映画「女番長(スケバン)」


杉本美樹                        宮内洋

今回は鈴木則文監督1972年製作「女番長(スケバン)」をピックアップする。
本作は、”女番長シリーズ”第4作目として。1973年1月に全国公開された。内容は大阪・梅田を舞台に、女番長同志の対決と、彼女らを弾圧する暴カ団たちとの争いを描いたものだ。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


池玲子                         衣麻遼子

天津敏                         三原葉子

【ストリー】
少年特別院送りの護送車から、美貌の女番長、関東小政こと篠原政子(杉本美樹)、大阪・梅田で番を切る高校総番長の学ラン会の摩耶(池玲子)、そして摩耶と勢力を二分する黒菊団の女番長のゴロメン燎子(衣麻遼子)、それに鈴江(太田美鈴)、ラン子(丘ナオミ)、桃子(西来路ひろみ)たちが脱走、それぞれ関西方面へと逃れていった。小政の貫禄に惚れた鈴江、ラン子、桃子らは、小政を番長とし、ジプシー団を結成し大阪へ潜り込む。しかし、学ラン会や、黒菊団はジプシー団を目の仇とつけ狙い、三者は入り乱れて縄張り争いをつづけた。ある日、小政は警察に追われチンピラの一郎(荒木一郎)のアパートに逃げこみ、難を救われる。一郎は地元の暴力団・北竜会の予備軍でもある三星会の一員で、三星会のリーダーの達夫(宮内洋)は、かつての摩耶の愛人だった。その達夫が、北竜会と手を結ぶ国税局の役人二官の息子を恐喝したことから組長・淀(天津敏)の激怒にふれ、上納金を倍額納めるように命しられた。達夫のピンチに小政と一郎は二官夫人(三原葉子)を強引にプルーフィルムのモデルにしてしまい、150万円稼ぎ、達夫に渡す。数日後、ジプシー団は、北竜会の賭場を急襲するが、四人共捕われてしまう。しかし達夫は借りを返すぺく、小政を救出。二人は身を秘めている間、いつのまにか抱きあっていた。そこに摩耶が現われた。火花を散らす再会。一方、鈴江たちは黒菊団に連れられて、ソープランドセンターに行く途中、小政が襲撃、燎子を痛めつける。さらに勢いに乗った小政は摩耶とも対決。そこへ、達夫が来て、摩耶を強引に淀のところへ連れていく。かつて摩耶は淀に傷つけたことがあったのである。なぶりものにされる摩耶。しかし、小政が摩耶救出に成功。達夫は追って来た北竜会の銃弾から摩耶を守って死んでいった。それぞれの復讐の念を胸に北竜会本部へ殴り込む、小政と摩耶。そして小政に惚れた弱味から助っ人として乗り込み、死んでいった一郎の犠牲を得た。二人の怒りのダイナマイトが火を吹き、ドスが、ナイフが、淀たちを次次と血祭りにあげていった。


荒木一郎                        池玲子

題名:女番長(スケバン)
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:大原清秀、皆川隆之、鈴木則文
撮影:増田敏雄
照明:和多田弘
録音:堀場一郎
美術:雨森義允
装置:吉岡茂一
装飾:松原邦四郎
美粧・結髪:東和美粧
衣装:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:牧野叔子
編集:堀池幸三
音楽:八木正生 主題歌:杉本美樹「女番長流れ者」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:長岡功
演技事務:伊駒実麿
助監督:皆川隆之
スチール:諸角義雄
出演:杉本美樹、宮内洋、衣麻遼子、太田美鈴、池玲子、西来路ひろみ、丘ナオミ、碧川ジュン、一の瀬レナ、須藤リカ、城恵美、渡辺やよい、三原葉子、成瀬正孝、天津敏、遠藤辰雄、名和宏、大泉滉、田中小実昌、荒木一郎
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
女番長(スケバン) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


宮内洋、池玲子                 女番長(スケバン)

映画「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」


池玲子                         杉本美樹

今回は鈴木則文監督1972年製作「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」をピックアップする。
本作は、女番長(スケバン)シリーズ第2作目になる。
温泉みみず芸者」で主演デビューした池玲子さんが、巨乳を惜しげもなく披露する東映ポルノ・アクションである。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


風間千代子                       小山明子

【ストリー】
ナオミ(渡辺やよい)、知子(杉本美樹)、軽子(潤まり子)、お良(東映子)、悦子(岡邦子)ら5人の団員を指揮する京都パール団の女番長真紀(池玲子)は、愚連隊の荒木(荒木一郎)と手を組んで修学旅行売春、枕捜しなとで盛り場一帯を荒しまわり、その名を京都中に轟かせていた。ところが、大阪を根城とするズべ公グループ黒百合会が京都に勢力を伸ばしてきたため、両派の激突が相次いで起こり始めた。真紀は黒百合会の番長ユリ(風間千代子)とグループの運命を賭けて勝負するが、レーサーを夢みる栄三(宮内洋)の仲裁で一時引き分ける。栄三はユリの幼友達だったのだ。数日後、真紀達は好色坊主玄海を(由利徹)たらし込んで数百万円を捲き上げるが、地元の暴力団黒地組にバレてしまう。黒地租は牝犬狩りを実施して一大売春組織を作る計画をたてていたのだ。パール団と黒百合会の決戦で真紀に敗れたユリは、栄三の心が真紀に傾いたと誤解して黒地組に接近、黒地(小池朝雄)の情婦となってパール団と対抗しようとした。黒地組は、時をうつさず黒百合会を解散させ、いやがる団員をコールガールに仕立てあげていった。また黒地組にのりうつった一郎がパール団の根城をバラしたため真紀たちにも魔手がしのびより、真紀は軟禁されてしまう。その頃、栄三の兄貴分で今は一流レーサーとして名をあげている宮原明(梅宮辰夫)は、栄三を東京に連れ戻すために京都にやってきた。しかし、栄三は真紀、ユリの二人の身を案じてか、東京行をやめるのだった。一方、挙銃ブローカー宮内(穂積隆信)らの取引きに、黒地は、真紀を求うことを条件に、栄三を利用しようとする。これが黒地の罠とも知らず、真紀を求うために仕事を引きうけてしまった栄三は、影山たちのむごいリンチを受け、右目を失明、レーサーへの夢は断念しなければならなくなってしまう。また黒地組にあやつられていたユリは自分のあやまちに目をさまし、傷ついた真紀を救出し、脱走をくわだてる。しかし計画は発覚し、ユリは影山に殺されてしまう。翌日、ユリの助力で脱出に成功した真紀は、ユリが犠牲になって殺されたことを知ると、ズベ公の意地を見せるため、単身、黒地組に殴り込みをかけるのだった。


梅宮辰夫、宮内洋                   小池朝雄

岡八郎、荒木一郎                 山城新伍、由利徹

題名:女番長ブルース 牝蜂の挑戦
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:皆川隆之、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:北口光三郎
録音:荒川輝彦
美術:吉村晃
装置:近藤幸一
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:八田富子「女番長ブルース」
製作主任:俵坂孝宏
助監督:皆川隆之
演技事務:森村英次
スチール:杉本昭三
出演:池玲子、小山明子、宮内洋、風間千代子、渡辺やよい、杉本美樹、女屋実和子、潤まり子、小池朝雄、荒木一郎、岡八郎、由利徹、山城新伍、穂積隆信、梅宮辰夫、東映子、岡邦子
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
女番長ブルース 牝蜂の挑戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」池玲子

「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」池玲子

「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」池玲子

女番長ブルース 牝蜂の挑戦                             宮内洋、風間千代子

映画「不良番長 口から出まかせ」


山城新伍、安岡力也、梅宮辰夫              菅原文太 

今回は野田幸男監督1970年製作「不良番長 口から出まかせ」をピックアップする。
梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第10弾は、1971年の正月映画である。
1970年は不良番長シリーズが5作品も制作された。
本作より梅宮辰夫さんと山城新伍さんのコンビでコメディ要素が増幅され、1971年から”東映ポルノ”をスタートする前哨戦としてのエロ(乳首解禁)が入って来た。この年に大映は倒産し、日活が製作転換(ロマンポルノ)をする事になり、日本映画が壊れ出す転換期だったのかもしれない。

※1971年「温泉みみず芸者」が初めて”東映ポルノ”としてフィチャーされた。


大信田礼子                         山城新伍、上田吉次郎、梅宮辰夫、大信田礼子、ルーキー新一

【ストリー】
太平洋横断をこころみた神坂(梅宮辰夫)以下、バクダン五郎(山城新伍)、ジャブ(ルーキー新一)、アパッチ(安岡力也)等カポネ団の一行は、一路アメリカ大陸をめざし漂流の旅を続けるが、流れついた所が大阪に近いある漁村。がっかりしたのも束の間、この村、男たちが遠洋漁業に出はらって残っているのは海女ばかり、早速村長のお浜(清川虹子)、娘のワカメ(時美沙)から大歓迎をうける。ところが、そこへ大阪の愚連隊でエースの鉄(曽根晴美)を団長とするジャンボ団が乗り込んできた。神坂は巧みに話を持ちだしジャンボ団をなだめにかかった。ジャンボ団と協力体制をひいたカポネ団は、ジャンボ団の本拠地釜ヶ崎に村の娘たちを使ったヌーディストクラブとは名ばかりの売春クラブを開設。たちまち評判を呼び大ウケとなったが、ある日、鉄が誘拐してきた製薬会社社長の娘マリ子(大信田礼子)のことが発端で両グループは再び対立してしまう。そしてジャンボ団は売上金を持ちだして姿を消し、村の娘たちに逃げられ無一文になった神坂らは、社長の父親(永井秀明)に反抗して生きるマリ子の話しから、その製薬会社が麻薬を扱っていると知ってユスリを計画するが、会社のバックについている関西挺身会に睨まれて駄目になってしまった。マリ子のヒントで東京本社でさぐりを入れることにしたカポネ団は元船員の沢田(渡瀬恒彦)をメンバーに加え新宿に帰ってきた。神坂のカンは的中し、街でひろった製薬会社の社員の話から再び麻薬ルートの話をかぎつけ人事部長を脅し、モニター重役として会社のもぐり込みに成功する。社内の噂で、ある病院に監禁されているマリ子の恋人松永(北川恵一)を助けた神坂は、彼から麻薬ルートに関する一通のメモを手にいれ、その核心に迫った。製薬会社会長江藤の出入りする料亭に張り込んだ神坂は、そこで偶然にも江藤を仇とするネリカン時代のダチ公武田(菅原文太)と再会。新たに武田をメンバーに加えたカポネ団は一挙に戦いを挑むが、挺身会の飼い犬となったジャンボ団に唯一の生き証人松永を殺されてしまい、さらにマリ子の父親までが内紛がもとで命を絶った。挺身会にことごとく痛めつけられたカポネ団は、オートバイで挺身会に殴り込んでいった。


ルーキー新一、山城新伍、大信田礼子、梅宮辰夫、安岡力也         ルーキー新一

題名:不良番長 口から出まかせ
監督:野田幸男
企画:吉田達
脚本:山本英明、松本功
撮影:稲田喜一
照明:大野忠三郎
録音:井上賢三
美術:江野慎一
装置:吉田喜義
装飾:田島俊英
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」「ダイナマイト・ロック」
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:坂本年文
助監督:三堀篤
スチール:藤井善男
出演:梅宮辰夫、山城新伍、大信田礼子、菅原文太、安岡力也、ルーキー新一、曽根晴美、渡瀬恒彦、内田朝雄、上田吉次郎、玉川良一、園佳也子、清川虹子、悠木千帆(樹木希林)、芦屋小雁、芦屋雁平、宮内洋、団巌、若水ヤエ子、小林千枝、時美沙、永井秀明、北川恵一、小林稔侍
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
不良番長 口から出まかせ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


清川虹子                        曽根晴美 

安岡力也、ルーキー新一、梅宮辰夫、山城新伍       不良番長 口から出まかせ

1 2