映画「疑惑」


岩下志麻                                 桃井かおり

今回は野村芳太郎監督1982年製作「疑惑」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の同名小説の映画化で作者自身が脚色し、1978年に設立した自らの制作会社である霧プロダクションで作り上げた。本作において野村芳太郎監督が考えたラストは、ヒロインが最後救われるところで終わり。しかし清張はハッピーエンドの後にどんでん返しを用意すべきと主張し衝撃の結末が生まれたそうだ。

「原作をひと度映画会社やテレビ局に渡してしまえば、養子にやってしまうのと同じで、養家先でどのように扱われようと口出しすることはできない」松本清張映像の世界-霧にかけた夢-より


鹿賀丈史                              柄本明

【ストリー】
富山県新港湾埠頭で車が海中に転落、乗っていた地元の財閥、白河福太郎は死亡したが、後妻の球磨子はかすり傷ひとつ負わなかった。しかも、球磨子は過去に情夫と共謀して数数の犯罪を起こしていたことが判明。彼女は夫に三億円の保険金をかけており、この事故も、泳げない福太郎を殺すための擬装ではないかと誰もが疑った。北陸日日新聞の秋谷が積極的に報道を始めた。物的証拠がないまま球磨子は逮捕された。強気の球磨子は弁護士の原山を通じて、東京の花形弁護士、岡村に弁護を依頼するが、彼女の不利な立場に拒否され、原山も健康を理由に辞退。そして、女弁護士の佐原律子が国選弁護人として選ばれた。球磨子は同性でありながら自分とは違いすぎる立場にいる律子に反感を待った。律子も同じ気持だったが、ふとした偶然の事故から福太郎が自殺を企みようとしたことをつきとめた。球磨子は無罪となるが保険金は手に入らなかった。律子は真実をつきとめたが、球磨子を許すことは出来なかった。


仲谷昇                              小林稔侍

題名:疑惑
監督:野村芳太郎
製作:野村芳太郎、杉崎重美
原作:松本清張
脚本:野村芳太郎、松本清張、古田求
撮影:川又昂
照明:小林松太郎
録音:原田真一
調音:松本隆司
美術:森田郷平
装置:川添善治
装飾:磯崎昇
スタイリスト:矢野悦子
衣装:松竹衣装
美粧:八木かつら、馬場利弘
水中撮影:西山東男
編集:太田和夫
音楽:芥川也寸志、毛利蔵人
現像:東洋現像所
製作主任:福山正幸
製作進行:小松譲
監督助手:松原信吾
スチール:金田正
出演:岩下志麻、桃井かおり、鹿賀丈史、柄本明、小林稔侍、真野響子、森田健作、仲谷昇、小沢栄太郎、松村達雄、三木のり平、北林谷栄、伊藤孝雄、内藤武敏、名古屋章、河原崎次郎、丹波哲郎、山田五十鈴
1982年日本・霧プロダクション+松竹/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
疑惑 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


桃井かおり、岩下志麻

映画「十八歳、海へ」


森下愛子                                  永島敏行

今回は藤田敏八監督1979年製作「十八歳、海へ」をピックアップする。
本作は中上健次氏の原作「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章を映画化したもので、内容は1970年終焉を背景に青春の苛立ちと倦怠を “自殺ゲーム“ に獲り憑かれた予備校生男女の末路を描いたものだ。撮影は1979年6月27日にクランクインし8月3日にアップしたそうだ。


小林薫                                  島村佳江

【ストリー】
森本英介(小林薫)は、5年間も東京で浪人暮しをしており、郷里で病院を経営する父(鈴木瑞穂)とは、裏口入学のことでモメて以来、音信がない。ある夜、鎌倉で、英介は暴走族のリーダー(深水三章)と喧嘩になり、海に潜って、先に顔を上げた方が敗けという勝負をした。翌日、英介は予備校で有島佳(森下愛子)という女の子に声をかけられる。彼女は昨夜の一部始終を見ており、一緒にいた桑田敦夫(永島敏行)と、英介の真似をして、心中と間違えられたという。いきなり話しかけられてとまどう英介は、ホテルのボーイをしながら予備校に通っていることを彼女に話す。佳は、この夏、釧路から夏期講習を受けるために上京し、姉・悠(島村佳江)のところに居候していた。桑田は同じ予備校に通う二浪の男だ。ところで、佳は心中ごっこのとき、死と隣り合わせの瞬間に、このうえもない喜悦を感じたことで英介に興味を持ったのだ。そして、佳と桑田は英介のバイトするホテルで心中未遂を起こしてしまう。二人の収容されている病院に見舞いに行った英介は、そこで、佳の姉の悠と出会う。悠は小学校の給食をつくる仕事をしている。暫くして、悠は、ホテルの一件以来、自分のところから離れていた佳に、ロタ島行きのキップを渡してくれと英介に話す。それは、桑田から佳を離そうとする悠の心づかいだった。しかし、佳はキップを受け取ろうとせず、英介は悠と一緒にロタ島に行った。二人は旅を満喫する。旅から帰り、ホテルでバイトをしていた英介は、学会で上京していた父(鈴木瑞穂)と出会った。父は学会の開かれる箱根のホテルで話し合おうと話すが、英介は憎しみしか覚えなかった。その頃、経済的に行きづまった佳と桑田が、英介に助けを求めてきた。英介は、二人を父の名で、箱根のホテルに泊まらせることにした。翌日、英介は箱根の警察から連絡を受けた。箱根のホテルにいた佳と桑田の死の知らせであった。心中ごっこが本当の心中になるとは……。鋭い衝撃が英介を襲った。夏の終り、鎌倉の海に英介と悠の姿があった。二人は佳と桑田の行為を語りながら、自分たちが、別々の道を歩みはじめたことを感じていた。そして今、英介は自分のとまどいの季節が終ったことを意識しながら……。


小沢栄太郎、永島敏行、森下愛子                鈴木瑞穂、小林薫

題名:十八歳、海へ
監督:藤田敏八
企画:進藤貴美男
製作:佐々木志郎、結城良煕
原作:中上健次 「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章
脚本:田村孟、渡辺千明
撮影:安藤庄平
照明:新川真
録音:高橋三郎
美術:徳田博
編集:井上治
音楽:チト河内 主題曲:ゴダイゴ 唄:加橋かつみ
現像:東洋現像所
製作担当:岩見良二
助監督:上垣保郎
色彩計測:杉本一海
スチール:井本俊康
出演:森下愛子、永島敏行、島村佳江、小林薫、鈴木瑞穂、小沢栄太郎、深水三章、下絛アトム、小松方正、堀永子、小中陽太郎
1979年日本・日活/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
十八歳、海へ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


森下愛子、永島敏行                        小林薫、島村佳江

映画「妖僧」


「妖僧」市川雷蔵

市川雷蔵                              藤由紀子

今回は衣笠貞之助監督1963年製作「妖僧」をピックアップする。
本作は、女帝を守り風雲を呼ぶ不死身の怪僧を描いた平安時代劇だが、公金横領に権力闘争という現代に通ずる腐敗政治をストリーのベースにしている。衣笠貞之助監督を始め巨匠を輩出した大映映画は、美術セットや照明、森田富士郎氏の特撮など目を見張るカットは数多くあるが、ストリーが陳腐だった。


「妖僧」万里昌代

万里昌代                                近藤美恵子

【ストリー】
厳しい山嶽仏教の修業に百人のうちで唯一人堪えた、行道(市川雷蔵)は、恐るべき魔力を秘めた法力を獲得した。山を下りた行道はその法力を駆使して、病人を治し、やがて、その噂は宮廷に迄およんだ。類まれな美貌の女帝(藤由紀子)が幼時から不自由であった御足が、とみに悪化してきたというのだ。ひそかに招かれた行道は如意輪の秘法をもって遂に御足の痛みを取り去った。喜びの女帝は行道を重宝にし、忌憚のない言葉に耳を傾けた。政権を欲しいままにする太政大臣・藤原良勝(城健三朗)に反感を抱く左大臣・藤原清川(小沢栄太郎)、右大臣・藤原光成(稲葉義男)、大蔵卿犬養(島田竜三)らは、行道の勢力に力を得、良勝が金銭を私している事を行道に告げた。この事実を知った良勝は、女帝の耳に達するのを恐れ、行道に刺客をさしむけた。しかし行道の恐るべき法力は、体を貫く刃に一滴の血も流さなかった。追いつめられた良勝は、かねてから不平をかこつ市原の皇子(成田純一郎)と語らい反逆の兵を挙げた。法術で事を知った行道は、女帝を守るために永久に留まろうと決意、頭を剃り、見違えるような美僧の姿となり名を道鏡と改めた。道鏡の魔力と朝廷側の反撃が功を奏し、良勝の軍は敗走した。女帝の信任をあつくした道鏡は、権力に近づき、女人を愛し、僧の戒律を破った苦悩に悩みつづけた。新に大政大臣に藤原清川が、大政大臣禅師に道鏡が任じられた。女帝の愛寵を深くした道鏡は、天皇の位と同等の法王の位を与えられた。嫉妬に狂った清川は秘かに道鏡を狙った。折も折、女帝は病に犯され必死に如意輪の秘法を念じる道鏡の法力もむなしく、女帝は絶命した。なきながらにとりすがる道鏡の背後から、清川の放った刺客が襲った。かつては、刃も通じなかった道鏡の胸も、今や法力はなく女帝の手を握ったまま崩れた憎の姿があるのみだった。


小沢栄太郎                             城健三朗(若山富三郎)

題名:妖僧
監督:衣笠貞之助
企画:原田光夫
製作:永田雅一
原案:八尋不二
脚本:衣笠貞之助、相良準
撮影:今井ひろし
特撮:黒田義之、森田富士郎、美間博
照明:加藤博也
録音:大谷巖、加藤茂
音効:倉島暢
美術:柴田篤二
装置:山本佐一郎
衣装考証:上野芳生
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
製作主任:田辺満
助監督:黒田義之
スチール:小牧照
出演:市川雷蔵、藤由紀子、万里昌代、近藤美恵子、片岡彦三郎、小沢栄太郎、城健三朗(若山富三郎)、小林勝彦、小林勝彦、丹羽又三郎、中条静夫
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ118分35mmフィルム
妖僧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


妖僧

1 2 3 7