映画「座頭市の歌が聞える」

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎                       小川真由美

今回は田中徳三監督1966年製作「座頭市の歌が聞える」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第13作目になる。第一作より満を持しての再登場となる天知茂さんとの対決を見ることができる本作は、タイトルとは裏腹に座頭市自身は歌を歌わないが、道中で出会う座頭市と同じ、目が不自由な琵琶法師が、市にあれこれ禅問答のようなことを言う場面が際立つ作品である。

座頭市シリーズ

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
天知茂                         佐藤慶

【ストリー】
座頭市(勝新太郎)は高崎で殺気を漂わせた浪人黒部玄八郎(天知茂)とすれ違った。市はその日、宿外れでやくざに襲われた為吉(堀北幸夫)を救ったが、すでに深手を負っていて、市に財布を託すと言切れた。市は盲目の琵琶法師(浜村純)と道連れになった。一の宮は祭礼なのに門前の店はほとんど閉じていた。おかん婆さん(吉川満子)の茶店に入った市は、おかんが為吉の母だと知った。市は為吉の息子太一(町田政則)に財布を渡した。町の人は板鼻権造(佐藤慶)一家の暴力に悩んでいた。権造一家は市にいやがらせをした。市はやむを得ず居合の妙技を見せた。太一はそんな市に憧れた。市は宿場女郎のお蝶(小川真由美)にあんまを頼まれた。二人は心の触れあうのを感じた。弥平爺さん(水原浩一)の上洲屋で、市は再び法師に会った。法師は太一がやくざに憧れるのは市のせいだと批判した。構造一家が押しかけてきた時、市は抵抗しなかった。だが、一家が上洲屋の娘お露(小村雪子)をさらおうとするのに怒って居合で斬った。それを太一は見ていた。お蝶の亭主は黒部玄八郎だった。玄八郎はお蝶を身受けするため、権造に五十両で市を斬ると約束した。一家は上洲屋に乱入し、おかんを人質にした。市は仕込杖を捨てた。しかし、一家は弥平を斬り、市をも斬ろうとした。市は太一の助けで仕込杖を手に入れた。だが権造の作戦で八方から太鼓が乱打され、市は聴覚を封じられた。市は法師が、修業とは死ぬことだといった言葉を想い出した。市の心の眼は澄みきった。そして必死に斬りまくり、最後に玄八郎と対決した。一瞬の後、玄八郎は倒れた。市は権造が町の人から無理にとった金を取返し、お蝶の身受けの金も取った。そして隙をみて斬り込んだ権造を斬った。法師は太一に、本当に偉い人はやくざでないと教えた。市はお蝶の家に五十両を届けて去った。お蝶が市の後を追いかけようと外に出た。その時すでに、市は朝焼けの道に消えていた。

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎、浜村純                   座頭市の歌が聞える

題名:座頭市の歌が聞える
監督:田中徳三
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:高岩肇
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
美術:西岡善信
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
制作主任:村井昭彦
助監督:太田昭和
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、天知茂、小川真由美、佐藤慶、浜村純、東三千、吉川満子、小村雪子、水原浩一、伊達三郎、堀北幸夫、町田政則
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市の歌が聞える -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎                       座頭市の歌が聞える

映画「まむしの兄弟 懲役十三回」


菅原文太                         川地民夫

今回は中島貞夫監督1972年製作「まむしの兄弟 懲役十三回」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。 本作はシリーズ第3作になる。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


天知茂                     菅原文太、川地民夫、潮健児

【ストリー】
昭和10年13回目の服役を終えたゴロ政(菅原文太)と勝(川地民夫)は、刑務所内で兄弟分になった浅草菊村一家の弥之助(天知茂)を頼って東京へと向う。東京駅についた政と勝は、神戸から来た殺し屋と間違えられ、出迎への男どじょう辰(潮健児)の案内で、浅草へ連れていかれる。吉原東竜会の親分岩淵(天津敏)が関西同友会から狙われ、殺し屋潜入の情報を得た辰は、二人を骨抜きにして手柄をたてようとしていたのだ。二人にレビューを見せたり、カフェーで飲ませたりの大サービス。ところが吉原遊廓へ二人を送りこんだところまではよかったが、その頃、岩淵は本物の刺客に襲われた。松浦楼に置いてきぼりされた無一文の二人は遊興費代りに小間使いとして働かされるハメとなる。政は何とか金を作ろうと、東竜会の賭場に出かけるが、辰に発見され、簀巻きにされて隅田川へ投げ込まれる。だが運よく山谷の女スリお熊(高橋とよ)に助けられる。政は岩淵を脅迫するが、その度胸を買われ、菊村一家を痛めつけてくれと頼まれてしまう。一方、客の用足しにでた勝は、伝法院境内で政と会い、衆議一決。二人はそれぞれ預った金を持ってドロンを決め込むが、お熊にあり金全部をすられてしまう。それとは知らず古着屋で洋服を新調した二人は店主から盗人呼ばわりされ、かけつけた東竜会の組合員と大乱闘。そこへ仲裁に入ったのが弥之助だった。政は弥之助からもらった金で、かねてより岡惚れのレビューガール雪子(光川環世)のアパートに押しかけるが、雪子は、東竜会の借金で追われる情夫譲次(荒木一郎)から呼びだしがかかり、生まれたばかりの子供を政に預けて九州へ逃げる。その頃、菊村一家では先代の追善興行として浪曲大会を催そうとするが、岩淵は浅草中の小屋主をおどして劇場を押さえてしまう。ある日、雪子が譲次に棄てられて浅草に戻ってきたが、これを嗅ぎつけた東竜会は借金の代りに雪子を松浦楼へ売りとばす。政と勝は、松浦楼へかけつけて彼女を奪い返したが、岩淵はその足抜きを理由に弥之助を殺してしまう。サイドカーを奪った政と勝は狂気の如く東竜会へと殴り込む。


雷門ケン坊、高橋とよ                  小池朝雄

題名:まむしの兄弟 懲役十三回
監督:中島貞夫
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、佐藤雅夫
原案:斯波道男
脚本:高田宏治、中島貞夫
撮影:増田敏雄
照明:中山治雄
録音:堀場一朗
美術:井川徳道
装置:米沢勝
装飾:清水悦男
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:豊中健
擬斗:谷明憲
記録:田中美佐江
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎
フィルム:富士フィルム
進行主任:眞沢洋士
助監督:依田智臣
演技事務:西秋節生
スチール:中山健司
出演:菅原文太、川地民夫、光川環世、三島ゆり子、天知茂、嵐寛寿郎、小池朝雄、高橋とよ、雷門ケン坊、天津敏、荒木一郎、北村英三、潮健児、谷村昌彦、村井国夫、武智豊子、女屋実和子、集三枝子、志賀勝
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
まむしの兄弟 懲役十三回 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


光川環世                       天知茂、嵐寛寿郎

映画「怪談本所七不思議」


明智十三郎                            天知茂

今回は加戸野五郎監督1957年製作「怪談本所七不思議」をピックアップする。
本所七不思議は、東京都墨田区本所に江戸時代ころから伝承される奇談・怪談を言うそうだが、江戸時代の典型的な都市伝説の一つであり、古くから落語など噺のネタとして庶民の好奇心をくすぐり親しまれてきたそうだ。1937年に新興キネマで「本所七不思議」が製作され本作はそのリメイクである。


山下明子                               松浦浪路

【ストリー】
江戸本所七不思議のうち「おいてけ堀」--いましも一匹のいたずら狸が、化けそこなって通行人に寄ってたかって生捕られたが、折から通りすがった旗本小宮山左膳(林寛)と息子弓之助(明智十三郎)の計いで助けられた。数日後、弓之助は武道修業に上州へ門出した。弓之助と入れ違いに、左膳の甥に当る権九郎(天知茂)が久々に小宮山家を尋ねて来た。嘗て叔父甥の縁を切られた無頼の徒で、金を無心に来たのだが、左膳の後妻おさわ(山下明子)に気がつくとハッとした。二人は、その昔おさわが茶屋に働いていた頃、深い仲だったのである。再びよりを戻した権九郎はある夜、花見帰りの左膳を向島土手に待伏せして斬殺してしまった。生命の恩人の危機に、火の玉となって駈付けた、いつかの狸--長兵衛も一足違いで遅かった。弓之助の乳兄妹の八重は、独り悲嘆に暮れ弓之助の帰りを待ち焦れていた。そんな彼女に眼をつけた権九郎は、ある夜彼女の部屋に忍び込み手ごめにしようとしたが、その時旅姿の弓之助が現われ難を逃れた。慌てた権九郎は五助(沢井三郎)に命じて弓之助を殺させてしまった。しかし、死んだはずの弓之助が再び小宮山家の庭先に現われた。そこへまた、上州の弓之助が帰って来た。さては、前の弓之助は化物と権九郎は色を失った。八重(松浦浪路)も驚いたが、やがて片一方の弓之助は実は左膳に助けられた長兵衛狸で弓之助の身代りになっていたのだと知った。一切の事情を知った弓之助は、化物を恐れて寺に逃げ込んだ権九郎を追った。そして、狸が化けた一ツ目小僧や三ツ目入道などの助力で、遂に父の仇を見事討つことができた。


天知茂、山下明子

題名:怪談本所七不思議
監督:加戸野五郎
企画:佐川滉
脚本:林音弥、赤坂長義
撮影:鈴木博
照明:折茂重男
録音:根岸寿夫
美術:宮沢計次
編集:笠間秀敏
音楽:伊藤宣二
製作主任:山本喜八郎
助監督:武部弘道
出演:明智十三郎、松浦浪路、天知茂、林寛、山下明子、沢井三郎、鮎川浩、小高まさる、橘美千子、菊地双三郎
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ56分35mmフィルム
怪談本所七不思議 -DVD販売-
怪談海女幽霊/怪談本所七不思議[DMMレンタル]


怪談本所七不思議

1 2 3 7