映画「社葬」


緒形拳                          十朱幸代

今回は舛田利雄監督1989年製作「社葬」をピックアップする。
本作は、松田寛夫氏の綿密な取材を重ねて作り上げたオリジナル脚本で撮られている。
「新聞は、インテリが作り、ヤクザが売るんだ!」大新聞社での派閥抗争の話である。
太陽新聞社屋の外観は、富士フィルム本社ビルを使っていた。


中丸忠雄、小林昭二                  江守徹

若山富三郎                      佐藤浩市

【ストリー】
日本有数の大新聞「太陽新聞」のトップでは、会長派と社長派の間で権力争いが起こっていた。関東の地方紙だったのを全国紙にまで発展させたのは現社長・岡部憲介(高松英郎)の父の大介(故人)と現会長・太田垣一男(若山富三郎)だった。その会長派は太田垣の娘婿で専務取締役の添島(中丸忠雄)ほか松崎(根上淳)、栗山(小林昭二)、寺内(小松方正)、原口(加藤和夫)の各取締役。一方、社長派は岡部憲介ほか息子の恭介(佐藤浩市)、谷(加藤武)、徳永(江守徹)、深町(菅貫太郎)、三宅(有川正治)の各取締役。取締役販売局長として腕をふるう鷲尾平吉(緒形拳)は恭介の部下だったが、太田垣にも恩があり、派閥を嫌って中立的立場をとっていた。ある日、定例役員会で谷から緊急議題として太田垣の代表権と名誉会長職の解任が提出され、鷲尾が棄権したために一票差で可決されてしまった。太田垣はショックで倒れ、病院にかつぎ込まれた。社長派は皆勝ち誇った様子だったが、その晩、岡部憲介が料亭で芸者(井森美幸、)相手に腹上死してしまう。鷲尾も手伝わされて遺体は岡部邸へ運び込まれた。通夜の臨時役員会では葬儀委員長と社長人事をめぐって紛糾、翌日、太田垣が代表取締役名誉会長に復帰し、社葬葬儀委員長に就任。しかし、病気療養中のため実行委員長は鷲尾が務めることになった。前夜、太陽新聞では三友銀行の不正融資というビッグスクープが朝刊のトップを飾ろうとしていたが、徳永がもみ消していた。社長選出は無記名投票の結果、岡部恭介4票、添島隆治4票、白票3票で物別れとなった。鷲尾は以前に穂積で飲んでから女将の吉乃(十朱幸代)と男と女のつき合いをしていた。しかし、不倫旅行から帰ると、突然北陸の販売店が添島の差し金で納金拒否の態度をとった。徳永の命令で鷲尾が何とか事態を収拾したが、添島は株の失敗で大穴を空けて自殺未遂。憲介の死で社長派は劣勢、太田垣は病室に徳永を呼んで密約を交わした。報復人事はしないが、鷲尾の首を切れというものだった。鷲尾は徳永からの辞表提出要求を拒否し、穂積で恭介と会った。彼はすでに辞表を出していたが、三友銀行のスキャンダルや社葬の場で太田垣が徳永の社長就任を指名裁定することを鷲尾に話した。「なぜ自分だけがツメ腹を切らされなければならないのか」と怒った鷲尾は子飼いの部下の裏切りで相談役に落ちている前頭取野々村典正(芦田伸介)の協力を得、すべての情報をブラック・ジャーナリズムに流すと太田垣につめ寄った。社葬の当日、葬儀委員長の太田垣から指名された新社長は、岡部恭介だった。


藤真利子                       井森美幸

野際陽子                       吉田日出子

題名:社葬
監督:舛田利雄
企画:佐藤雅夫
製作:奈村協、妹尾啓太
脚本:松田寛夫
撮影:北坂清
照明:加藤平作
録音:堀池美夫
音効:永田稔、竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭、柏博之、松宮敏之
装置:太田正二
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアーメイク:石田睦夫(十朱幸代)、直江広武(藤真利子)
和楽:中本哲
配役:葛原隆康
舞踏:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:宇崎竜童
現像:東映化学 合成:宮西武史
進行主任:長岡功
製作進行:下戸聡
演技事務:寺内文夫
助監督:藤原敏之
監督助手:五大院将貴、中川祐介
撮影助手:深沢伸行、清久素延、近藤義夫、坂口勇
照明助手:横山秀樹、本田純一、中島淳司、松本勝治、大坂光希、鈴木賢一
録音助手:松陰信彦、川口三郎
美術助手:今井高瑞、松宮敏之
装置助手:中小路認、大橋豊
衣装助手:宮川信男、森勲
編集助手:小磯眞佐美、坂口由美
宣伝:福永邦昭、荒井一弥、中村範子
スチール:久井田誠
出演:緒形拳、十朱幸代、佐藤浩市、藤真利子、井森美幸、江守徹、吉田日出子、野際陽子、若山富三郎、芦田伸介、小林昭二、高松英郎、小松方正、加藤武、北村和夫、中丸忠雄、根上淳、加藤和夫、菅貫太郎、有川正治、船越栄一郎、不破万作、イッセー尾形
1989年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
社葬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高松英郎                           加藤武

佐藤浩市、緒形拳                     社葬

映画「刑事物語」

刑事物語刑事物語
武田鉄矢                     有賀久代
刑事物語刑事物語
西田敏行、武田鉄矢

今回は渡邊祐介監督1982年製作「刑事物語」をピックアップする。
本作は1982年から1987年までに全5作が映画製作初のキネマ旬報社によって作られた第一作である。原作と脚本は主演の武田鉄矢さん(ペンネーム:片山蒼)だ。公開当時に劇場で観て印象に残っていた作品だったが、ソープランドをトルコ風呂と呼んでいた時代だったとは。

刑事物語刑事物語
田中邦衛                       樹木希林

【ストリー】
7月、山笠祭りの暑い夜、博多署はあるトルコ風呂(ソープランド)を管理売春の容疑で不意打ち捜査した。刑事の片山元(武田鉄矢)はそこで聾唖者の風俗嬢三沢ひさ子(有賀久代)と出会った。翌朝、ガサ入れ失敗をマスコミは書きたてた。そのとばっちりが片山にまわってきて、沼津転勤が決まった。東京行きのブルートレインに片山とひさ子が乗っていた。ひさ子の悲惨な過去に同情した片山が身柄を引き取ったのだ。二人は兄妹ということで、市内の花園荘に住むことになった。そんな二人をじっと見ている二人がいた。村上努(田中邦衛)と秋吉一人(草薙幸二郎)だった。片山は早速、南沼津署に出勤し、連続殺人事件班に組み入れられた。ある日、信用金庫で強盗事件が起きた。片山は得意の蟷螂拳で犯人を取り押さえ、その男が連続殺人事件と繋がっていることをつきとめた。男は女性を売春組織に送り込む周旋屋だったのだ。さらに片山は九州時代の知り合いの老ヤクザ工藤(花澤徳衛)からソープランドを根城にした大がかりな売春ルートの情報を入手、捜査班はソープランド「徳川」への強制捜査に踏み切った。だが、片山はそこで、重要参考人のクリーニング店「白美社」の店員を死亡させるというミスを犯してしまった。ひさ子の様子が変わったのはその頃だった。片山の問いに彼女は「スキナヒトガイル」と答えた。ひさ子に指一本ふれていない片山はショックだった。ある夜、片山は正体不明の三人組に襲われ、工藤の勧めで沢木と共にひさ子の身辺を見張ることにした。二日目、「白美社」の車が花園荘に近づき、ひさ子を連れ去った。売春組織の元締めである「白美社」が口封じのため、不要になった女たちを次々に殺していった。それが連続殺人事件の真相だった。怒った片山は組織の巣窟である「白美社」に乗り込み、一味の黒幕・秋吉と対峙、大乱闘の末一味全員を逮捕した。翌日、刑事課の喜びとは別に、威嚇とはいえ秋吉相手に実弾六発を射った片山はまたも転勤を命じられた。今度は青森である。片山と入れ替えに、北海道から三上刑事(高倉健)が沼津署にやってきた。表に出た片山を待っていたのは、ひさ子と村上努という、ひさ子と同じ境遇の工員だった。奈落から救ってくれた片山に感謝しつつも、懸命に逆境に生きる村上を愛さずにはいられなかったのだ。村上は、ひさ子を倖せにすると約束し、片山に許しをこうのだった。数日後、上野駅から一人淋しく青森行きの夜行列車に乗り込む片山の姿があった。

刑事物語刑事物語
武田鉄矢                     カメオ出演:高倉健

題名:刑事物語
監督:渡邊祐介
製作総指揮:黒井和男
製作:藤倉博、黒木照美
原作:片山蒼
脚本:渡邊祐介、武田鉄矢
撮影:矢田行男
照明:大西美津男
録音:本田孜
音効:知久長五郎
美術:秋森直美
アクション指導:松田隆智
スタント:タカハシレーシング
技斗:渡辺安章
記録:桜木光子
編集:小川信夫
音楽:青木望 主題歌:吉田拓郎、海援隊 音楽プロデューサー:三坂洋
現像:東京現像所
監督補佐:杉村六郎
スチール:金子浩
出演:武田鉄矢、有賀久代、田中邦衛、 草薙幸二郎、仲谷昇、北村和夫、岡本富士太、小林昭二、樹木希林、初井言栄、西田敏行、三上真一郎、梅津栄、高倉健
1982年日本・キネマ旬報社/ビスタサイズ・カラー110分35mmフィルム
刑事物語-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ひ刑事物語
有賀久代、田中邦衛

映画「キューポラのある街」

キューポラのある街
吉永小百合
キューポラのある街キューポラのある街
吉永小百合                    浜田光夫、吉永小百合

今回は浦山桐郎監督1962年製作「キューポラのある街」をピックアップする。
本作は今では見られないキューポラの煙突が風物詩だった埼玉県川口市を舞台に川口市荒川堤、南中学校庭、鋳物工場、川口銀座、川口駅前、川口オートレース場、さいたま市別所沼公園、東京都小平市日立製作所武蔵工場などで撮影したそうだ。脚本は浦山監督の師である今村昌平氏との共同執筆であり、日活の助監督だった浦山桐郎氏の監督昇格デビュー作だ。ドラマの背景にある在日朝鮮人の北朝鮮への帰国事業は、当時の朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞等のマスコミが率先し報道をして北朝鮮と朝鮮総連による”地上の楽園”と言う大嘘を多くの人に信じ込ませた事実があり、この”地上の楽園”に夢を求めて北朝鮮に渡った人々は、1984年までに約93,000人(日本人妻は約1,800人)になると言われている。今でこそ明らかな事実を踏まえると、本作のテーマはさらに深刻なものになる内容がとても皮肉だ。1960年代、その頃の日本を知るには外せない作品だと思う。

キューポラのある街キューポラのある街
加藤武、吉永小百合、鈴木光子          東野栄治郎、杉山徳子

【ストリー】
鋳物の町として有名な埼玉県川口市。銑鉄溶解炉キューポラやこしきが林立するこの町は、昔から鉄と火と汗に汚れた鋳物職人の町である。石黒辰五郎(東野栄治郎)も、昔怪我をした足をひきずりながらも、職人気質一途にこしきを守って来た炭たきである。この辰五郎のつとめている松永工場には五、六人の職工しかおらず、それも今年二十歳の塚本克巳(浜田光夫)を除いては中老の職工ばかり、それだけにこの工場が丸三という大工場に買収され、そのためクビになった辰五郎ほかの職工は翌日から路頭に迷うより仕方なかった。辰五郎の家は妻トミ(杉山徳子)、長女ジュン(吉永小百合)、長男タカユキ(市川好郎)、次男テツハル(岩城亨)の五人家族。路地裏の長屋に住んでいた。辰五郎がクビになった夜、トミはとある小病院の一室で男児を生んだが辰五郎はやけ酒を飲み歩いて病院へは顔も出さなかった。その後、退職の涙金も出ず辰五郎の家は苦しくなった。そしてささいなことでタカユキが家をとびだすような大さわぎがおこった。タカユキはサンキチ(森坂秀樹)のところへ逃げ込んだ。サンキチの父親(浜村純)が朝鮮人だというので辰五郎はタカユキがサンキチとつきあうのを喜ばなかった。そのうえ克巳が辰五郎の退職金のことでかけあって来ると、「職人がアカの世話になっちゃあ」といって皆を唖然とさせた。しかしタカユキが鳩のヒナのことで開田組のチンピラにインネンをつけられたことを知ったジュンは、敢然とチンピラの本拠へ乗り込んでタカユキを救った。貧しいながらこの姉弟の心のなかには暖かしい未来の灯があかあかとともっていた。やっとジュンの親友ノブコ(日吉順子)の父の会社に仕事がみつかった辰五郎も、新しい技術についてゆけずやめてしまいジュンを悲しませた。街をさまよったジュンは、トミが町角の飲み屋で男たちと嬌声をあげるのを見てしまった。不良の級友リス(青木加代子)にバーにつれていかれ睡眠薬をのまされてしまったジュンは、危機一髪のところで克巳が誘導した刑事(河上信夫)に助けられた。学校に行かなくなったジュンを野田先生(加藤武)の温情がつれもどした。やがて石黒家にも春がめぐって来た。克巳の会社が大拡張され、克巳の世話で辰五郎もその工場に行くこととなった。ジュンも昼間働きながら夜間高校に行くようになった。克巳もこの一家の喜びがわがことのように思えてならなかった。石黒家は久し振りの笑い声でいっぱいだった。

キューポラのある街キューポラのある街
吉行和子、吉永小百合            ー浜田光夫、東野栄治郎、杉山徳子

題名:キューポラのある街
監督:浦山桐郎
企画:大塚和
原作:早船ちよ
脚本:今村昌平、浦山桐郎
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
録音:古山恒夫
美術:中村公彦
特技:金田啓治
記録:小林圭子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:山野井政則
助監督:大木崇史
スチール:井本俊康
出演:吉永小百合、浜田光夫、市川好郎、東野栄治郎、杉山徳子、加藤武、鈴木光子、北林谷栄、吉行和子、殿山泰司、小沢昭一、菅井きん、浜村純、下元勉、小林昭二、森坂秀樹、岩城亨、日吉順子、河上信夫、青木加代子、岡田可愛
1962年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ100分35mmフィルム
キューポラのある街-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

キューポラのある街キューポラのある街
市川好郎、吉永小百合

キューポラのある街

1 2