映画「座頭市血笑旅」

座頭市血笑旅座頭市血笑旅
勝新太郎                          高千穂ひづる

今回は三隅研次監督1964年製作「座頭市血笑旅」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第8作目になる。座頭市のキャラクターを、赤ん坊とお香との道行を通じて一歩入り込んで描いている。座頭市が赤ん坊に感情移入して行く様は、勝新太郎さんの芝居の深さを感じずにはいられなかった。流石、映画俳優である。

座頭市シリーズ

座頭市血笑旅座頭市血笑旅
高千穂ひづる、勝新太郎                座頭市血笑旅
座頭市血笑旅座頭市血笑旅
金子信雄、勝新太郎                  座頭市血笑旅

【ストリー】
甲州路を行く座頭市(勝新太郎)を見えがくれに追う5人組の殺し屋、文珠の和平次(石黒達也)、島蔵(藤山浩二)、猪蔵(橋本力)、菊蔵(北城寿太郎)、鶴蔵(千石泰三)らは、市が乗った駕を先廻りして刺した。だが駕の中は赤ん坊を抱いた若い女おとよ(川口のぶ)であった。市は途中で、急病に苦しむおとよに、駕をゆずったのだった。おとよの死を知った市は、その亭主信州宮本村の宇之助(金子信雄)の許まで、赤ん坊を届けることにした。赤ん坊を抱いて、”めくらの市”は、駕かき土平(沖時男)と馬助(越川一)を連れて子守旅を始めた。だが、5人組は、そんな市に襲いかかった。市の居合斬りで、一人を斬られた5人組。土平、馬助は退散して、市は赤ん坊と二人の旅を続けた。仲間を殺されて怒った殺し屋は、顔みしりの麻古女の半五郎(杉山昌三九)を味方にして、おしめを替えている市に斬りかかった。だがそこでも市の刀は半五郎一家十人の命を奪っていた。盲目の市が、赤ん坊の世話をしながらの、やくざ旅は、苦労の連続であった。一夜賭博で金を作った市は、翌朝、田舎侍に追われる女巾着切り、お香(高千穂ひづる)を助け、子守り代りにお香を雇った。市の気っぷに惚れたお香は、市と口喧嘩をしながらも、よくめんどうをみた。ある日、お香が赤ん坊を二階からおしっこさせたのが、通りがかった相撲取り小手丑(天王寺虎之助)にかかり、市との間に乱闘が起きた。丁度通りがかった4人組は仕込杖を持たない市に、襲いかかったが、お香の機転でのがれることができた。市とお香が、お互い離れ難い愛情が湧いたころ、市は、今ではやくざの親分となっている宇之助を訪ねた。しかし宇之助は、子分に命じて赤ん坊を抱いた市を追い払った。宇之助の態度に怒った市は、赤ん坊をおとよの遺髪と共に菩提寺瑞光院の和尚(加藤嘉)に預けた。時しも寺の外では、宇之助を味方にした殺し屋、和平次らが竹槍の先に火をつけて、市を包み討うと襲った。市の居合破りを考えた和平次の作戦であった。振りかかる火と刃の中で四人組と子分を倒した市は、可愛いい赤ん坊の父親、宇之助だけは命を許した。赤ん坊と別れる市とお香の眼に涙が光った。

座頭市血笑旅座頭市血笑旅
勝新太郎                        加藤嘉

題名:座頭市血笑旅
監督:三隅研次
企画:高森富夫、財前定生
原作:子母沢寛
脚本:星川清司、吉田哲郎、松村正温
撮影:牧浦地志
照明:山下礼二郎
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:内藤昭
装置:伊藤万次郎
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:今村喬
助監督:友枝稔議
色彩技術:小池清茂
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、高千穂ひづる、金子信雄、加藤嘉、石黒達也、天王寺虎之助、北城寿太郎、毛利郁子、伊達三郎、藤山浩二、橋本力、南部彰三、杉山昌三九、越川一、沖時男、川口のぶ、近江輝子、南条新太郎、石原須磨男、玉置一恵、堀北幸夫、木村玄、藤川準、愛原光一、千石泰三、黒木英男、原田清子
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
座頭市血笑旅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市血笑旅

映画「第三の悪名」

第三の悪名第三の悪名
勝新太郎                       田宮二郎

今回は田中徳三監督1962年製作「第三の悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第5作になる。
1963年1月3日に正月映画として封切りされた。シリーズ第2作「続・悪名」で死んだモートルの貞(田宮二郎=上画像右)の事件から10年が経過し、貞の仇であるカポネ(南道郎)との対決を軸に描いている。

悪名シリーズ

第三の悪名第三の悪名
月丘夢路                       長門裕之
第三の悪名
藤原礼子                          西村晃

【ストリー】
朝吉(勝新太郎)は死んだ弟分、貞の女房お照(藤原礼子)の家に、貞の弟清次(田宮二郎)と居候になっていた。或る日、朝吉は松島で、戦友粟津修(長門裕之)に出あった。修は天王寺の粟津一家の二代目だったが、わけあって朝吉も緑の深い松島組に身を預けていた。松島組の元締も、今は故人となっていたが、その法要の日、粟津一家の女親分お妻(月丘夢路)は、居合わせた朝吉の気っぷに惚れこみ、家に連れ帰った。お妻は、粟津一家の先代の親分の後妻で修にかたぎになってもらいたいばっかりに後目を相続したのだった。朝吉の口から修の居場所を聞いたお妻は、数日後彼に会ってかたぎになってくれるよう頼んだが、修はかえってお妻への恋心を明かした。修は白粉会社の登録商標をかたり取って新しい会社を作ろうというカポネ一味の企みを明かし、朝吉に手を貸せと申しでるが、朝吉はことわり二人は独自の行動をとることにした。朝吉はカポネ(南道郎)の経営するキャバレーにのりこんだが、代表名義人である小杉の息子の承諾を得たのだからとつっぱねられた。しかし、小杉の息子(矢島陽太郎)は、実は父親(菅井一郎)の信用している番頭垣内(天王寺虎之助)の二号の家に軟禁されていた。垣内こそ、カポネの黒幕だったのだ。憤然として帰ってきた朝吉は、カポネのキャバレーの支配人になったと報告する清次におどろいた。清次の兄は、カポネの子分によって殺されたからだ。怒った朝吉は、清次との縁を切った。だが朝吉と関係深い清次を邪推したカポネは、子分に清次の命を狙わせた。しかし、それをいち早く知った清次は、逆に小杉の息子を連れだし朝吉にわびを入れに帰ってきた。小杉の息子の一件を修の仕業と思いこんだカポネは修の不意をつき捕えて拷問した。だがこの時朝吉と清次が応援にかけつけた。証書を返すという証文を垣内に書かせた朝吉は、お妻に修の身を預け、お照の家に居候に戻るのだった。

第三の悪名第三の悪名
長門裕之、喜味こいし、夢路いとし         月丘夢路、勝新太郎
第三の悪名第三の悪名
勝新太郎、田宮二郎                第三の悪名

題名:第三の悪名
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
音効:倉島暢
美術:内藤昭
装置:高地繁
擬斗:宮内昌平
衣裳考証:上野芳生
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:土井茂
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、長門裕之、月丘夢路、藤原礼子、西岡慶子、西村晃、南道郎、天王寺虎之助、矢島陽太郎、菅井一郎、若杉曜子、夢路いとし、喜味こいし
1962年大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
第三の悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「座頭市千両首」

座頭市千両首座頭市千両首
勝新太郎                            坪内ミキ子

今回は池広一夫監督1964年製作「座頭市千両首」をピックアップする。
本作は“座頭市”シリーズ”第6作目になる。「続・座頭市物語」から2年ぶりに勝新太郎さんと実兄である若山富三郎さんの共演作品となっている。クライマックスの馬上の仙場十四郎と座頭市の鞭を使った対決は、マカロニ・ウエスタンで見かけるシークェンスだが、1963年「赤い砂の決闘」1964年「ミネソタ無頼」「荒野の用心棒」でもインスパイアされるシーンはなく1966になって「「真昼の用心棒」で鞭を使った対決は違った形で描かれている。

座頭市シリーズ

座頭市千両首座頭市千両首
勝新太郎、城健三朗(若山富三郎)               長谷川待子

【ストリー】
市(勝新太郎)が3年前こころならずも斬った男の墓参に板倉村を訪れた所、折りしも起きた千両箱強奪事件にまきこまれた。やったのは忠治一家の者だといい、また座頭市も、その一人に数えられた。真実を確めるため忠治(島田正吾)に会った市は、樵悴した忠次や、二足わらじをはき代官の先棒をかつぐ紋次(天王寺虎之助)に自分の罪のないことを弁明するのだった。事の次第を理解した忠次だが、紋次は代官(植村謙二郎)に密告した。鳴子笛の響く中、市は見事な刀さばきできりぬけた。とある廓に来た市は紋次と代官、用心棒十四郎(城健三朗)がたくらんで忠治にぬれ衣をきせる工作と聞き、忠治の許へ急ごうとした市は、村に入って知りあった千代(坪内ミキ子)に近道だと案内された吊橋で紋次一味に出会い命を危機にさらした。それから数日後、千両箱の紛失は、二人の処刑にまで発展した。千両箱紛失の犯人と目された座頭市は、必ず千両箱をみつけて身の潔白を証明しようとした。朝靄深い宿場の入口、全身を聴嗅覚にして茶屋の屋根に身をふせた市は、千両箱を運び出そうとする紋次らに会い代官と紋次を斬り千両箱を見事とりかえすのだった。喜ぶ村人を後に、吉蔵の供養と千両箱を千代に渡すと、市は千代の前から遠ざかったが、なおもそれを追う十四郎の姿があった。

座頭市千両首座頭市千両首
島田正吾                       長谷川待子、勝新太郎

題名:座頭市千両首
監督:池広一夫
企画:浅井昭三郎
原作:子母沢寛
脚色:浅井昭三郎、太田昭和
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:木村重雄
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:小沢宏
色彩技術:田中省三
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、坪内ミキ子、長谷川待子、城健三朗(若山富三郎)、島田正吾、石黒達也、丹羽又三郎、植村謙二郎、天王寺虎之助、林寛
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市千両首 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市千両首
「座頭市千両首」勝新太郎、城健三朗(若山富三郎)
座頭市千両首座頭市千両首
座頭市千両首

座頭市千両首座頭市千両首
「座頭市千両首」撮影風景            撮影:宮川一夫氏