映画「渡世人列伝」


鶴田浩二                        高倉健

今回は小沢茂弘監督1969年製作「渡世人列伝」をピックアップする。
プログラムピクチャーの一作である本作は、東映任侠映画の飽和状態を打破する様な豪華配役と一捻りあるストリーに製作姿勢と当時の熱気を感じる作品である。


藤純子                                   池部良

若山富三郎                              水野久美

【ストリー】
大正末期。浅草三社一家の三田政之助(内田朝雄)は、何者かに闇討ちされた。犯人は、背中に大蛇の刺青を彫った渡世人だという。三田の兄弟分、十勝重蔵(遠藤辰雄)の後押しで、若者頭の菊野仙三(大木実)が二代目を継いだ。そんな折、出所した三社一家の代貸稲垣長吉(鶴田浩二)は跡目を辞退する仙三を説き伏せ犯人を探しに旅に出た。長吉に心を寄せる芸者清香(藤純子)も、長吉の決意を知って悲しい運命に泣いた。清香から、料亭の女中芳江(水野久美)が、大蛇の刺青を彫った渡世人の亭主に身請けされ、郡山に行ったと聞いた長吉は、二人の後を追った。郡山の甲田一家に草鞋を脱いだ長吉は、大蛇の刺青の佃銀次郎(高倉健)に出会い、決闘を挑んだが、人違いだった。長吉は銀次郎から、5年前に別れた大蛇丸と異名をとる兄弟分・丸岡勇次(池部良)が同じ刺青をしている事を聞き、彼に詫びると再び旅に出た。そして、大蛇丸らしい男が女づれで硫黄鉱山に向ったと聞き、道中知合った飛っちょの三次(小池朝雄)と共に鉱山に潜り込んだ。大蛇丸夫妻は、鉱山を仕切る豪楽寺竜吉(天津敏)にかくまわれていた。病のため痩せ衰えた勇次は、自ら長吉に討たれようとしたが、命乞いする芳江に長吉の決意も鈍った。やがて、勇次が豪楽寺の子分を斬り、芳江と脱出した。長吉も、二人を助け、一緒に甲田一家にかくまわれた。豪楽寺一家の追求は厳しく、危いところを鉄次郎に救われた。勇次は長吉らにみとられて息を引き取った。勇次は、一宿一飯の義理から重蔵に命じられて政之助を斬った事が判明。重蔵は浅草のシマを掌中に収めようと政之助殺しを企んだのだった。長吉と銀次郎は東京に戻り、豪楽寺の知らせで待ち受ける十勝一家に乗り込んだ。怒り狂う二人は、子分たちをけ散らし、重蔵、豪楽寺を血祭りに上げた。


小池朝雄、鶴田浩二

題名:渡世人列伝
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、橋本慶一
原案:斯波道男
脚本:志村正浩、鳥居元宏
撮影:吉田貞次
照明:増田悦章
録音:荒川輝彦
美術:鈴木孝俊
装置:吉岡茂一
装飾:宮川俊夫
美粧:佐藤宇之助
結髪:白鳥里子
衣装:岩逧保
技斗:谷明憲
記録:塚越恵江
編集:堀池幸三
音楽:津島利章 主題歌:鶴田浩二「無情のブルース」
製作主任:西村哲勇
助監督:清水彰
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
スチール:杉本昭三
出演:鶴田浩二、高倉健、若山富三郎、藤純子(富司純子)、池部良、水野久美、木暮実千代、大木実、遠藤辰雄、名和宏、小池朝雄、天津敏、川谷拓三、志賀勝
1969年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
渡世人列伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡世人列伝

渡世人列伝                                                         遠藤辰雄

映画「日本女侠伝 激斗ひめゆり岬」


「日本女侠伝 激斗ひめゆり岬」

藤純子、菅原文太                    待田京介

今回は小沢茂弘監督1971年製作「日本女侠伝 激斗ひめゆり岬」をピックアップする。
シリーズ第5作、最終作である本作は、沖縄がアメリカから返還される1年前に撮影された。アメリカの占領統治下にあった沖縄で撮影された作品は、石井輝男監督1966年製作の「網走番外地 南国の対決」があるが、本作の方が沖縄の歴史を絡めようとしている内容だった。また「緋牡丹博徒シリーズ」や「女渡世人」といった当時の藤純子さんのイメージを一新したキャラクターで新たな魅力が引き出されている。


天津敏                     水島道太郎、藤純子

【ストリー】
与那嶺ゆり(藤純子)は、戦死した両親の意志をつぎ、運送会社を経営していた。ある夜、暴力団岩松組にからかわれていた花売娘を助けたことから、ゆりの母親の郷里新城集落の悲惨な現状を知る。しかし、集落をたて直すためには岩松組のルートを通さねばならない。だが岩松組はスクラップの中に日本軍の九六式榴弾が混っていることを知ると横取りを計画した。そんな時東京の中上組々長中上鉄(菅原文太)が岩松組の客分として迎えられたが、岩松の卑劣な手段に反撥していつしかゆりの作業に協力をするようになった。一方、ゆり、中上殺害に失敗した岩松は、中上がパスポート偽造入国であることをMPに密告し、再び新城集落を襲い厳重な強制労働を強いた。中上は、東京から迎えにやってきた子分の秀(南利明)に東京へは戻らぬ決意を告げ、ドスをふところに単身新城集落へ向う。秀から一部始終を聞いたゆりは、社員の当間(水島道太郎)をつれ、中上の後を追う。新城集落では岩松組との凄惨な死闘が展開する。当間の犠牲でバリケードを突破した二人は死にもの狂いで岩松を追いつめ、刺した。米軍憲兵隊に連行された二人だが、事件の一切の罪を被った中上はMPによって銃殺された。かなしみにうちしおれたゆりは、沖縄の別れの曲“花風”を愛をこめて無心に舞いつづけた。


水島道太郎、藤純子              日本女侠伝 激斗ひめゆり岬

題名:日本女侠伝 激斗ひめゆり岬
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:笠原和夫
撮影:吉田貞次
照明:増田悦章
録音:溝口正義
美術:鈴木孝俊
装置:近藤幸一
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:森譲
技斗:上野隆三
空手指導:民峯将真
方言指導:比嘉清子
記録:牧野淑子
編集:宮本信太郎
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:上田正直
助監督:篠塚正秀
スチール:木村武司
出演:藤純子(富司純子)、菅原文太、大木実、待田京介、水島道太郎、天津敏、南利明、北村英三、潮健児
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
日本女侠伝 激斗ひめゆり岬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「日本女侠伝 激斗ひめゆり岬」藤純子

日本女侠伝 激斗ひめゆり岬

日本女侠伝 激斗ひめゆり岬

日本女侠伝 激斗ひめゆり岬

映画「女渡世人」



藤純子                        鶴田浩二

今回は小沢茂弘監督1971年製作「女渡世人」をピックアップする。
緋牡丹博徒シリーズ」に続く新シリーズとして製作された本作は、渡世の女博徒としての違いはない。作品を観ると東映任侠映画として趣向を変えたい様だが、藤純子さんのイメージをファンに応えると、この様な脚本になるのだろう。その意味で期待を裏切らない作品である。


鶴田浩二、藤純子                  木暮実千代

【ストリー】
時は大正の終り信州。生き別れの母を探し求めながら渡世修業の旅を続ける妻恋いお駒(藤純子)は、渡世の義理で大薮組親分(堀正夫)を斬ってしまった。やがて小諸十六島一家の賭場に足を踏み入れたお駒は、そこで幼ない娘お夏(斎藤浩子)を連れた流れ者筑波常治(鶴田浩二)と知りあった。賭場を出たお駒は、後を追ってきた大薮一家の男たちに襲われ、その窮地を常治に救われた。常治がわらじをぬいだ十六島一家と、野沢一家のでいりはその夜のことであった。一宿一飯の義理のために死を覚悟した常治は、長野から三里ほど入った山の中にある鹿教井温泉の猿渡屋の祖父母のもとに、お夏を届けてほしいとお駒に頼んだ。鹿教井温泉の湯元の利権は、昔から猿渡屋、鹿の湯、鳴沢屋の三軒の旅館が握っていたが、今、2年後の鉄道開通に目をつけた博徒石渡組によって鳴沢屋は乗っとられ、残った旅館にも圧力が加えられていた。石渡組の魔手はお夏にも伸び、人質になったお夏を救うためお駒は単身石渡組に乗りこんでいった。無事お夏を救いだしたものの、お駒の後を追ってきて石渡に身をよせた大薮一家の身内のために、猿渡屋は焼かれ、善兵衛(北村英三)らは斬られてしまった。お駒は、急を聞いて駆けつけた常治と、喧嘩支度に身を整え石渡組に殴りこんでいった。二人のドスと拳銃は石渡(遠藤辰雄)を倒したが、ひそんでいた子分の放った銃弾が常治の胸を貫いた。


木暮実千代、藤純子                  鶴田浩二

題名:女渡世人
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:本田達男
撮影:古谷伸
照明:増田悦章
録音:野津裕男
美術:井川徳道
装置:温井弘司
装飾:清水悦夫
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安孝司
技斗:上野隆三
記録:田中美佐江
編集:堀池幸三
音楽:渡辺岳夫
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:福井良春
助監督:篠塚正秀
スチール:木村武司
出演:藤純子(富司純子)、鶴田浩二、木暮実千代、遠藤辰雄、芦屋雁之助、水森亜土、正司玲児、正司敏江、汐路章、川谷拓三、白木みのる、斎藤浩子
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
女渡世人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤純子、鶴田浩二                    藤純子

1 2