映画「鬼畜」


岩下志麻

今回は野村芳太郎監督1978年製作「鬼畜」をピックアップする。
本作は松本清張氏の原作を映画化したもので、昭和32年にあった事件を基にしているそうだ。愛人に生ませた子供3人を一人ずつ始末していく夫婦の鬼畜に走る姿を、ベテラン俳優達が鬼気迫る演技で魅せてくれる。
現在でも子供への虐待事件は後を絶たないが、こういう事件は昔からあったのだ。本作は親子の複雑な心情までを深く掘り下げて描いている。


緒形拳                       岩下志麻

小川真由美

【ストリー】
竹下宗吉(緒形拳)と妻、お梅(岩下志麻)は川越市で印刷屋を開いていた。宗吉は小金が貯ったところで、鳥料理屋の菊代(小川真由美)を囲い七年間に三人の隠し子を作った。おりあしく、火事と大印刷店攻勢で商売は凋落した。手当を貰えなくなった菊代は、利一(六歳)良子(四歳)庄二(一歳半)を連れて宗吉の家に怒鳴り込んだ。菊代はお梅と口論した挙句、三人を宗吉に押しつけて蒸発した。お梅は子供達と宗吉に当り散らし、地獄の日々が始まった。そして、末の庄二が栄養失調で衰弱した。ある日、寝ている庄二の顔の上にシートが故意か偶然か、被さって死んだ。シートのあった位置からお梅の仕業と思い乍ら宗吉は口に出せない。「あんたも一つ気が楽になったね」お梅の言葉にゾーッとする宗吉だが、心中、ひそかな安らぎをも覚えるのだ。その夜、二人は久しぶりに燃え、共通の罪悪感に余計、昂ぶった。その後、宗吉は良子を東京タワーへ連れて行き、置き去りにして逃げ帰った。長男の利一には「よそで預かって貰った」といい訳した。お梅は利一を一番嫌っている。兄弟思いで利口な利一の白目がちな目が、お梅夫婦のたくらみを見抜いているようだ。何日か後、宗吉は、こだま号によろこぶ利一をのせ、北陸海岸に連れて行った。断崖上の草原で蝶採りに遊び疲れ眠りこけた利一を宗吉は崖下に放り出した。翌朝、沖の船が絶壁の途中に引掛っている利一を発見、かすり傷程度で助けだした。警察の調べに利一は父親と遊びにきて、眠っているうちに落ちたと云い張った。名前、住所、親のことや身許の手がかりになることは一切いわなかった。しかし警察は利一の服のメーカーのマークが全部切りとられていたことから、事故ではなく、利一は突き落とした誰かをかばっていると判断した。利一の黙秘に警察はお手上げになった時、偶然、入ってきた名刺屋が、利一の持っていた小石に注目した。利一が“いしけりの石”と話すそれは、石版用の石で、インキをこすれば、消えた版が再現できるかもしれない。警察の捜査が開始された。移送されてきた宗吉が警察で親子の対面をした。「坊やのお父さんだね?」警官の問いに利一が激しく拒否した。「よその人だよ、知らないよ、父ちゃんじゃないよッ」手錠がかかった手を合掌するように上げて、涙を流して絶叫する宗吉の声が部屋いっぱいに響いた。「利一ッ……かんべんしてくれ!」


岩下志麻                    岩下志麻、緒形拳

鈴木瑞穂、大竹しのぶ               蟹江敬三

題名:鬼畜
監督:野村芳太郎
製作:野村芳太郎、野村芳樹
原作:松本清張
脚本:井手雅人
撮影:川又昂
照明:小林松太郎
録音:山本忠彦
調音:松本隆司
美術:森田郷平
装置:横手輝雄
装飾:磯崎昇
編集:太田和夫
音楽:芥川也寸志
撮影機材:パナビジョン
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
製作補佐:吉岡博史
製作進行:小松護
助監督:松原信吾
スチール:長谷川宗平
出演:岩下志麻、緒形拳、小川真由美、鈴木瑞穂、蟹江敬三、加藤嘉、浜村純、三谷昇、山谷初男、穂積隆信、大竹しのぶ、大滝秀治、田中邦衛、岩瀬浩規、吉沢美幸、石井旬
1978年日本・松竹/ビスタサイズ・カラー110分35mmフィルム
鬼畜 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緒形拳、大滝秀治                  田中邦衛、緒形拳

映画「炎と女」

炎と女炎と女
岡田茉莉子                     木村功

今回は吉田喜重監督1967年製作「炎と女」をピックアップした。
本作は、人工授精による男と女の様々な心理変化の過程を実験的な映像と観念的な言葉で表現した妄想と現実が錯綜する心理サスペンスだ。撮影は「さらば夏の光(1968年)」の奥村祐治氏が担当されている。

炎と女炎と女
日下武史                       小川真由美

【ストリー】
造船技師伊吹真五(木村功)と立子(岡田茉莉子)の間には1年7ヵ月のひとり息子鷹士(小川出)があり、家庭は一見したところ幸福そうに見えた。だが鷹士は人工受精によって生れた子供で、それが夫婦の間を微妙なものにしていた。この家には、真五の友人の医師で、人工授精の施術者だった藤木田(北村和夫)と、かつてその弟子だった坂口(日下武史)と妻のシナ(小川真由美)が出入りしていたが、真五は当時、貧しい医学生だった坂口が精子の提供者なのを知っていながら交友関係を結んでいたのだった。
ある日、鷹士がいなくなった。帰宅した真五は立子を責めた。藤木田と坂口がちょうど来合せた時、立子は、実はシナが鷹士を連れていったのだがどういうわけか、何も言えなかったと語った。真五は黙り、坂口と藤木田も複雑な思いで沈黙した。立子は鷹士の父が坂口なのを知っていたし、シナが鷹士を、立子と坂口の姦通で生れた子と思い込んでいるのも知っていた。いずれにしても立子は、鷹士が真五と自分の子供であると確信するためには坂口との関係を明確にしなければならないと思った。やがてシナが鷹士を連れて戻ってきた。翌日、鷹士を連れた立子は坂口を誘って軽井沢の別荘にやってきた。一方、シナはこの二人に復讐するためと言って真五を誘惑した。だが真五は、自分と立子が坂口を買い、坂口は精子を売ったに過ぎない、と言って事のすべてを話し、シナを拒断したのだった。別荘で坂口と寝た立子は、一つの結論を得た。それは、鷹士が真五のものでも、坂口のものでもなく、ほかならぬ自分だけのものであるということだった。翌朝の別荘の前に、真五の車が立子を迎えに来ていた。真五は、家に帰ります、という立子に安らぎに似た微笑を浮べながら、「鷹士が僕の子であることに間違いはないのだから」と確信あり気に坂口に言うと、親子三人で何事もなかったように別荘を去っていった。

炎と女炎と女
北村和夫、木村功

題名:炎と女
監督:吉田喜重
製作:織田明
脚本:田村孟、山田正弘、吉田喜重
撮影:奥村祐治
照明:海野義雄
録音:久保田幸雄
音効:岡本光司
美術:佐藤公信
衣装:森英恵
編集:太田和夫
音楽:松村禎三
現像:東洋現像所
スチール:長谷川元吉
出演:岡田茉莉子、木村功、小川真由美、日下武史、細川俊之、北村和夫、早瀬操、小川出
1967年日本・現代映画社/シネスコサイズ・モノクロ101分35mmフィルム
あの頃映画 「炎と女」 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

炎と女炎と女

映画「セックス・チェック 第二の性」

セックス・チェック 第二の性
滝田裕介、緒形拳、大楠道代(安田道代)
セックス・チェック 第二の性セックス・チェック 第二の性

今回は増村保造監督1968年製作「セックス・チェック 第二の性」をピックアップする。
1968年10月開催のメキシコシティオリンピックを意識して作られた本作は、緊張感のある構図とメリハリの効いたスピーディな展開、鬼気迫る緒形拳さんの演技と色気を魅せてくれる安田道代さん、小川真由美さんにスポ根物語の域を超えた印象に残る作品になっている。

セックス・チェック 第二の性セックス・チェック 第二の性

【ストリー】
陸上百メートルのスプリンター南雲ひろ子(安田道代)は、コーチ宮路(緒形拳)のもとで毎日猛訓練をつづけていた。宮路は、ひろ子が好記録を出すためには、女の中に潜んでいる男の能力をゆり起すこと、徹底的にエゴイストになることをアドバイスしていた。その指導通り、ひろ子は毎朝、ひげ剃りを欠かさなかったし、男性になり切ろうと努めた。第一回の記録会の日、日本記録に〇秒一せまる十一秒七の好記録を出したのだ。ひろ子をメキシコ・オリンピックで優勝させようとする宮路は、この結果に喜んだ。かつては、宮路自身も百メートルの名スプリンターで、十秒〇の壁を破るためには獣になって走れ、というコーチの言葉に従って猛訓練をつづけていたのだが、戦争でオリンピック出場を断念したのだった。自分の夢をひろ子にかける宮路だったが、そのひろ子が予選会のセックス・チェックで、半陰陽と診断され、女でないと宣告されたことは大きな衝撃だった。ひろ子はそのショックで伯母の家にひきこもってしまった。しかし、宮路は諦め切れず、ひろ子を迎えに行った。砂浜で二人は口論したが、宮路はそんなひろ子を、突然抱いた。女になりたいと願うひろ子に宮路は、彼女が半陰陽ではなく、偽似半陰だと知らせた。医師の診断は誤診だったのだ。救われたおもいのひろ子は、その日から、再び、猛訓練を始めた。それは奇妙な生活だった。昼の訓練では、宮路はひろ子を少しでも男に近づけようとし、夜、ひろ子は宮路の胸の中でより女になろうとするのだった。しかし、やがて行なわれたオリンピック予選会で、ひろ子の記録は十二秒八。彼女はあまりにも女になり過ぎたのだ。もはや宮路の夢は終りだった。二人は黙って競技場を去っていった。

セックス・チェック 第二の性セックス・チェック 第二の性
小川真由美

題名:セックス・チェック 第二の性
監督:増村保造
企画:関幸輔
原作:寺内大吉
脚本:池田一朗
撮影:喜多崎晃
照明:伊藤幸夫
録音:飛田喜美雄
美術:下河原友雄
編集:中静達治
音楽:山内正
現像:東京現像所
製作主任:渡辺俊策
助監督:崎山周
スチール:薫森良民
出演:大楠道代(安田道代)、緒形拳、小川真由美、滝田裕介、内田朝雄、早川雄三、笠原玲子
1968年日本・大映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
セックス・チェック 第二の性 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

セックス・チェック 第二の性セックス・チェック 第二の性

セックス・チェック 第二の性セックス・チェック 第二の性
撮影風景                  増村保造監督

1 2 3 4