映画「仁義の墓場」


「仁義の墓場」多岐川祐美

渡哲也                      渡哲也、多岐川祐美

今回は深作欣二監督1975年製作「仁義の墓場」をピックアップする。
本作は、日活アクションスターとして活躍した渡哲也さんの東映初主演作品になる。
内容は、戦後の混乱期、暴力と抗争に明け暮れる新宿周辺を舞台に強烈に生き、そして散った石川力夫(実在の人物)を描いたもので、他の任侠作品とは明らかに違う。クランクインが1975年1月からの寒い時期で、病み上がりの渡哲也さんは、体調が悪化し後半は点滴を打ちながら約3週間で撮影を終えたそうだ。


芹明香、渡哲也                    仁義の墓場

ハナ肇                        成田三樹夫

【ストリー】
昭和21年。新宿には、テキ屋系の四つの組織が縄張りを分けあっていた。石川力夫(渡哲也)の所属する河田組は、経営の才にたけた河田修造(ハナ肇)を組長に、組員300名を数え、野津組に次ぐ勢力を誇っていた。兄弟分の今井幸三郎(梅宮辰夫)、杉浦(郷英治)、田村(山城新伍)らを伴った石川は、中野の愚連隊“山東会”の賭場を襲い金を奪った。山東会の追手から逃がれ、忍び込んだ家で、石川は留守番をしていた娘、地恵子(多岐川裕美)を衝動的に犯した。この事件をきっかけに、山東会と石川たちの抗争が起こり、石川らが山東会を壊滅させ、同時期に今井組が誕生した。粗野で兇暴な石川に手を焼く河田は、最近、縄張りを荒らす、池袋親和会の血桜の政こと、青木政次(今井健二)を消すように示唆した。石川は、政の情婦夏子(衣麻遼子)を強姦し、駈けつけた政の顔をビール瓶でめった突きにした。政の報復のために、続々と親和会の兵隊が新宿に進出して来た。だがこの抗争は、野津組々長の仲介で大事には致らなかった。それから間もなく、杉浦が野津組の幹部・岡部の妹と結婚した事で野津の盃を受けた。一方、相変らず無鉄砲な石川は、野津に借金を断わられたために、その腹いせに野津の自家用車に火をつけた。岡部は杉浦に石川殺しを命じるが、杉浦は失敗。その夜以来、杉浦とその女房は東京から消えた。この一件で河田は石川に猛烈な制裁を加えたが、逆上した石川は河田を刺してしまった。一時は今井の許に身を隠した石川だが、今では石川の女房になっている地恵子が彼の身を案じ警察に報せたために、石川は逮捕され、1年8:ケ月の刑を受けた……。出所した石川は、河田組から10年間の関東所払いになっているため大阪へ流れた。そして1年後。ペイ患者となり一段と凄みの増した石川が、今井組の賭場に現われた。だが、石川は、一番信頼していた兄弟分の今井からも説教され、狂ったように今井を撃ち殺した。一匹狼となった石川は、自殺を企るが死に切れず、警察病院で治療を受けた後、殺人及び殺人未遂で10年の刑に服した。昭和26年1月29日、地恵子が自殺した。それは胸部疾患の悪化した石川が病気治療のため仮出獄する3日前の事だった。地恵子の骨壷をぶら下げ、骨をかじりながら歩く石川の姿は、まるで死神のようだった。そして神野(前川哲男)、松岡(室田日出男)、河田の邸にまで出向き金をせびり取った石川は、その金で自分の墓を建てた。昭和29年1月29日、石川力夫は府中刑務所において、29歳の短い一生を自らの手で終えた。その日は奇しくも、亡き妻・地恵子の三回忌でもあった。


梅宮辰夫                        田中邦衛

題名:仁義の墓場
監督:深作欣二
企画:吉田達
原作:藤田五郎「関東やくざ者」
脚本:鴨井達比古、松田寛夫、神場史男
撮影:仲沢半次郎
照明:大野忠三郎
録音:小松忠之
美術:桑名忠之
装置:小早川一
装飾:米沢一弘
美粧:入江荘二
美容:石川靖江
衣装:長谷稔
擬斗:日尾孝司
記録:山内康代
編集:田中修
音楽:津島利章
現像:東映化学
進行主任:東一盛
演技事務:石川通生
助監督:小平透
スチール:加藤光男
出演:渡哲也、多岐川祐美、芹明香、池玲子、梅宮辰夫、郷鍈治、山城新伍、ハナ肇、室田日出男、田中邦衛、成田三樹夫、曽根晴美、安藤昇、今井健二、衣麻遼子、前川哲男
スタント:春田純一
1975年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
仁義の墓場 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


室田日出男、曽根晴美                  安藤昇

渡哲也                   スタント:春田純一 (15メートルのダイビング)

映画「不良番長 骨までしゃぶれ」


梅宮辰夫                         藤竜也

ひし美ゆり子                      太田美鈴

今回は野田幸男監督1972年製作「不良番長 骨までしゃぶれ」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第16弾で最終作になる。
不良番長シリーズは、梅宮辰夫=神坂弘をリーダーにした不良バイカー集団(カポネ団)の活躍を描くエロコメディ・アクションであり、1968年の第1作「不良番長」から1972年の本作まで全16作も作られた人気シリーズである。
この16作というのは、東映のシリーズものでは最長だという。


【追記・訃報】
映画「仁義なき戦い」シリーズなどで知られる俳優の梅宮辰夫さんが2019年12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で亡くなった。享年81。死因は慢性腎不全だった。

梅宮辰夫さんが言い残したこと

芸能界というのは「大衆から常に憧れる世界でならなければならない」というのが持論だった梅宮さんにとって〝平成〟という時代の芸能界は歯がゆさだけが残った。「もう〝令和〟の芸能界なんかには期待していない。俺のいた芸能界からは、もっともっと距離が離れていくだろうな」 さらに「今さら懐かしむわけじゃないけどね」としながらも「今とは比べられないほど個性的で、しかも格好のいい素敵な映画スターが多かった。そんな時代のことを語ると古いって言われるかもしれないけど、これは、やっぱり映画からテレビの時代になっちゃったのかもしれないね。ほとんどの俳優というか芸能人が、それこそテレビCMのために存在しているようになっちゃったってことだよ。みんな商品の宣伝のために出ている…それこそ薬品とか化粧品とかね、もちろん、それが悪いって言っているわけじゃないけど、宣伝ばかりやっているような、そんな連中がゴロゴロしてきちゃってね、本当、つまらない世界になっちゃったってことなんだよ、そうとは思わないか?」


山城新伍                       鈴木やすし 
【ストリー】
暴力団大東睦会会長・大竹(渡辺文雄)の妾の人気タレントを恐喝して、仲間のリーチ(車英二)を殺されたカポネ団・リーダーの神坂(梅宮辰夫)、キック(安岡力也)、ロック(久保浩)、サック(鈴木ヤスシ)はリーチの供養と組織への仕返しに、天草五郎(山城新伍)からの情報により見事3億円のダイヤモンド横領に成功した。ところがこのダイヤを狙って大東睦は勿論、ビーバー(黄錦英)、バンビ(藤山律子)、お蝶(ベラ・シムス)の女番長三人娘と、謎の女奈美(太田美鈴)に追われる破目となった。カポネ団は九州に逃亡。五郎の旧友で熊本に住むダイヤ細工師の鉄男(藤竜也)に、ダイヤを売り裁くべく交渉するが断われてしまった。一方、大東睦会は、大竹自ら熊本に乗り込み、兵隊を大増員してきた。カポネ団の窮地を救ったのは、以前知り合ったバスガイド・月子(ひし美ゆり子)の父で槍術の名人・太郎左衛門(由利徹)であった。月子は鉄男の恋人で、神坂たちを天草へと逃がせてくれた。しかし、何処へ行っても神坂たちの前に現われる奈美を不信に思った神坂は、奈美を腕力で白状させようとしたが、逆に柔道で投げ飛ばされてしまった。やがて、神坂たちは大東睦会の捜査網にひっかかり、ダイヤを強奪され海岸に逆さ十字に処されてしまった。ところが、彼らを助けたのが思いがけなくも奈美であった。このまま引き下がるわけにはいかない。阿蘇のハイウェイで大竹たちをとらえた神坂たちはオートバイを突走らせ、ダイヤを再び手中に入れた。逃げるカポネ団。追う大東睦会。オートバイからロープウェーに飛び移り、そして阿蘇山頂へとなだれ込む激しい追跡戦が展開されるうちに、サック、ロック、キックが倒れていった。悪戦苦闘の末、噴火口にたどりついた神坂、五郎を待っていたのは大勢の部下を従えた婦警姿の奈美だった……。


黄錦英、藤山律子、ベラ・シムス           渡辺文雄

題名:不良番長 骨までしゃぶれ
監督:野田幸男
企画:吉田達
脚本:山本英明、松本功
撮影:山沢義一
照明:川崎保之丞
録音:長井修堂
美術:藤田博
装置:小早川一
装飾:佐藤善昭
美粧:入江荘ニ
美容:石川靖江
衣裳:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:祖田富美夫
音楽:八木正生
現像:東映化学
フィルム:富士フィルム
進行主任:入葉一男
助監督:福湯通夫
演技事務:石原啓二
スチール:加藤光男
出演:梅宮辰夫、藤竜也 、ひし美ゆり子 、太田美鈴、山城新伍、安岡力也 、久保浩、鈴木やすし、渡辺文雄、八名信夫 、由利徹 、黄錦英、藤山律子、ベラ・シムス、小林千枝、大泉滉 、丹下キヨ子、団巌、車英二
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
不良番長 骨までしゃぶれ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


梅宮辰夫                      安岡力也

映画「不良番長 一網打尽」


梅宮辰夫                         藤竜也

今回は野田幸男監督1972年製作「不良番長 一網打尽」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第15弾になる。
脱ぎっぷりの良さを見せてくれた私の好きな女優 “ひし美ゆり子”さんは、1972年に東宝との専属契約が切れ、引退するつもりだったが、本作の吉田達プロデューサーからオファーを受けた。
同時期にATGで、新藤兼人監督が撮る谷崎潤一郎原作「讃歌」の主役オファーもあったそうだが、東映製作陣に脅されてこちらに出演したそうだ。


【追記・訃報】
映画「仁義なき戦い」シリーズなどで知られる俳優の梅宮辰夫さんが2019年12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で亡くなった。享年81。死因は慢性腎不全だった。

梅宮辰夫さんが言い残したこと

芸能界というのは「大衆から常に憧れる世界でならなければならない」というのが持論だった梅宮さんにとって〝平成〟という時代の芸能界は歯がゆさだけが残った。「もう〝令和〟の芸能界なんかには期待していない。俺のいた芸能界からは、もっともっと距離が離れていくだろうな」 さらに「今さら懐かしむわけじゃないけどね」としながらも「今とは比べられないほど個性的で、しかも格好のいい素敵な映画スターが多かった。そんな時代のことを語ると古いって言われるかもしれないけど、これは、やっぱり映画からテレビの時代になっちゃったのかもしれないね。ほとんどの俳優というか芸能人が、それこそテレビCMのために存在しているようになっちゃったってことだよ。みんな商品の宣伝のために出ている…それこそ薬品とか化粧品とかね、もちろん、それが悪いって言っているわけじゃないけど、宣伝ばかりやっているような、そんな連中がゴロゴロしてきちゃってね、本当、つまらない世界になっちゃったってことなんだよ、そうとは思わないか?」


「不良番長 一網打尽」ひし美ゆり子

「不良番長 一網打尽」山城新伍

ひし美ゆり子                      真理アンヌ
【ストリー】
一匹狼の神坂弘(梅宮辰夫)にとって生まれ育った新宿を我もの顔縄張りを張る暴力団、大東共友会の存在を認めることはできなかった。そこで神坂は、アパッチ(安岡力也)、シック(久保浩)、ジャブ(鈴木ヤスシ)等グレン隊とカポネ団を結成、自らリーダーとなって共友会と対抗することにした。グループの初仕事として故買品を隠してある倉庫へ警察官に扮して襲い、なんなく盗品を押収してしまった。数日後、神坂たちが豪遊していたキャバレーが突然火事となり、大騒動。そしてそのキャバレーのマネージャー、五郎(山城新伍)と知り合う。この五郎という男、ガメツさにかけては神坂をも舌をまくほどで、焼け残ったツケ伝票を利用して次々と金を賭いでいった。そんな時、神坂と刑務所仲間だった力石(藤竜也)がカポネ団の前に現われた。共友会の幹部である力石は、出所後には共友会々長の大滝にけむたがられていた。神坂は力石の態度から殺しの命を受けていることを察知したが、力石は自分を裏切った共友会に抵抗するかのように神坂を屁い、自ら組員の銃弾を浴びて倒れた、そして、神坂に共友会の麻薬の取り引き場所を口走って息を引き取った。散々痛めつけられた共友会への仕返しにカポネ団は沸き立った。翌日、神坂以下、八人のカポネ団は、オートバイに乗り、揃いのライダールックに身を固めてライフル、マシンガン、ダイナマイトを携えて立ち向って行った。


室田日出男、八名信夫                 安岡力也

梅宮辰夫                       福富太郎

題名:不良番長 一網打尽
監督:野田幸男
企画:吉田達
脚本:松本功、山本英明
撮影:山沢義一
照明:川崎保之丞
録音:小松忠之
美術:北川弘
装置:小早川一
装飾:佐藤善昭
美粧:住吉良倉
美容:宮島孝子
衣裳:宮下貞子 衣装デザイン:安斉慶子
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:八木正生 挿入歌:梅宮辰夫「ウッシッシッ節」
現像:東映化学
進行主任:松本可則
演技事務:石原啓二
助監督:小平裕
スチール:藤井善男
出演:梅宮辰夫、藤竜也、ひし美ゆり子、真理アンヌ、山城新伍、安岡力也、久保浩、鈴木やすし、室田日出男、堀田真三、八名信夫、内田朝雄、京唄子、鳳啓助、大泉滉、由利徹、福富太郎、渡瀬恒彦
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
不良番長 一網打尽 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ひし美ゆり子                    不良番長 一網打尽

1 2 3 14