島貞夫
企画:俊藤浩滋、橋本慶一
脚本:高田宏治
撮影:赤塚滋
照明:北口光三郎
録音:中山茂二
美術:富田治郎
装置:米沢勝
装飾:柴田澄臣
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:高安彦司
擬斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江
編集:神田忠男
音楽:菊池俊輔
進行主任:伊藤彰将
助監督:本田達男
スチール:諸角義雄
出演:菅原文太、川地民夫、佐藤友美、安藤昇、葉山良二、女屋実和子、三島ゆり子、山田圭子、天津敏、河野秋武、林彰太郎、谷村昌彦、成瀬正孝、川谷拓三
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
懲役太郎 まむしの兄弟 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


天津敏                     菅原文太、川地民夫

映画「華麗なる追跡」


志穂美悦子                         マッハ文朱

今回は鈴木則文監督1975年製作「華麗なる追跡」をピックアップする。
JAC(ジャパンアクションクラブ)が初めて輩出した女優・志穂美悦子さん主演第4作である本作は、多羅尾伴内的七変化でコスプレを楽しませてくれる。アクション・シーンは、千葉真一さんが推挙するだけあり、他の追随を許さない活劇を魅せてくれる。彼女は、1987年8月に歌手の長渕剛さんと結婚し、山田洋次監督1986年「男はつらいよ・幸福の青い鳥」が最後の映画出演となっている。


菅野直行、大森不二香                                           郷鍈治、志穂美悦子

【ストリー】
鈴鹿サーキット。轟音を響かせて爆走するレーシング・カーの中に、紅一点の矢代忍(志穂美悦子)の姿があった。アメリカのレースで優勝経験のある忍は、日本でのデビュー戦でも見事優勝する。忍の父、正之(浜田寅彦)は猪俣船舶の船長で東南アジア航路を担当していたのだが、その船から大量の麻薬が発見されたため、逮捕され、獄中で謎の自殺を遂げたのだった。一人娘の忍は、父の無実を信じ、冤罪を晴らすべくTESO(東南アジア特別調査機関)に所属していた。忍は父が入っていた刑務所の元看守で、現在は退職して派手にギャンブル場に出入りしているヘンリー中谷(山本昌平)を追っていたが、中谷は、パシフィック興業社長・尾野沢要介(石橋雅史)、高級ナイトクラブ経営・本屋敷義一(沼田曜一)の手下に殺害された。刑務所長であった尾野沢は中谷を使って忍の父を殺し、今、その事を隠蔽するために中谷をも抹殺したのだった。当時、麻薬運搬の責任者であった本屋敷とともに尾野沢は、現在、シンジケートの黒幕である国会議員の猪俣赴夫(天津敏)の懐刀となっているのである。忍が住んでいるマンションの一階に忍のレーシング・カーの整備をしている新平(菅野直行)と妹の凪子(大森不二香)が花屋を経営している。忍と協力して組織を追求する兄妹に、悪の手が襲いかかり、二人は虐殺された。忍はとある事から女子プロレスラー、マッハ文朱(本人)と知り合い、彼女の協力を得て、組織のチンピラを相手に大暴れ。忍は得意の変装で徐々に組織の仮面をひきはがしていき、遂に猪俣の豪邸に乗り込み、組織の用心棒として潜入していたTESOの白崎(郷鍈治)の協力も得て、組織を壊滅させるのだった。


渡辺文雄

題名:華麗なる追跡
監督:鈴木則文
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:掛札昌裕、金子武郎
撮影:山沢義一
照明:大野忠三郎
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:小早川一
装飾:酒井喬ニ
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣装:福崎清吾
擬斗:日尾孝司
記録:山内康代
編集:戸田健夫
音楽:八木正生
現像:東映化学
製作主任:松本可則
演技事務:石原啓二
助監督:澤井信一郎
ファッション・コーディネーター:北本正孟(志穂美悦子)
協力:伊豆長岡エイトランド、池袋東武百貨店(衣装)
スチール:藤井善男
出演:志穂美悦子、マッハ文朱、郷鍈治、菅野直行、大森不二香、石橋雅史、円山理映子、天津敏、山本昌平、沼田曜一、渡辺文雄、由利徹、苅谷俊介、安岡力也、日尾孝司、田中久子、浜田寅彦
1975年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
華麗なる追跡 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


志穂美悦子

映画「不良番長 やらずぶったくり」


梅宮辰夫                       梅宮辰夫、渡瀬恒彦

今回は野田幸男監督1971年製作「不良番長 やらずぶったくり」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第11弾になり、カポネ団のメンバーチェンジが行われる。
梅宮辰夫さん、山城新伍さん、安岡力也さん、助っ人の菅原文太さんの他は、渡瀬恒彦さん、潮健児さん、芦屋小雁さん、一ノ瀬レナさん、渡辺やよいさんなどが加わっている。
内容的にはコメディ要素が、当時のコンプライアンスなしのテレビ番組の影響を受け、より過激に炸裂している。話の流れはシリーズ共通である故、コメディ路線に舵を切ったのだろうか。


渡瀬恒彦、一の瀬レナ                 渡辺やよい

天津敏                        若水ヤエ子

【ストリー】
食いつめて気勢のあがらない神坂団長以下カポネ団の面々は、地元新宿で冴えない毎日を送っていたが、金儲けを思いつき例の如く全国ソープランド連盟と称するインチキ組織を設立しては、風俗嬢たちの引き抜き作戦を展開する。そして、同業の五郎をリーダーとするズベ公グループ七色会と鉢合わせするが、やがて気意投合する。しかし、暴力団花岡組の連中に眼をつけられた彼らは新宿を追放され、神坂のネリ鑑時代のダチ公伊吹信次を訪ねて、ある漁村で働くことになった。この漁村は、水産会社の肥料工業から排泄される廃液のために公害問題が持ちあがり、信次らの船は近海漁業ができなくなり、鮪を追って遠洋にでかけた。捕獲を終えて帰ってきた信次たちだったが、鮪が汚染されていると廃棄処分を受けてしまう。その鮪は密に日の丸水産に運び込まれた。これを目撃した神坂らは、工場に乗り込み、この廃棄処分が漁業組合長の榊と日の丸水産の仕組んだ計略であることを知る。神坂の口から発覚することを恐れた工場側は、会社と関係のある花岡組を使って神坂らを消そうと企むのだった。その夜、ゲームセンターに集るカポネ団は、花岡組に襲われ、逃げ遅れたみどりは殺された。翌朝、みどりの復讐のために立ちあがったカポネ団の面々は日の丸水産へと向った。


丹下キヨ子、山城新伍                   芦屋小雁

山城新伍、梅宮辰夫、一の瀬レナ          渡辺やよい、渡瀬恒彦、梅宮辰夫、芦屋小雁、安岡力也

題名:不良番長 やらずぶったくり
監督:野田幸男
企画:矢部恒
脚本:山本英明、松本功
撮影:稲田喜一
照明:銀屋謙蔵
録音:内田陽造
美術:江野慎一
装置:根上徳一
装飾:酒井喬ニ
美粧:井上守
美容:花沢久子
衣裳:長谷稔
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:八木正生 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」「ダイナマイト・ロック」
現像:東映化学
進行主任:松本可則
助監督:岡本明久
演技事務:佐々木一郎
スチール:加藤光男
出演:梅宮辰夫、渡瀬恒彦、山城新伍、菅原文太、一の瀬レナ、渡辺やよい、芦屋小雁、安岡力也、潮健児、小林千枝、丹下キヨ子、三原葉子、若水ヤエ子、天津敏、正司玲児、正司敏江、中村是好、後藤ルミ
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
不良番長 やらずぶったくり -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


不良番長 やらずぶったくり

1 2 3 4 5 10