映画「ジャコ萬と鉄」


高倉健                               丹波哲郎

今回は深作欣二監督1963年製作「ジャコ萬と鉄」をピックアップする。
本作は1949年に東宝で制作(監督:谷口千吉 主演:三船敏郎)した同名映画のリメイクである。
ロケーション撮影は、積丹半島の島武意海岸で行ったそうだ。


山形勲                              南田洋子、大坂志郎

【ストリー】
終戦後間もない北海道カムイ岬、九兵衛一家は前科者の多い出稼漁夫を使ってぼろい儲けをしていた。ある日出稼漁夫を相手に暴れまわる片目の男をみて九兵衛(山形勲)はガク然とした。ジャコ萬(丹波哲郎)というその男はかつて九兵衛に船を盗まれソ連に抑留されたのだ。復讐に燃えるジャコ萬の出現に困り果てる一家の許へ、嵐の海へ行方不明となっていた九兵衛の息子鉄(高倉健)が舞い戻って来た。ジャコ萬と鉄、荒くれ者の二人はことごとく対決したが、鉄はジャコ萬から父が船を盗んだ事を知らされ愕然とした。そんな時、ジャコ萬を追いかける女ユキ(高千穂ひづる)があらわれた。邪険にあつかうジャコ萬に、鉄は何かと親切に番屋で雇ってやるのだった。業つくばりの九兵衛と出稼漁夫の間は決してうまく行ってなかった。大時化の夜一向に歩を出さない九兵衛に出稼漁夫はストライキを起こした。たかをくくっていた九兵衛も一同を代表して鉄が割増金を要求したのを見て、要求をのむしかないと悟った。ニシンの大群を前にして、驚喜して浜へ走る漁夫を後にジャコ萬は九兵衛の前に立ち塞がった。鉄がその危機の中に割って入った。出稼漁夫の乗る船の元網を切ろうとするジャコ万、それをさせじとする鉄。乱闘は続いた。が、力強いかけ声の響く中、ジャコ萬の復讐心は次第に消えていくのだった。そんな「ユキと一緒にほっ建て小屋でも建てろよ」と札束を放り投げる鉄は、またさびしく海へ出ていった。


江原真二郎                            高千穂ひづる

題名:ジャコ萬と鉄
監督:深作欣二
企画:関政次郎、植木照男
原作:梶野悳三「鰊漁場」
脚本:黒澤明、谷口千吉
撮影:坪井誠
照明:原田政重
録音:廣上益弘
美術:近藤照男、中村修一郎
編集:長沢嘉樹
音楽:佐藤勝
現像:東映化学
製作主任:内田有作
助監督:野田幸男
スチール:藤井善男
出演:高倉健、丹波哲郎、山形勲、江原真二郎、南田洋子、高千穂ひづる、大坂志郎、入江若葉、渡辺粂子
1963年日本・東映/シネスコサイズ・モノクロ99分35mmフィルム
ジャコ萬と鉄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山形勲、渡辺粂子                           ジャコ萬と鉄

入江若葉                             高倉健

映画「座頭市海を渡る」

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
勝新太郎                      安田道代(大楠道代)

今回は池広一夫監督1966年製作「座頭市海を渡る」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第14作目になる。西部劇ティストの内容は、山賊対座頭市の対決と昔かな村民を描いているが、山形勲さんの山賊首領は嵌り役である。

座頭市シリーズ

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
山形勲                         田中邦衛

【ストリー】
これまで斬った人々の菩提をとむらうため、座頭市(勝新太郎)は四国の札所めぐりを続けていた。船の中で暴力スリをこらしめたりした市だが、ある日、馬に乗って追ってきた栄五郎(井川比佐志)という男に斬りつけられ、止むなく彼を斬った。止むを得ないとはいえ、また人を斬った市の心は沈んだ。だから、栄五郎の家を訪ね、妹のお吉(安田道代)に腕を斬られた時、お吉の短刀をよけようともしなかったのだ。お吉は、実は優しい娘で、兄が殺されたと悟って咄嗟に市を斬ったのだが、今度はその市をかいがいしく介抱するのだった。お吉の話では、栄五郎が三十両の借金のために、土地の馬喰藤八(山形勲)から命じられて市を襲ったのだった。そして市を弟の仇と狙う新造(守田学)が藤八にそれを頼んだことが分った。また村の暴力一家の頭でもある藤八は、芹ケ沢の支配権を一手に握ろうと画策してもいた。だが、そこはお吉の土地だったから、藤八は邪魔なお吉に、女房になれと言ってきた。それを知った市はお吉の後見人となり真っ向うから藤八と対立したのだ。そんな二人を、名主の権兵衛(三島雅夫)は狡猾な計算で見守っていた。先ず市は栄五郎の香奠として、藤八に三十両を要求した。結局、競技で藤八の弓に居合で勝った市は三十両をせしめた。しかし、その帰途を藤八の子分が襲ったのだが、所詮市の居合に敵うはずもなかった。市とお吉は栄五郎の墓を建てて、しばらくの間楽しい日々を過ごした。そんなお吉に、恋人の安造(東野孝彦)が土地を捨てようと誘った。しかし、お吉は市を信じていた。やがて藤八は市に最後通牒をつきつけてきた。そしてその日、市はたった一人で藤八一家と対峙した。孤立無援の市を、村の人は助けようともしなかった。市は闘った、斬った、市は村人がきっと助けにくると信じて危機を切り抜けていた。やがて、安造が刀を手に現われた。そして安造が藤八の用心捧常念の槍に斃れた時、ついに、村人も市に加勢してきた。勇躍した市は一刀の下に藤八を斬った。そして市は、馬上から見送るお吉に別れを告げ夕焼空の彼方へと去って行った。

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
三島雅夫                       座頭市海を渡る
座頭市海を渡る座頭市海を渡る
座頭市海を渡る                    勝新太郎

題名:座頭市海を渡る
監督:池広一夫
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:新藤兼人
撮影:武田千吉郎
照明:山下礼二郎
録音:大谷巖
音効:斎藤一郎
美術:西岡善信
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:富嶋八蔵
スチール:小山田輝男
出演:勝新太郎、安田道代(大楠道代)、山形勲、五味龍太郎、千波丈太郎、井川比佐志、田中邦衛、三島雅夫、東野孝彦、伊達三郎、杉山昌三九、守田学、寺島雄作
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市海を渡る -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「盗まれた恋」

盗まれた恋盗まれた恋
久慈あさみ                                     森雅之

今回は巨匠市川崑監督1951年製作「盗まれた恋」をピックアップする。
本作は〝映像に魔術師〟と呼ばれ、華麗なテクニックで次々と新たなスタイルに挑み続けた市川崑監督のウイットに富んだ恋愛コメディ作品だ。

【当ブログで紹介した市川昆監督作品】
1951年「盗まれた恋
1951年「恋人
1956年「処刑の部屋
1957年「
1957年「満員電車
1959年「野火

盗まれた恋盗まれた恋
川喜多小六                                 森雅之、久慈あさみ

【ストリー】
蟹良子(久慈あさみ)と能登半子(加藤道子)とは浅草の踊子で一緒に暮らす仲良しだったが、劇場の閉鎖で失業して、生活に困るようになった。そこで勝ち気な良子が一策を案じた。それは良子に毎日花束を贈ってくれた銀行家阿久根隆(森雅之)と結婚してしまうことだった。ところが会って見ると阿久根は、恋は一種のスポーツ結婚なんて真っ平という調子なので、良子は口惜しまぎれに、自分にはもう無名だが画家の許婚がある、それを阿久根の金力で有名にしていただきたいという。阿久根が二の返事で引き受けてしまったので良子は行き当たり街でひろった画家三田門太(川喜多小六)を連れて行く。三田が何のことか判らぬうちに個展は開催され、新聞には書き立てられる。批評家宗方(志村喬)も買収されて三田の提灯を持つが良心にせめられ酔ったあげくに真相を洩らすので、三田は失望して自分の画をすっかり破ってしまう。そのあとで、宗方は三田が実は本当の才能を持っていることを見つけ出す。良子はそのあいだに三田が好きになり、気が変わって良子に求婚している阿久根を尻目に三田の許へ行く。

盗まれた恋盗まれた恋
森雅之、伊藤雄之助                          志村喬

題名:盗まれた恋
監督:市川崑
製作:高木次郎、小川吉衛
原作:鏡二郎「恋人」
脚本:和田夏十、市川崑
撮影:横山実
照明:石井長四郎
録音:根岸寿夫
美術:河野鷹思
編集:長田信
音楽:伊福部昭
製作補佐:島村達芳
助監督:加戸野五郎
出演:久慈あさみ、森雅之、川喜多小六、志村喬、加藤道子、伊藤雄之助、東野英治郎、清水将夫、山形勲
1951年日本・新東宝+青柳プロ/スタンダードサイズ・モノクロ89分35mmフィルム
新東宝映画傑作選 盗まれた恋 [DVD販売]
盗まれた恋[DMMレンタル]

盗まれた恋盗まれた恋
久慈あさみ、加藤道子                         森雅之、久慈あさみ、川喜多小六

1 2