映画「横浜暗黒街 マシンガンの竜」


菅原文太、三益愛子                  中島ゆたか

今回は岡本明久監督1976年製作「横浜暗黒街 マシンガンの竜」をピックアップする。
本作は、岡本監督のデビュー作で、兇悪ギャング母子が、ハマを牛耳る組織から15億円の麻薬を強奪し、マシンガンの竜と関わる人々が全員死んでしまうという展開になる。マシンガンの竜がマザコンという設定が目新しい。菅原文太さんと母子コンビを組む三益愛子さんのほか、(敬称略)千葉真一、田中邦衛、岩城滉一、中島ゆたか、江波杏子、室田日出男ら豪華キャストが集結している。


江波杏子                          小池朝雄

【ストリー】
横浜暗黒街を牛耳る大組織・睦連合から、大量の麻薬を横取りした矢吹竜太(菅原文太)とマサ(三益愛子)は、強奪、殺人を平気で行なう兇悪なギャングの母子である。15億円にも及ぶ麻薬を、マサは2年後に香港でさばくつもりなのだが、めぐみ(中島ゆたか)という情婦を囲い、次郎(千葉治郎)、光一(岩城滉一)をはじめ多数の子分をかかえている派手好みで遊び人の竜太は、マサに内証で除々に麻薬を持ち出して金に替えていた。しかし、竜太の行動を知った睦蓮合の幹部・大門(中野英治)はニューヨークからバラキの舎弟分の殺し屋2名を呼び寄せ竜太を狙わせた。次々と子分を殺され、やがて身の危険を感じた竜太は、自ら微罪を名乗り出て刑務所に入った。だが、刑務所内にも殺し屋が入り込み、さらに担当の刑事・荒尾(小池朝雄)までが大門の子飼いと知った竜太は身の縮まる思いをする。そんな竜太に正体不明の海老名(田中邦衛)という囚人が近づいた。一方、竜太の留守を守るマサは、睦連合と警察から鋭い追求を受けた事が原因で心臓発作で死んでしまった。マサの死を知った竜太は、海老名の協力を得て脱獄し、海外逃亡すべく、昔なじみの小松(千葉真一)に偽のパスポートを依頼した。だが、小松は海老名を麻薬捜査官と見破り、怒った竜太は海老名を射殺した。そして、竜太を追っていた荒尾刑事を捕えた竜太は、麻薬を隠し場所から運び出す手伝いをさせたうえ、殺した。一方、竜太が麻薬を持って高飛びするのを知った睦蓮合は、殺し屋を総動員して竜太を追跡した。孤立無援となった竜太は昔の情婦・里子(江波杏子)に密航船の手配を頼み、彼女の指示によって竜太とめぐみは小津湊へ向った。しかし、里子は竜太を逃がした後、睦運合の殺し屋の前で自害した。別々にタクシーに乗り込み目的地に向う竜太とめぐみ。その後を殺し屋たちが追った……。


田中邦衛、菅原文太                   石橋蓮司

題名:横浜暗黒街 マシンガンの竜
監督:岡本明久
企画:俊藤浩滋、太田浩児
脚本:松田寛夫
撮影:飯村雅彦
照明:川崎保之丞
録音:井上賢三
美術:中村修一郎
装置:畠山耕一
装飾:米沢一弘
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
刺青:毛利清ニ
ファッション・コーディネーター:北本正孟(菅原文太)
記録:山内康代
編集:戸田健夫
音楽:青山八郎 挿入歌:チェリー・ボーイズ「いとしのエンジェル」
現像:東映化学
進行主任:志村一治
演技事務:山田光男
助監督:福湯通夫
スチール:加藤光男
出演:菅原文太、岩城滉一、千葉治郎、江波杏子、中島ゆたか、三益愛子、千葉真一、田中邦衛、小池朝雄、室田日出男、葉山良二、山本麟一、中野英治、石橋蓮司、相馬剛三
1976年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
横浜暗黒街 マシンガンの竜 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


今井健二、石橋蓮司                   菅原文太

菅原文太、中島ゆたか             横浜暗黒街 マシンガンの竜

映画「殺し屋人別帳」


「殺し屋人別帳」渡瀬恒彦

渡瀬恒彦                     賀川雪絵、吉田輝雄

今回は石井輝男監督1969年製作「殺し屋人別帳」をピックアップする。
本作は、当時の岡田茂東映企画製作本部長がスカウトした渡瀬恒彦さんの肝煎りのデビュー作である。渡瀬さん演じる主人公の名前は「網走番外地シリーズ」で、高倉健さん演じた主人公の名前と同じ橘真一である事も破格の待遇だった。
本作は、1970年1月に公開し、二作目「監獄人別帳」を4月に公開したが、三作目「悪党人別帳」は製作されなかったそうだ。
本作のラストである黒岩組と竜神一家の銃撃戦で、これほど撮影所内スタジオ棟を倉庫街に無理に見立てたシーンも見た事がない。東撮作品(東映大泉)では、No,11ステージ前の坂などを見かける事は多々あるが、特に大きな装飾もせず、倉庫街として映し出したのは、よほど時間がなかったのだろうか?


伊吹吾郎                     佐藤允、渡瀬恒彦

【ストリー】
浦波興業会頭・浦波(沢彰謙)は殺し屋の黒岩(田崎潤)と宇野木(小池朝雄)に金を積んで組長を消し、北九州一帯の組を傘下に修めた。目的を達した浦波は用済みの二人を消そうとして逆に射殺された。強欲な黒岩は相棒の宇野木をも殺し、浦波の縄張りを手中におさめ黒岩組と改称した。流れ者の真一(渡瀬恒彦)が長崎に現われたのは、黒岩組が竜神一家を潰そうとこの地に乗り込んで来たおりだった。ある日、真一は長崎港の岸壁で車に接触して転倒した松葉杖の娘ナオミ(太田ナオミ)を介抱した。この光景に感動した黒岩の娘ミッチー(小川ローザ)の世話で、真一は黒岩組の客分になった。鉄(佐藤允)が組に草鞋を脱いだのもその頃だった。やがて、黒岩は竜神一家の荷上げ作業妨害作戦に出た。苦境に立つ竜神統一(吉田輝雄)は、その暴挙を責め、黒岩は一切を賽の目で勝負をしようと持ちかけた。統一は勝負に敗けた。統一の妻久美(藤田佳子)は、自分の体を賭けて夫を黒岩に挑戦させた。統一は勝負に勝ったものの、彼のために細工をした壷振りの美枝(英美枝)は竜神一家の木口(中谷一郎)とともに斬殺されてしまった。ナオミも現場を目撃したことから黒岩組に捕われたが、彼女の面倒をみていた寅さんこと八人殺しの鬼寅(嵐寛寿郎)の機転で助けられた。黒岩は事の決着を急ぎ、竜神一家に喧嘩状を叩きつけ、凄絶な死闘が始った。統一は苦闘する竜神一家に加担し、黒岩の銃弾が黒岩を倒した。すべてが終った時、黒岩の客分鉄が真一に向った。二人の銃口は同時に火を吐き、弾丸は真一の脇腹と鉄の心臓に命中した。正義漢・鉄が勝ちを真一に譲った一瞬であった。


賀川雪絵                                                                       佐藤允、

小川ローザ
1969年、丸善石油のハイオクガソリンのCMに出演。猛スピードで走る自動車が巻き起こした風で小川のミニスカートがまくりあがり、「Oh! モーレツ」と叫ぶ内容で一世を風靡し、幼児の間でも「Oh! モーレチュ」と言い、スカートめくりが流行するほど社会現象にまでなった。
(ウィキペディア参照)


小川ローザ「丸善石油ハイオクガソリンCM」  「殺し屋人別帳」小川ローザ

藤田佳子                       太田ナオミ 

田崎潤、由利徹                    荒木一郎

題名:殺し屋人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:長谷川武夫
録音:中山茂二
美術:矢田精治
装置:米沢勝
装飾:清水悦夫
美粧:鳥居清一
結髪:横山三佳代
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「さすらい人別帳」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:武久芳三
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:藤本武
出演:渡瀬恒彦、吉田輝雄、伊吹吾郎、佐藤允、田崎潤、中谷一郎、賀川雪絵、嵐寛寿郎、太田ナオミ、小川ローザ、藤田佳子、荒木一郎、英美枝、三笠れい子、葵三津子、小池朝雄、由利徹、水島道太郎、沢彰謙
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
殺し屋人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小池朝雄                          吉田輝雄、英美枝、田崎潤

中谷一郎                       嵐寛寿郎

映画「男の紋章」


高橋英樹、轟夕起子                  和泉雅子

今回は松尾昭典監督1963年製作「男の紋章」をピックアップする。
本作は1963年~1966年まで作られた全10編シリーズの第一作であり、任侠大河ドラマの序章編だ。東映任侠映画「日本侠客伝シリーズ」「昭和残侠伝シリーズ」「緋牡丹博徒シリーズ」とは違う日活任侠映画の描き方に社風の違いを見るが、当時はシノギを削って競争していた事が分かる。


大坂志郎、石山健二郎              轟夕起子、名古屋章

【ストリー】
昭和5年、この港町一帯に羽振をきかす大島組の主、庄三郎(石山健二郎)の豪胆な顔に近頃淋しげな影がよぎるのは、一人息子の竜次(高橋英樹)に望みどおり医者への道を歩ませたものの、永年守りとおした組の将来を案じてであった。渡世人を嫌いながら、父親の苦悩を知る竜次は、自ら志望して山奥のダム工事現場の診療所へ赴任した。そこで作業員たちに苛酷な労動を強いる西野組に憤った竜次は、彼等の本拠に乗り込んだ。西野はドスをつきつけたが、一人の男が竜次の父親を明かすと色を失った。自分の力への疑問に竜次が思い悩んでいるとき、庄三郎が反目する斎賀(名古屋章)の手によって殺されたことを知った。庄三郎の懐刀といわれた勘三(大坂志郎)が、斎賀の背後にいる村田きよ(轟夕起子)という女親分は竜次の実母だと全ての事情を打ち明けた。庄三郎はきよの父親と出入りになった時、渡世人の義理からきよを実家に帰し、以来竜次一人を頼りに生きてきたのだ。その夜竜次は自分の肌に父親と同じ刺青を彫らせ、組を引き継ぐ決心をした。折から満州事変が勃発、竜次は大島組を率いて軍の工事を請負ったが、斎賀は卑劣な手段を弄して妨害した。はやり立つ勘三らをおさえていた竜次も、勘三が死体となって運び込まれたとき意を決した。ひとり斎賀の許へ乗り込んだ竜次が忽ち配下に囲まれた時、きよが現れ白刃を遮った。豪雨が双肌脱いだ竜次の刺青を洗う中母と子はじっと見つめあった。


和泉雅子、大坂志郎                  井上昭文

題名:男の紋章
監督:松尾昭典
企画:笹井英男
脚本:甲斐久尊
撮影:岩佐一泉
照明:吉田協佐
美術:横尾嘉良
録音:米津次男
記録:宍倉徳子
編集:井上親弥
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:園山蕃里
助監督:千野皓司
色彩計測:小栗準之助
スチール:浅石靖
出演:高橋英樹、和泉雅子、石山健二郎、大坂志郎、名古屋章、轟夕起子、井上昭文、富田仲次郎、近藤宏、小池朝雄、武藤章生、河上信夫、藤岡重慶
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
2017年8月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「男の紋章」

1 2 3 10