映画「座頭市海を渡る」

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
勝新太郎                      安田道代(大楠道代)

今回は池広一夫監督1966年製作「座頭市海を渡る」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第14作目になる。西部劇ティストの内容は、山賊対座頭市の対決と昔かな村民を描いているが、山形勲さんの山賊首領は嵌り役である。

座頭市シリーズ

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
山形勲                         田中邦衛

【ストリー】
これまで斬った人々の菩提をとむらうため、座頭市(勝新太郎)は四国の札所めぐりを続けていた。船の中で暴力スリをこらしめたりした市だが、ある日、馬に乗って追ってきた栄五郎(井川比佐志)という男に斬りつけられ、止むなく彼を斬った。止むを得ないとはいえ、また人を斬った市の心は沈んだ。だから、栄五郎の家を訪ね、妹のお吉(安田道代)に腕を斬られた時、お吉の短刀をよけようともしなかったのだ。お吉は、実は優しい娘で、兄が殺されたと悟って咄嗟に市を斬ったのだが、今度はその市をかいがいしく介抱するのだった。お吉の話では、栄五郎が三十両の借金のために、土地の馬喰藤八(山形勲)から命じられて市を襲ったのだった。そして市を弟の仇と狙う新造(守田学)が藤八にそれを頼んだことが分った。また村の暴力一家の頭でもある藤八は、芹ケ沢の支配権を一手に握ろうと画策してもいた。だが、そこはお吉の土地だったから、藤八は邪魔なお吉に、女房になれと言ってきた。それを知った市はお吉の後見人となり真っ向うから藤八と対立したのだ。そんな二人を、名主の権兵衛(三島雅夫)は狡猾な計算で見守っていた。先ず市は栄五郎の香奠として、藤八に三十両を要求した。結局、競技で藤八の弓に居合で勝った市は三十両をせしめた。しかし、その帰途を藤八の子分が襲ったのだが、所詮市の居合に敵うはずもなかった。市とお吉は栄五郎の墓を建てて、しばらくの間楽しい日々を過ごした。そんなお吉に、恋人の安造(東野孝彦)が土地を捨てようと誘った。しかし、お吉は市を信じていた。やがて藤八は市に最後通牒をつきつけてきた。そしてその日、市はたった一人で藤八一家と対峙した。孤立無援の市を、村の人は助けようともしなかった。市は闘った、斬った、市は村人がきっと助けにくると信じて危機を切り抜けていた。やがて、安造が刀を手に現われた。そして安造が藤八の用心捧常念の槍に斃れた時、ついに、村人も市に加勢してきた。勇躍した市は一刀の下に藤八を斬った。そして市は、馬上から見送るお吉に別れを告げ夕焼空の彼方へと去って行った。

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
三島雅夫                       座頭市海を渡る
座頭市海を渡る座頭市海を渡る
座頭市海を渡る                    勝新太郎

題名:座頭市海を渡る
監督:池広一夫
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:新藤兼人
撮影:武田千吉郎
照明:山下礼二郎
録音:大谷巖
音効:斎藤一郎
美術:西岡善信
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:富嶋八蔵
スチール:小山田輝男
出演:勝新太郎、安田道代(大楠道代)、山形勲、五味龍太郎、千波丈太郎、井川比佐志、田中邦衛、三島雅夫、東野孝彦、伊達三郎、杉山昌三九、守田学、寺島雄作
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市海を渡る -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「座頭市関所破り」

座頭市関所破り座頭市関所破り
勝新太郎                        平幹二朗
座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和                        滝瑛子

今回は安田公義監督1964年製作「座頭市関所破り」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第9作目になる。座頭市が旅先で知り合う庶民との交流を深めながら、悪党を成敗していくというテンプレートを基本に、座頭市の幼い頃のエピソードが明かされ、父親らしいアル中の老人儀十(伊井友三郎)との交流も描かれ、そこが良かった。残念なのは、回り込みクレーンカットで撮影部の影が入っていた。

座頭市シリーズ

座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和、毛利郁子、勝新太郎             毛利郁子、高田美和

【ストリー】
座頭市(勝新太郎)は幼い頃の思い出を忘れかね、今は見えぬ目ながら初日の出を拝もうと妙義山に急いでいた。途中ふとしたことから新助(千波丈太郎)と名乗る旅人から手紙をことづかり、笠間の宿の旅籠、むさしやの女中お仙(滝瑛子)に届けた。市はそこで行方知れずの父を訪ねる、お咲(高田美和)に会った。一方土地の親分甚兵衛(上田吉二郎)は芸人たちの足元を見て、ショバ代を四分六で寄こせと難題を吹きかけてきた。宿の芸人達は怒ったが、代官、加島(河野秋武)と結びついた二足わらじにはどうすることもできなかった。そんなある夜、むさしやに新助が舞いもどった。新助は、代官甚兵衛の命令で、江戸へ強訴したお咲の父を殺した。しかし代官に通じてあるという甚兵衛との約束は被られ、追手におわれて宿に逃げこんだのだった。しかし非情な甚兵衛は、そんな新助をめった斬りにした。ふとしたことからこれを立ち聞した市も何も知らないお咲に真相を打明ける勇気はなかった。そんなある日、市は、甚兵衛の様子をさぐりに、その賭場へ行き得意の居合斬りでイカサマを見破り、甚兵衛、代官加島らのど胆を抜いた。だが居合せた加島の用心棒沖(平幹二朗)は、そんな市の殺気を見抜いていた。市は甚兵衛に狙れているお咲の身を案じて、居酒屋で会った父の思影をやどす老人儀十(伊井友三郎)にあづけた。しかし儀十は酒欲しさにお咲を甚兵衛に売った。代官役宅に閉じ込められたお咲を救い出すために、市は単身関所に向った。怒りにふるえる座頭市必殺の剣は、代官加島、甚兵衛らをなぎたおし、無事お咲を救出した。初日の出を迎えた、太陽が市の孤影を赤々と染めだしていた。

座頭市関所破り座頭市関所破り
滝瑛子、千波丈太郎                                上田吉二郎

題名:座頭市関所破り
監督:安田公義
企画:浅井昭三郎
原作:子母沢寛
脚本:浅井昭三郎
撮影:本多省三
照明:加藤博也
録音:長岡栄
音効:倉島暢
美術:加藤茂
装置:木村重雄
編集:山田弘
音楽:小杉太一郎
現像:東洋現像所
製作主任:今村喬
助監督:渡辺実
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、高田美和、滝瑛子、平幹二朗、河野秋武、伊井友三郎、水原浩一、上田吉二郎、千波丈太郎、富田仲次郎、毛利郁子、寺島雄作、中田ダイマル・ラケット、木村玄、千石泰三
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
座頭市関所破り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市関所破り座頭市関所破り
中田ダイマル・ラケット                伊井友三郎
座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和、勝新太郎                座頭市関所破り

映画「座頭市喧嘩旅」

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
勝新太郎                     勝新太郎、藤村志保

今回は安田公義監督1963年製作「座頭市喧嘩旅」をピックアップする。
本作は“座頭市”シリーズ”第5作目になる。豪商の娘お美津(藤村志保)を助けて江戸に送る事になった座頭市がヤクザの抗争に巻き込まれるといった内容だが、悪名シリーズでモートルの貞の女房役を演じている藤原礼子さんの悪女ぶりが良かった。勝新太郎さんの殺陣は鋭く迫力があり、“座頭市”シリーズ”の魅力でもある。

座頭市シリーズ

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
藤原礼子                     勝新太郎、藤村志保

【ストリー】
今では、やくざ仲間に勇名をはせる座頭市(勝新太郎)は、一人旅の途中、堂山支家の喜助(越川一)という男に呼びとめられ、近く持ち上る下妻一家との喧嘩に手を貸してくれと懇願された。これを見ていたのが、喧嘩相手の下妻一家の助っ人を探していた岬の甚五郎(島田竜三)という男であった。三人の浪人に、座頭市と喜助を斬るように、さしむけたが、喜助の惨殺に怒った市の、居合斬りにあい、甚五郎は情婦お久(藤原礼子)と共にその場を逃れた。再びあてのない旅に出た座頭市は、そこで、お屋敷勤めをするお美津(藤村志保)を、武士の手から救った。お美津は手篭めにしようとした若殿に抵抗し怪我をさせたことで、追われていたのだ。が、仕込杖をもち無気味な按摩やくざの姿は、美しいお美津にとって気味悪い存在であった。ある旅篭に泊った時のこと、今は夫婦同然の甚五郎とお久が、このお美津に目をつけ、宿賃稼ぎに、お美津をおかみにさし出そうと企んだが、目あき以上にカンのよい座頭市に気づかれ、失敗に終った。お美津の心の中に、酷いが誠意をつくしてくれる座頭市への信頼感が高まっていった。翌日、お美津を追う藩士を得意の居合い斬りで倒した座頭市は、追う者もいなくなったお美津を好人物の老人夫婦に託して別れをつげた。思慕を隠そうともせず、「一緒に連れていって」とたのむお美津を、片輪者の宿命を負った座頭市は、全て甘い夢とふりきって去っていった。跡をつけていた甚五郎は時機到来とお美津をさらって藤兵衛(沢村宗之助)の所へと連れこんだ。一方座頭市は、堂山一家にワラジをぬぎ、喧嘩の矢面に立つことになった。当日、静りかえった宿場に向いあった、下妻一家と堂山一家。とその一瞬、座頭市のすぐ側で“市さん”と呼ぶお美津の嘆声が! わが耳を疑う座頭市に、せせら笑いながら取引を持ちかける甚五郎の声が非情に響いた。

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
勝新太郎「座頭市喧嘩旅」

題名:座頭市喧嘩旅
監督:安田公義
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:本多省三
照明:美間博
録音:長岡栄
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:林米松
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:村上忠男
助監督:西沢鋭治
色彩技術:梶谷俊男
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、藤村志保、島田竜三、藤原礼子、中村豊、吉田義夫、沢村宗之助、丹羽又三郎、水原浩一、杉山昌三九、寺島貢、寺島雄作、堀北幸夫、木村玄、越川一
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
座頭市喧嘩旅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
座頭市喧嘩旅                      勝新太郎