映画「雁」


「雁」若尾文子

若尾文子                              小沢栄太郎

今回は池広一夫監督1966年製作「雁」をピックアップする。
本作は、1953年に同じ大映で豊田四郎監督が高峰秀子さん主演で製作した森鶴外の原作「雁」のリメイクになる。若尾文子さんが実に美しい。


山本学                                山岡久乃

【ストリー】
口入屋おさん(武智豊子)はお玉(若尾文子)に妾になれとしきりに勧めていた。お玉には嫌なことだったが一度男に騙されて傷物になった身だし、貧乏暮しの父親善吉(伊井友三郎)に対する孝行かもしれないと思って承知した。旦那の末造(小沢栄太郎)は大きな呉服屋の主人で女房に死なれたから、お玉は本妻同様ということだった。末造は優しくしてくれたし、善吉の面倒もよくみてくれた。無緑坂に住むようになったお玉は幸せだと思うようになった。だが長くは続かなかった。商店では妾呼ばわりされて売ってもらえないし、末造の本妻(山岡久乃)は死んではいなかったのだ。善吉は、今の良い生活を捨てたくないので騙されたのに黙っていた。お玉は自分が暗い、惨めな日陰者だということをしみじみ感じるのだった。ぼんやりと外を眺めて暮す日が多くなった。ある日、毎日同じ時刻に無緑坂を通る学生が蛇に襲われたお玉の紅雀を助けてくれた。お玉は紅雀が自分のような気がした。岡田(山本学)というその学生に明るく広い世界へ紅雀のように救い出してもらいたかった。そんな期待と共に、お玉は岡田にほのかな想いをいだきはじめた。そして何とか小鳥のお礼をいい、自分の境遇を話したかったが機会はなかった。毎日無縁坂を通る岡田を見ているばかりだった。ある日、末造が商用で家に来ないとわかった。お玉は女中(姿美千子)を帰し、いそいそと食事の仕事をして、岡田が通るのを門の前で待っていた。だがその日の岡田は友だちを連れていた。二人の話しではドイツ留学が決まったらしい。お玉は声をかけることもできないほどがっかりしてしまった。岡田はお玉の切ない気持ちがわかったがどうしようもなかった。静かな夕暮れの無線坂を岡田は去っていった。その時、不忍池から一羽の雁が飛び立った。お玉はじっと立ちつくしていた。無縁坂で会った二人は、しょせん縁の無い人間だったのだ。


「雁」若尾文子

藤原礼子、若尾文子。姿美千子、水戸光子 小沢栄太郎、武智豊子、伊井友三郎、若尾文子

題名:雁
監督:池広一夫
企画:仲野和正
原作:森鴎外
脚本:成澤昌茂
撮影:宗川信夫
照明:田熊源太郎
録音:三枝康徐
美術:仲美喜雄
編集:中静達治
音楽:池野成
製作主任:林秀樹
助監督:岡崎明
スチール:柳沢英雄
出演:若尾文子、小沢栄太郎、山本学、姿美千子、山岡久乃、水戸光子、藤原礼子、伊井友三郎、井川比佐志、石黒三郎、武智豊子、篠田三郎(デビュー作)
1966年日本・大映/シネスコサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
雁(1966)-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山本学、若尾文子

映画「馬鹿まるだし」


ハナ肇                              桑野みゆき

今回は山田洋次監督1963年製作「馬鹿まるだし」をピックアップする。
本作は、”馬鹿シリーズ”の第一作であり、撮影の高羽哲夫氏のデビュー作、山田監督の喜劇初作品である。
1969年から山田監督と組んで”男はつらいよ”シリーズ全48作と続く。

1963年「馬鹿まるだし」共演:桑野みゆき
1964年「いいかげん馬鹿」共演:岩下志麻
1964年「馬鹿が戦車でやって来る」共演:岩下志麻


長門勇                             渥美清

【ストリー】
シベリヤ帰りの松本安五郎(ハナ肇)は、外地に抑留される和尚をもつ浄念寺にころがりこんだ。若くて美しい住職の妻の夏子(桑野みゆき)に安五郎は秘に恋慕していた。堂々たる風貌と腕ぷしの強さで安五郎は、早くも町の人気者となった。そのきっかけは、町の劇場に出演中の怪力スーパーマンを負かした事件が、町中に広まったからだ。以来、安五郎には乾分(犬塚弘)も出来、又一軒の家を構えて、町のボスとなった。インフレの波がこの瀬戸内海の小さな町にも押しよせて来た。町の工場にも労働争議が起きた。おだてられた安五郎は、赤木会長(小沢栄太郎)に面談し、工員の要求を貫撤させた。ただ夏子に一言ほめてもらいたい、それが安五郎の行動の全ての動機なのだ。英雄となった安五郎の日々も、町の勢力を革新派が握ったことから急変した。何となく冷くなった町の人達の眼、そして夏子との間が噂となり浄閑寺への出入り禁止と痛手は大きかった。がある日ダイナマイトを持った脱獄囚の三人組が辰巳屋の静子(清水まゆみ)を誘拐して裏山ににげた。この時人の口にのぼったのが、大力をもつ安五郎だ。人の好い安五郎は名誉挽回と裏山にゆき静子を救ったが、その足元でダイナマイトが爆発し、両眼を失った。それから2年後、唯一筋に愛しぬいた夏子の、再婚の花嫁姿を見守る、杖にすがった盲目の老人。あの気風のいい、安五郎の変り果てた姿が白木蓮の匂う浄念寺にあった。夏子の涙にぬれた眼が安五郎に優しくそそがれているのも知らぬまま……。


ハナ肇、犬塚弘

題名:馬鹿まるだし
監督:山田洋次
企画:市川喜一
製作:脇田茂
原作:藤原審爾「庭にひともと白木漣」
脚本:加藤泰、山田洋次
撮影:高羽哲夫
照明:戸井田康国
録音:松本隆司
調音:戸井田康国
美術:佐藤公信
装置:中島好男
装飾:鈴木八洲男
衣装:田口ワシエ
編集:浦岡敬一
音楽:山本直純
語り:植木等
現像:東京現像所
助監督:不破三雄
色彩計測:倉橋芳宏
撮影助手:青木澄夫
照明助手:内田嘉夫
録音助手:鈴木正男
製作進行:末松昭太郎
スチール:梶本一三
出演:ハナ肇、桑野みゆき、犬塚弘、桜井センリ、安田伸、石橋エータロー、長門勇、三井弘次、花澤徳衛、小沢栄太郎、渥美清、藤山寛美、高橋とよ、清水まゆみ、植木等(ノンクレジット)
1963年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
馬鹿まるだし -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石橋エータロー、桑野みゆき                   植木等

映画「疑惑」


岩下志麻                                 桃井かおり

今回は野村芳太郎監督1982年製作「疑惑」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の同名小説の映画化で作者自身が脚色し、1978年に設立した自らの制作会社である霧プロダクションで作り上げた。本作において野村芳太郎監督が考えたラストは、ヒロインが最後救われるところで終わり。しかし清張はハッピーエンドの後にどんでん返しを用意すべきと主張し衝撃の結末が生まれたそうだ。

「原作をひと度映画会社やテレビ局に渡してしまえば、養子にやってしまうのと同じで、養家先でどのように扱われようと口出しすることはできない」松本清張映像の世界-霧にかけた夢-より


鹿賀丈史                              柄本明

【ストリー】
富山県新港湾埠頭で車が海中に転落、乗っていた地元の財閥、白河福太郎は死亡したが、後妻の球磨子はかすり傷ひとつ負わなかった。しかも、球磨子は過去に情夫と共謀して数数の犯罪を起こしていたことが判明。彼女は夫に三億円の保険金をかけており、この事故も、泳げない福太郎を殺すための擬装ではないかと誰もが疑った。北陸日日新聞の秋谷が積極的に報道を始めた。物的証拠がないまま球磨子は逮捕された。強気の球磨子は弁護士の原山を通じて、東京の花形弁護士、岡村に弁護を依頼するが、彼女の不利な立場に拒否され、原山も健康を理由に辞退。そして、女弁護士の佐原律子が国選弁護人として選ばれた。球磨子は同性でありながら自分とは違いすぎる立場にいる律子に反感を待った。律子も同じ気持だったが、ふとした偶然の事故から福太郎が自殺を企みようとしたことをつきとめた。球磨子は無罪となるが保険金は手に入らなかった。律子は真実をつきとめたが、球磨子を許すことは出来なかった。


仲谷昇                              小林稔侍

題名:疑惑
監督:野村芳太郎
製作:野村芳太郎、杉崎重美
原作:松本清張
脚本:野村芳太郎、松本清張、古田求
撮影:川又昂
照明:小林松太郎
録音:原田真一
調音:松本隆司
美術:森田郷平
装置:川添善治
装飾:磯崎昇
スタイリスト:矢野悦子
衣装:松竹衣装
美粧:八木かつら、馬場利弘
水中撮影:西山東男
編集:太田和夫
音楽:芥川也寸志、毛利蔵人
現像:東洋現像所
製作主任:福山正幸
製作進行:小松譲
監督助手:松原信吾
スチール:金田正
出演:岩下志麻、桃井かおり、鹿賀丈史、柄本明、小林稔侍、真野響子、森田健作、仲谷昇、小沢栄太郎、松村達雄、三木のり平、北林谷栄、伊藤孝雄、内藤武敏、名古屋章、河原崎次郎、丹波哲郎、山田五十鈴
1982年日本・霧プロダクション+松竹/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
疑惑 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


桃井かおり、岩下志麻

1 2 3 8