映画「リングの王者 栄光の世界」


「リングの王者 栄光の世界」宇津井健

宇津井健                           池内淳子

今回は石井輝男監督1957年製作「リングの王者 栄光の世界」をピックアップする。
本作は石井輝男監督のデビュー作である。新東宝でスポコンものは珍しいが、何のオチもなく拳闘(ボクシング)ものだった。この年「明治天皇と日露大戦争」からシネマスコープ・レンズによるシネスコサイズ(1:2.35)での撮影が波及する訳だが、本作はスタンダードサイズ(1:1.37)であり、石井監督は、内容からしてシネスコサイズで撮りたかったのではないかと思料するが、シネマスコープ・レンズは、映写機にも装着しないと上映出来ないので、系列劇場の準備が揃わなかったのかもしれない。


池内淳子、宇津井健

中山昭二                                 伊沢一郎

【ストリー】
魚河岸の青年塚本新一郎(宇津井健)はかねて東洋新聞の運動部記者畑(伊沢一郎)から拳闘界入りをすすめられていたが、母志づ(真山くみ子)や恋人の京子(池内淳子)の反対で断っていた。しかし家の借金や足の悪い妹敏子(福田則子)の手術代などで切羽詰った新一郎は遂に畑を訪れた。その夜、畑は銀座裏のバーに彼をつれて行き、マダム奈美子(毛利啓子)を手伝っている元ボクサーの岩崎健次(中山昭二)にトレーナーを頼む。岩崎は一旦ははねつけたが畑の情熱に動かされて承諾する。旭光拳闘クラブで猛練習を続ける新一郎に、志づたちも次第に応援するようになるがジムの中ではライト級の三田村(細川俊夫)らの冷い目があった。やがて新一郎は前座に出て派手なデビューをしたが岩崎や畑の祝をよそに京子と連れだって帰る姿に、畑は京子を訪ね拳闘に女は禁物だ、彼の将来のために暫らく遠去かってくれと頼む。京子の姿がみえなくなり新一郎は落胆するが、果されなかった自分の夢を彼に託して岩崎の指導は日増しに激しくなってゆく。漸く新一郎が外部に認められた頃ライト級選手権をとった三田村は金の為にクラブを移る。一方、試合毎に現れるキャバレーのマダム、ルリ子(若杉嘉津子)の執拗な誘惑に心ならずもひきづられて行く。女の為に身をくずした昔の自分を思い出し岩崎は心を痛める。やがて新一郎は三田村とノンタイトル戦を行うことになったが、彼の殺人パンチに脆くも敗北を喫し、ルリ子の豹変した冷い態度に気落ちしてしまうが岩崎と畑に励まされて一心にファイトを燃やして行く。そしてタイトル・マッチの当日、汗がとび散り鮮血の流れる激しい打合いの末、見事三田村を倒した新一郎の眼には涙があふれ、祝福してくれる岩崎、畑や、病気もなおり京子に手をひかれて駈けよる妹敏子の姿がかすんでしまうのだった。


「リングの王者 栄光の世界」宇津井健

中山昭二、宇津井健                         細川俊夫

題名:リングの王者 栄光の世界
監督:石井輝男
製作:佐川滉
脚本:内田弘三
撮影:鈴木博
照明:傍土延雄
録音:中井喜八郎
美術:小汲明
編集:神田帰美
音楽:斎藤一郎
製作主任:川田信義
助監督:三輪彰
出演:宇津井健、池内淳子、中山昭二、伊沢一郎、細川俊夫、若杉嘉津子、小高まさる、御木本伸介、田原知佐子、福田則子、真山くみ子、毛利啓子、天知茂
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ78分35mmフィルム
リングの王者 栄光の世界 -DVD販売-
リングの王者/栄光の世界[DMMレンタル]


宇津井健、若杉嘉津子                            田原知佐子(原知佐子)

福田則子、池内淳子、宇津井健                リングの王者 栄光の世界

映画「女王蜂の怒り」


久保菜穂子                   宇津井健、久保菜穂子

今回は石井輝男監督1958年製作「女王蜂の怒り」をピックアップする。
本作は新東宝が制作した”女王蜂シリーズ”の第二弾である。神戸ロケーションシーンが多々あるが、幼年期を過ごした私にとって見覚えのある風景はなかった。内容は、東映が任侠路線に本格的に突入する前の任侠映画ではあるが、殺人シーンはなく濡れ場になると照明がピンク色になるパターン?だ。特にアクションシーンは物足りない。

1958年「女王蜂」     監督:田口哲  主演:久保菜穂子
1958年「女王蜂の怒り」  監督:石井輝男 主演:久保菜穂子
1960年「女王蜂と大学の竜」監督:石井輝男  主演:三原葉子
1961年「女王蜂の逆襲」  監督:小野田嘉幹 主演:三原葉子


天知茂                         星輝美

【ストリー】
神戸の波止場を真中に海堂組と竜神組はことごとに対立していた。竜神組の副長剛田(天知茂)は海堂組の女親分ゆり(久保菜穂子)の体とシマを狙っていた。そんな時、ゆりの乾分宏の愛人京子(三原葉子)が仲居をしている料亭「千虎」では、三軒一家の襲名式が行われ、関東一円の大親分が全部集ったが、海堂ゆりの許へはチラシがこなかった。激した広(中山昭二)は千虎になぐり込んだ。その時竜神組の若い者を蹴ちらして広をかばったのは、竜神組の客分「ハリケーンの政」(宇津井健)だった。広が刺されたとの報せに、ゆりは、はやる子分達を抑え単身千虎に赴き、居並ぶ親分衆を前に、襲名式に招待のなかった理由をただした。それは世話役の剛田の作為とわかり、却って万座の笑いを買った。腹いせに竜神組は、海堂組が請負っているオリエント商事の荷に眼をつけ、これを奪った。そして剛田はオリエント社長を脅かし、運搬に当った海堂組の損害負担金の取立てについて委任状を書かした。ゆりは莫大な賠償金の返済に窮し、滝川一家の賭場で資金の調達をしようとした。しかしゆりは負けに負けて遂に剛田に自分の体を張るに至った。しかしそれにも負けてしまった。その時居合せた政は、海堂組の相談役の彦太郎に剛田の落したライターを拾って渡した。彦太郎はライターが鏡の役目を果し、剛田がいかさま賭博をやったことを覚った。彦太郎(佐々木孝丸)は剛田とかけあった。法度のいかさま賭博をやった剛田はオリエント商事の委任状を破ることで竜神組にわびを入れた。しかし腹のおさまらない剛田は遂に海堂組に喧嘩状を送った。波止場一帯に血の雨が降ろうとした時に、彦太郎や政の努力で事なきをえた。このことは関東一円の親分の耳に入り、仲に入るものがあって両者は和解がついた。その手打式の夜、剛田は乾杯と偽って、睡眠剤でゆりを眠らせ肉体を奪った。怒りをこめて、ゆりは剛田に最後の決闘をつきつけた。夜の波止場に剛田達は陣を構えた。しかしその時パトカーを指揮しながら海上保安官の制服に身を包んで現われた「ハリケーンの政」に、剛田達はオリエント商事の海上ギャング事件の容疑者として、逮捕されてしまった。


菅原文太

題名:女王蜂の怒り
監督:石井輝男
企画:佐川滉
製作:大蔵貢
原案:牧源太郎
脚本:内田弘三
撮影:吉田重業
照明:矢口明
録音:片岡造
美術:加藤雅俊
編集:鹿島秀男
音楽:渡辺宙明
製作主任:毛利幸久
助監督:下山堯二
出演:久保菜穂子、宇津井健、三原葉子、天知茂、高倉みゆき、星輝美、菅原文太、中山昭二、高嶋忠夫
1958年日本・新東宝/シネスコサイズ・パートカラー75分35mmフィルム
女王蜂の怒り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


天知茂、宇津井健

「女王蜂の怒り」久保菜穂子

映画「女眞珠王の復讐」


前田通子                        宇津井健

今回は志村敏夫監督1956年製作「女眞珠王の復讐」をピックアップする。
本作は邦画史上初めて女優の全裸シーンを撮影した作品。当時、全裸シーンはストリッパーなどの吹き替えが常識だったので、女優自身が演じたのは大きな話題となった。本作が初主演の前田通子さんは、大型グラマー女優として一躍スターダムへのし上り、わずか2年の間に20本以上に主演し、三原葉子さんと共に新東宝の看板女優となった。


丹波哲郎、遠山幸子                   三ツ矢歌子

天知茂                       藤田進、丹波哲郎

【ストリー】
三信貿易の社員木崎芳男(宇津井健)が箱根に養生中の社長に重要書類を届けて帰った夜、社長は何者かに殺され、さらに数時間後には会社の金庫から現金1,500万円が紛失した。その日、社長の部屋に入ったのが木崎一人であることから嫌疑は彼に掛り、木崎は浅沼専務(藤田進)に同行渡米する恋人香川夏岐(前田通子)を見送った直後、逮捕された。同時に洋上を走るシビリア号にも、夏岐を殺人共犯容疑者として拘束せよとの急電が届いたが、彼女に好色の眼を向ける浅沼専務は、自分の証言で事はどうでもなると夏岐を説きつけようとした。だが夏岐は、木崎のポケットにあったという金庫の鍵は専務が持っていた筈と不審を抱いた。夏岐は浅沼の手を逃れるはずみに足を踏みはずし、激浪の中に姿を没した。南海の孤島に打ち上げられた夏岐は、同じく漂着していた難破船の乗組員五人に救われた。孤島では彼女をめぐり異様な生活が始った。男達は夏岐を争い、揚句の果て、石塚老(沢井三郎)人及び彼の娘アキ(遠山幸子)と結婚する筈になっている山内雄三(天知茂)、そして夏岐の三人が残った。だが或る日、海底に潜った夏岐は真珠貝の宝庫を見出した。数年後、外国船に助けられた夏岐は変名し、真珠王ヘレン・南として日本に戻った。恋人木崎は今だに拘置所生活、妹雪子や両親も冷い眼で見られていると知った夏岐は、雪子(三ツ矢歌子)に真犯人を見つけだすと誓った。調査の末、今は三信貿易の社長に納る浅沼と子分野口(丹波哲郎)が会社乗っ取りの陰謀をめぐらし木崎を陥入れたことが判明した。夏岐は孤島生き残りの二人の手を借りて浅沼の事業を妨害した。だが浅沼の疑惑で野口が夏岐の素姓を見破った日、真相を妹に聞いて復讐の念を燃やした木崎が突如、脱獄した。夏岐と対決した浅沼と野口は数々の証拠に、今はこれ迄と拳銃をつきつけたが、そこに飛び込んで来た木崎に倒された。復讐を成し就げた夏岐と木崎は、今は晴れて抱き合った。


女眞珠王の復讐

題名:女眞珠王の復讐
監督:志村敏夫
企画:松崎啓次、小野沢寛
製作:星野和平
原案:青木義久
脚本:相良準、松木功
撮影:友成達雄
照明:秋山清幸
録音:片岡造
美術:朝生治男
編集:金子半三郎
音楽:松井八郎
製作主任:山本喜八郎
助監督:土屋啓之助
出演:前田通子、宇津井健、藤田進、天知茂、三ツ矢歌子、丹波哲郎、光岡早苗、遠山幸子、沢井三郎、保坂光代、宮原徹、藤村昌子
1956年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ90分35mmフィルム
女真珠王の復讐 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「女眞珠王の復讐」前田通子

「女眞珠王の復讐」前田通子

1 2 3