映画「悲しい色やねん」


仲村トオル                       高嶋政宏

今回は森田芳光監督1988年製作「悲しい色やねん」をピックアップする。
本作は、”新しいヤクザ映画”を志向している様だが、失敗している。カタルシスが皆無であり、高揚感も同様である。”新しい”コンセプトが陳腐であり退屈する内容だった。ちなみに本作は、石田ゆり子さんのデビュー作だったそうだ。


石田ゆり子                      藤谷美和子

【ストリー】
夕張トオル(仲村トオル)は大阪のヤクザ夕張組の一人息子だが、家業を継がず銀行員として働いていた。ある日、組長の父(高島忠夫)が四国でライバルの三池組系元ヤクザと喧嘩をした。しかし、トオルの活躍でコトは大きくならずにすんだ。一方、トオルの高校の同級生で三池組の桐山恵(高嶋政宏)も無意味な争いはしたくなかった。トオルは夕張組をゲーム用品の製造会社にして後を継ぎ大きなビジネスを目指していた。恋人ミキ(石田ゆり子)の父で御殿山コンツェルン総裁(北村和夫)の援助も期待できる。夢は黒浜を日本のラスベガスにすることだった。友情厚いトオルと恵はビジネスで組みたいと考えていたが、三池組組長(小林薫)は夕張組をつぶすことしか考えていなかった。立場の悪くなった恵は襲われ、トオルの父も暗殺された。トオルは、三池のいる病院へ乗り込んで撃ち殺した。しかし、恵も堂上マコ(藤谷美和子)というトオルに異常な愛をよせる女の凶弾に倒れたのだった。


小林薫、江波杏子                  北村和夫、高島忠夫

題名:悲しい色やねん
監督:森田芳光
企画:藤峰貞利
製作:黒澤満、青木勝彦
原作:小林信彦
脚本:森田芳光
撮影:前田米造
照明:矢部一男
特機:落合保雄、度合誠司(NK特機)
録音:橋本文雄
音効:斎藤昌利 リーレコ:河野競司
美術:中澤克巳
装飾:山崎輝、小林聖樹、長谷川圭一、佐々木義博、森本常雄
スタイリスト:勝俣淳子、久我知子
衣裳:山田実
配役:飯塚滋、三沢和子
擬斗:高瀬将嗣
記録:森永恭子
編集:冨田功
音楽:梅林茂 主題曲:上田正樹「悲しい色やねん」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:トライ・アーツ
現像:東映化学
製作担当:望月政雄
製作進行:岩下真司、土門征一
演技事務:河合啓一
監督補:原隆三
助監督:鈴木元、明石知幸、篠原哲雄
撮影助手:高瀬比呂志、上野彰吾、石山稔
照明助手:高柳清一、長井広義、小川満、重田全史、平田孝浩
録音助手:柴山申広、田中靖志、横野一氏工、細井正次
美術助手:沖山真保、加藤典子 セット付:金丸浩
編集助手:田中慎二、堀口正則
音楽プロデューサー:高桑忠男
企画事務:木村典代、横田深幸
製作コーディネイター:坂東譲
ゲーム指導:野口秀明、針谷恵歴史
イラスト:上田三根子
制作協力:セントラルアーツ
スチール:井本俊康
出演:仲村トオル、藤谷美和子、高嶋政宏、江波杏子、石田ゆり子、小林薫、高島忠夫、橘ゆかり、森尾由美、秋野太作、イッセー尾形、阿藤海、上田正樹、松居一代、加藤武、北村和夫
1988年日本・サンダンス・カンパニー+東映/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
悲しい色やねん -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


阿藤海                        森尾由美

高島忠夫、仲村トオル                 悲しい色やねん

【追記・訃報】
映画やテレビで幅広く活躍した俳優の高島忠夫(たかしま・ただお、本名高嶋忠夫)さんが2019年6月26日午後1時1分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。88歳。妻で女優の寿美花代((み・はなよ=88)の意向もあり、27日に自宅で密葬を行った。2人はおしどり夫婦として知られており、最期も寿美が自宅でみとった。お別れ会などは予定していない。息子の高嶋政宏(53)、高嶋政伸(52)も含めた芸能一家“高島ファミリー”として、晩年はバラエティーでも活躍したやさしいパパが静かに去った。
2019年6月29(土) 5:59配信 日刊デイリー


悲しい色やねん

撮影:前田米造氏                   特機:落合保雄氏
※キャメラは、Panaflex Golden 35mm(1,000Feetマガジン装着)

映画「野獣刑事」


緒形拳                        いしだあゆみ

今回は工藤栄一監督1982年製作「野獣刑事」をピックアップする。
ロケハンに3か月を要した本作の主舞台となる恵子(いしだあゆみ)のアパートは、大阪十三の神崎川の縁に建っていた空家を借り切って撮影したそうだ。そのアパートで撮影中に、偶然対岸の伊丹空港近くの町工場が火事を起こして黒煙を上げて燃え始めた。工藤監督は即座にシナリオを書き換え、燃え上がる工場をバックに恵子と阪上(泉谷しげる)の芝居を撮り上げたという。”降りしきる雨の夜、恵子を抱き立ち尽くす大滝の姿”で終わる予定だった本作は、岡田茂東映社長の指示で追加撮影が行われた。それは”阪上(泉谷しげる)が、復讐のため大滝(緒形拳)の前に現れ、大バトルを繰り広げるという展開”で、大阪梅田の繁華街での暴走カーチェイスを三石千尋氏によるカー・スタントで行い、阪上が立て籠る家は、千里の新興住宅地で行ったそうだ。


泉谷しげる                    泉谷しげる、いしだあゆみ

【ストリー】
雨の夜、赤い傘をさした女子短大生の死体が発見された。ナイフで何度も刺された死体は西尾由美子(麻田三智子)と判明した。有能だがヤリ過ぎと評判の大滝刑事(緒形拳)もこの事件の捜査にかり出された。大滝はかつて逮捕した男、阪上(泉谷しげる)の情婦、恵子(いしだあゆみ)と同棲に近い暮しをしている。恵子には一人息子の稔(川上恭尚)がいるが、大滝には慣つこうともしない。大滝は独自の捜査で被害者由美子の隠された生活をつきとめた。彼女は昼はノーパン喫茶、夜はコールガールをしていたのだ。その頃、恵子の夫、阪上が出所し、彼女の所に転り込んできた。大滝には頭の上がらない阪上が加わった奇妙な三角関係の生活が始まった。数日後、大滝は死体の見つかった近くの茂みで、血の跡のついたいくつもの紙片を見つけた。紙を並べると一枚の女の絵になった。そして、阪上がその絵と同じものを売っている男を見つけ、大滝に通報する。その男、田中(益岡徹)を大滝は別件で逮捕、殴る蹴るの尋問をするが証拠不十分でシロ、大滝は捜査本部からはずされた。同じ頃、阪上は再びシャブに手を出すようになり、妄想状態で暴れることもしばしばで、ついに保護されてしまう。一人になった大滝は、恵子に囮になってもらうことを頼んだ。降りしきる雨の夜、恵子は赤い傘をさして歩いた。一台の車が近づくと、赤い傘を残して去っていった。大滝は必死の追跡のはてに犯人を捕えたが、代償はかけがえのない恵子の命だった。一ヵ月後。解放された阪上は、車を奪うと、稔を助手席に乗せ、暴走し、無差別殺人を始めた。そして、住宅街の一角に人質と共に立て篭ると「恵子を殺した大滝を呼べ!」と叫ぶ。包囲する警官の制止をふりきって、大滝は阪上の銃口に向って前進する。大滝は阪上を逮捕するが、その表情は阪上以上の苦悩が読みとれた。


藤田まこと、成田三樹夫              いしだあゆみ、泉谷しげる

題名:野獣刑事
監督:工藤栄一
企画:日下部五朗、本田達男
脚本:神波史男
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:栗山日出登
音効:永田稔
整音:荒川輝彦
美術:高橋章
装飾:窪田治
衣裳:黒木宗幸
美粧・結髪:太田とも子
擬斗:三好郁夫
カースタント:三石千尋 (スリーチェイス)
記録:梅津泰子
編集:市田勇
音楽:大野克夫 主題歌:大野轟二「泳ぐ人」挿入歌:内田裕也「ROLLING ON THE ROAD」
音楽プロデューサー:浅岡弘行
現像:東映化学
進行主任:長岡功
助監督:成田裕介
演技事務:寺内文夫
製作宣伝:丸国艦
スチール:金井謹治
出演:緒形拳、いしだあゆみ、泉谷しげる、川上恭尚、小林薫、成田三樹夫、芦屋雁之助、藤田まこと、川上恭尚、益岡徹、絵沢萠子、阿藤海、蟹江敬三、富永佳代子、麻田三智子
1982年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
野獣刑事 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


野獣刑事                                                      緒形拳


「野獣刑事」いしだあゆみ

映画「十八歳、海へ」


森下愛子                                  永島敏行

今回は藤田敏八監督1979年製作「十八歳、海へ」をピックアップする。
本作は中上健次氏の原作「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章を映画化したもので、内容は1970年終焉を背景に青春の苛立ちと倦怠を “自殺ゲーム“ に獲り憑かれた予備校生男女の末路を描いたものだ。撮影は1979年6月27日にクランクインし8月3日にアップしたそうだ。


小林薫                                  島村佳江

【ストリー】
森本英介(小林薫)は、5年間も東京で浪人暮しをしており、郷里で病院を経営する父(鈴木瑞穂)とは、裏口入学のことでモメて以来、音信がない。ある夜、鎌倉で、英介は暴走族のリーダー(深水三章)と喧嘩になり、海に潜って、先に顔を上げた方が敗けという勝負をした。翌日、英介は予備校で有島佳(森下愛子)という女の子に声をかけられる。彼女は昨夜の一部始終を見ており、一緒にいた桑田敦夫(永島敏行)と、英介の真似をして、心中と間違えられたという。いきなり話しかけられてとまどう英介は、ホテルのボーイをしながら予備校に通っていることを彼女に話す。佳は、この夏、釧路から夏期講習を受けるために上京し、姉・悠(島村佳江)のところに居候していた。桑田は同じ予備校に通う二浪の男だ。ところで、佳は心中ごっこのとき、死と隣り合わせの瞬間に、このうえもない喜悦を感じたことで英介に興味を持ったのだ。そして、佳と桑田は英介のバイトするホテルで心中未遂を起こしてしまう。二人の収容されている病院に見舞いに行った英介は、そこで、佳の姉の悠と出会う。悠は小学校の給食をつくる仕事をしている。暫くして、悠は、ホテルの一件以来、自分のところから離れていた佳に、ロタ島行きのキップを渡してくれと英介に話す。それは、桑田から佳を離そうとする悠の心づかいだった。しかし、佳はキップを受け取ろうとせず、英介は悠と一緒にロタ島に行った。二人は旅を満喫する。旅から帰り、ホテルでバイトをしていた英介は、学会で上京していた父(鈴木瑞穂)と出会った。父は学会の開かれる箱根のホテルで話し合おうと話すが、英介は憎しみしか覚えなかった。その頃、経済的に行きづまった佳と桑田が、英介に助けを求めてきた。英介は、二人を父の名で、箱根のホテルに泊まらせることにした。翌日、英介は箱根の警察から連絡を受けた。箱根のホテルにいた佳と桑田の死の知らせであった。心中ごっこが本当の心中になるとは……。鋭い衝撃が英介を襲った。夏の終り、鎌倉の海に英介と悠の姿があった。二人は佳と桑田の行為を語りながら、自分たちが、別々の道を歩みはじめたことを感じていた。そして今、英介は自分のとまどいの季節が終ったことを意識しながら……。


小沢栄太郎、永島敏行、森下愛子                鈴木瑞穂、小林薫

題名:十八歳、海へ
監督:藤田敏八
企画:進藤貴美男
製作:佐々木志郎、結城良煕
原作:中上健次 「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章
脚本:田村孟、渡辺千明
撮影:安藤庄平
照明:新川真
録音:高橋三郎
美術:徳田博
編集:井上治
音楽:チト河内 主題曲:ゴダイゴ 唄:加橋かつみ
現像:東洋現像所
製作担当:岩見良二
助監督:上垣保郎
色彩計測:杉本一海
スチール:井本俊康
出演:森下愛子、永島敏行、島村佳江、小林薫、鈴木瑞穂、小沢栄太郎、深水三章、下絛アトム、小松方正、堀永子、小中陽太郎
1979年日本・日活/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
十八歳、海へ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


森下愛子、永島敏行                        小林薫、島村佳江

1 2 3