映画「東京の暴れん坊」


小林旭                        浅丘ルリ子

今回は斎藤武市監督1960年製作「東京の暴れん坊」をピックアップする。
本作は当時共演が多かった小林旭さんと浅丘ルリ子さんの息の合ったマシンガン・トークが見ものだ。さらに銀座の銀座四丁目交差点 服部時計店などや文京区の後楽園球場(現:東京ドーム)、小田原市箱根町芦ノ湖のロケなど時代の貴重な背景にも価値がある様に思う。


小川虎之助、近藤宏

【ストリー】
銀座のキッチン「次郎」の若主人清水次郎(小林旭)は、パリー帰りのフランス料理の名人で、元レスリング選手の美男子である。銭湯松の湯で彼が鼻うたを歌うと、女湯ではバーのマダム、リラ子や他の女たちが大騒ぎである。松の湯の娘秀子(浅丘ルリ子)は次郎の大学の後輩である。彼女の一家は、銭湯を改造して大ソープランドを作ろうとする代議士浅井(三島雅夫)の誘惑をうけていた。浅井の息子隆三(相原巨典)は秀子に求婚していた。キッチン「次郎」に、元総理大臣で政界の黒幕である一本槍鬼左衛門(小川虎之助)がやってきた。新聞記者やお供などが彼を追いかけてきて大騒ぎである。次郎は厳然として彼の非礼をたしなめた。この事件で鬼左衛門はすっかり次郎が気に入ってしまった。翌日ぐれん隊台風くらぶの幹部千吉(近藤宏)と小西(弘松三郎)がが、このことをネタに鬼左衛門をユスリに出かけたが、やってきた次郎に撃退された。キッチン「次郎」は鬼左衛門のきもいりで日本一の料理店に改装された。開店祝いの日、リラ子(中原早苗)が店にかけこんできた。次郎は彼女をめぐる三人の男たちの争いをおさめてやった。ぐれん隊の千吉は次郎の部下になった。ある日、女給のトシ子(千代侑子)が中村清という男にすてられて自殺を計った。次郎はトシ子をなぐさめ、相手の男を探しに行った。ところが意外に中村は子もちで、女房のいる男だった。だが次郎は、中村が実は身代りの男で、実際のトシ子の相手は浅井隆三なのを見破った。次郎は策を用いて、秀子と隆三の結婚式に身代り花嫁としてトシ子を送りこんだ。一本槍老の計いでトシ子は隆三と結ばれた。浅井代議士は台風くらぶの連中を使って「次郎」の店をこわしたが、一本槍老は、再び丈夫な建物を作ってやると笑うのだった。


「東京の暴れん坊」銀座四丁目交差点(1960年)の実景

「東京の暴れん坊」日活撮影所内オープンセット

中原早苗、十朱久雄、小沢昭一、藤村有弘

題名:東京の暴れん坊
監督:斎藤武市
企画:岩井金男
原作:松浦健郎
脚本:石郷岡豪
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:中村公彦
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎 主題歌:小林旭「ノーチサヨン節」「東京かっぽれ」
現像:東洋現像所
製作主任:栗橋正敏
助監督:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
スチール:石川久宜
出演:小林旭、浅丘ルリ子、中原早苗、藤村有弘、近藤宏、小沢昭一、内田良平、小川虎之助、十朱久雄、三島雅夫、野呂圭介、森川信、相原巨典、弘松三郎、千代侑子
1960年日本・日活/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
東京の暴れん坊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


東京の暴れん坊

映画「ゴジラ」


「ゴジラ」1954年製作 監督:本多猪四郎 特技監督:円谷英二 スーツアクター:中島春雄

宝田明                       河内桃子

今回は本多猪四郎監督1954年製作「ゴジラ」をピックアップする。
本作は、日本の怪獣映画の元祖でありゴジラシリーズ第1作である。製作に当たっては、超大作の扱いで約7,000万円という大型予算(当時)が組まれ、本多組の本編A班、円谷組の特撮B班、向山組の合成C班の3班体制で、約3か月間の撮影が敢行されたそうだ。ラストの海中撮影は、「日本で最も海の水の透明度の高い場所」が調査され、伊勢志摩の五ヶ所湾がロケ場所に選ばれた。本作以降、ゴジラ・シリーズは延々と続くが、明瞭なテーマとメッセージを持った作品は、本作のみであると私は思う。


平田昭彦                       志村喬

【ストリー】
太平洋の北緯24度、東経141度の地点で、次々と船舶が原因不明の沈没をした。新聞記者萩原(堺左千夫)は遭難地点に近い大戸島へヘリコプターで飛んだ。島では奇蹟的に一人だけ生残った政治(山本廉)が、海から出た巨大な怪物に火を吐きかけられて沈んだというが、誰一人信じない。只一人の老漁夫は昔からの云い伝えを信じ、近頃の不漁もその怪物が魚類を食い荒すせいだという。海中に食物がなくなれば、怪物は陸へ上って家畜や人間まで食べると伝えられている。萩原は信じなかったが、暴風雨の夜、果して怪物は島を襲って人家を破壊し、政治と母も一瞬に踏み潰された。国会は大戸島の被害と原因を確かめる調査団を派遣した。古生物学者山根博士(志村喬)を先頭に、その娘で助手の恵美子(河内桃子)、彼女の恋人サルベージ会社の尾形(宝田明)、原子物理学の田畑博士(村上冬樹)に萩原と政治の弟新吉(鈴木豊明)も加った。そして調査団は伝説の怪物が、悠々と巨大な姿を海中に没するのを見た。帰国した山根博士は200万年前の海棲爬虫類から陸上獣類に進化する過程の生物ゴジラが、海底の洞窟にひそんで現代まで生存していたが、度々の水爆実験に生活環境を破壊されて移動し、而も水爆の放射能を蓄積して火を吐くのだと説明した。フリゲート艦が出動して爆雷を投下したが何の効果もなく、ゴジラは復讐するかの如く海上遥かに浮上り、東京に向って進んだ。直ちに対策本部が設けられた。山根博士の弟子芹沢(平田昭彦)は、恵美子を恋していたが戦争で傷けられて醜い顔になったのを恥じ、実験室にこもって研究を続けていた。ゴジラは東京に上陸し、品川駅を押し倒し、列車を引きちぎり、鉄橋を壊して海中へ去った。本部では海岸に5万ボルトの鉄条網をはり、都民は疎開を始めた。ゴジラは再び上陸し、鉄条網を寸断し戦車や重砲の攻撃を物ともせず、議事堂やテレビ塔を破壊し、一夜にして東京は惨澹たる街となった。芹沢の秘密の研究を知る恵美子は、それを尾形に打明けた。水中の酸素を一瞬に破壊して生物を窒息させる恐るべき発明である。現代の人間を信じない芹沢はこれが殺人武器に用いられることを恐れて資料を火に投じ、ただ一個の機械を持って自ら海中に身を没した。船上の人々は目のあたりゴジラの断末魔を見た。そして秘かな恋をすてて死んだ芹沢の為に黙祷を捧げた。


菅井きん                    河内桃子、宝田明

題名:ゴジラ
監督:本多猪四郎
製作総指揮:田中友幸
製作:森岩雄
原作:香山滋
脚本:村田武雄、本多猪四郎
撮影:玉井正夫
照明:石井長四郎
録音:下永尚
音効:三縄一郎
美術監督:北猛夫
美術:中古智
特殊技術:円谷英二
特技美術:渡辺明
特技撮影:有川貞昌
特技照明:岸田九一郎
合成:向山宏
造形:利光貞三
操演:中代文雄
特技小道具:山本久蔵
光学撮影:荒木秀三郎
光学作画:幸隆生、茂田江津子
合成撮影:泉実、土井三郎
合成作画:岡田明方、石井義雄、渡嘉敷唯信、進八郎
編集:平泰陳
音楽:伊福部昭
現像:東宝現像所
製作主任:真木照夫
助監督:梶田興治
特技助監督:浅井正勝
監督助手:所健二、中島義次、竹林進、崎上俊家
撮影助手:逢沢譲、余郷勇治、砂山利宗
照明助手:小島正七、原勲、羽田昭三、小島真二、清水博、広沢賢次
照明準備責任者:伊久間衛
録音助手:刀根紀雄、田中信行、田久保敏夫、山下博
絵コンテ:育野重一
協賛:海上保安庁
スチール:田中一清
出演:宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬、堺左千夫、村上冬樹、小川虎之助、山本廉、林幹、恩田清二郎、菅井きん、笈川武夫、榊田敬二、馬野都留子、鈴木豊明、高堂国典、川合玉江、東静子、岡部正、鴨田清、今泉康、橘正晃、帯一郎、スーツアクター:中島春雄
1954年日本・東宝/スタンダードサイズ・モノクロ97分35mmフィルム
※1987年公開版はシネスコサイズ(東宝スコープ)にリサイズされたプリントで上映された。
ゴジラ <昭和29年度作品> -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


平田昭彦、河内桃子                河内桃子、宝田明