映画「薄化粧」


「薄化粧」緒形拳

緒形拳、藤真利子                  浅野温子、緒形拳

今回は五社英雄監督1985年製作「薄化粧」をピックアップする。
本作は実話を基にした西村望氏の原作を映画化したもので、緒形拳さんの抑えた演技が冴えるが、「復讐するは我にあり」に比べ、情念の迫力が足りないと感じた。これは構成が、時系列を曖昧にして、必死の追跡・逃走という大事な側面を薄めてしまっているのが原因ではないかと思う。逮捕直前のラストにカタルシスが全くなかった。しかし俳優陣の演技は、誰を見ても素晴らしく、決して悪い作品ではない。


川谷拓三                      大村崑、川谷拓三

【ストリー】
昭和23年、ある山奥の鉱業所。坂根藤吉(緒形拳)は坑夫として鉱山で働き、妻ふくみ(浅利香津代)、息子と3人で暮らしていた。そんなある日、鉱山で落盤事故が発生しその補償問題で鉱夫の代表として会社側と掛け合った坂根は、逆に多額の裏金を会社側から掴まされてしまう。坂根の運命の歯車が狂いだしたのはこのときからであった。裏金を元に金貸しをはじめた坂根は、事故で夫を亡くした地所テル子(浅野温子)に接近、親密な仲になる。そして、このことが原因で妻ふくみと一人息子を次々と惨殺。また、坂根は金を貸しているのをいいことに仙波徳一の妻すゑ(宮下順子)とも肉体関係を結び、すゑの一人娘弘子松本伊代()にまで手を出そうとする。しかし、弘子は坂根からたくみに金を引き出したあげくに、鉱業所の課長と結婚してしまう。小娘に翻弄されたことに気づいた坂根は、弘子の婚礼の夜、ダイナマイトを持ち出し、仙波家を木端微塵に吹き飛ばしてしまった。この爆破容疑で逮捕された坂根は、真壁刑事(川谷拓三)、松井刑事(大村崑)の執拗な追求に合い、ふくみ・喬殺しも発覚。留置場に入れられた坂根は突然、隠し持っていた剃刃で自殺をはかるが奇跡的に一命はとりとめた。昭和27年、坂根は刑務所を脱走。以後、素性を隠しながら各地の飯場を転々と渡り歩く、流浪の旅が続いた。一方、警察側も坂根逮捕に全力をあげ、真壁刑事が追跡を開始した。そんな逃亡生活の果てに、坂根は一人の薄幸の女・内藤ちえ(藤真利子)と巡り合う。坂根にとってちえは、初めて出会った菩薩のような女であった。ちえも坂根に強く魅かれ、やがてふたりは自然に親密な関係になっていった。ある日、ちえは照れる坂根に無理矢理、眉墨を引いた。最初はいやがっていた坂根だが、鏡を見るとそこには全く別人の自分があり、以後、出歩く時には必ず化粧をすることにした。しかしそんなふたりの仲も、捜査の輪を刻一刻とせばめる警察によって引きさかれてしまった。ちえは金持ちの旦那のところにかこわれ、坂根はまた旅へ。彼女は坂根の素性を風呂屋の手配書を見て全て知っていた。だが、坂根に強く魅かれるちえは別れる時に、彼に住所を教えた。そして、ちえのことを忘れられない坂根は彼女の元へ。久し振りにほんのつかの間の逢瀬をたのしんだ坂根はまた旅へ出るため夜のプラットホームへ行き、便所で化粧をすませでてくると、そこには彼のあとを追ってきたちえがいた。そしてふたりでの逃亡がはじまろうとした時、突然、警察のサーチライトが一斉に点灯した。


「薄化粧」緒形拳、浅野温子

緒形拳、浅野温子                    緒形拳、藤真利子

「薄化粧」藤真利子

題名:薄化粧
監督:五社英雄
製作:升本喜年、遠藤武志、西岡善信、宮島秀司、徳田良雄、高橋泰
原作:西村望「薄化粧」
脚本:古田求
撮影:森田富士郎
照明:美間博
録音:大谷巖
整音:星一郎
音効:本間明
美術:西岡善信
装飾:福井啓三
美粧:山崎邦夫
結髪:西林トミ
衣裳:松田一雄
特殊機械:西村伊三男
記録:野田多喜子
編集:市田勇
音楽:佐藤勝 主題歌:竹中直人、夏木マリ「MORE(追想)」
現像:東洋現像所 合成:デン・フィルムエフェクト
撮影機材:三和映材社、日本映機
製作主任:静川和夫
製作進行:西村維樹、酒井実
演技事務:内海透
助監督:南野梅雄
色彩計測:宮島正弘
照明助手:井上武
録音助手:小西進
美術助手:加門良一
編集助手:小磯真佐美
スチール:小山田幸生
出演:緒形拳、藤真利子、浅野温子、川谷拓三、竹中直人、柳沢慎吾、宮下順子、浅利香津代、大村崑、笑福亭松鶴、小林稔侍、菅井きん、花澤徳衛、萩原流行、松本伊代
1985年日本・五社プロダクション+映像京都+松竹/ビスタサイズ・カラー124分35mmフィルム
薄化粧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


竹中直人、緒形拳                  菅井きん、浅野温子

松本伊代                         緒形拳

映画「十階のモスキート」

十階のモスキート
「十階のモスキート」内田裕也
十階のモスキート十階のモスキート
内田裕也                         吉行和子

今回は崔洋一監督1983年製作「十階のモスキート」をピックアップする。
本作は、内田裕也氏が企画・脚本・主演を務め、崔洋一監督のデビュー作である。
内容は、万年係長の交番勤務の警官が、無味乾燥な日々の中、サラ金地獄に陥り、ついに郵便局強盗を実行してしまうといったものだが、すべてが物悲しく映っている。
破滅に向かって進む人物像は、想定内の物語ではあるが「餌食(若松孝二監督1979年)」「水のないプール(若松孝二監督1981年)」そして本作でも内田裕也氏が演じたから成立した固有な作品になっている事は間違いない。全編ロケーション撮影は、千葉県君津市で主に行われたそうだ。

十階のモスキート
「十階のモスキート」中村れい子
十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                        佐藤慶

【ストリー】
男(内田裕也)は万年係長のサエない警察官で、妻のTOSHIE(吉行和子)はそんな男に愛想をつかし、娘のRIE(小泉今日子)を引き取って離婚していた。娘は原宿のロックンロール族に狂い、時々、男に金をせびりに来るが、男は娘にだけは甘い。団地の十階に住み、毎月の慰謝料や養育費もとどこおりがちな男の気晴らしは、スナック・ヒーローで酒を飲むことと、その店の女、KEIKO(中村れい子)とのセックスだ。男はいつも落ちている昇進試験のためにサラ金から借金をしてパソコンを購入する。男は妻への支払い、サラ金への返済で出費がかさみ、競艇に手を出し、さらにサラ金から金を借りるという悪循環が続き、とうとう、返済の催促は交番にまで及んだ。追いつめられた男は、自分の部屋に駆けつけると窓からパソコンを放り投げる。男は、その足で郵便局に押し入り、金を出せと拳銃を乱射する。郵便局の外にはパトカー、TV局やヤジ馬が殺到している。やがて、群集が見守る中、男は同僚の警官にかかえられ、手錠をかけられたまま連れ出されてくるのだった。

十階のモスキート十階のモスキート
小泉今日子                        アン・ルイス
十階のモスキート十階のモスキート
横山やすし                      ビートたけし

題名:十階のモスキート
監督:崔洋一
企画:内田裕也
製作:結城良煕
脚本:内田裕也、崔洋一
撮影:森勝
照明:小山勲
録音:佐藤富士男
音効:坂井三郎
美術:細石照美
装飾:落合亮司、橋本良二
結髪:榊原暁美 (山田かつら)
衣裳:第一衣裳
記録:中川初子
編集:山田真司
音楽:大野克夫 挿入歌:白竜「誰のためでもない」選曲:小野寺修
現像:東洋現像所
製作担当:栗原啓祐
製作進行:小橋孝裕
俳優担当:笹岡幸三郎
助監督:磯村一路
監督助手:平山秀幸、福岡芳穂、増本千尋
撮影助手:喜久村徳章、寺沼範雄、五十嵐英弘
照明助手:金沢正夫、白石宏明、井上英一、関野高弘
美術助手:山田正徳
編集助手:北沢良雄
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
制作協力:内野二郎
車両:富士映画
スチール:中島俊雄
出演:内田裕也、吉行和子、中村れい子、風祭ゆき、宮下順子、小泉今日子、アン・ルイス、佐藤慶、ビートたけし、横山やすし、阿藤海、清水宏、下元史朗、梅津栄、小林稔侍、安岡力也
1983年日本・ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー108分35mmフィルム
十階のモスキート -DVD-
2019年6月現在、DVDレンタルはありません。

十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                       風祭ゆき
十階のモスキート十階のモスキート
十階のモスキート

映画「友よ、静かに瞑れ」


藤竜也                        倍賞美津子

今回は崔洋一監督1985年製作「友よ、静かに瞑れ」をピックアップする。
本作は北方謙三氏の同名小説を映画化したもので、罠にはまって留置所に入れられた友人を救出すべく行動する男を描いたハードボイルドドラマだ。無国籍な雰囲気だが、全編を名護市辺野古で撮っている。藤竜也さんが渋くてカッコイイに尽きる作品だった。


室田日出男                    常田富士男、藤竜也

【ストリー】
沖縄の小さな港町・多満里。一人の男がホテル“フリーイン”に車を止めた。40歳前後の一見うらぶれた感じのする男・新藤(藤竜也)。彼は旧友・坂口(林隆三)がこの町の再開発を企てている下山建設の社長に刃物で襲いかかって逮捕された、という新聞記事を読んで、はるばるやって来たのだった。フリーインはその坂口が経営するホテルで、彼は下山建設の大規模な買収に応じず、執拗ないやがらせや脅迫にも屈しなかった。その坂口を逮捕したのは下山建設と癒着している徳田刑事(室田日出男)だ。新藤は坂口の一人息子・竜太(六浦誠)と連れだって、坂口にレモンを差し入れた。フリーインは、フロント係・小宮(高柳良一)が坂口の留守をあずかり、それに町のクラブ“KENDO”を経営する坂口の愛人・志摩(倍賞美津子)とそこで働く時枝、静子(中村れい子)、留美(伊藤麻耶)、冴子(JILL)が住みついていた。新藤は事件の真相を探るべく単独で動きだした。まず下山建設の開発部長・高畠(原田芳雄)にジャブを入れる。しかし、ボクサーくずれの高畠は動じる様子もない。次に徳田刑事。小心な徳田は下山建設との癒着を指摘されると、動揺しながらも権力をカサに着て逆に新藤や志摩たちを脅す。事件の真相が分かった。下山の部下たちに拉致された竜太を救出しようと坂口が単身、乗り込んだのだった。竜太が事情を警察に言いさえすれば、坂口は釈放されるのだが、竜太は報復が恐くて言い出せないのだ夜。寝ていた新藤は突然、下山建設のチンピラ・石井に拳銃をつきつけられ、外に連れ出された。その危機を救ったのは意外にも高畠だ。彼は男として、坂口や新藤の心情が理解できるが、立場上、二人と対立しなければならないことに、忸怩たる思いを抱いていた。新藤が必死になって坂口を釈放させようとするのには理由があった。船医の新藤は坂口の命が肺ガンであと数ヵ月だと知っていたのだ。坂口が動けるうちに、今一番したいことをやらせたい--。新藤は徳田と下山建設との癒着の証拠を徳田につきつけて坂口を釈放しようとする。深夜、新藤は下山建設の事務所に行く。高畠が新藤を待ち構えていた。凄絶な死闘の末、新藤は証拠書類を手にした。坂口が釈放された。新藤、竜太が坂口を迎え、その様子を下山をはじめ下山建設の社員たちが見守る。坂口は無言で下山に接近し、突然、ポケットに手を入れた。恐怖におののいた下山は、いきなり拳銃を発射した。崩れ落ちる坂口の手からレモンがころがり落ちた。新藤は目をそむけようとする竜太に、父親の死に様の一部始終を見せつけた。


林隆三                      原田芳雄、藤竜也

題名:友よ、静かに瞑れ
監督:崔洋一
製作総指揮:角川春樹
製作:黒澤満、紫垣達郎
原作:北方謙三
脚本:丸山昇一
撮影:浜田毅
照明:井上幸男
特機:NK特機
録音:北村峰晴
整音:小野寺修
美術:小川富美夫
擬斗:國井正廣
記録:内田絢子
編集:鈴木晄
配役:飯塚滋
音楽:梅林茂
撮影機材:三和映材社
現像:東映化学
助監督:成田裕介
スチール:加藤輝男
出演:藤竜也、倍賞美津子、原田芳雄、宮下順子、中村れい子、室田日出男、林隆三、佐藤慶、高柳良一、六浦誠、伊藤麻耶、JILL
1985年日本・角川春樹事務所・東映セントラルフィルム/ビスタサイズ・カラー103分35mmフィルム
友よ、静かに瞑れ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


六浦誠、藤竜也

1 2