映画「紅蓮華」

紅蓮華紅蓮華
秋吉久美子                      役所広司

今回は渡辺護監督1993年製作「紅蓮華」をピックアップする。
本作はピンク映画界の大御所である渡辺護監督が「冷血(1984年)」)以来の2作目の一般映画である。
田中うめの氏「梅一輪」の原作を映画化したもので、昭和から平成へと一人の女が時代に翻弄されながら理想の愛を追い求めて逞しく生きていった姿を、濡れ場シーンは1カットもなく描いたものだ。同じくピンク映画界の大御所である向井寛監督が1983年に製作した「四畳半色の濡衣」もそうであったが、撮影所のスタジオ・セットを使って構図・美術・照明を無駄なく使っている。

紅蓮華紅蓮華
武田久美子                     河内桃子

【ストリー】
昭和32年冬、中田さくら(秋吉久美子)はいとこの中田健造(役所広司)に求婚した。戦時中、軍人との不幸な結婚をしたが夫は戦死、戦後の動乱をどうにか生き抜き、成長した息子も高校受験の年頃になった今、改めて理想の結婚を求めていた。だが、いとこだったら子供を作らずに愛情ある生活ができると考えたさくらに対し、健造は愛人・洋子(武田久美子)との関係を捨て切れずにいた。新婚早々さくらは結核で倒れるが、それをきっかけに洋子が二人の新婚家庭に闖入してくる。耐え切れなくなったさくらは、健造の弟で言語障害をもつ勇造(倉崎青児)と洋子との結婚を持ちかけるが、健造は彼らの結婚後も洋子との関係を続けた。だがやがて勇造と洋子の間に子供が生まれ、ようやく愛人関係は終わるが、相変わらず健造はさくらに指一本触れようとしないまま17年の月日が過ぎていく。そんな時、健造の心のよりどころだった母・よしの(河内桃子)が死ぬ。自暴自棄になった健造はさくらへの愛に目覚めながらも、自らの死を選んだ。そして昭和が終わり、さくらの母も亡くなった今、さくらは改めて夫・健造のことや自分の生きてきた人生を振り返るのだった。

紅蓮華紅蓮華
役所広司、秋吉久美子                秋吉久美子

題名:紅蓮華
監督:渡辺護
製作:正木誠一
企画:さく良企画
原作:田中うめの「梅一輪」
脚本:沖島勲、佐伯俊道
撮影:鈴木史郎
照明:加藤松作
特機:NK特機
録音:細井正治
音効:渡部健一 リーレコ:中村洋
美術:菊川芳江
装飾:佐々木敬
組付:服部昌織
衣裳:川村優子
スタイリスト:鈴木智子
化粧:内山いほ子、藤原美保、小田久枝
記録:宮本依子
編集:田中修
音楽:渡辺俊幸 主題歌:松原のぶえ「紅蓮華」「愛冠岬のいのり」
撮影機材:日本映樹
現像:東映化学
プロデューサー:半沢浩、尾形充洸
製作担当:市村智保
製作進行:西島豊、益田隆時、森田良彦、中村和夫
演技事務:宮前寿美子
助監督:桜田繁
監督助手:成瀬活雄、桧山剛、広松靖智
色彩計測:阿部喜久雄
撮影助手:渡辺純一、御木茂則、田宮健彦
照明助手:鈴木達也、林信一、、原春男、井上愉斗志、鈴木正義、片桐正史
録音助手:楠本龍巳、横野一氏工、下野溜之
美術助手:吉見邦弘、大浦千鶴子
装飾助手:有村治、高島寿生、阿部智恵、小西和行
編集助手:田中昌江
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
製作協力:フィルム・シティ
スチール:竹内健二、田部井満
出演:秋吉久美子、役所広司、武田久美子、倉崎青児、河内桃子、小倉一郎、小松方正、石井富子、岡田秀樹、逗子とんぼ、稲野和子、吹田明日香
1993年日本・三協映画/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
紅蓮華 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

紅蓮華紅蓮華
秋吉久美子                         紅蓮華

 

映画「前科おんな 殺し節」


「前科おんな 殺し節」池玲子

池玲子                           杉本美樹

今回は三堀篤監督1973年製作「前科おんな 殺し節」をピックアップする。
本作は「温泉みみず芸者」で同時デビューを果たした池玲子さんと杉本美樹さんが、復讐を誓うマキと、その相手の情婦に扮して東映ポルノ女王の座を競い合う共演10作目になる。小松方正さん、地井武男さんら個性派キャストが脇を固めている。


葉山良二                       地井武男

「前科おんな 殺し節」池玲子

【ストリー】
羽鳥マキ(池玲子)は、覚せい剤の売人をしていた父が、新興やくざ大場興業の手にかかり殺されたため、大場喜一(葉山良二)を仇として襲うが、失敗し、逮捕され、女子刑務所へ送られた。マキはバイク気違いの木村夏子(風間千代子)とともに雑居房へ入れられた。その中には芦田かおる(片山由美子)、中川雪江(宗田政美)、そして女博徒の谷政代(杉本美樹)らがいた。ある日、ふてぶてしいマキの態度に怒った政代は決闘を挑んだ。しかし、長時間の死闘の結果、二人の間に互いに友情が生まれた。マキの根性を見直した女囚たちは、マキの復讐の話に聞きいった。だが、政代の顔色が変った。政代は大場の情婦だったのである。数年後、出所したマキは、夏子、かおる、雪江の三人の助けをかりて、大場への復讐を始めた。ユキは、大場興業と敵対している浜安組の実子の鉄(地井武男)に近ずき、大場との喧嘩をけしかけた。一方、政代は大場の情婦におさまっており、ユキたちが大場を狙っていると知ると、マキを尋ね、復讐を断念するように頼む。しかし、マキは聞き入れようとはしなかった。そんなマキが大場興業に捕われた時、政代は友情に免じて、一度だけ脱走の手助けをした。逃げのびたマキは、大場の覚せい剤の取り引きの情報を鉄に知らせた。そして鉄は見事、横取りに成功。その頃、マキは最初の筋書き通り、鉄の居所を3,000万円で大場に教えた。やがて大場たちは、鉄の隠れ場を襲い、鉄を殺すが、その後から武装したマキたち4人が襲いかかり大場を殺した。マキは念願の復讐を終えた。しかし、マキの前に政代が現われ、再度の死闘が行われた……。


片山由美子、杉本美樹                  前科おんな 殺し節

題名:前科おんな 殺し節
監督:三堀篤
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:松田寛夫、神波史男
撮影:飯村雅彦
照明:桑名史郎
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:小早川一
装飾:上原光男
美粧:住吉久良蔵
美容:石川靖江
衣装:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:祖田富美夫
音楽:八木正生 主題歌:池玲子「ふうてんぐらし」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:入葉一男
助監督:橋本新一
演技事務:石川通生
スチール:加藤光男
出演:池玲子、杉本美樹、片山由美子、風間千代子、宗田政美、葉山良二、地井武男、小松方正、由利徹、日尾孝司、堀田真三
1973年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
前科おんな 殺し節 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


池玲子                             前科おんな 殺し節

前科おんな 殺し節

映画「極道VSまむし」

極道VSまむし極道VSまむし
若山富三郎                      川地民夫、菅原文太

今回は中島貞夫監督1974年製作「極道VSまむし」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が作られたが、本作は、”まむしの兄弟シリース”第8作、”極道シリーズ”全11作中第10作のコラボ作品になっている。苦肉の策としての企画だった様だが、二つの東映看板キャラクターを美貌の西宮恭子(瞳順子)に一目惚れするというモチーフだけで、展開するのは無理がある様に思う。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

極道VSまむし極道VSまむし
若山富三郎、瞳順子                若山富三郎、志賀勝

【ストリー】
前科9犯、島村組々長の島村清吉(若山富三郎)は、獄中にて組の解散を宣言、5年の刑期を終えて出所した。清吉は電車の中でスリにあった美貌の女性、西宮恭子(瞳順子)に一目惚れ。スリ団の一人を捕えた清吉は、その男がかつての自分の子分・カメこと林亀五郎(志賀勝)と知って呆然とする。女房のみね子(清川虹子)が経営するホルモン焼屋に居侯を決めこんだ清吉は、四散した子分たちの消息が気になり、神戸栄町で運送会社を営む元幹部の高村角三(成瀬正孝)を訪ねるが、角三は急死していた。角三の死に不審を抱いた清吉は、角三が出入りしていた北斗海運が組織暴力団、北斗会の系列に属する事から北斗海運に出向くが、会長の重光(遠藤太津朗)、顔見知りの坂垣組長(小松方正)らに堅気呼ばわりされ追い返されてしまう。神戸に腰を据えた清吉は、愚連隊の才八(川谷拓三)、サブ(町田政則)らを使って北斗会の縄張り荒らしを始め、角三の家を改造して“大日本ホルモン焼KK・神戸支店”の看板をかかげた。一方、41回目の出所をしたまむしのゴロ政(菅原文太)と不死身の勝(川地民夫)は無一文で古巣の新開地へ舞戻って来た。政は昼間出逢った養護施設、日の丸学園の美しい保母、恭子の事が脳裏にこびりつき離れない。偶然にも清吉の店で無銭飲食を決めこんだ政と勝は、清吉と一戦交えるが勝負は互格、いつしか両者は意気投合した。数日後、店の金を持ち出したサブをはじめ、勇、才八をこらしめようとした清吉だったが、恭子が現われ、サブたちが半年前に焼けた、日の丸学園の再建資金のために盗みを働いている事を聞かされて、清吉も協力を申し出た。だが、恭子が角三の許婚者だったと知って清吉はガックリ。やがて、北斗会が日の丸学園に、立ち退きをするか、2,000万円を払うか、と要求して来た。清吉は北斗会が覚醒剤を扱っていたため、それで北斗会を恐喝した。一方、政と勝は北斗会から清吉殺しを2,000万円で引き受けた。清吉とまむしの兄弟の凄まじい死闘……が、勝は傷つき、政もあっさり負けを認めた。政は名誉挽回とばかり、北斗海運の密輸品の横取りを計画するが失敗する。清吉は恭子から、角三が元やくざだった事から、北斗会に無理矢理麻薬の運送を強いられていたことを知らされた。やがて、恭子が北斗会の子分に殺された……。それぞれの怒りと復讐を胸に、清吉、政、勝は北斗会本部へと殴り込んだ……。

極道VSまむし極道VSまむし
石山律雄、若山富三郎、桜木健一、瞳順子          小松方正
極道VSまむし極道VSまむし
清川虹子                           川谷拓三

題名:極道VSまむし
監督:中島貞夫
企画:橋本慶一、松平乗道
脚本:松本功、山本英明、中島貞夫
撮影:鷲尾元也
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:米沢勝
装飾:松原邦四郎
背景:宮内省吾
美粧・結髪:東和美粧
衣装:杉本俊和
擬斗:三好郁夫
記録:森村幸子
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎
進行主任:上田正直
演技事務:伊駒実麿
助監督:依田智臣
協力:A級京都・ミュージック劇場
スチール:諸角義雄
出演:若山富三郎、菅原文太、川地民夫、瞳順子、桜木健一、清川虹子、志賀勝、遠藤太津郎、戸浦六宏、睦五郎、小松方正、三島ゆり子、女屋実和子、石山律雄、初音礼子、川谷拓三、成瀬正孝、遠藤太津朗、町田政則
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
極道VSまむし -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

極道VSまむし極道VSまむし
三島ゆり子、菅原文太、川地民夫、女屋実和子    若山富三郎、志賀勝、石山律雄

1 2 3 14