映画「社長洋行記」

社長洋行記

社長洋行記社長洋行記
森繁久彌                  加東大介、三木のり平、小林桂樹
社長洋行記社長洋行記
加東大介                                                               森繁久彌、新珠三千代

今回は杉江敏男監督1962年製作「社長洋行記」「続 社長洋行記」をピックアップした。
“社長”シリーズ第14,15作は、前編・後編に分かれており、シリーズ初の海外ロケ(香港)を行った。高度成長時代のサラリーマンのメンタルが良く出ている内容で、世相が大きく変わった事を痛感する。香港の商社の秘書を演じる尤敏(ゆうみん)は、当時香港映画界で活躍してたスター女優。ラストに三船敏郎さんがカメオ出演している。

社長洋行記社長洋行記
久慈あさみ                    中真千子、江原達怡

【ストリー】
サクランパスという貼り薬で知られる桜堂製薬は、このところ香港を中心とする東南アジアで敵会社椿パスターに押されぎみだった。これは由々しき問題と本田社長(森繁久彌)は原因究明にのりだした。営業部長東海林(加東大介)の話では、国外販売は加藤清商事にまかせきりだという。それなら加藤社長(東野英治郎)に直接談判と、本田はマダム悦子(新珠三千代)のいる香港亭へ彼を招待した。だが相手は、たかがアンマ膏と頭から相手にしない。業を煮やした本田は、自らの手で国外に売り出そうと決心した。随行員は南(小林桂樹)と中山(三木のり平)。初めての洋行に有頂天の中山は、あやしい英語で人をケムにまき、はてはお手盛の送別会を準備する図々しさ。こんな中山をさすがに本田社長ももてあましたが、そんな時、東海林の愛人あぐり(草笛光子)の義兄が、香港で商事会社にいることがわかり、中山のかわりに彼を随行員にした。送別会の当日、そのことを知った中山はションボリうなだれ、一同もホロリとする始末。いよいよ香港出発となり、ジェット機にのり込んだ本田たちは、香港亭の悦子にばったり会った。彼女も香港支店へ行くところだ。香港で、街を歩いていた南は、大学の後輩柳宗之(洪洋)に出会った。柳は妹の秀敏(尤敏)と共に香港を案内してくれたが、南は彼女の美しさに心もそぞろだった。一方、悦子を訪ねて道をまよった本田は、今南と別れたばかりの秀敏に親切に案内され、そのしなやかな柳腰に見とれるばかり。東海林までが、マーケットでみやげを買うのに言葉が通じず困っているところを、通りがかりの秀敏に助けられた。その夜、三人は同じ女性とも知らずめぐり会った香港美人の話でもちっきり。ところが夜中に本田社長は蛇の食べ過ぎでのたうって苦しんだ。明日から売り込みだというのに、肝心の社長は、逃げ出すように香港を立ち去るのだった。

社長洋行記社長洋行記
フランキー堺                   草笛光子、加東大介

題名:社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、東野英治郎、西条康彦、小沢直好、英百合子
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
社長洋行記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。
社長洋行記社長洋行記
加東大介、森繁久彌、小林桂樹         森繁久彌、加東大介、小林桂樹

続 社長洋行記

続 社長洋行記続 社長洋行記
森繁久彌                       三木のり平
続 社長洋行記続 社長洋行記
小林桂樹                         三木のり平、小林桂樹

【ストリー】
貼り薬“サクランパス”の海外進出のため、東海林営業部長(加東大介)、南秘書課長(小林桂樹)と共に香港に乗り込んだ桜堂製薬の本田社長(森繁久彌)は、商談半ばで奇病のため日本に引きあげた。残された二人は、食事代も節約して孤軍奮闘するが、仕事はいっこう進まない。業を煮やした社長は、妻の滝子か(久慈あさみ)や娘のめぐみ(中真千子)に年寄り扱いされる腹いせもあって、再び香港にやってくる。前に一度浮気しそこなった香港亭のマダム悦子(新珠三千代)のお色気にフラフラとなってナイトクラブへ行った本田社長は、そこではからずも東海林部長と南課長とハチ合せ。東海林はタカリ専門のインチキ日本人坂田(フランキー堺)にひっかかって、ある商事会社を口説きおとそうと大わらわであり、南は大学の後輩の柳(洪洋)とその妹で一流商社の社長秘書をつとめる秀敏(尤敏)と共に、柳の誕生祝いにここへきていたのである。おかげで本田社長はマダムとつき合うわけに行かず、マダムは怒って帰ってしまい、頼みの坂田はタカリ屋と判って、浮気も仕事もお手上げだ。ところが、秀敏の機転でサクランパスは彼女の動く美麗公司と契約をするチャンスがきた。宗社長(斎藤達雄)は東京で調査の上、正式に代理店契約を結ぶという。喜び勇んで三人が帰国すると、意外にも彼らが香港芸者と浮気したというデマがとんでいるのにビックリ。そのため社長は妻の滝子から、東海林は恋仲の飲み屋のあぐり(草笛光子)から南は相愛の敬子(藤山陽子)からやっつけられた。調べてみると、香港へ行きそこなった中山課長(三木のり平)の仕業らしい。さて、美麓公司から桜堂製薬の実績と経営状態調査に派遣されてきたのは秀敏で、宗社長も続いて来日、両社の提携記念パーティーが椿山荘で催された。彼女の美貌に魂を奪われていた南は、今日こそプロポーズをと思っている。だが彼の前にあらわれた秀敏は、アメリカから香港へ帰る途中の中国青年(三船敏郎)を連れていた。それは秀敏の婚約者であった。

続 社長洋行記続 社長洋行記
尤敏                          藤山陽子

題名:続 社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎、村木忍
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、三船敏郎、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、河津清三郎、西条康彦、小沢直好、英百合子、塩沢とき、斎藤達雄
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー90分35mmフィルム
続・社長洋行記 -DVD-

続 社長洋行記続 社長洋行記
新珠三千代、森繁久彌                  三船敏郎

映画「八甲田山」


「八甲田山」高倉健

高倉健                          北大路欣也

今回は森谷司郎監督1977年製作「八甲田山」をピックアップする。
本作は、実際に真冬の八甲田山でロケを敢行し、日本映画史上類を見ない過酷なロケとして有名になった。遭難現場は八甲田山北東斜面だが、ロケは八甲田山北西の寒水沢、酸ヶ湯温泉付近や岩城山の長平、奥入瀬などでも行われたそうだ。徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンは、劇場版「八甲田山(169分)」ではカットされたが、それを追加した「八甲田山完全版(171分)」は、映画の公開から5年後に再編集された。


三國連太郎                        緒形拳

【デジタル修復について】
2018年に東京現像所が4K解像度によるデジタル修復を行った。木村大作氏が監修を務め、スキャニングによる高解像度マスターの取得、デジタル補修として傷の消去、光量の補正や空撮シーンの揺れをスタビライザーによる抑制などの改善が行われた。東京現像所によると「35mmフィルムには6K程度の情報量が眠っていると言われ、もともとネガフィルムに記録された情報量が多い為にその情報を十分に発揮出来る」との事だ。昭和52年(1977年)の公開当時、大ヒットした事で、各地の映画館に送るフィルムを何度も焼き付けた為、オリジナルネガに傷も多かった。その傷を物理的に修復した後、各コマを約24万枚のデジタルデータに変換した。


小林桂樹、神山繁                    秋吉久美子

【ストリー】
「冬の八甲田山を歩いてみたいと思わないか」と友田旅団長(島田正吾)から声をかけられた二人の大尉、青森第五連隊の神田(北大路欣也)と弘前第三十一連隊の徳島(高倉健)は全身を硬直させた。日露戦争開戦を目前にした明治34年末。第四旅団指令部での会議で、露軍と戦うためには、雪、寒さについて寒地訓練が必要であると決り、冬の八甲田山がその場所に選ばれた。二人の大尉は責任の重さに慄然とした。雪中行軍は、双方が青森と弘前から出発、八甲田山ですれ違うという大筋で決った。年が明けて1月20日。徳島隊は、わずか27名の編成部隊で弘前を出発。行軍計画は、徳島の意見が全面的に採用され隊員はみな雪になれている者が選ばれた。出発の日、徳島は神田に手紙を書いた。それは、我が隊が危険な状態な場合はぜひ援助を……というものであった。一方、神田大尉も小数精鋭部隊の編成をもうし出たが、大隊長山田少佐(三國連太郎)に拒否され210名という大部隊で青森を出発。神田の用意した案内人を山田がことわり、いつのまにか随行のはずの山田に隊の実権は移っていた。神田の部隊は、低気圧に襲われ、磁石が用をなさなくなり、白い闇の中に方向を失い、次第に隊列は乱れ、狂死するものさえではじめた。一方徳島の部隊は、女案内人を先頭に風のリズムに合わせ、八甲田山に向って快調に進んでいた。体力があるうちに八甲田山へと先をいそいだ神田隊。耐寒訓練をしつつ八甲田山へ向った徳島隊。狂暴な自然を征服しようとする210名、自然と折り合いをつけながら進む27名。しかし八甲田山はそのどちらも拒否するかのように思われた。神田隊は次第にその人数が減りだし、辛うじて命を保った者は50名でしかなかった。しかし、この残った者に対しても雪はとどめなく襲った。神田は、薄れゆく意識の中で徳島に逢いたいと思った。27日、徳島隊はついに八甲田に入った。天と地が咆え狂う凄まじさの中で、神田大尉の従卒の遺体を発見。神田隊の遭難は疑う余地はなかった。徳島は、吹雪きの中で永遠の眠りにつく神田と再会。その唇から一筋の血。それは、気力をふりしぼって舌を噛んで果てたものと思われた。全身凍りつくような徳島隊の者もやっとのことで神田隊の救助隊に救われた。第五連隊の生存者は山田少佐以下12名。のちに山田少佐は拳銃自殺。徳島隊は全員生還。しかし、2年後の日露戦争で、全員が戦死。


栗原小巻                         八甲田山

題名:八甲田山
監督:森谷司郎
企画:吉成孝昌、佐藤正之、馬場和夫、川鍋兼男
製作:橋本忍、野村芳太郎、田中友幸
原作:新田次郎「八甲田山死の彷徨」
脚本:橋本忍
撮影:木村大作
照明:高島利雄(セット)、大澤暉男(ロケーション)
特機:三沢一義
録音:吉田庄太郎
美術:阿久根巖
装飾:滋野清美、大光寺康
大道具:西田忠光
衣裳:長島重夫
美粧:高橋勝三
記録:米山久江
編集:池田美千子、竹村重吾
音楽:芥川也寸志
現像:東洋現像所
撮影機材:パナビジョン
製作担当:小山孝和
製作進行:三島巌、久保井修
助監督:神山征二郎、橋本信吾、永井正夫、桃沢裕幸
撮影助手:加藤雄大、岸本正弘、信坂利文、野村俊祐
照明助手:小山勲
録音助手:田中進
美術助手:小方一男
編集助手:竹村重吾、糸賀美保
スチール:藤巻健二
出演:高倉健、北大路欣也、加山雄三、三國連太郎、緒形拳、丹波哲郎、栗原小巻、加賀まりこ、秋吉久美子、小林桂樹、島田正吾、大滝秀治、藤岡琢也、前田吟、神山繁、森田健作、東野英心、下絛アトム、加藤嘉、花澤徳衛、山谷初男、菅井きん、田崎潤、浜田晃、加藤健一、江幡連、高山浩平、安永憲司、樋浦勉、広瀬昌助、早田文次、吉村道夫、渡会洋幸、金尾鉄夫、古川義範、荒木貞一、芦沢洋三、山西道宏、蔵一彦、新克利、海原俊介、堀礼文、森川利一、浜田宏昭、玉川伊佐男、竜崎勝、江角英明、井上博一、佐久間宏則、伊藤敏孝、石井明人、船橋三郎、丹古母鬼馬二、青木卓、永妻旭、大竹まこと
1977年日本・橋本プロダクション+東宝映画+シナノ企画/シネスコサイズ・カラー公開版169分完全版171分35mmフィルム
八甲田山 特別愛蔵版 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三國連太郎                        八甲田山


撮影:木村大作氏 監督:森谷司郎氏 脚本:橋本忍氏
八甲田山

映画「マルサの女」


宮本信子                              山崎努

今回は伊丹十三監督1987年製作「マルサの女」をピックアップする。
本作は、徹底したリサーチに基づいた脚本作りが、秀悦な作品として仕上がっていると思う。
テーマに沿ったストリー展開に釘付けになる演出手法は凄い。それを支える全ての俳優陣の演技に一流を魅せて戴いた。
今の日本映画で、この様に、優秀で非凡な俳優と真正プロフェシュナルのスタッフが作った劇映画が、極めて少ないのは嘆かわしいと思う。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


岡田茉莉子、津川雅彦                        芦田伸介

【ストリー】
税務所の調査官、板倉亮子(宮本信子)は、小柄で顔がソバカスだらけの不美人だが、脱税を徹底的に調べるやり手だった。ある日、彼女は一軒のラブホテルに目をつけ、そこのオーナー権藤英樹(山崎努)が売り上げ金をごまかしているのではないかと調査を始める。権藤には息子の太郎(山下大介)と内縁の妻、杉野光子(岡田茉莉子)がいた。権藤は一筋縄ではいかない相手で、なかなか証拠も掴めない。そんな時、亮子は国税局査察部に抜擢された。彼らはマルサと呼ばれる摘発のプロである。マルサとしての調査経験を積んでいった亮子は、上司の花村(津川雅彦)と組んで権藤を調べることになった。ある時、権藤の元愛人、剣持和江(志水季里子)から彼の今の愛人、鳥飼久美子(松居一代)が毎朝捨てるゴミの袋を調べろとタレコミの電話が入った。亮子たらは清掃車を追いかけ、やっとのことで証拠の書類を見つけた。権藤邸をガサ入れする日が決まった。当日の朝、出かけた光子を亮子は尾行。権藤邸に花村たちが入った途端、他の何人かが権藤の取り引き先の銀行、久美子のマンションをガサ入れする。光子の見張りを交代して権藤邸に向かった亮子は、権藤と喧嘩し、大金を持って飛びだした太郎を追いかけ慰めた。亮子が邸に戻ると、調査はほぼ完了で証拠は何も出て来なかった。花村は権藤に質問し、亮子に眼の動きを追えと命令する。そして、本棚を推定、本の中をしらみつぶしに探すが徒労に終わる。疲れた亮子が立ちあがって、体を伸ばし本棚にぶつかった途端、壁が動き奥の隠し部屋が現われ大金が見つかった。その頃、久美子の部屋では口紅に隠された多くの印鑑が発見された。また、銀行でも架空の名義が確認された。権藤から貸し金庫の鍵は光子が持っていると聞かされた花村は、光子のいる美容室に出かけ鍵を受け取る。半年後、亮子のまえに太郎のことで御礼が言いたかったと権藤が現われた。彼はまだ全部に口を割らず頑張っていた。自分のもとで働かないかと言う権藤に亮子は首を横に振る。突然、亮子が以前忘れたハンカチを出した権藤は、ナイフで指を傷つけ、血でハンカチに残りの貸し金庫の暗号を記して渡した。


大滝秀治                                     伊東四朗

題名:マルサの女
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:桂昭夫
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斉藤昌利
美術:中村州志
装飾:山崎輝
衣装:斎藤昌美
美粧:小沼みどり
衣装:小合恵美子
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄
配役:笹岡幸三郎
音楽:本多俊之 音楽監督:立川直樹
フィルム:イーストマンコダック(日本コダック)
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:東洋照明
現像:イマジカ
製作担当:川崎隆
製作進行:玉置泰、細越省吾
演出助手:久保田延廣
助監督:白山一城
グラフィックデザイン:佐村憲一
スチール:宮沢鬼太郎、柏木和明
出演:宮本信子、山崎努、津川雅彦、岡田茉莉子、小林桂樹、芦田伸介、大滝秀治、室田日出男、大地康雄、桜金造、松居一代、橋爪功、伊東四朗、杉山とく子、横山道代、白川和子、絵沢萠子、山下大介、志水季里子
1987年日本・伊丹プロダクション+ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
マルサの女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


白川和子                              宮本信子、津川雅彦

1 2 3