映画「ビッグ・マグナム黒岩先生」


横山やすし                       西川のりお

今回は山口和彦監督1985年製作「ビッグ・マグナム黒岩先生」をピックアップする。
本作は、「唐獅子株式会社」に続く伝説の天才漫才師横山やすしさん主演第二弾である。新田たつお氏原作漫画をバイオレンス描写が中心からコメディ仕立てのストーリーに脚色し映画化したものだ。「私は文部省から銃の所持を許可されている」と言ってマグナム拳銃を振り廻す主人公で分かる様に、徹底したハチャメチャぶりが、多彩なキャスティングと併せておもしろい。


白都真理                        渡辺裕之

【ストリー】
荒廃のきわみに達した仁義泣学園では、ツッパリどもによる暴力、強姦、破壊が日常茶飯事である。そんななかで、教師達は無気力で事なかれ主義になっていた。ある日、全く対称的な二人の教師が赴任してきた。一人は度の強い眼鏡をかけた冴えない風貌の中年男、黒岩鉄夫(横山やすし)、もう一人は派手なFBIスタイルで、やたらと拳銃をちらつかせる巨大漢、樺沢征一(西川のりお)である。樺沢は拳銃の早撃ちで生徒を威嚇しながらブロークン・イングリッシュを教えるが、拳銃がモデルガンであることがバレて、ツッパリどもに吊し上げを喰う。一方、黒岩は真正面から彼らにぶつかっていく。樺沢がボロを出してから恐いものなしのツッパリどもに、学園はパニック状態になる。そこに黒岩がビッグ・マグナム44を手に現われた。火を吐く拳銃に、ツッパリどもは度胆をぬかれ、逃げて行った。しかし、危機一発を助けられた体育教師、榊原波子(白都真理)は、黒岩の教育方針に批判的だった。ツッパリどもにつけ狙われるたび、マグナムで撃退する黒岩を、見かねて堤校長(長門勇)が止めようとする。黒岩は“文”の印がある黒い手帳をとり出した。彼は文部省直属特別第一指導教育課に属しており、超法規措置による銃の所持を認められていたのだ。学園は平和に戻ったが、まもなく、長欠していた問題児、霧原遼一郎(山下規介)が登校して来た。霧原の挑戦を受けて立つ黒岩。その日帰宅した彼を部屋で待っていたのは、スケバンの川崎アケミ(武田久美子)だった。思いもよらぬアケミの色仕掛けの攻勢にひるむ際に黒岩は銃を奪われてしまう。翌日、黒岩は波子の忠告を無視して、霧原たち魔走連合のアジト、ダーティ・ヒーローに単身乗り込んでいった。話し合おうとする彼を出迎えたのは、霧原の考案した電気ショックの拷問であった。学園には戒厳令がひかれ、校長以下教師全員が連行された。棺に入った黒岩を見て蒼白になった教師達も、処刑のために次々と校舎の壁に吊り下げられていく。校庭に穴が掘られ黒岩の棺に土がもられた。その時、突然の轟音とともに棺を埋めた地中から火柱が立った。砂塵の中から現われたのは、マグナム44を手にした黒岩だった。


西川のりお、長門勇、南利明               ベンガル

題名:ビッグ・マグナム黒岩先生
監督:山口和彦
企画:天尾完次
製作:佐藤和之、木村政雄
原作:新田たつお「ビッグ・マグナム黒岩先生」
脚本:掛札昌裕、笠井和弘
撮影:飯村雅彦
照明:山口利雄
録音:柿沼紀彦
音効:原尚
美術:今村力
装置:開米慶四郎
装飾:若松孝一
背景:植田義明
美粧:武藤佳子
美容:木村美智代
衣裳:大久保冨美男
擬斗:車邦秀 (若駒)
記録:浅附明子
編集:飯塚勝
音楽:矢野立美 主題歌:陣内孝則「悲しき狙撃者(スナイパー)」
現像:東映化学
製作主任:酒井喬ニ
製作調整:山田光男
助監督:新井清
演技事務:小越浩造
宣伝担当:茂木俊之、山本八州男
カー・スタント:高橋政生 (高橋レーシング・チーム)
ガン・アドバイザー:てっぽう屋 協力:コクサイ
音楽プロデューサー:高桑忠男 音楽事務:新井明美
スチール:加藤輝男
出演:横山やすし、西川のりお、白都真理、渡辺裕之、武田久美子、長門勇、南利明、ベンガル、山下規介、朝比奈順子、志麻いづみ、南利明、三谷昇、伊東四朗、高田純次、島田紳助、松本竜介、木村一八、斉藤ゆう子、たこ八郎、陣内孝則、チャンバラトリオ
1985年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
ビッグ・マグナム黒岩先生 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


島田紳助                 横山やすし、木村一八(横山やすしの息子)

たこ八郎                   ビッグ・マグナム黒岩先生

高田純次                         横山やすし

山下規介、武田久美子             ビッグ・マグナム黒岩先生

映画「ずべ公番長 東京流れ者」


「ずべ公番長 東京流れ者」大信田礼子

大信田礼子                                渡瀬恒彦

今回は山口和彦監督1970年製作「ずべ公番長 東京流れ者」をピックアップする。
本作は「ずべ公番長 夢は夜ひらく」に続く、シリーズ第2作になる。1971年までに4作品が大信田礼子さん主演で制作された。
内容は前作の方が良かった様に思う。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
以上の4本が山口和彦監督、大信田礼子さん主演で作られた”お色気アクション”ものだ。


「ずべ公番長 東京流れ者」大信田礼子

人見明                                   宮城千賀子

【ストリー】
2年前、新宿で大暴れして赤城学園に逆もどりした影山リカ(大信田礼子)は出所して、真面目に生活しようと小さな町工場で働いていたが、ミスが多すぎてクビにされてしまった。古巣新宿に戻ったリカは学園の大先輩、ガセ寅一家の女親分お蘭(宮城千賀子)の身内になった。そこで学園を出所して間のないマリ(賀川雪絵)、長子(橘ますみ)、ツナオ(左とん平)らに再会する。一方新興ヤクザでキャバレー・ブラックジャックの社長黒江(南原宏治)は、錦糸町を縄張りとする錦元組をバックに、ガセ寅一家の金看板の横取りをたくらんでいた。秋の神農祭が終った日、一人先祖の墓に参るお蘭に黒江の魔手がのび、お蘭は斬殺されてしまう。この知らせを聞いたリカ、長子、マリらはネオンの消えた新宿を、ブラックジャックへと殴り込んでいった。


南原宏治                                    集三枝子

題名:ずべ公番長 東京流れ者
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:宮下教雄、山口和彦
撮影:中島芳男
照明:元持秀雄
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:根上徳一
装飾:上原光男
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:津島利章 主題歌:大信田礼子「東京流れ者」
現像:東映化学
進行主任:志村一治
助監督:深町秀煕
スチール:藤井善男
出演:大信田礼子、渡瀬恒彦、人見明、宮城千賀子、南原宏治、橘ますみ、集三枝子、賀川雪絵、南利明、南利明、上田吉二郎、由利徹、佐々木梨里、六本木はるみ、左とん平、藤山浩二、佐藤晟也、東八郎(トリオ・スカイライン)、小島三児(トリオ・スカイライン)、原田健二(トリオ・スカイライン)、沖田俊一、山田禅二、見明凡太朗、白石恵美子、児島春美、章文栄、堀としみ、土山登志幸、小林稔侍、円山理映子、久地明、織田暁子、鈴木暁子、須賀良
1970年日本・東映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
ずべ公番長 東京流れ者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ずべ公番長 東京流れ者

映画「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない」


大信田礼子                      賀川雪絵

今回は山口和彦監督1971年製作「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない」をピックアップする。
本作は、大ヒットした北原ミレイさんの「ざんげの値打ちもない」を主題曲に、大信田礼子さん演じる影山リカが暴れる女番長”シリーズ第4作で最終作になる。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
以上の4本が山口和彦監督、大信田礼子さん主演で作られた”お色気アクション”ものだ。


伴淳三郎                     渡瀬恒彦、中谷一郎

【ストリー】
一年振りで赤城学園から出所したリカ(大信田礼子)は、新宿に戻ってきた。リカは、赤城学園で知りあったみどり(片山由美子)の父村木(伴淳三郎)が経営する自動車修理工場で働くことになった。村木は、みどりと同棲している不良学生浜田(滝俊介)の借金のために、村木の土地と工場乗っ取りを狙う暴力団大矢組から迫害を受けていに。一方、アルサロで働く長子(橘ますみ)、センミツ(集三枝子)、ツナオ(左とん平)や、ラーメン屋で働くおゆき(市地洋子)ら昔の仲間と再会したりカは、マリの消息も知った。マリ(賀川雪絵)は、大矢組の客分だった夫圭一(中谷一郎)が病気になり冷たくあしらわれたためにヌード・スタジオで働いているという。一方、大矢(金子信雄)は、浜田に博奕の借金を背負わせ、その金を村木から出させるように仕向けた。村木の留守に家に忍びこんで、金を持ち出そうとしたみどりをとがめたのはリカだった。浜田の借金の取り立てに失敗した大矢は、みどりを人質にして、土地の権利書との交換を要求してきたが、かって、ヤッパの鉄と異名をとった村木は、単身大矢組に乗り込み、みどりを救出した。だが、大矢も黙ってはいなかった。大矢は、足を洗いたいと申し出た圭一に最後の仕事を命じた。マリのために、故郷に帰って出なおそうと考えていた圭一は、目先の金に目がくらみ村木を刺したが、その圭一も、大矢のために殺された。勘忍袋の緒が切れたリカとみどり、マリ、長子、センミツたちは、圭一の弟竜二(渡瀬恒彦)と大矢組のビルに殴り込んだ。


たこ八郎、大信田礼子             大信田礼子、集三枝子、笠置シヅ子

題名:ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:宮下教雄、山口和彦
撮影:仲沢半次郎
照明:元持秀雄
録音:長井修堂
美術:藤田博
装置:吉田喜義
装飾:酒井喬ニ
擬斗:日尾孝司
記録:宮本依子
編集:長沢嘉樹
音楽:津島利章 主題歌:北原ミレイ「ざんげの値打ちもない」
現像:東映化学
製作主任:東一盛
助監督:深町秀煕
スチール:藤井善男
出演:大信田礼子、橘ますみ、賀川雪絵、片山由美子、集三枝子、市地洋子、伴淳三郎、左とん平、中谷一郎、渡瀬恒彦、金子信雄、南利明、滝俊介、たこ八郎、笠置シヅ子、大泉滉、北原ミレイ
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
ずべ公番長 ざんげの値打ちもない -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


左とん平                       片山由美子

ずべ公番長 ざんげの値打ちもない           北原ミレイ

ずべ公番長 ざんげの値打ちもない

1 2 3