映画「失楽園」


役所広司                      黒木瞳

今回は森田芳光監督1997年製作「失楽園」をピックアップする。
本作は渡辺淳一氏による同名ベストセラーで、閑職に追いやられた中年サラリーマンと、冷めた夫婦関係に体を持て余した人妻が、激しい恋におちて情事を重ねていく姿を描いた性と愛のドラマだ。黒木瞳さんの濡れ場シーンが多く他に残らなかったが、久木文枝役の星野知子さんの芝居は特に素晴らしかった。


役所広司、黒木瞳               役所広司、寺尾聰

【ストリー】
出版社の敏腕編集者だった久木祥一郎(役所広司)は、ある日突然、編集の第一線から閑職の調査室配属を命じられた。そんな久木の前に、彼の友人・衣川(寺尾聰)が勤めるカルチャーセンターで書道の講師をしている松原凛子(黒木瞳)という美しい人妻が現れる。彼女は“楷書の君”と呼ばれているほど折り目正しく淑やかな女性だったが、久木の強引でひたむきな恋の訴えに、やがて彼を受け入れた。そして、週末毎に逢瀬を重ねていくうちに、凛子はいつの間にか性の歓びの底知れない深みに捕われていく。ふたりの関係は次第にエスカレートしていき、凛子の養父が死んだ通夜の晩、久木にせがまれた凛子は、夫や母親の眼を逃れて喪服姿のままホテルで密会した。凛子は罪悪感にさいなまれるが、それはかえってふたりの気持ちを燃え上がらせる。やがて、久木は密かに都内にマンションを借り、凛子との愛の巣を作り上げた。しかし、そうした大胆な行動は隠し通せるものではなく、凛子の夫・晴彦(柴俊夫)は興信所の調査で妻の不貞を知る。晴彦はあえて離婚しないことで凛子を苦しめようとし、一方、久木の妻・文枝(星野知子)は静かに、しかしキッパリと離婚してほしいと要求した。家庭や社会からの孤立が深まっていくなか、それでもふたりは逢うことを止めようとはせず、世間並みの日常が失われていく分だけ、ふたりだけの性と愛の充足は純度を増していく。そんな折、久木の会社に彼の行状を暴く告発文が送られてきた。久木は、それをきっかけに辞職を決意し、文枝との離婚も承諾する。凛子もまた晴彦や実母との縁を切って、久木のもとに走った。「至高の愛の瞬間のまま死ねたら」という凛子の願いに共感するようになった久木は、誰にも告げず、ふたりでこの世を去ろうと決意する。雪深い温泉宿へ向かった久木と凛子は、生命を絞るように激しく求め合ったまま、互いに毒の入ったワインを口にした。後日発見されたふたりの心中死体は、局所が結合したままの愛の絶頂の瞬間の姿であった。


柴俊夫、黒木瞳                  星野知子

題名:失楽園
監督:森田芳光
製作総指揮:角川歴彦
製作:原正人、永井正夫
原作:渡辺淳一
脚本:筒井ともみ
撮影:高瀬比呂志
照明:小野晃
録音:橋本文雄
音効:伊藤進一
美術:小澤秀高
衣装:松井律子
視覚効果:大屋哲男 (マリンポスト)
編集:田中愼二
記録:森永恭子
音楽:大島ミチル 音楽プロデューサー:石川光 音楽録音:伊藤圭一
現像:イマジカ
助監督:杉山泰一
スチール:安保隆
出演:役所広司、黒木瞳、星野知子、柴俊夫、寺尾聰、平泉成、木村佳乃、岩崎加根子、中村敦夫、小坂一也、あがた森魚、石丸謙二郎、原千晶
1997年日本・東映+エースピクチャーズ/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
失楽園 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


映画「黒部の太陽」


「黒部の太陽」三船敏郎

三船敏郎                                                   石原裕次郎

今回は熊井啓監督1968年公開「黒部の太陽」をピックアップする。
本作は、1962年に日活から独立し石原プロモーションを設立した石原裕次郎さんと1964年に東宝から独立し三船プロダクションを設立した三船敏郎さんの独立プロ二社の共同制作と劇団民藝の全面協力を得て1年以上の撮影期間を経て作られた。
電力会社やその下請け・関連企業に大量のチケットを購入して貰い観客動員に成功し、1968年の日本映画配給収入第1位(約16億円)、観客動員数は約730万人を獲得したそうだ。また本作の版権は石原プロモーションが所有し、石原裕次郎さんの遺言「映画館の大迫力の画面・音声で見て欲しい」で永らくビデオ化されていなかった。
(石原プロモーション創立50周年の2013年3月にDVD、Blu-ray版が発売)


「黒部の太陽」石原裕次郎

樫山文枝                                                                高峰三枝子

三船敏郎、日色ともゑ                                           宇野重吉、寺尾聰

【ストリー】
関西電力は黒部川上流に第四発電所を建設するため、太田垣社長(滝沢修)総指揮のもとに社運をかけて黒四ダム工事に当たることになった。間組の国木田(加藤武)と熊谷組の下請会社の岩岡源三(辰巳柳太郎)は、ともに現場責任者の北川(三船敏郎)を訪れ、ダム工事の難しさを知らされた。源三の息子剛(石原裕次郎)は、トンネル掘りのためにどんな犠牲も省りみない源三に反抗し、家を出て設計技師として図面をひいていた。国木田はそんな剛と、北川の長女由紀(樫山文枝)と見合いさせようと提案して、源三を驚かした。昭和31年8月、世紀の大工事といわれた黒四工事は、大自然との闘いの火蓋を切った。9月に入って剛は偶然、由紀と会い、親しさを増していったが、彼女が父の北川の身を心配するのを見て、源三の様子を見に黒部に向った。源三はめっきりと体が弱くなっていた。北川の黒四にかける熱意にほだされた剛は父に代ってトンネル掘りの指揮をとることになった。こうして工事が始って半年、犠牲者はすでに16人を数え、難工事であることが現場の人たちに不安を抱かせ始めた。翌年の4月、北川たちが恐れていた事態が起った。軟弱な花岡岩帯にぶつかったのだ。5月に入ってすぐ、山崩れと大量の水がトンネルを襲った。この危機を切り抜けるため、色々な技術プランが検討されたが、工事は一向に進まなかった。そんな折りも折り、北川は次女の牧子(日色ともゑ)が白血病にかかって入院し、生命はあと一年と知らされたが、大仕事をかかえているので、娘のそばについているわけにはいかなかった。現場は労務者が一人、二人と去っていく状態で、彼らの士気は上らなかった。一方、太田垣はあらゆる手を尽して危機を乗り切るため莫大な金を投入、技術陣の科学的な処置と、北川や源三たちの努力が実を結び、その年の12月、ついに難所を突破。翌年11月、剛は由紀と結婚した。そして2月、北アルプスを抜いてトンネルが開通した。その瞬間を躍り上って喜ぶ労務者たちの中で、北川は牧子の死を知らせる電報に接し、激しく慟哭した。昭和38年3月、黒四ダムは多数の犠牲を出して完成した。その日はちょうど北川の停年退職の日であったが、北川や剛たちはダムの偉容に、無限の感動を覚えていた。


黒部の太陽

トンネル工事のシーンは、愛知県豊川市の熊谷組の工場内に再現セットが作られた。出水を再現する420トンの水タンクがあり、切羽(トンネル掘削の最先端箇所)の奥から、多量の水が噴出するシーン(上画像)では水槽のゲートが開かれると、10秒で420トンの水が流れ出し、俳優もスタッフも本気で逃げたそうだ。


辰巳柳太郎、武藤章生                                                佐野周二

題名:黒部の太陽
監督:熊井啓
企画:中井景
製作:三船敏郎、石原裕次郎
原作:木本正次「黒部の太陽」
脚本:井手雅人、熊井啓
撮影:金宇満司
照明:平田光治
録音:安田哲男、紅谷愃一
音効:杉崎友治郎
美術:平川透徹、山崎正夫、小林正義
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
現像:東洋現像所
製作補佐:銭谷功、小林正彦
製作担当:知久秀男
助監督:片桐直樹
色彩計測:宮崎秀雄
特別技術指導:熊谷組、笹島建設
協力:関西電力、間組、鹿島建設、熊谷組、大成建設、佐藤工業
スチール:飯高鋼
出演:三船敏郎、石原裕次郎、辰巳柳太郎、滝沢修、宇野重吉、寺尾聰、樫山文枝、日色ともゑ、川口晶、高峰三枝子、北林谷栄、二谷英明、山内明、志村喬、加藤武、大滝秀治、佐野周二、芦田伸介、岡田英次、鈴木瑞穂、下川辰平、下條正巳、佐野浅夫、清水将夫、武藤章生
1968年日本・三船プロダクション+石原プロモーション/シネスコサイズ・カラー196分35mmフィルム
黒部の太陽 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


黒部ダム

映画「雨あがる」


寺尾聰                        宮崎美子

今回は小泉堯史監督2000年製作「雨あがる」をピックアップする。
本作の脚本執筆中に骨折して療養生活に入り、完成させることなく亡くなった巨匠黒澤明監督の助監督として脚本執筆の手伝いをしていた小泉堯史氏の監督デビュー作である。小泉氏が黒澤監督から聞いた構想や残されたノートを参考に、補作して完成させた脚本を8ヶ月間の準備をしてからクランクインしたそうだ。以降、2002年「阿弥陀堂だより」2006年「博士の愛した数式」2008年 「明日への遺言」2014年「蜩ノ記」2020年公開予定「峠 最後のサムライ 」と作品を作られているが、全て35mmフィルムで撮られている。現在の日本の映画監督で、ムビオラやスタインベックでポジ編集を出来る方は希少であり、若い人は見たり触ったりした事もないと思うが、映し出された画は、デジタル映像では決して見れない奥深い世界がある。フィルムとはネガで撮影しポジで観るものであり、ネガ現像だけしてテレシネにするCM撮影などは本来のフィルム撮影ではない。

※黒澤明監督/1998年9月6日に享年88歳で亡くなられた。遺作は1993年製作「まあだだよ」
※日本では1985年頃を境にCM作品はフィルム納品(35mm→16mm)からデジタルテープ(D2)納品になり、ラッシュを取らずネガ・テレシネしてノンリニア編集する形態になった。


原田美枝子                       檀ふみ

【ストリー】
亨保時代。武芸の達人でありながら、人の好さが災いして仕官がかなわない武士・三沢伊兵衛(寺尾聰)とその妻・たよ(宮崎美子)。旅の途中のふたりは、長い大雨で河を渡ることが出来ず、ある宿場町に足止めされていた。ふたりが投宿する安宿には、同じように雨が上がるのを鬱々として待つ貧しい人々がいた。そんな彼らの心を和ませようと、伊兵衛は禁じられている賭試合で儲けた金で、酒や食べ物を彼らに振る舞う。翌日、長かった雨もようやくあがり、気分転換に表へ出かけた伊兵衛は若侍同士の果たし合いに遭遇する。危険を顧みず仲裁に入る伊兵衛。そんな彼の行いに感心した藩の城主・永井和泉守重明(三船史郎)は、伊兵衛に剣術指南番の話を持ちかけた。ところが、頭の固い城の家老たちは猛反対。ひとまず御前試合で判断を下すことになるが、そこで伊兵衛は、自ら相手をすると申し出た重明を池に落とすという大失態をしてしまう。それから数日後、伊兵衛の元にやってきた家老は、賭試合を理由に彼の仕官の話を断った。だが、たよは夫が何のために賭試合をしたかも分からずに判断を下した彼らを木偶の坊と非難し、仕官の話を辞退するのだった。そして、再び旅に出る伊兵衛とたよ。ところがその後方には、ふたりを追って馬を駆る重明の姿があった…。


仲代達矢                     寺尾聰、三船史郎

題名:雨あがる
監督:小泉堯史
製作:原正人、黒澤久雄
原作:山本周五郎
脚本:黒澤明
撮影:上田正治
照明:佐野武治
録音:紅谷愃一
音効:斎藤昌利
美術:村木与四郎
衣裳:黒澤和子
殺陣:久世浩
編集:阿賀英登
音楽:佐藤勝 音楽プロデューサー:斎藤昌利
フィルム:富士フィルム
撮影機材:シネオカメラ
現像:イマジカ
製作主任:木村利明
製作担当:熊田雅彦、鶴賀谷公彦
監督補佐:野上照代
助監督:鈴木康敬
撮影協力:斎藤孝雄
題字:黒澤明
アソシエイト・プロデューサー:桜井勉。吉田佳代
プロデューサー・アシスタント:荒木美也子
スチール:佐藤芳夫
【芸術文化振興基金助成事業作品】
出演:寺尾聰、宮崎美子、三船史郎、仲代達矢、吉岡秀隆、松村達雄、井川比佐志、加藤隆之、原田美枝子、檀ふみ、井川比佐志、頭師孝雄
2000年日本・アスミック・エース エンターテイメント/ビスタサイズ・カラー91分35mmフィルム
雨あがる -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「雨あがる」                  宮崎美子、寺尾聰

1 2 3