映画「世界大戦争」

世界大戦争世界大戦争
フランキー堺                       宝田明
世界大戦争世界大戦争
星由里子                           乙羽信子

今回は松林宗恵監督1961年製作「世界大戦争」をピックアップする。
本作は、冷たい戦争と呼ばれた自由主義陣営と共産主義陣営との世界的対立構造と1947年の米国のマーシャル・プラン以降のヨーロッパに於ける東西軍事ブロックの確立、そして1961年にキューバ危機が起こり、ほんとうに核戦争の危機が迫った時代に作られた真に迫った作品である。当時の製作費で3億円、構想3年、4千名を越すエキストラ、そして特撮班が総力を挙げて水爆に見舞われた東京の姿を描き出している。東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、モスクワが、核ミサイルによって破壊されるクライマックスシーンは、天地を逆にしたミニチュアの下から圧縮空気を吹き出させる方法で撮影されたそうだ。

世界大戦争世界大戦争
笠智衆、白川由美                     山村聡

【ストリー】
世界各地に連鎖反応的に起りつつある侵略と闘争は、全人類の平和を危機に追いつめていた。核戦争の鍵を握る同盟国側と連邦国側は、一触即発の状態を続けていた。戦争が始まったら、間違って押したボタン一つからでも音速の十倍以上で飛んでくるミサイルが、全人類を灰にし、地球は取返しのつかないことになってしまう。全人類が一つになって原水爆禁止のための何かをしなければならないのだ。アメリカ・プレス・クラブの運転手田村茂吉(フランキー堺)は裸一貫からささやかな幸せを築いてきた。娘冴子(星由里子)と二階にいる通信技師高野(宝田明)とは恋人同士で原水爆のことを真剣に考えていた。貨物船笠置丸船上で、突然夜空にオレンジ色から紫紅色へと膨らむ不思議な物体を見た高野は、冴子のもとへの帰途、胃潰瘍手術で九死に一生を得た船のコック長江原(笠智衆)を見舞った。彼は保母をやっている娘早苗(白川由美)や子供達に囲まれて生きる素晴しさを感じていた。連邦軍基地で核弾頭を装填したミサイルが手違いで発射されそうになった折、同盟国ICBM陣地でも作業員のミスからダイナマイトが暴発、核弾庫の誘爆の危機に襲われた。そうなれば世界は破滅だと判断した司令官は命を賭して起爆装置をはずした。皆、一兵卒に至る迄心から平和を念じているのだが……平和の願いはパリ首脳会談に託された。記者ワトキンス(ジェリー伊藤)を車で送った茂吉はこれらの状勢は金儲けのための株の変動への期待としか考えられなかった。そして神経痛に顔を歪めるお由(乙羽信子)に代って、庭にチューリップの球根を埋めてやるのだった。バーング海上で連邦軍と同盟軍編隊機の衝突から戦闘状態に入り、くすぶり続けた各地の侵略と闘争は再開され、日本政府は徒らに平和と停戦を呼び続けるのみだった。日本国内基地から飛び立った連邦軍爆撃機への報復として、同盟国の原子爆弾はロケットを発射し、東京は混乱の巷と化し、恐怖は全ての人を捉えた。保育園では早苗がなす術もなく、逃げまどう人々の心には平和を願い続けたのになぜ殺されねばならないのだ!と一様に去来した。冴子は無電機で高野の送信をキャッチした。「コーフクダッタネ……」やがて火球が東京を包み第三次世界大戦が勃発、巨大なビルは破片となって散り、全てが数万度の熱に晒された。ニューヨークでもパリでもモスコーでも……津波の後の静かな洋上を笠置丸は再び東京へ向っていた。東京の最期を見たのは高野達乗組員だけだろう。流れくる放射能のために生きて戻ることは不可能でも高野は帰りたいと思った。全世界がもっと早く声を揃えて戦争を反対すればよかったものを……あらゆる良識を無視して世界大戦は勃発し、そして終ったのだ。

世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)
世界大戦争世界大戦争
フランキー堺、星由里子、乙羽信子            東野英治郎

題名:世界大戦争
英題:THE LAST WAR
監督:松林宗恵
製作:藤本真澄、田中友幸
脚本:八住利雄、木村武
撮影:西垣六郎
照明:森弘充
特機:矢島袈裟夫、加賀見正友
録音:矢野口文雄
整音:下永尚
音響:北沢靖 (パースペクタ立体音響)
美術:北猛夫、安倍輝明
大道具:小川重太郎、田中喜一、大谷忠雄
舞台組付:徳竹信義
小道具:建守末好、佐伯慎也
衣裳:岩井正晴
結髪:鈴木和子
記録:米山久江
編集:岩下広一
音楽:団伊玖磨
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:森本朴
製作進行:江口英彦
演技事務:松山元計
助監督:田実泰良
監督助手:岩内克己、砂原博泰、千葉隆司
撮影助手:永井仙吉、志田篤弘、宝田武久、入口勝男
照明助手:秋池深仁、大口良雄、宮下義雄、北川忠利
録音助手:田中信行、山田守、影山修
美術助手:育野重一、鈴木一八、秋森直美
【特殊技術】
監督:円谷英二
撮影:有川貞昌、富岡素敬
美術:渡辺明
照明:岸田九一郎
特機:中代文雄
火薬:山本久蔵、渡辺忠昭
石膏:利光貞三、安丸信行
造型・造形:利光貞三、八木康栄、八木勘寿、開米栄三
光学撮影:幸隆生、徳政義行
合成撮影:三瓶一信、鵜飼啓一
合成作画:石井義雄、塚田猛昭
光学作画:幸隆生、飯塚定雄、茂田江津子、黒川博通
編集:石井清子
製作担当:成田貫
製作進行:関和郎
助監督:浅井正勝
スチール:田中一清
出演:フランキー堺、宝田明、星由里子、乙羽信子、白川由美、笠智衆、ジェリー伊藤、東野英治郎、山村聡、上原謙、河津清三郎、中村伸郎、中北千枝子、富永裕子、阿部浩司
1961年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー110分35mmフィルム
世界大戦争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

世界大戦争世界大戦争
星由里子、宝田明                      星由里子
世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)

映画「レッツゴー!若大将」


「レッツゴー!若大将」星由里子

加山雄三                              星由里子

今回は岩内克己監督1966年製作「レッツゴー!若大将」をピックアップする。
本作は、東宝・若大将シリーズの第9作で香港、マカオ、京都でロケーション撮影されている。ヒット曲「まだ見ぬ恋人」「夜空を仰いで」「旅人よ」が挿入され、加山雄三さんの人気絶頂期に応えた内容である。


陳曼玲                                  田中邦衛

【ストリー】
京南大学サッカー部の主将田沼雄一(加山雄三)は、リーグの王座をライバル西北大にとられ、来シーズン目指して猛練習に励んでいた。すきやき屋田能久を経営している父久太郎(有島一郎)は、雄一を店の支配人にする腹なので、雄一のサッカー好きを喜んでいない。ふとしたことから雄一は宝石店に勤める澄子(星由里子)と知合った。全日本学生選抜メンバーとして香港遠征に行くことになり、メンバーに選ばれなかった友人の石山(田中邦衛)こと青大将も、父の会社の仕事を理由に加わり、一方澄子も専務の坂本(田島義文)の香港出張に同行することになった。香港の中華レストランで開かれた歓迎レセプションで、雄一は店の令嬢美芳(陳曼玲)を紹介された。澄子が雄一の宿舎を訪れた時、入口に美芳の姿を見て何故か気になった。石山は父親の仕事などソッチのけで女とマカオを遊び回った挙句、父から頼まれた金まで女にとられてしまい、試合を明日に控えていた香港の雄一に助けを求めてきた。雄一は美芳の飛行機でマカオに飛んだが、帰途天候不順で飛行機が出ず、雄一は試合に間に合わなかった。澄子も雄一と市内観光もできず、淋しく日本に帰り、石山は美芳の父から金を借りて帰国した。雄一には新・田能久の開店が待っていた。新帝劇に日本支店を開いた美芳が、偶然雄一の店を訪れているのに出会った澄子は、またもや淋しい思いをするのであった。陶芸の研究に来日している婚約者呉隆(宝田明)に逢いに京都に向う美芳に、雄一は西北大との再試合前の休みを利用して同行したが、彼の心は澄子のことでいっぱいだった。いよいよ試合の当日、澄子のことが気がかりな雄一は元気がなく、試合も苦戦。澄子の店にエンゲージ・リングを買いにきた美芳と呉隆から、訳をきいた澄子はグランドに駈けつけた。一方スタンドにその澄子の姿を見つけた雄一は闘志満々、みごとに西北大を破った。


「レッツゴー!若大将」酒井和歌子

加山雄三、前田美波里                       飯田蝶子、有島一郎

題名:レッツゴー!若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄
脚本:田波靖男
撮影:逢沢譲
照明:高島利雄
録音:渡会伸
整音:下永尚
美術:竹中和雄
衣裳:河野春吉
記録:野上照代
編集:黒岩義民
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「まだ見ぬ恋人」「夜空を仰いで」「旅人よ」
現像:東洋現像所 合成:三瓶一信
製作担当:島田武治
助監督:高橋薫明
協力:パンアメリカン航空
スチール:中尾孝
出演:加山雄三、星由里子、田中邦衛、中真千子、陳曼玲、宝田明、有島一郎、酒井和歌子、前田美波里、田島義文、飯田蝶子、太刀川寛、菱見地谷子(ひし美ゆり子)、ワイルド・ワンズ
1966年日本・東宝/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
レッツゴー!若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


陳曼玲、宝田明

レッツゴー!若大将

映画「マルタイの女」


宮本信子                       西村雅彦、宮本信子

今回は伊丹十三監督1997年製作「マルタイの女」をピックアップする。
“マルタイ”とは警察用語で身辺保護の対象者の事を言う。1992年の「ミンボーの女」の公開直後に伊丹監督が、暴力団の男たちに斬りつけられた事件が起きた際に、夫人である宮本信子さんと共に警察のマルタイになった。
その時の体験をモチーフに本作を制作したそうだ。
そして伊丹十三監督は、本作公開から3ヵ月後に不可解な死を遂げ、残念ながら本作が遺作となった。
警察は自殺で処理しているが、そんな筈はない。私は強烈なイメージと共に未だ納得できないでいる。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


宮本信子、村田雄浩                津川雅彦、宮本信子

【ストリー】
わがままで有名な女優の磯野ビワコ(宮本信子)は、ふとしたことから弁護士夫婦が殺害される現場を目撃してしまい、それに気づいた犯人に殺されそうになったが、危ういところで助けられた。逃走した犯人は殺された弁護士と対立していたカルト宗教集団真理の羊の一員らしく、警察の事情聴取を受けたビワコは、殺到したマスコミを相手に会見を行い、裁判で証言台に立つことを約束する。重要証人となったビワコの身を守るため、警察は彼女をマルタイと呼ばれる身辺保護対象者とし、立花(西村雅彦)と近松(村田雄浩)のふたりの刑事をガードに送り込んだ。ふたりの刑事はビワコのマンション、仕事場、小唄や踊りの稽古場はもちろん、移動中の車にも必ず片方が同乗し、ショッピングなどのプライベートにまでもぴったりと張り付いて彼女の身辺を保護する。彼らはあくまで私生活には干渉しないが、ビワコは愛人関係にあるテレビの編成局長・真行寺(津川雅彦)との不倫の現場にまでもついてこようとするふたりの刑事に、落ち着かない生活を強いられた。一方、ふたりの刑事の方も、昔からビワコのファンでミーハーぶりを隠せないでいる近松に対し、ひたすら職務を全うしようとする堅物の立花は、傍若無人なビワコの振る舞いにいらだちを覚える。しばらくして、教団幹部の命令で身を隠していた犯人の大木(高橋和也)が逮捕された。すぐに面通しが行われ、ビワコは記憶をたどりながら彼が犯人だと証言する。大木が犯行を自白し、ビワコの証言がより重要性を持つようになってくると、教団は顧問弁護士の二本松(江守徹)を通じてビワコに証言をやめさせるよう、なりふり構わぬ脅しを始めた。愛犬を殺された上、真行寺との不倫をマスコミにバラされたビワコは、精神的に大きなダメージを受け、証言をためらうようになってしまう。ふたりの刑事は勇気を持つようビワコを励ますが、スキャンダルが原因で舞台を降板させられた彼女は、舞台衣裳のまま楽屋から姿を消した。もともと彼女の想い出の場所であった目撃現場で教団の実行部隊に襲われたビワコは、駆け付けた立花に危ういところを救われる。さらにビワコを乗せて裁判所へ向かう途中の車を襲った教団に対しても、命がけで立ち向かっていく立花たちの姿に、ビワコはどんなことがあっても証言をするという覚悟を決めて、裁判所に入っていった。


六平直政、名古屋章               村田雄浩、西村雅彦、あき竹城

題名:マルタイの女
監督:伊丹十三
製作:玉置泰
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:小野寺修、桜井敬悟
音効:斉藤昌利、北田雅也 リーレコ:神保小四郎
美術:川口直次
装置:木村浩之
装飾:佐藤結樹 (ポハイアート)、大坂和美、中山誠、松田光畝、竹内洋平
衣裳:岩崎文男、熊谷友江
美粧:豊川京子、宮崎智子
擬斗:高瀬将嗣
配役:斉藤謙司
記録:松沢一美
編集:鈴木晄 ネガ編集:奥原好幸
音楽:本多俊之 音楽プロデューサー:立川直樹、梶原浩史
現像:イマジカ タイミング:小椋俊一
撮影機材:三和映材社
照明機材:日本照明
フィルム:日本コダック
ステディカム:佐光朗
デジタル合成:島村達雄 (白組)、田口健太郎、牧野有美、金子敏雄、武坂耕二
特殊メイク:江川悦子、神田文裕、寺田まゆみ
スタント:高橋勝大、安多武士、山口富美雄、平田道、田辺秀輝
スタイリスト:鈴木智子、豊平ちせ
フードコーディネーター:石森いづみ
湯気師:谷口承
プロデューサー:川崎隆
製作主任:森太郎、毛利達也
製作進行:荒木正人、飯塚信弘
製作担当:鎌田賢一
演技事務:増田悟司、片野早苗
製作デスク、吉川次郎
製作宣伝:池田順子、小西晴文
企画協力:三谷幸喜、細越省吾
助監督:中嶋竹彦
監督助手:中村隆彦、山内健嗣、直路秀樹
撮影助手:石山稔、岩崎登、中澤正行、吉田好伸
特機助手:大谷慎司
照明助手:立石和彦、堀直之、疋田善健、関口賢、金子康博、関野高弘
録音助手:白取貢、松本昇和、矢沢仁
録音スタジオ・スタッフ:石井ますみ、大野誠、下野留之
美術助手:瀬下幸治、矢内京子、五十苅知子
編集助手:三條知生 デジタル編集助手:穂垣順之助
製作進行(セカンドユニット):前村祐子
助監督(セカンドユニット):蝶野博
撮影(セカンドユニット):藤澤順一、高瀬比呂志、猪本雅三、田中潤、上野彰吾
撮影助手(セカンドユニット):平康真二、中川克也、村埜茂樹、小松高志、中飯明央、佐藤治、葛西誉仁、向後光徳、西村博光、釘宮慎治、村木千春、鏡早智、井上隆夫、阿部孝
録音助手(セカンドユニット):藤本賢一、西山徹、前田一穂
撮影スタジオ:日活撮影所
録音スタジオ:日活スタジオセンター
グラフィック・デザイン:佐村憲一
出演:宮本信子、西村雅彦、村田雄浩、津川雅彦、江守徹、名古屋章、宝田明、あき竹城、高橋和也、六平直政、渡辺哲、小日向文世、高橋長英、木下ほうか、山本太郎、伊集院光、近藤芳正、三谷昇、仲谷昇、小林克也
1997年日本・伊丹プロダクション/ビスタサイズ・カラー135分35mmフィルム
マルタイの女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


宮本信子                       マルタイの女

 追悼 伊丹十三監督

1 2 3 4