映画「雁」


「雁」若尾文子

若尾文子                              小沢栄太郎

今回は池広一夫監督1966年製作「雁」をピックアップする。
本作は、1953年に同じ大映で豊田四郎監督が高峰秀子さん主演で製作した森鶴外の原作「雁」のリメイクになる。若尾文子さんが実に美しい。


山本学                                山岡久乃

【ストリー】
口入屋おさん(武智豊子)はお玉(若尾文子)に妾になれとしきりに勧めていた。お玉には嫌なことだったが一度男に騙されて傷物になった身だし、貧乏暮しの父親善吉(伊井友三郎)に対する孝行かもしれないと思って承知した。旦那の末造(小沢栄太郎)は大きな呉服屋の主人で女房に死なれたから、お玉は本妻同様ということだった。末造は優しくしてくれたし、善吉の面倒もよくみてくれた。無緑坂に住むようになったお玉は幸せだと思うようになった。だが長くは続かなかった。商店では妾呼ばわりされて売ってもらえないし、末造の本妻(山岡久乃)は死んではいなかったのだ。善吉は、今の良い生活を捨てたくないので騙されたのに黙っていた。お玉は自分が暗い、惨めな日陰者だということをしみじみ感じるのだった。ぼんやりと外を眺めて暮す日が多くなった。ある日、毎日同じ時刻に無緑坂を通る学生が蛇に襲われたお玉の紅雀を助けてくれた。お玉は紅雀が自分のような気がした。岡田(山本学)というその学生に明るく広い世界へ紅雀のように救い出してもらいたかった。そんな期待と共に、お玉は岡田にほのかな想いをいだきはじめた。そして何とか小鳥のお礼をいい、自分の境遇を話したかったが機会はなかった。毎日無縁坂を通る岡田を見ているばかりだった。ある日、末造が商用で家に来ないとわかった。お玉は女中(姿美千子)を帰し、いそいそと食事の仕事をして、岡田が通るのを門の前で待っていた。だがその日の岡田は友だちを連れていた。二人の話しではドイツ留学が決まったらしい。お玉は声をかけることもできないほどがっかりしてしまった。岡田はお玉の切ない気持ちがわかったがどうしようもなかった。静かな夕暮れの無線坂を岡田は去っていった。その時、不忍池から一羽の雁が飛び立った。お玉はじっと立ちつくしていた。無縁坂で会った二人は、しょせん縁の無い人間だったのだ。


「雁」若尾文子

藤原礼子、若尾文子。姿美千子、水戸光子 小沢栄太郎、武智豊子、伊井友三郎、若尾文子

題名:雁
監督:池広一夫
企画:仲野和正
原作:森鴎外
脚本:成澤昌茂
撮影:宗川信夫
照明:田熊源太郎
録音:三枝康徐
美術:仲美喜雄
編集:中静達治
音楽:池野成
製作主任:林秀樹
助監督:岡崎明
スチール:柳沢英雄
出演:若尾文子、小沢栄太郎、山本学、姿美千子、山岡久乃、水戸光子、藤原礼子、伊井友三郎、井川比佐志、石黒三郎、武智豊子、篠田三郎(デビュー作)
1966年日本・大映/シネスコサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
雁(1966)-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山本学、若尾文子

映画「美しい暦」


「美しい暦」吉永小百合

吉永小百合                             浜田光夫

今回は森永健次郎監督1963年製作「美しい暦」をピックアップする。
地方都市の青春学園もので「青い山脈」と印象が重なる作品であるが、吉永小百合さんのJK姿が可愛らしくて仕方ない。
未だにサスリスト信仰が続くのも無理はない。女教師を演じた芦川いづみさんの清楚な色気もたまらない。この二人の魅力で観る価値はある作品である。ロケーション撮影は、東京都立川市(立川高校講堂)、神奈川県秦野市(丹沢)、長野県松本市(松本城、松商学園、市内の目抜き通り)などで行われた。


「美しい暦」芦川いづみ

芦川いづみ                       長門裕之

【ストリー】
矢島貞子(吉永小百合)は高校3年生で明るい質屋の娘。学校には、若くてハンサムな赴任したばかりの武井先生(長門裕之)や、尊敬する化学の村尾先生(芦川いづみ)がいて楽しい毎日である。今日も昼間、貞子たちの前で武井と村尾は授業法についてモウレツな議論を闘わした。若い二人の先生の間にほのぼのとしたものが芽生えているのをかぎつけたのも、敏感な貞子達であった。そうした貞子にも、ふと思い出す顔がある。一ケ月前登山で知りあった高校生、田村邦夫(浜田光夫)の姿である。しかしその夜、店番をする貞子の前に現れたのは、思いがけない田村の姿であった。カメラを出して授業料1,380円を借りたいというのだ。娘が山で世話になったことに好意をもっていた母の千絵(丹阿弥谷津子)は、やさしく、さとして貸してやるのだった。そんなある日A高の生徒五人が、校長に会いに来た。その代表は田村だった。田村の口から出る訪問の理由は、女教師朝川(細川ちか子)が田村たちの学校の生徒は不良だと公言したというのだ。辞表を提出するとオロオロする朝川に、うんざりした田村はひきあげていった。しかし田村達のデモンストレーションは功を奏し、田村の学校の演劇部と貞子たちの演劇部との合同公演が実現することになった。芝居はロミオとジュリエットだった。やがて田村のロミオと春枝のジュリエットで、合同公演は成功のうちに終った。武井、村尾の両先生をリーダーにサイクリングに出かけた、目的地に着くと村尾は武井に結婚を申しこんだ。一方木の上に登った田村にプロポーズする貞子に「ボクたちはまだ子供にすぎない」という声が返ってきた。「私は子供じゃない!」と言い返す貞子の顔に青春の甘さがただよっていた。


芦川いづみ、吉永小百合                   藤村有弘

細川ちか子                                                      白樹栞、吉永小百合

題名:美しい暦
監督:森永健次郎
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:三木克巳
撮影:松橋梅夫
照明:三尾三郎
録音:神保小四郎
美術:西亥一郎
編集:丹治睦夫
記録:桑原みどり
音楽:松村禎三 主題歌:吉永小百合「美しい暦」
現像:東洋現像所
製作主任:松吉信幸
助監督:藤浦敦
色彩計測:佐藤重明
スチール:荻野昇
出演:吉永小百合、浜田光夫、芦川いづみ、長門裕之、丹阿弥谷津子、内藤武敏、奈良岡朋子、山岡久乃、桂小金治、藤村有弘、細川ちか子、白樹栞
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
美しい暦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


長門裕之、芦川いづみ                              美しい暦

映画「女は二度生れる」

女は二度生れる
若尾文子

今回は川島雄三監督1961年製作「女は二度生れる」をピックアップする。
本作は川島監督が大映で撮った三本(「女は二度生れる」「雁の寺」「しとやかな獣」)の初めての作品になる。絵画的な構図とディテールは、名匠村井博氏が撮影を担当されている。若尾文子さんが美しく瑞々しく描かれている最も魅力的な作品だ。公開当時に成人指定作品となったそうだが理解出来ない。

作品リスト

女は二度生れる女は二度生れる
若尾文子                      山村聰
女は二度生れる女は二度生れる
藤巻潤                       江波杏子

【ストリー】
靖国神社の太鼓の音がきこえる花街。芸者小えんは建築家の筒井の胸にいだかれていた。「お名刺いただけません、だってもしもって時いい訳が利かないんですもの、恋人の名前も知らないんじゃ」。売春禁止法も彼女にとってはなんのこうそくも感じさせなかった。ともかく、毎日がけっこうたのしかった。そんな彼女にも心をときめかすことがあった。それはお風呂屋への行きかえりに顔を合わせる大学生牧純一郎に行きあう時であった。しかし彼女の毎日は、相かわらず男から男へと、ただ寝ることだけの生活だった。そんな時知りあった寿司屋の板前、野崎にふとふれあうものを感じ、おトリさまに一緒に行き商売をはなれて泊ったりした。だが、この野崎も将来のことを考え、子どもまである女のところに入婿に行ってしまった。その一方、彼女は遊び人の矢島と箱根に遠出したりした。そのかえりはじめて牧と口をきいたが、大学をでた彼はよそに行くとのことで彼女は淋しかった。そんなある日、彼女のいた置屋の売春がばれて営業停止になった。彼女はもとの同僚にさそわれるまま、銀座のバーにつとめ、そこで筒井に再会、すすめられ二号となった。そこでも彼女はかわいい女だった。ロードショー劇場であった少年工をかわいがって筒井をいからせたりした。しかし、筒井が病にたおれると本妻の目をぬすんでけんめいに看病したりもした。そして一時小康をたもった筒井が死ぬと写真をかざり、モ服を着てなげいた。彼女はふたたび座敷にでて牧に再会したが、彼が外国人客の接待をたのんだのを知って絶望した。街にさまよいでた彼女はいつかの少年工に会った、少年が山に行きたいのを知って、故郷へ行って見ようと思った。その途中、妻子ともに幸福そうな野崎にばったり出あった。彼女から金をもらって元気に山にでかける少年を見送り、故郷へ行く決心をした彼女の目には新しい人生を生きていこうという生きがいのようなものが見られた。

女は二度生れる女は二度生れる
フランキー堺

題名:女は二度生れる
監督:川島雄三
企画:川崎治雄
原作:富田常雄
脚本:川島雄三、井手俊郎
撮影:村井博
照明:渡辺長治
録音:長谷川光雄
美術:井上章
編集:中静達治
音楽:池野成
現像:東京現像所
製作主任:大岡弘光
助監督:湯浅憲明
スチール:椎名勇
出演:若尾文子、山村聰、藤巻潤、フランキー堺、山茶花究、山岡久乃、江波杏子
1961年日本・大映/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
女は二度生まれる [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

女は二度生れる女は二度生れる
山村聰
川島雄三
川島雄三監督

1 2