映画「夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース」

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
梅宮辰夫                        宮園純子

今回は村山新治監督1968年製作「夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース」をピックアップする。
本作は、青江三奈さんのヒット曲「伊勢佐木町ブルース」を基に作られた”夜の歌謡シリーズ”第4作である。他には森進一さんのヒット曲「命かれても(1968年/監督:鷹森立一)」「おんな(1969年/監督:鷹森立一)」青江三奈さんのヒット曲「長崎ブルース(1969年/監督:鷹森立一)」「悪党ブルース(1969年/監督:鷹森立一)」ぴんからトリオのヒット曲「女のみち(1973年/監督:山口和彦)」八代亜紀さんのヒット曲「なみだ恋(1973年/監督:斎藤武市)」などが作られた。

【追記・訃報】
映画「仁義なき戦い」シリーズなどで知られる俳優の梅宮辰夫さんが2019年12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で亡くなった。享年81。死因は慢性腎不全だった。

梅宮辰夫さんが言い残したこと

芸能界というのは「大衆から常に憧れる世界でならなければならない」というのが持論だった梅宮さんにとって〝平成〟という時代の芸能界は歯がゆさだけが残った。「もう〝令和〟の芸能界なんかには期待していない。俺のいた芸能界からは、もっともっと距離が離れていくだろうな」 さらに「今さら懐かしむわけじゃないけどね」としながらも「今とは比べられないほど個性的で、しかも格好のいい素敵な映画スターが多かった。そんな時代のことを語ると古いって言われるかもしれないけど、これは、やっぱり映画からテレビの時代になっちゃったのかもしれないね。ほとんどの俳優というか芸能人が、それこそテレビCMのために存在しているようになっちゃったってことだよ。みんな商品の宣伝のために出ている…それこそ薬品とか化粧品とかね、もちろん、それが悪いって言っているわけじゃないけど、宣伝ばかりやっているような、そんな連中がゴロゴロしてきちゃってね、本当、つまらない世界になっちゃったってことなんだよ、そうとは思わないか?」

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
清水まゆみ                       吉田輝雄

【ストリー】
宮田(梅宮辰夫)は、バーやキャバレー新開店の諸準備を請負うオープン屋をしていた。土地成金の大倉(伴淳三郎)は、宮田に1,500万円でバー開店を依頼した。ただし、ママになる女を二号にしたいとの条件つきだった。二つ返事で引受けた宮田は伊勢佐木町裏のバーを買収し、酒場のホステスれい子(宮園純子)を強引に口説き落とした。バー「れい子」の開店日は大盛況だった。その日、大倉は希望に胸ふくらませてれい子を誘惑した。だが、二号話を聞かされていなかったれい子に、にべもなく断られてしまった。怒りを心頭に発した大倉は、愚連隊を雇い、宮田に迫った。宮田は、いつもの調子よさで、自分に熱を上げているホステスの房子(清水まゆみ)を、ホテルに待たせてある大倉に送った。その夜、宮田は、刑務所から出たばかりの竹村(吉田輝雄)がれい子と情事にふけっているのを見て愕然とした。竹村は、れい子をヒモとして、ふたたび昔の生活を始めようとしていた。宮田は、れい子が自分には欠かせぬ女であることを悟った。竹村は200万円の代償を請求した。金策に困った宮田は、女実業家笹井(山口洋子)に委託されたクラブのオープンを引受け、ママにれい子を推薦した。だが、れい子引抜きを怒った大倉が、宮田の行手に待っていた。愚連隊に襲われ、200万円を奪われた宮田の話を聞いた竹村は、大倉から金を取戻した。しかし、そこにはれい子をふたたび大倉のバーに戻すという契約がなされていた。房子からこの話を聞いた宮田は、れい子をバーテン小滝(佐々木功)に預けると竹村と対決した。この事件により竹村は刑務所に逆戻り、宮田は大倉に200万円を渡し、れい子の移籍を了承させた。宮田とれい子の間の障害は消えさった。だが、れい子は小滝との結婚を打明けるのだった。宮田を慕い、彼のために大倉に身を任せた房子の献身が、れい子に全てを諦めさせたのだ。それから間もなく、泥酔した宮田と寄添う房子の姿が波止場に消えていった。

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
伴淳三郎                        青江三奈

題名:夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース
監督:村山新治
企画:園田実彦、扇沢要
脚本:舟橋和郎
撮影:星島一郎
照明:銀屋謙蔵
録音:内田陽造
美術:中村修一郎
装置:加藤勇次
装飾:佐藤善昭
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:鏑木創 主題歌:青江三奈「伊勢佐木町ブルース」「酒場人形」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:阿部征司
助監督:伊藤俊也
スチール:加藤光男
出演:梅宮辰夫、宮園純子、青江三奈、清水まゆみ、吉田輝雄、伴淳三郎、佐々木功、南原宏治、高毬子、山口洋子、大泉滉、紙京子、和田みどり、伊藤慶子、小松方正、小林稔侍、相馬剛三
1968年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
清水まゆみ、宮園純子                夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース
伊勢佐木町ブルース

映画「やくざと抗争」


安藤昇                        菅原文太

今回は佐藤純彌監督1971年製作「やくざと抗争」をピックアップする。
本作は、新宿の盛り場を舞台に雑草の様に生き、”爆弾マッチ”と呼ばれ、最盛期には500人以上の構成員が在籍した安藤組の組長である安藤昇氏の自伝を基に本人が主演した作品である。1964年に安藤氏の意思で組は解散し、1965年に自らの自叙伝を映画化した「血と掟(松竹制作/湯浅浪男監督)」に主演し映画俳優へ転向した。本作は1967年に東映に移籍した後の作品である。


藤浩子                        渡瀬恒彦

【ストリー】
昭和初期、帝国陸軍が満州平野へ侵入した頃、新宿で通称爆弾マッチ(安藤昇)、舎弟分のオートンの勝(渡瀬恒彦)、フーテンの政(藤竜也)、小光(堀田真三)らの愚連隊が羽振りをきかせていた。ある日、過激左派党員の三人が銀行を襲い逮捕された。実はこの三人、政界の黒幕高橋(渡辺文雄)にそそのかされたのだが、過激左派党を壊滅せんと特別高等警察と高橋が仕組んだとは知らなかったのである。また、この事件で使用された拳銃が以前、マッチの所有していたものだと判明マッチは捕えられ、リンチを受ける。しかし証拠は得られず釈放となった。マッチには娼婦のお栄(藤浩子)という恋人がおり、足抜きをさせるのには300円がどうしても必要だった。ところが大木戸一家の賭場であり金取られてしまい、一計を案じたマッチ、オートン・フーテンたちは自分達で賭場を開くことにする。しかし、黙っている大木戸(天津敏)ではなかった。早速、代貸梅津(菅原文太)らを賭場へ指し向け、つぶしてしまった。怒り狂ったマッチは梅津目がけてドスで斬りかかるが、逆に片腕を斬られてしまう。梅津はその足で警察へ自首。数ヵ月後、梅津が出所、その放免祝いの席上に殴り込んだマッチだったが、傷が痛みだし、その場に倒れてしまう……。その後、マッチは命の恩人の梅津と義兄弟の契りをかわし大木戸のやっかいになった。第二回普通選挙。ある立会演説会場で、大木戸組の押す柏原(山岡徹也)と、無産者同盟の白木(近藤宏)が火花を散らす演説が行われていた。白木は以前、傷ついたマッチを看病したことがあり、お栄とも親しい間柄だった。突然、その白木の事務所に大木戸狙が殴り込み、丁度居合せたお栄を死なせてしまった。やがて白木が当選。マッチは白木の家で初めてお栄の死を聞かされる……。そこへ梅津が突び込み、白木を刺し殺し、自らもドスを腹に突き刺し死んでしまう。数日後、ある寺の本堂。祭壇に飾られている梅津の写真。大木戸組の面々が並び、高橋が厳かに弔辞を読み上げている。その高橋目がけて、マッチがドスを持って突進、崩折れる高橋。マッチは若い衆たちに押し包まれドスで突き刺されるが、最後の力をふりしぼって大木戸に飛びかかり、ドスを突き刺す。二人は重なりあって倒れた……。


近藤宏                       渡辺文雄

藤竜也                       天津敏

題名:やくざと抗争
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
原作:安藤昇「極道一代 やくざと抗争」
脚本:石松愛弘、佐藤純彌
撮影:稲田喜一
照明:大野忠三郎
録音:小松忠之
美術:北川弘
装置:根上徳一
装飾:米沢一弘
美粧:入江壮二
美容:宮島孝子
衣装:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:日暮雅信
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:橋本新一
演技事務:和田徹
スチール:加藤光男
出演:安藤昇、菅原文太、渡瀬恒彦、藤浩子、藤竜也、天津敏、渡辺文雄、山岡徹也、藤山浩二、武智豊子、室田日出男、近藤宏、堀田真三、小林稔侍、沢彰謙、森しげみ、土山登志幸、相馬剛三
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
やくざと抗争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


室田日出男、菅原文太                  安藤昇

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
吉岡秀隆                        後藤久美子

2019年12月27日に全国公開された山田洋次監督「男はつらいよ お帰り 寅さん」をTOHOシネマズ府中スクリーン8で30日に観て来た。本作はいわゆる総集編ではなく、満男(吉岡秀隆)と家族、初恋の人だったイズミ(後藤久美子)の現在形の中に寅次郎(渥美清)を思い起こすという内容だ。寅次郎(渥美清)の出演シーンは過去の48作からの4Kスキャンであり、無理な設定をせずに吟味して繋がれているのに好感が持てた。実写もデジタルシネマで撮影されている事と相まってトーンの統一が図られている。(少々Yが残ってたが)館内はシニア層の観客が圧倒的だったが、何故か渥美清さんが出てくるだけで笑いが起きる。今も寅次郎は映画の中で生き続けているなと実感した。

作品リスト

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
美保純、倍賞千恵子、桜田ひより、佐藤蛾次郎       吉岡秀隆、後藤久美子、倍賞千恵子、前田吟

【ストリー】
小説家になる夢が叶った満男(吉岡秀隆)は、亡くなった妻の七回忌の法要で久しぶりに葛飾にある実家を訪れる。親戚がかつて営んでいた団子屋「くるまや」はカフェに生まれ変わっていたが、家族や親戚は昔と変わらず、満男は法事のあと、彼らとの会話に花を咲かせるなかで伯父・寅次郎(渥美清)との日々を思い出す。そんなある日、書店で新作のサイン会を行う満男の前に、初恋の相手イズミ(後藤久美子)が姿を現す。

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
後藤久美子、吉岡秀隆、浅丘ルリ子           池脇千鶴、吉岡秀隆

題名:男はつらいよ お帰り 寅さん
監督:山田洋次
製作:深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝原雄三
撮影:近森眞史
照明:土山正人
録音:岸田和美
美術:倉田智子、吉澤祥子
美術監修:出川三男
音楽:山本直純、山本純ノ介
オープニング主題歌:桑田佳祐 主題歌:渥美清
編集:石井巌 、 石島一秀
撮影機材:アリフレックス アレクサ
現像・4Kスキャン:東京現像所
出演:渥美清、倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、後藤久美子、桜田ひより、夏木マリ、浅丘ルリ子、美保純、佐藤蛾次郎、池脇千鶴、笹野高史、橋爪功、小林稔侍、濱田マリ、竹山隆範
2019年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー115分デジタルシネマ
公式サイト

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
倍賞千恵子、美保純、桜田ひより              渥美清

1 2 3 14