映画「汚れた英雄」


草刈正雄                      レベッカ・ホールデン

今回は角川映画の社長であった角川春樹氏が出資し自ら監督した1982年製作「汚れた英雄」最悪作品賞をピックアップする。
本作は大藪春彦氏の原作を映画化したものだが、原作とは大きく異なっている。当時、私もバイクに乗っていた事もあって劇場へ行ったが、走行シーンが多い本作は、バイクフリークではないと観るに堪えない。
つまり、映画としては、内容がなく陳腐な作品である。


磯崎洋介、浅野温子                 勝野洋、草刈正雄

【ストリー】
全日本選手権ロードレース第8戦、メインレースの国際A級500cc決勝を迎え、SUGOのサーキットは興奮のるつぼと化している。北野晶夫(草刈正雄)と大木圭史(勝野洋)の宿命の対決が始まろうとしていたのだ。晶夫が96点で1位、2位には連続チャンピオンを狙う大木、3位は若手の鹿島健(貞永敏)がつけていた。いつものように晶夫が飛び出し、9周目にはコース・レコードを出す好調さだったがラストの直線で大木に抜かれ、一輪差で敗けた。敗因はマシーンの差、ファクトリー・チームの技術と組織の差だった。ともあれ、これで晶夫と大木が同点で、勝負は最終戦にもち込まれた。北野のプライベート・チーム〈KITANO〉は、メカニックの雨宮(林ゆたか)、かつてのライダー仲間・緒方(奥田瑛二)、その妻でチーム・マネージャーのあずさ(浅野温子)、その息子の和巳(磯崎洋介)に支えられている。チームを維持する莫大な資金は、晶夫の美貌とセックス・テクニックによってパトロンとなっている国際的なデザイナー、斎藤京子(木の実ナナ)、財閥の令嬢・御木本菜穂子(朝加真由美)が出しているがまだ世界を狙うには金がいる。晶夫は、折りから来日した、国際的なコングロマリットのオーナーのクリスティーン・アダムス(レベッカ・ホールデン)に的をしぼった。彼女とはヨーロッパで知り合っていたが、パーティで再会、晶夫の誘惑に何なく陥落する。恋のライディングは着々と成果を上げたが、肝腎のマシーンの性能アップは思うように進んでいなかった。メカの雨宮は女の事で作業をスッポカした。その為、晶夫は雨宮を解雇、自ら徹夜でマシーンに取り組んだ。いよいよ決勝の時が来た。全日本選手権最終戦、国際A級500cc決勝レース。晶夫、大木、鹿島らが一斉に飛びだした。38周目、魔のヘアピンにさしかかる晶夫。ついに勝利の女神は晶夫に微笑んだ。


木の実ナナ                     林ゆたか、草刈正雄

題名:汚れた英雄
監督:角川春樹
製作:角川春樹
原作:大藪春彦
脚本:丸山昇一
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:瀬川徹夫
音効:大橋鉄矢
美術:今村力
衣装:山田実
記録:小山三樹子
編集:西東清明
音楽:甲斐正人 主題歌:ローズマリー・バトラー
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
現像:東映化学
製作担当:元持昌之
助監督:松永好訓
プロデューサー:橋本新一、和田康作
バイクスタント:平忠彦、木下恵司、Hiro T.A Sheene
カーアドバイザー:三上祥一
カースタント:武士レーシング
VFX:四方義朗
スチール:池田岳史
出演:草刈正雄、レベッカ・ホールデン、木の実ナナ、浅野温子、勝野洋、朝加真由美、伊武雅刀、中島ゆたか、貞永敏、林ゆたか、奥田瑛二、磯崎洋介、トニー・セテラ
1982年角川春樹事務所+東映/ビスタサイズ・カラー112分35mmフィルム
汚れた英雄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


汚れた英雄

草刈正雄

映画「五番町夕霧楼」



松坂慶子                                              奥田瑛二

今回は山根成之監督1980年製作「五番町夕霧楼」をピックアップする。
本作は、家族を養うために丹後からきた少女とその幼馴染である学生僧との悲恋を描いている。舞台は、1958年の売春防止法施行まで存在していた京都の五番町遊廓だ。ベタな展開の物語で、少々退屈するが、俳優陣の上質な芝居で成立している作品である。金閣寺炎上というキーワードで言うならば、市川崑監督が1958年に製作した「炎上」の方が印象に残る。


浜木綿子                         長門裕之

佐分利信                        奈良岡朋子

【ストリー】
与謝半島の突端にある樽泊で木樵をしている片桐三左衛門(佐野浅夫)の長女、夕子(松坂慶子)は肺病の母と三人の妹をかかえ、家族のために京都西陣の五番町夕霧楼で働くことになった。一年の歳月が流れ、西陣帯の織元・甚造(長門裕之)との水揚げも済み、夕子は五番町で一、二を争う売れっ妓になっていた。ある日、夕霧楼に夕子の幼友達で、京都で修業を積む青年僧正順(奥田瑛二)がやってきた。その日以来二人の逢瀬は続く。貧乏修業僧の正順にかわって、夕子が費用を払っていた。正順は夕子を訪ねると、歌を唄い、話をして、彼女に指一本触れずに帰っていく。しかし、その逢瀬にも終りがやってきた。夕子を妾にしようとしていた甚造が、正順が修業している鳳閣寺の慈州(佐分利信)に廓通い告げたのだ。夕子はその頃から体の不調を訴え、肺病を患い入院してしまう。一方、さい銭をもって豪遊する寺の長老たちの姿を見て、立派な僧になることを念じ続けてきた正順は失望していた。そして、慈州とぶつかり、寺を飛び出した。夕霧楼で、夕子の入院を聞いて正順は病院へ急いだ。寺以外に生きる場所のない正順の思いつめた姿に、夕子はただならぬものを感じた。正順は「復讐してやる!」と言うと夕子を抱いた。怒りと悲しみをぶつけるかのように夕子を抱く。正順に応えるかのように夕子もがむしゃらにしがみつく。激しく切なく燃える最初で最後の愛。鳳閣寺が炎上したのはその晩であった。怒りに震える手で寺に火をつけた正順は、仏像に体をくくりつけ夕子の名を叫びながら焼死していった。新聞で事件を知った夕子は、与謝へ帰り、正順を追って自ら生命を絶つのだった……


風吹ジュン                    根岸季衣、松坂慶子

佐野浅夫                         横内正

題名:五番町夕霧楼
監督:山根成之
製作:樋口清
原作:水上勉
脚本:中島丈博
撮影:坂本典隆
照明:八亀実
録音:平松時夫
調音:小尾幸魚
美術:横山豊
装置:森勇
装飾:剣持政司
衣裳:松竹衣装
考証:小泉清子(衣裳)
編集:石井巌
音楽:岸田智史、田辺信一 主題歌:岸田智史「五番町夕霧楼」
現像:東京現像所
製作補佐:中川完治
製作主任:峰順一
製作進行:中沢宣明、水島誉志次
助監督:長尾啓司
スチール:長谷川宗平
出演:松坂慶子、奥田瑛二、浜木綿子、長門裕之、奈良岡朋子、加藤嘉、佐分利信、佐野浅夫、横内正、風吹ジュン、根岸季衣、水島美奈子、宇佐美恵子、中島葵、中原早苗、織本順吉、山谷初男、林ゆたか、清水石あけみ、佐々木梨里、佐久田修
1980年日本・松竹/ビスタサイズ・カラー129分35mmフィルム
五番町夕霧楼 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


五番町夕霧楼

映画「人生劇場」


松坂慶子                       永島敏行

今回は深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫、共同監督による1983年製作「人生劇場」をピックアップする。
尾崎士郎氏原作による”人生劇場”は、本作で13度目の映画化であるそうである。「青春編」「愛欲編」「残侠編」を東映の看板監督達が豪華出演陣を采配して製作したが、纏まりのない作品だった。


森下愛子                   松方弘樹、室田日出男

【ストリー】
大正7年、東京で早稲田の貧乏学生の日々を送る青成瓢吉(永島敏行)にとって、故郷、三州吉良には、いろいろな想いがある。没落したとはいえ、男の誇りだけは失っていない父、瓢太郎(三船敏郎)の心意気、幼なじみ、おりん(叶和貴子)との淡い初恋、そして、何くれとなくかばってくれた侠気の男、吉良常(若山富三郎)など。特にこの吉良常は、瓢吉が原因で起った喧嘩で人を殺め、獄窓につながれていった。その頃、瓢吉は吹岡や横井たちと知り合い、やがて大隈重信夫人銅像建設反対運動など、一連の学生運動に熱中していく。そんな瓢吉は、はじめての女であるお袖(松坂慶子)と知り合った。お袖も瓢吉の純粋さに惚れこみ、二人は急速に燃え上がる。しかし、学生運動は内部分裂を繰り返し、瓢吉は大学を捨てる決意をする。その頃、横浜、本牧の侠客、飛車角(松方弘樹)はおとよ(中井貴恵)という女郎に惚れぬいていた。そして、おとよに身受け話が持ち上がり、二人は開港60周年の港祭りの夜、足抜けを実行し、兄弟分、奈良平に紹介され、小金一家に身を寄せる。一方、瓢吉は作家を目指しながらも、お袖との愛欲の日々からも抜け出せず、イラ立ちも感じていた。そして、中学時代の名物先生、黒馬(菅貫太郎)と再会、女流作家を目指す小岸照代(森下愛子)と出会う。その頃、出所した吉良常は故郷、三州に戻ると、瓢太郎は瓢吉に遺書を残して自殺してしまう。父の死の報せを受けた瓢吉は帰郷、久しぶりに吉良常、母やおりんと再会する。飛車角とおとよは小金の世話でささやかな世帯を持っていたが、丈徳一家と出入りが起り、飛車角は義理を果たすため、丈徳を斬った。しかし、出入りの最中に、奈良平はおとよを売ってしまい、怒った飛車角は奈良平も斬ってしまい、逃げこんだ近くの寺で、小説に取り組む瓢吉と吉良常に出会った。吉良常の説得で自首した飛車角は懲役七年の刑を受け前橋刑務所に入った。文学にいそしむ瓢吉と照代は懸賞小説の一席、二席を分ち合い、これを機に同棲生活に入る。瓢吉と別れて以来、流浪の生活を送っていたお袖は、玉の井の「鱶野」の女郎になるが、そこで、やはり売られてきたおとよと知り合った。そのおとよは、小金一家の宮川と再会、飛車角に通じるものを感じ、深い仲にはまりこんでいく。一方、瓢吉に中国大陸取材旅行の話が入り、出版社に打ち合せに向かうが、その時、変り果てたお袖と出会った。逃げ出したお袖は、その後、行方不明となる。お袖の身を案じ、中国行を断念する瓢吉。再びさすらいの旅に立つ吉良常。道ならぬ愛に苦しむおとよと宮川。そして出所し、おとよを探す飛車角。人々の様々な想いをからませ、年月が過ぎていく。


「人生劇場」松坂慶子、永島敏行

「人生劇場」

「人生劇場」

「人生劇場」松方弘樹、中井貴恵

三船敏郎                        若山富三郎

題名:人生劇場
監督:深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫
企画:高岩淡、佐藤雅夫、豊島泉、斎藤一重、高杉修
原作:尾崎士郎
脚本:野上龍雄、深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫
撮影:安藤庄平、並木宏之、北坂清
照明:中山治雄、海地栄、金子凱美
録音:中山茂二、平井清重、荒川輝彦
美術:佐野義和、井川徳道
装置:三浦公久、野尻裕
装飾:窪田治
背景:西村三郎
衣装:森譲、黒木宗幸、宮崎智恵子
美粧・結髪:東和美粧
技斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江、石田照、中野保子
編集:市田勇
音楽:甲斐正人 主題歌:内藤やす子「こころ乱して運命かえて」
現像:東映化学
製作主任:野口忠志、菅田浩
助監督:土橋亨、武久龍一、藤原敏之
スチール:中山健司、金井謹治
出演:永島敏行、松坂慶子、中井貴恵、風間杜夫、森下愛子、叶和貴子、奥田瑛二、風間杜夫、平田満、三船敏郎、若山富三郎、松方弘樹、成田三樹夫、西村晃、平田満、菅貫太郎、萩原流行、蟹江敬三、片桐竜次、平田満
1983年日本・東映/ビスタサイズ・カラー138分35mmフィルム
人生劇場(1983) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


成田三樹夫                   松方弘樹、中井貴恵

松坂慶子

1 2 3