映画「お葬式」


山崎努                         宮本信子

今回は伊丹十三監督1984年製作「お葬式」をピックアップする。
本作は、伊丹監督が妻である宮本信子さんの父親の葬式で喪主となった実体験を基に、僅か1週間で脚本を書き上げ、神奈川県湯河原町にある伊丹監督の別荘(元自宅)をロケセットにして、ATG作品でありながら、1億円の製作費で作りあげた監督デビュー作である。製作費は、伊丹監督がCM出演した愛媛県の一六本舗(製菓会社)が出資したそうだ。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


菅井きん                        財津一郎

笠智衆                        大滝秀治

【ストリー】
井上佗助(山崎努)、雨宮千鶴子(宮本信子)は俳優の夫婦だ。二人がCFの撮影中に、千鶴子の父が亡くなったと連絡が入った。千鶴子の父、真吉(奥村公延)と母、きく江(菅井きん)は佗助の別荘に住んでいる。その夜、夫婦は二人の子供、マネージャーの里見(財津一郎)と別荘に向かった。一行は病院に安置されている亡き父と対面する。佗助は病院の支払いを里見に頼み、20万円を渡すが、費用は4万円足らず、その安さにおかしくなってしまう。佗助にとって、お葬式は初めてのこと、全てが分らない。お坊さんへの心づけも、相場というのが分らず、葬儀屋の海老原(江戸家猫八)に教えてもらった。別荘では、真吉の兄で、一族の出世頭の正吉(大滝秀治)が待っており、佗助の進行に口をはさむ。そんな中で、正吉を心よく思わない茂(尾藤イサオ)が、千鶴子をなぐさめる。そこへ、佗助の愛人の良子(高瀬春奈)が手伝いに来たと現れる。良子はゴタゴタの中で、佗助を外の林に連れ出し、抱いてくれなければ二人の関係をみんなにバラすと脅した。しかたなく、佗助は木にもたれる良子を後ろから抱いた。そして、良子はそのドサクサにクシを落としてしまい、佗助はそれを探して泥だらけになってしまう。良子は満足気に東京に帰り、家に戻った佗助の姿にみんなは驚くが、葬儀の準備でそれどころではない。告別式が済むと、佗助と血縁者は火葬場に向かった。煙突から出る白いけむりをながめる佗助たち。全てが終り、手をつなぎ、集まった人々を見送る佗助と千鶴子。


高瀬春奈、山崎努

宮本信子、尾藤イサオ、菅井きん              お葬式

題名:お葬式
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、岡田裕
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造、浅井慎平(モノクロ部分)
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:信岡実
音効:小島良雄 リーレコ:河野競司
美術:徳田博
装飾:山崎輝、畠山和久、河端賀恵子
衣裳:岩崎文男
美粧:小沼みどり
スタイリスト:小合惠美子、熊谷澄子
配役:笹岡幸三郎
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄 ネガ編集:冨田功
音楽:湯浅譲二
現像:東洋現像所
撮影機材:三和映材社
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
プロデューサー:細越省吾
製作担当:藤田義則
製作進行:伊藤正敏、佐藤丈樹
演技事務:宮前寿美子
助監督:平山秀幸
演出助手:泰衛、上野勝
撮影助手:福沢正典、栗山修司、村石直人
照明助手:沖田秀則、本橋義一、三枝隆之、松岡康彦
録音助手:北村峰晴、塚本達郎、細井正次
編集助手:米山幹一
スチール:宮本唯志
出演:山崎努、宮本信子、菅井きん、大滝秀治、財津一郎、高瀬春奈、江戸家猫八、尾藤イサオ、岸部一徳、笠智衆、奥村公延、友里千賀子、津村隆、西川ひかる、海老名美どり、双葉弘子、吉川満子、藤原釜足、田中春男、香川良介、佐野浅夫、津川雅彦、小林薫
1984年日本・伊丹プロダクション+ニューセンチュリープロデューサーズ+ATG/スタンダードサイズ・カラー124分35mmフィルム
お葬式 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


お葬式

映画「マルサの女」


宮本信子                              山崎努

今回は伊丹十三監督1987年製作「マルサの女」をピックアップする。
本作は、徹底したリサーチに基づいた脚本作りが、秀悦な作品として仕上がっていると思う。
テーマに沿ったストリー展開に釘付けになる演出手法は凄い。それを支える全ての俳優陣の演技に一流を魅せて戴いた。
今の日本映画で、この様に、優秀で非凡な俳優と真正プロフェシュナルのスタッフが作った劇映画が、極めて少ないのは嘆かわしいと思う。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


岡田茉莉子、津川雅彦                        芦田伸介

【ストリー】
税務所の調査官、板倉亮子(宮本信子)は、小柄で顔がソバカスだらけの不美人だが、脱税を徹底的に調べるやり手だった。ある日、彼女は一軒のラブホテルに目をつけ、そこのオーナー権藤英樹(山崎努)が売り上げ金をごまかしているのではないかと調査を始める。権藤には息子の太郎(山下大介)と内縁の妻、杉野光子(岡田茉莉子)がいた。権藤は一筋縄ではいかない相手で、なかなか証拠も掴めない。そんな時、亮子は国税局査察部に抜擢された。彼らはマルサと呼ばれる摘発のプロである。マルサとしての調査経験を積んでいった亮子は、上司の花村(津川雅彦)と組んで権藤を調べることになった。ある時、権藤の元愛人、剣持和江(志水季里子)から彼の今の愛人、鳥飼久美子(松居一代)が毎朝捨てるゴミの袋を調べろとタレコミの電話が入った。亮子たらは清掃車を追いかけ、やっとのことで証拠の書類を見つけた。権藤邸をガサ入れする日が決まった。当日の朝、出かけた光子を亮子は尾行。権藤邸に花村たちが入った途端、他の何人かが権藤の取り引き先の銀行、久美子のマンションをガサ入れする。光子の見張りを交代して権藤邸に向かった亮子は、権藤と喧嘩し、大金を持って飛びだした太郎を追いかけ慰めた。亮子が邸に戻ると、調査はほぼ完了で証拠は何も出て来なかった。花村は権藤に質問し、亮子に眼の動きを追えと命令する。そして、本棚を推定、本の中をしらみつぶしに探すが徒労に終わる。疲れた亮子が立ちあがって、体を伸ばし本棚にぶつかった途端、壁が動き奥の隠し部屋が現われ大金が見つかった。その頃、久美子の部屋では口紅に隠された多くの印鑑が発見された。また、銀行でも架空の名義が確認された。権藤から貸し金庫の鍵は光子が持っていると聞かされた花村は、光子のいる美容室に出かけ鍵を受け取る。半年後、亮子のまえに太郎のことで御礼が言いたかったと権藤が現われた。彼はまだ全部に口を割らず頑張っていた。自分のもとで働かないかと言う権藤に亮子は首を横に振る。突然、亮子が以前忘れたハンカチを出した権藤は、ナイフで指を傷つけ、血でハンカチに残りの貸し金庫の暗号を記して渡した。


大滝秀治                                     伊東四朗

題名:マルサの女
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:桂昭夫
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斉藤昌利
美術:中村州志
装飾:山崎輝
衣装:斎藤昌美
美粧:小沼みどり
衣装:小合恵美子
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄
配役:笹岡幸三郎
音楽:本多俊之 音楽監督:立川直樹
フィルム:イーストマンコダック(日本コダック)
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:東洋照明
現像:イマジカ
製作担当:川崎隆
製作進行:玉置泰、細越省吾
演出助手:久保田延廣
助監督:白山一城
グラフィックデザイン:佐村憲一
スチール:宮沢鬼太郎、柏木和明
出演:宮本信子、山崎努、津川雅彦、岡田茉莉子、小林桂樹、芦田伸介、大滝秀治、室田日出男、大地康雄、桜金造、松居一代、橋爪功、伊東四朗、杉山とく子、横山道代、白川和子、絵沢萠子、山下大介、志水季里子
1987年日本・伊丹プロダクション+ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
マルサの女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


白川和子                              宮本信子、津川雅彦

映画「ラーメンガール」


ラーメンガール(THE RAMEN GIRL)ブリタニー・マーフィー

ブリタニー・マーフィー                西田敏行

今回はロバート・アラン・アッカーマン監督2008年製作「ラーメンガール(THE RAMEN GIRL)」をピックアップする。
本作は、伊丹十三監督1985年製作「タンポポ 」をオマージュしているそうで、全編のほとんどを日本(主に東京都渋谷区円山町・神泉町)でロケーション撮影を行ったハリウッド映画だ。
日本人の食文化、特にラーメンに対する異常なまでの拘りや真摯な姿勢を描いた本作は、往来のハリウッド映画にはない日本人像のリアルがあり、ピーター・ウェーバー監督「終戦のエンペラー」もそうであったが、日本文化に対するサジェスチョンがなければ成立しない。これは、製作に参加されているキャスティング担当の奈良橋陽子氏の功績が大きいと思う。撮影は巨匠阪本善尚氏、日本側俳優陣は、実力派の布陣で邦画を見ている様であった。尚、ガッツで魅力的なヒロインを務めたアビー役のブリタニー・マーフィさんは、劇場公開翌年の2009年12月に32歳の若さで他界したのが残念でならない。


ブリタニー・マーフィー、余貴美子           パク・ソヒ

【ストリー】
アメリカ人のアビー(ブリタニー・マーフィ)は、恋人イーサン(ガブリエル・マン)と一緒に暮らすために日本へやってくる。しかし突然、イーサンは彼女と離れて、無期限で大阪に行くことになる。途方に暮れたアビーは、アパートの向かいのラーメン屋の明かりに誘われ、閉店していることにも気づかず店に飛び込む。そして、英語のわからない店主マエズミ(西田敏行)に思いをぶちまける。マエズミはアビーに1杯のラーメンを差し出す。それを食べて元気を取り戻した彼女は、ラーメンこそが自分の天職だと思い、弟子入りを志願する。アビーは修業を始めたものの、マエズミは彼女を日本語で叱りつけては掃除や鍋洗いばかりさせ、料理に関することは何もさせない。辛さに耐えきれずアビーは店を飛び出すが、思い直して、再び店に戻る。ある夜、欧米人の仲間と出掛けたアビーは、トシ(パク・ソヒ)という日本人の男の子と知り合う。2人はすぐに意気投合し、恋が芽生える。そのころ、アビーの忍耐強さを認めたマエズミは、彼女にラーメン作りを教え始める。しかしアビーがどんなに一生懸命に作っても、彼女のラーメンには魂がない。ある日、市場に出掛けたマエズミは、アメリカ人にラーメン作りを教える彼をあざ笑う同業者宇田川(石橋蓮司)の声を耳にする。そこで、2ヶ月後にやってくる“ラーメンの達人”(山崎努)が彼女の腕を認めなければ、自分はラーメン作りを辞めると宣言する。トシが仕事で上海に赴任することになり、アビーについてきてほしいと頼む。しかし彼女は修業をやり遂げるため、トシの申し出を断る。しかしアビーのラーメンには、どうしても魂がこもらない。マエズミは息子と縁を切っており、秘伝の味が自分の代で終わってしまうことを悲観する。アドバイスを貰おうと、マエズミはアビーを自分の母に会わせる。母は、料理に愛を加える方法がわからないなら、悲しみを注げと告げる。こうしてアビーは、ついにラーメンの達人を迎える。


ラーメンガール(THE RAMEN GIRL)ブリタニー・マーフィー

石橋蓮司

題名:THE RAMEN GIRL
邦題:ラーメンガール
監督:ロバート・アラン・アッカーマン
製作総指揮:小田原雅文、マイケル・イライアスバーグ、クリーブ・ランズバーグ
製作:ロバート・アラン・アッカーマン、スチュワート・ホール、奈良橋陽子、ブリタニー・マーフィー
監修:中村栄利
脚本:ベッカ・トポル
撮影:阪本善尚
照明:大久保武志
美術:今村力、岡村匡一
衣装:ドナ・グラナータ
刺青:霞涼二
配役:ビクトリア・トーマス、奈良橋陽子
記録:新玉和子
編集:リック・シェイン
音楽:カルロ・シリオット 音楽監修:ハワード・パー
助監督:Ed Licht、井上隆
製作進行:石田基紀
撮影機材:Panasonic VariCam
照明機材:日本照明
Fレコ:東映ラボ・テック(Arri Laser)
プリント:Ascent Media
出演:ブリタニー・マーフィー、西田敏行、余貴美子、パク・ソヒ、石橋蓮司、山崎努、タミー・ブランチャード、ガブリエル・マン、ダニエル・エバンス、岡本麗、前田健、石井トミコ
2008年アメリカ/ビスタサイズ・カラー102分デジタルシネマ
ラーメンガール -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岡本麗、前田健、石井トミコ

山崎努                    ブリタニー・マーフィー、西田敏行

西田敏行                  ラーメンガール(THE RAMEN GIRL)

1 2 3 4 5