映画「やくざの詩」



小林旭                          芦川いづみ

今回は舛田利雄監督1959年製作「やくざの詩」をピックアップする。
本作は1960年1月31日に公開された日活ヤクザ映画だが、東映のそれとは全く違うものだ。それまでの日活の芸風を残しながら細かい設定を曖昧にして展開する内容だ。これは脚本の賛否を問うものではなく、会社の意向に従い作ったものだと言わざる得ない。本作から13年後、俳優の小林旭さんや金子信雄さんは、”仁義なき戦いシリーズ“に多数出演し真価を魅せている。


「やくざの詩」南田洋子

南田洋子                         二谷英明

【ストリー】
佐伯組のやくざ安田(木島一郎)が何者かに射たれた夜、滝口哲也(小林旭)と名乗る男がピアノ弾きと称して佐伯組にもぐり込んだ。哲也は安田をすばやく治療した。かつて若く、将来を嘱望された医師哲也は、或日何の遺恨もないやくざに恋人を殺された。その日から哲也は狂ったようにそのやくざを追った。佐伯組に入ったのもその為だった。安田が倒れたのは黒沢組との不和が原因だった。佐伯組に出入りするアル中の老医水町(金子信雄)にはインターンに通う清純な娘道子(芦川いづみ)がいた。佐伯組と黒沢組との不和に乗じた相川一郎(二谷英明)という拳銃ブローカーが出入りを始めた。昔、哲也に命を助けられた相川は、今もなお哲也が恋人を撃ったスペイン製のゲルニカの弾丸を求めていることを知り愕然とした。日本に三つしかないというゲルニカを弟の次郎(垂水悟郎)は持っている。しかし次郎は兄の忠告を嘲い、翌日哲也を狙った。哲也は腕をかすったゲルニカの弾丸にこおどりした。次の夜、ゲルニカの弾丸は哲也をそれて水町医師を倒した。その夜次郎を客人とした黒沢組が佐伯組を襲った。哲也は宿敵ゲルニカと対決した。一瞬、次郎の拳銃が飛び、一郎が次郎の助命を乞うた。次の夜の決闘を哲也に約した次郎は、情婦由美(南田洋子)を訪ねた。高飛びの同行を拒まれ、カッとした次郎が襲いかかろうとした瞬間、次郎の腕は不気味な音をたてて折れた。しかもそれは醜い義手だった。次郎は由美を倒すと、哲也を求めて決闘場に足を運んだ。暗闇の中、勝ち誇った次郎は死体を見てがく然とした。それは哲也へ昔の借りを返した兄の姿だった。次郎と哲也は対峙した。次郎の一発が哲也の首にかかったゲルニカの弾丸をはねた。復讐の呪いは解けた。銃を捨てた哲也に次郎が迫った。しかし、由美を慕うチンピラの透(和田浩治)に次郎は撃たれた。次郎を救おうと哲也は必死に手術した。医者としても必死の再起だった。道子が歓びの声をあげた。夜明けの太陽が赤く輝き、次郎がうっすらと眼を開いた。


和田浩治                         垂水悟郎

題名:やくざの詩
監督:舛田利雄
企画:坂上静翁
脚本:山田信夫
撮影:藤岡粂信
照明:藤林甲
録音:中村敏夫
美術:佐谷晃能
擬斗:峰三平
記録:新関良子 (ノンクレジット)
編集:辻井正則
音楽:黛敏郎、中村八大 主題歌:小林旭「やくざの詩」トミー藤山:「なんにも言えず」
現像:東洋現像所
製作主任:栗橋正敏
製作進行:岡田康房 (ノンクレジット)
助監督:河辺和夫
監督助手:江崎実生、奥山長春 (ノンクレジット)
色彩計測:安藤庄平
出演:小林旭、芦川いづみ、南田洋子、二谷英明、和田浩治、金子信雄、垂水悟郎、内藤武敏、木島一郎、宮崎準、深江章喜、木島一郎
1959年日本・日活/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
やくざの詩 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


金子信雄                         芦川いづみ、小林旭