映画「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」



藤純子

今回は山下耕作監督1969年製作「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」をピックアップする。
緋牡丹のお竜”こと女侠客・矢野竜子が闇討ちで殺された父の仇を求めて賭場を流れ歩き第一作で仇を討ち、二作目以降は、渡世修行するために、諸国まわって義理と人情を踏みにじる不正な悪党と戦っていくという緋牡丹博徒シリーズの第5作は、四国徳島が舞台になる。本作は、東映任侠映画の頂点に達している作品だと思う。

【ストリー】
明治中頃の四国徳島。緋牡丹のお竜(藤純子)は、子分清吉(高宮敬二)を重病のまま刑務所から出迎えたものの、折からの嵐の中で途方に暮れてしまった。そんなお竜を救ったのは江口(待田京介)、だが清吉は世話になった藍の小作人茂作(中村錦司)の家で他界した。その頃、百姓たちは地主である旦那衆にしいたげられて、小作料争議を起していた。ところが旦那衆は江口を代表とする交渉を拒否、鳴門川一家は旦那衆の命によって悪くどい仕打ちに出た。この鳴門川(天津敏)は四国一帯に勢力を伸ばす観音寺親分(河津清三郎)と手を結び、徳政一家を乗っ取ろうとしていた。そんな折、茂作の息子猪之吉(五十嵐義弘)がイカサマをしたことから、江口が傷つけられ、千吉が殺された。遺体を引取りに来たお竜、鳴門川、それに千吉の親分武井(名和宏)の間に殺気がみなぎった。だが、居合わせた三次(鶴田浩二)の機転で事なきを得、お竜は窮地を救われた。三次から鳴門川の悪事を聞いた武井はお竜と手を結び、観音寺を敵に回した。そんなある日、清吉に怨みを持つ博徒の小城(丹波哲郎)がお竜に迫った。だが、小城はお竜の態度に好意を抱き、勝負をあずけた。お竜が熊虎(若山富三郎)を尋ねて道後へ向った留守に、鳴門川と観音寺は武井を闇討ちし、阿波踊りの当日を迎えた。三次は、武井に対する恩義から大尽賭博の真っ只中に乗り込んだが斬られ、小城の看病のかいなく死んだ。お竜の怒りは爆発し、阿波踊りに興ずる鳴門川を倒した。一方、お竜から事の一部始終を聞いた熊虎も観音寺の前で盃を割ると容赦なく斬り込んだ。


鶴田浩二

題名:緋牡丹博徒 鉄火場列伝
監督:山下耕作
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:笠原和夫、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:和多田弘
録音:荒川輝彦
美術:矢田精治
装置:岡田邦雄
装飾:柴田澄臣
美粧:佐々木義一
結髪:妹尾茂子
技斗:谷明憲
記録:牧野淑子
編集:宮本信太郎
音楽:渡辺岳夫
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:俵阪孝宏、福井良春
助監督:篠塚正秀
スチール:諸角義雄
出演:藤純子(富司純子)、待田京介、若山富三郎、鶴田浩二、丹波哲郎、里見浩太朗、河津清三郎、天津敏、三島ゆり子、名和宏、高宮敬二、中村錦司、五十嵐義弘
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
緋牡丹博徒 鉄火場列伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緋牡丹博徒 鉄火場列伝

藤純子

映画「緋牡丹博徒 二代目襲名」


藤純子

藤純子                      高倉健

今回は小沢茂弘監督1969年製作「緋牡丹博徒 二代目襲名」をピックアップする。
本作は緋牡丹博徒シリーズ全8作の第4作になる。内容は、故郷・熊本へ帰ったお竜さん(藤純子)は、鉄道敷設工事を妨害する宝満一家の悪らつな妨害に屈せず、鉄道施設を完成させて矢野一家・二代目を正式に襲名するというもの。


遠藤辰雄、八代万智子             清川虹子、藤純子

【ストリー】
明治の中頃。父の死後、渡世修行の旅を続けたお竜(藤純子)は、7年ぶりに故郷熊本へ帰った。その時、元矢野一家の飛車角(広瀬義宣)、常(高宮敬二)、新入りの大風呂敷(長門裕之)、それに道後からは、富士松(待田京介)、清吉(大前均)が駈けつけ、お竜の念願だった矢野一家が再興された。折しも、筑豊地方に炭田が開発され、遠賀川流域は活況を呈していた。だが、石炭運搬のために、九州の親分衆が請負いの鉄道敷設工事をはじめると、川船業者の激しい妨害にあい、工事を降りる組が相ついだ。そんな中で、お竜の叔父川辺(嵐寛寿郎)は、仕事の続行をお竜に託し世を去った。しかし、川人足の元締の赤不動の勘蔵(石山健二郎)は、矢野一家にも手荒く迫った。一方、鉄道院では、永久出入りの特典をつけ、完成を急いだ。お竜は、親分衆に励まされ工事完遂に努力したが、宝満一家の荒木田(天津敏)は勘蔵に近づき妨害に出た。だが、勘蔵は狂暴な荒木田のやり口に態度を硬化させ、お竜に工事の協力を申出た。宝満一家は報復手段に出た。お竜が面倒をみている雪江(時美沙)を人質にすると、半次(和崎俊哉)にお竜を殺すよう命じた。半次から訳を聞いたお竜は、サイの目勝負に勝ち雪江を取戻した。それから数日、筑豊鉄道が完成した。そして、お竜の二代目襲名披露が行なわれた。だが、宝満一家は一番列車を転覆させ、手抜き工事を指摘し、現場に向うお竜らを襲った。卑劣な荒木田はやがて、お竜と矢代の活躍に葬られた。


長門裕之

題名:緋牡丹博徒 二代目襲名
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
原作:火野葦平
脚本:鈴木則文
撮影:吉田貞次
照明:井上孝二
録音:野津裕男
美術:井川徳道
記録:牧野淑子
編集:神田忠男
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
監督助手:本田達男
スチール:中山健司
出演:藤純子(富司純子)、高倉健、長門裕之、待田京介、小松方正、八代万智子、嵐寛寿郎、清川虹子、天津敏、遠藤辰雄、時美沙、大前均、石山健二郎、広瀬義宣、高宮敬二
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
緋牡丹博徒 二代目襲名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤純子

緋牡丹博徒 二代目襲名

映画「緋牡丹博徒 一宿一飯」



藤純子                      鶴田浩二、藤純子

今回は鈴木則文監督1968年製作「緋牡丹博徒 一宿一飯」をピックアップする。
本作は、藤純子さん主演の緋牡丹博徒シリーズ全8作の第2作である。豪華な共演陣(鶴田浩二、菅原文太)の中で、お竜さん(藤純子)が綺麗で、ドスを振るう姿にシビれる。


藤純子、城野ゆき                  菅原文太

【ストリー】
明治17年秋。上州の農民たちは、高利貸倉持(遠藤辰雄)に収穫物をカタに取られ困っていた。倉持がことあるごとに農民に襲われるという事態が起り、戸ヶ崎組が乗り出して農民をなだめる一方、戸ヶ崎(水島道太郎)の舎弟分笠松一家が事態収拾にあたった。そんな時、笠松(天津敏)の賭場では、艶気をふりまき、背中に弁天の刺青を入れたおれん(白木マリ)が、胴元を危うくするほどつきまくっていた。そこで笠松は戸ヶ崎の客分緋牡丹のお竜(藤純子)に応援を頼んだ。お竜は見事な手並みでおれんに勝った。一方、笠松はひそかに倉持と結託、上州一帯の生糸の総元締会社設立を図っていた。この計画を察知した戸ヶ崎は、農民に犠牲を強いる笠松のやり方に怒り、笠松一家に殴り込んだ。その時は、お竜は戸ヶ崎のはからいで四国の熊虎一家を訪ねていた。戸ヶ崎が殴り込んだことをお竜はそこで聞いたが、戸ヶ碕一家は笠松一家によって全滅したのだった。お竜は急ぎ上州に戻ったが、そこはもう日の出の勢いの笠松一家の勢力圏になっていたのだ。後日のことを考慮した戸ヶ崎によって彼の娘まち(城野ゆき)と結婚して戸ヶ崎組の跡目を継いだ勇吉(村井国夫)は血気にはやって殴り込んだが、逆に私刑を受ける有様だった。お竜はそんな勇吉を何かと助けていたが、関八州の親分の一人宮内(藤岡重慶)がその後楯となってくれた。一方笠松は邪魔なお竜を消そうとして襲ったが、一匹狼の風間周太郎(鶴田浩二に阻まれた。しかし、笠松にはもう一つ企みがあった。戸ヶ崎組の経営する郵便馬車の権利を手に入れることだった。笠松はまちを脅し、ついにその権利書を手に入れたのだ。憤怒に燃えた勇吉は、笠松組と争いなぶり殺したあってしまった。ここに至っては、お竜も決心せざるを得なかった。周太郎とともに勇吉の葬合戦とばかり、笠松組に欧り込み、笠松を倒したのだった。


白木マリ                   玉川良一、山城新伍、藤純子

題名:緋牡丹博徒 一宿一飯
監督:鈴木則文
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:野上龍雄、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:増田悦章
録音:溝口正義
美術:石原昭
装置:米沢勝
装飾:松原邦四郎
美粧:鳥居精一
結髪:妹尾茂子
衣装:松田孝
技斗:谷明憲
舞台振付:藤間勘真次
編集:堀池幸三
記録:国定淑子
音楽:渡辺岳夫
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:渡辺操
助監督:本田達男
スチール:藤本武
出演:出演:藤純子(富司純子)、鶴田浩二、若山富三郎、菅原文太、城野ゆき、侍田京介、村井国夫、白木マリ、山城新伍、西村晃、玉川良一、藤岡重慶、遠藤辰雄、天津敏、水島道太郎
1968年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
緋牡丹博徒 一宿一飯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤純子                     鶴田浩二、藤純子

1 7 8 9 10