映画「白蛇抄」


「白蛇抄」小柳ルミ子

小柳ルミ子                    杉本哲太、仙道敦子

今回は伊藤俊也監督1983年製作「白蛇抄」をピックアップする。
誘拐報道」「女囚さそり・シリーズ」の伊藤俊也監督と1971年「わたしの城下町」翌年「瀬戸の花嫁」などの歌謡曲でブレイクし「誘拐報道」で演技を絶賛された歌手の小柳ルミ子さんがタッグを組み、男たちの欲望のままに翻弄される哀しい過去を持つ女を描いている。展開の仕方が、すべてを台詞で説明し秘密を解き明かされるのに疑問を持ったが、小柳ルミ子さんの官能的な肢体に釘付けになり、疑問はどうでも良くなった。


小柳ルミ子、夏木勲               若山富三郎、小柳ルミ子

【ストリー】
石立うた(小柳ルミ子)は、2年前、京都で火事にあい、夫を失って絶望のあまり若狭の心中滝に身を投じた時、華蔵寺の住職懐海(若山富三郎)に助けられ、そのまま後妻として寺に住みついていた。懐海にはひとり息子昌夫(杉本哲太)がおり、彼は出家ずみの身で来年高校を卒業すると本山に行くことになっている。ある日、華蔵寺にうたの遠い親戚に当るという15歳の少女鵜藤まつの(仙道敦子)が引きとられてきた。この寺での初めての夜、まつのは異様な女の呻き声を耳にした。その声は隠寮から聞こえてきた。夜ごとうたの体に執着する懐海。それを覗き見する昌夫。彼はうたに惹かれていた。もうひとり村井警部補(夏八木勲)もうたが身を投げ救助された時に立ち会って以来、彼女に魅せられていた。投身の時、うたが抱いていた石骨の中味に疑問を抱いた村井は、石骨を取り戻そうとするうたに力づくで情交を迫った。その石骨はうたの死んだ赤ん坊であった。かけつけた昌夫は村井の後頭部に石を投げつけうたと共に逃げた。雨が降り出し、山小屋へ駆け込んだ二人はいつのまにか抱き合っていた。その日から昌夫は大胆になり、うたも日ごと昌夫の体に溺れていった。そうしたある日、懐海はうたと昌夫が密会している場所に動ける筈のない体を引きずっていって殺された。昌夫は本山に修業に出た。懐海の死に不信を抱いた村井は、まつのに死んだときの様子を問いただし、うたと昌夫が愛し合っていることを知った。うたは昌夫に会うべく京都に向ったが、昌夫もうたに会いたいために寺を飛び出していた。若狭に戻り、心中滝に立つうたの背後に村井が近づいて懐海を殺したのではないかと詰め寄った。口論のうち村井は足を滑らせて滝壷へ落ちた。華蔵寺に着いた昌夫にまつのは愛を告白するが、彼は振り切って外に飛び出した。そこにうたの姿が。本堂に走ったうたを昌夫は追うが、うたは「来たらあかん」と斧を持ちながら叫ぶ。斧を奪った昌夫が激昂してふりかざした下にうたは微笑みながら身体を入れてきた。血飛沫が舞った。昌夫も自殺し、心中を眼にしたまつのは本堂に火をつけた。


「白蛇抄」小柳ルミ子

「白蛇抄」若山富三郎、小柳ルミ子        杉本哲太、小柳ルミ子

「白蛇抄」小柳ルミ子

「白蛇抄」小柳ルミ子                                                          仙道敦子

題名:白蛇抄
監督:伊藤俊也
企画:天尾完次、松尾守、瀬戸恒雄
原作:水上勉
脚本:野上龍雄
撮影:森田富士郎
照明:山口利雄
録音:林鉱一
音効:原尚
美術:桑名忠之
装置:浜中一文
装飾:三谷巌
美粧:井上守
衣装:福崎精吉
記録:山之内康代
編集:西東清明
音楽:菊池俊輔
現像:東映化学
製作主任:小島吉弘
製作調整:山田光男
監督助手:森光正
演技事務:鎌田賢一
水中撮影:中村征夫
スチール:加藤光男
出演:小柳ルミ子、仙道敦子、杉本哲太、夏木勲(夏八木勲)、若山富三郎、鈴木光枝、宮口精二、北林谷栄、辻萬長、岡田奈々、大和田伸也
1983年日本・東映/ビスタサイズ・カラー118分35mmフィルム
白蛇抄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「白蛇抄」小柳ルミ子

「白蛇抄」小柳ルミ子

映画「古都」



岩下志麻(千重子)                    岩下志麻(苗子)

今回は中村登監督1962年製作「古都」bestをピックアップする。
本作は、川端康成氏の原作を名匠中村登監督が映画化した作品で、岩下志麻さんの卓越した演技、しかも双子の姉妹という難しい二役を見事に演じ分け、観る者の感情移入を誘う名作であるが、撮影と照明が、巨匠成島東一郎氏と佐野武治氏である。前にも書いたが、私の見習い時代に成島東一郎氏のキャビネット・オブ・エヌで、佐野武治氏とは、キャメラマンになってからCF撮影でお世話になった事がある。流石の映像美!50年以上前に撮られているにも係わらず色褪せていない。なお「古都」は1980年に東宝で市川崑監督(主演:山口百恵、三浦友和)、2016年にYuki Saito監督(主演:松雪泰子)でリメイクされている。


吉田輝雄                           早川保、岩下志麻

【ストリー】
京都平安神宮のみごとに咲いたしだれ桜の下で、佐田千重子(岩下志麻)は幼な友達の水木真一(早川保)に突然「あたしは捨子どしたんえ」と言った。呉服問屋の一人娘として何不自由なく育ったが、自分は店の前のべんがら格子の下に捨てられていたのだと……。とはいっても親娘の愛は細やかだった。父の太吉郎(宮口精二)は名人気質の人で、ひとり嵯峨にこもって下絵に凝っていた。西陣の織屋の息子秀男(長門裕之)は秘かに千重子を慕っており、見事な帯を織り上げて太吉郎を驚かした。ある日千重子は、清滝川に沿って奥へ入った北山杉のある村を訪ねた。そして杉の丸太を磨いている女達の中に自分そっくりの顔を見い出した。夏が来た。祇園祭の谷山に賑う四条通を歩いていた千重子は北山杉の娘苗子(岩下志麻)に出会った。娘は「あんた姉さんや」と声をふるわせた。千重子と苗子は双子の姉妹だった。しかし父も母もすでにこの世にはいない、と告げると苗子は身分の違うことを思い雑踏に姿を消した。その苗子を見た秀男が千重子と間違えて、帯を織らせてくれと頼むのだった。一方自分の数奇な運命に沈む千重子は、四条大橋の上で真一に声をかけられ兄の竜助(吉田輝雄)を紹介された。八月の末、千重子は苗子を訪ねた。にわか雨の中で抱きあった二人の身体の中に姉妹の実感がひしひしと迫ってきた。秋が訪れるころ、秀男は千重子に約束した帯を苗子のもとにとどけ、時代祭の日に再会した苗子に結婚を申し込むのだった。しかし、苗子は秀男が自分の中に千重子の面影を求めていることを知っていた。冬のある日、以前から千重子を愛していた竜助が太吉郎を訪ねて求婚し、翌日から経営の思わしくない店を手伝いはじめた。その夜、苗子が泊りに来た。二階に並べた床の中で千重子は言うのだった。「二人はどっちの幻でもあらしまへん、好きやったら結婚おしやす。私も結婚します」と。


宮口精二                                  長門裕之

題名:古都
監督:中村登
製作:桑田良太郎
原作:川端康成
脚本:権藤利英
撮影:成島東一郎
照明:佐野武治
録音:福安賢洋
美術:大角純一
装置:中村良三
装飾:田尻善一
衣装:加藤春江
技髪:坂上章太郎
結髪:木村よし子
編集:相良久
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
製作進行:内藤誠
助監督:丹羽康二
色彩計測:野村治平
スチール:田中利男
出演:岩下志麻、吉田輝雄、早川保、長門裕之、宮口精二、中村芳子、東野英治郎、浪花千栄子、田中春男、環三千世、柳永二郎、千之赫子
1962年日本・松竹京都太秦撮影所/シネスコサイズ・カラー106分35mmフィルム
古都(1963年) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻、中村芳子                            古都

1962年「古都」撮影風景

映画「トラック野郎 度胸一番星」


「トラック野郎 度胸一番星」愛川欽也、菅原文太

片平なぎさ                       八代亜紀

今回は鈴木則文監督1977年製作「トラック野郎 度胸一番星」をピックアップする。
シリーズ第5弾の本作は、佐渡、北陸・金沢を舞台に物語は展開するが、シリーズで唯一、マドンナ(乙羽水名子=片平なぎさ)と相思相愛になり、告白されるという設定で興行収入は、10億9,600万円を記録したそうだ。

トラック野郎シリーズ


夏樹陽子                     千葉真一、夏樹陽子

【ストリー】
真夏の国道17号線を新潟方面に向って走る星桃次郎の“一番星”(菅原文太)と松下金造の“ヤモメのジョナサン”(愛川欽也)。二人が巧みに警察のねずみ取りから逃れ、ドライバー仲間から幽霊峠と呼ばれる曽地峠にさしかかった時は、日もとっぷり暮れていた。緊張のあまりトラックを降りた桃次郎は、霧雨の中で浴衣姿の美しい女性と出会った。女性は「佐渡で……」と言葉を残し消えていった。以後、その幻の女性のとりこになってしまう桃次郎。一方、相棒の金造も道中拾った渡り鳥のマヤ(夏樹陽子)に熱を上げるしまつ。新潟につき、マヤの働くドライブイン「越後」で二人は新村譲治ひきいるタンクローリー車の“ジョーズ軍団”と出くわす。彼らは、女人トラック野郎こと紅弁天(八代亜紀)がとめるのもきかず自分たち以外のトラックが4チャンネルの無線を使うことを禁止し、他のトラックの無線をこわすのであった。このさわぎの中でも桃次郎は浴衣姿の女のことが気になり、金造はマヤが譲治(千葉真一)の女であることを知り意気消沈。真夏の光をいっぱいにあび、二人は佐渡で分教所にエレクトーンを運ぶ仕事を請け負い、そこで分教所の先生・乙羽水名子(片平なぎさ)と出会い、びっくり。というのも彼女こそ曽地峠の幻の美女であったのだ。金造は彼女の育ての親の作右ヱ門(宮口精二)に砂金掘りを教えてもらうのであった。水名子のためにと、インスタント教師の役を買ってでた桃次郎は、水名子が近々結婚するという噂を聞き、大衝撃を受ける。涙ながらに佐渡をあとにした桃次郎は途中、ジョーズ軍団の挑発にのり、失恋の悲しさをはらすかのように大あばれするが、多勢に無勢。ガードレールに激突してしまう桃次郎。桃次郎を救ったのが紅弁天で、彼女から、譲治のあばれる理由を聞くのであった。そして、桃次郎は譲治に決闘をいどみ、男同志の死闘の結果、桃次郎に軍配が上がる。そして、失恋の痛手をいやす桃次郎のところに水名子から手紙が届く。そして、勘違いに気付いた彼は再び佐渡へ。子供たちと水名子をトラックに乗せ遠足へ出かける桃次郎。遠足の終る頃、水名子に愛をうち明けた桃次郎は、有頂天になり、そんな彼に仲人を買って出たのは譲治であった。しかし、折からの暴風雨が佐渡を直撃し、作右ヱ門の採掘道具を取りに川へ行った水名子は突然、鉄砲水にのまれて死亡。桃次郎を失意のドン底に陥し入れた。そして、運悪く金造が積んだ3,000万円相当の鮮魚が重量オーバーのため、金造が逮捕されるというアクシデントが発生。金造を救うため、残された5時間以内に新潟まで鮮魚を運ばなければならない。桃次郎はジョーズ軍団や紅弁天の協力を得て警察の目を盗みやっとの思いでこの大役を果すのであった。エンジンの音も快調に爆走する一番星とジョナサンの二台の「ロマンの残党」は、ゆっくりと海岸線を遠ざかっていくのであった。


「トラック野郎 度胸一番星」

題名:トラック野郎 度胸一番星
監督:鈴木則文
企画:天尾完次、高村賢治
脚本:野上龍雄、澤井信一郎
撮影:飯村雅彦
照明:山口利雄
録音:井上賢三
美術:桑名忠之
装置:畠山耕一
装飾:高井義典
美粧:住吉久良蔵
美容:花沢久子
衣装:河合啓一
技斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:鈴木宏始
音楽:津木下忠司 主題歌:菅原文太、愛川欽也「一番星ブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:志村一治
助監督:福湯通夫、森光正
スチール:遠藤努
出演:菅原文太、愛川欽也、片平なぎさ、夏樹陽子、宮口精二、千葉真一、八代亜紀、あき竹城、菅井きん、玉川良一、由利徹、 南利明、大泉滉、浜村純、叶優子、相川圭子、小島三児
1977年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー100分35mmフィルム
トラック野郎 度胸一番星 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「トラック野郎 度胸一番星」

1 2 3 4