映画「無頼漢」


仲代達矢                           岩下志麻
今回は篠田正浩監督1970年製作「無頼漢」をピックアップする。
本作は、大島渚監督、吉田喜重監督と共に松竹ヌーベルバーグの旗手と呼ばれれ、2003年に「スパイ・ゾルゲ」を最後に映画監督からの引退を発表した篠田正浩監督の寺山修司氏脚本による異色時代劇である。

美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道」 (春日太一著・文藝春秋刊)より
A:岩下志麻 Q:春日太一
————————————————————————-
Q:これは東宝の作品です。松竹側は大丈夫でしたか?
A:他社出演に関しては結構スムーズでしたね。ですから、本当にありがたかったです。
Q:今回は花魁役でしたが、どのような役作りを?
A:花魁の役は初めてでしたので、まず高いぽっくりを履いて練り歩くのが難しくて。最初、ぽっくりだけ借りてずいぶん歩きの練習をしました。歩くのも、外側に足を廻して歩かないといけないんですよね。しかもゲタが高いでしょう。ですから結構難しくて。
Q:相手役は仲代さんでした。
A:仲代さんはいつも厳しかったり逞しかったり、という役が多いのですが、あれは白塗りでナヨッとしていて、妙に色っぽく見えました。それから、お母さんの市川翠扇さんが素晴らしくて。あの市川翠扇さんと仲代さんの母子関係、母親が子どもにベタベタする関係もよかったですね。
Q:反権力の集団を描く、篠田監督らしい時代劇でした。
A:そこを意識して作った映画なんじゃないかなと私は思いました。ああいうかたちを借りて、体制と反体制をクリアに描いていると思うんです。「権力は変わらない、交代するだけだ」という水野忠邦の最後のセリフがありますが、あの言葉は印象的でした。
Q:独立プロでありながら進んでメジャーと組んで大作を作っていくところが、表現社というか篠田監督の面白さでもあります。
A:そうです。表現社製作で受け持つ場合と、スタッフだけ貸す場合と、いろいろな形があります。表現社単体で作るのが難しい場合は無理に作らない。
Q:作品のスケールや必要な予算に応じて柔軟に製作体制を変えている印象があります。
A:ですから、独立プロで赤字を作らないでずっとこれたのは、表現社ぐらいじゃないかしら。他はみんな家を売ったりして苦労されていますものね。
Q:そこの計算が見事ですね。
A:篠田が絶対に自分のところで背負い過ぎないような製作体制にして、作品のスケールによって作り方を変えていたと思います。


仲代達矢、岩下志麻                    丹波哲郎

【ストリー】
天保13年、水野忠邦(芥川比呂志)の天保の改革は庶民を苦しめ、市井には不満の声が満ちていた。江戸、猿若町の見世物小屋が軒を並べるあたり、役者志願の遊び人直次郎(仲代達矢)は、美しい花魁犬口屋の三千歳(岩下志麻)を知った。直次郎が母親のくま(市川翠扇)と住む犯罪長屋。1年ぶりに帰ってきたなまけ者丑松(小沢昭一)だが、留守中に女房お半と子供は、御用聞き、五斗米市と家主の紋左衛門(春日章良)の手にかかり姿を消していた。芝居小屋の前で「水野体制批判」をして役人に追われた三文小僧を救ったのは、河内山宗俊(丹波哲郎)だった。三千歳を直次郎とはり合う森田屋(渡辺文雄)は御家人くずれの金子市之丞(米倉斉加年)に直次郎殺しを頼んだ。だが金子市は、直次郎と間違えて河内山を襲い、顔を合わせた金子市、河内山、森田屋の三人は、互にふくみ笑いして見合った。直次郎は老いて醜い、おくま(市川翠扇)がいては三千歳と世帯ももてないと考え蒲団にくるみ、大川へ投げ込んだ。一方、河内山は上州屋の一人娘浪路(太地喜和子)が、松江出雲守(中村敦夫)にめかけになれと無理難題を押しつけられているのを聞き、200両で浪路をとり返すことをうけあった。河内山の生命をかけた大仕事を知り直次郎が仲間に加わった。ところで、金子市は丑松、三文小僧など水野体制からはみだした連中を集め、改革に謀叛の火を打ちあげんとしていた。松江家では依然、出雲守が浪路を追い回していたが、家老北村大膳はこの乱行が外にもれることを怖れ、浪路と近習頭宮崎数馬を不義の仲とデッチあげた。そこへ、河内山扮する御使僧北谷道海と直次郎扮する駕篭脇に控える侍桜井新之丞が現れ、晴れの舞台よろしく、大芝居をうった。出雲守からまんまと、浪路をだましとった河内山だが、大膳に見破られ凄絶な最後をとげた。直次郎は邪魔者おくまを背負って捨てに家を出たが、その時、夜空にひろがる花火を見た。それは金子市、丑松、三文小僧の三人が打ち上げた謀反の火柱だった。


市川翠扇                              小沢昭一

題名:無頼漢
英題:THE SCANDALOUS ADVENTURES OF BURAIKAN
監督:篠田正浩
製作:藤本眞澄、若槻安重
原作:河竹黙阿弥「天衣紛上野初花」
脚本:寺山修司
撮影:岡崎宏三
照明:榊原庸介
録音:西崎英雄 (アオイスタジオ)
音効:本間明
美術:戸田重昌
装飾:荒川大
衣装:上野芳生
結髪:細野明
調度:高津年晴
風俗構成:林美一
題字:粟津潔
記録:島田はる
編集:杉原よ志
音楽:佐藤勝
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
現像:東京現像所
製作担当:小笠原清
助監督:中野恵之
演技事務:中村英子
スチール:遠藤正、亀倉正子
出演:仲代達矢、岩下志麻、小沢昭一、丹波哲郎、渡辺文雄、米倉斉加年、山本圭、芥川比呂志、市川翠扇、中村敦夫、浜村純、藤原釜足、蜷川幸雄、太地喜和子、春日章良
1970年日本・表現社+にんじんくらぶ/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
無頼漢 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


丹波哲郎、米倉斉加年                   仲代達矢、岩下志麻、渡辺文雄

映画「鬼龍院花子の生涯」


「鬼龍院花子の生涯」夏目雅子

夏目雅子                     仲代達矢、室田日出男

今回は五社英雄監督1982年製作「鬼龍院花子の生涯」をピックアップする。
本作は高知出身の直木賞作家・宮尾登美子氏の同名小説を初の映画化をしたもので、27歳という若さで惜しまれて亡くなった伝説の女優、夏目雅子さんの松恵役に拘った意欲作でもある。しかし、驚いた事に本作の製作経緯として女優の梶芽衣子さんが著書「真実(文藝春秋刊)」で次の様に述べている事実は看過出来ない。

…(中略)…本屋さんで気になった本を手に取ったなかで、ある人が勧めてくださったのが宮尾登美子さんの「鬼龍院花子の生涯」でした。土佐の任客・鬼龍院政五郎と周囲の女たちの生き様を描いた物語です。読み進めるうちに、以前にテレビドラマで見た若尾文子さん主演の「櫂」(1975年)を思い出しました。女性の視点で女衒の世界を描いた内容が新鮮で「櫂」はとても印象に残っていたのですが、その作風に同じ作家であることに気づいたのです。…(中略)…最初の企画としては「鬼龍院花子の生涯」のほうが通りやすいだろう。かなりどぎつい物語だけれども、あの親子の性や女の情念の世界を増村保造監督が描いたらどんなふうになるだろう。主人公の鬼政、鬼龍院政五郎を若山富三郎さんが演じたら素晴らしいだろうな。…(中略)…おこがましいとは思いながらも思い切って若山さんにお話ししたところ、ご賛同くださったのです。そこでさっそくシノプシス(あらすじ)をまとめ、キャスティングやスタッフ案を書き記した企画書をマネージャーの兼田に作成してもらいました。東映には「さそり」シリーズ続編をめぐる降板問題でご迷惑をおかけしたことがありましたので、この映画を絶対に当ててご恩返しができたら、という思いがありました。東映京都にしたのは、大正から昭和にかけての高知の話ということもあり東京よりふさわしいだろうと思ったからです。…(中略)…当時そうした企画の窓口となっていた奈村協プロデューサーを訪ねました。当時の奈村さんは宮尾登美子さんという作家をご存じなかったのですが企画書を預かってくださり、私たちはその返事を待つことにしました。ところがその返事はなかなかいただけず、東映がダメなら別のところに、大変だろうけど独立プロで製作してもいいとも思い始めた矢先のこと…。ある日突然、原作の映画化を勧めてくれた知人から電話がかかってきたのです。
…(中略)… 東映が「鬼龍院花子の生涯」の映画化を発表したというのです。…(中略)…そこに奈村さんから「こんなことになっちゃって…」と事務所に電話がかかってきました。奈村さんは発表された事実を改めて告げた後、「ほかの役ならどれでもいいって、五郎ちゃんが言っている」と言うのです。五郎ちゃんというのはプロデューサーの日下部五朗さんのことで、私が出演した作品にプロデューサーとして名前が入っていることはありましたが、一度もお会いしたことのない方です。……..。
「真実」梶芽衣子著 文藝春秋刊より(2018.3.12発刊)

私は、本作で企画・製作総指揮としてクレジットされている日下部五朗氏が、梶芽衣子さんが持ち込んだ企画をパクったという事実に驚愕した。これは世間には知られてない真実なのだろうか!?ただし本書は梶芽衣子さんの映画人生を時系列で綴ったものであり、本作の経緯に限った事で書かれてはいない事をお断りしておく。


岩下志麻                       夏木マリ

【ストリー】
大正10年、松恵(仙道敦子)は土佐の大親分・鬼龍院政五郎(仲代達矢)の養女となった。松恵は政五郎の身の回りの世話を命じられたが、鬼龍院家では主屋には正妻の歌(岩下志麻)が住み、向い家には妾の牡丹(中村晃子)と笑若(新藤恵美)が囲われており、その向い家に政五郎が出向く日を妾二人に伝えるのも幼い松恵の役割りだった。ある日、政五郎は女や子分たちを連れ土佐名物の闘犬を見に行った。そこで漁師の兼松(夏八木勲)と赤岡の顔役・末長(内田良平)の間で悶着がおき、政五郎の仲介でその場はおさまったが、末長は兼松の持ち犬を殺すという卑劣な手段に出た。怒った政五郎は赤岡に出むいたが、末長は姿を隠していた。帰りぎわ、政五郎は末長の女房・秋尾(夏木マリ)の料亭からつる(佳那晃子)という娘を掠奪した。この確執に、大財閥の須田(丹波哲郎)が仲裁に入り一応の決着はついたが、以来、政五郎と末長は事あるごとに対立することになる。これが機縁となってつるは政五郎の妾となり、鬼篭院の女たちと対立しながら翌年、女児を産んだ。花子と名付けられ、政五郎はその子を溺愛した。勉強を続けていた松恵(夏目雅子)は、女学校に入学した。昭和9年、土佐電鉄はストライキの嵐にみまわれ、筆頭株主である須田の命を受けた政五郎はスト潰しに出かけた。そこで政五郎はストを支援に来ていた高校教師の田辺恭介(山本圭)と知り合い意気投合、須田から絶縁されるハメに陥った。だが政五郎は意気軒昂、田辺を16歳になった花子(高杉かほり)の婿にし一家を継がせようとしたが、獄中に面接に行かされた小学校の先生となっていた松恵と田辺はお互いに愛し合うようになっていた。やがて出所した田辺は政五郎に松恵との結婚を申し出、怒った政五郎は田辺の小指を斬り落とさせた。そして数日後、政五郎に挑みかかられた松恵は死を決して抵抗、転勤を申し出、鬼龍院家を出た。16歳になった花子と神戸・山根組との縁談が整い、その宴の席で歌が倒れた。腸チフスだった。松恵の必死の看病も虚しく歌は死んだ。松恵は再び家を出、大阪で労働運動に身を投じている田辺と一緒に生活するようになった。だが、花子の婚約者がヤクザ同士の喧嘩で殺されたのを機に、田辺と共に鬼龍院家に戻った。南京陥落の提灯行列がにぎわう夜、花子が末長に拉致され、これを救おうとした田辺も殺された。政五郎が末長に殴り込みをかけたのはその夜のうちだった。それから2年後、政五郎は獄中で死んだ。そして数年後、松恵がやっと消息を知り大阪のうらぶれた娼家に花子を訪ねた時、花子も帰らぬ人となっていた。


中村晃子、新藤恵美                  佳那晃子

仙道敦子

佳那晃子、仲代達矢                   夏木マリ

題名:鬼龍院花子の生涯
監督:五社英雄
企画:日下部五朗、佐藤正之
製作:奈村協、遠藤武志
原作:宮尾登美子
脚本:高田宏治
撮影:森田富士郎
照明:増田悦章
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
美術:西岡善信
装置:三浦公人
装飾:西田忠男、福井啓三
背景:西村三郎
衣装:松田孝
美粧・結髪:東和美粧
刺青:毛利清二
技斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:菅野光亮
和楽:中本敏生
製作主任:山本吉應
助監督:清水彰
演技事務:寺内文夫
スチール:小山田幸生
出演:仲代達矢、夏目雅子、岩下志麻、仙道敦子、佳那晃子、中村晃子、夏木マリ、山本圭、高杉かほり、新藤恵美、内田良平、小沢栄太郎、室田日出男、梅宮辰夫、成田三樹夫、丹波哲郎、夏八木勲
1982年日本・東映京都+俳優座映画放送/ビスタサイズ・カラー146分35mmフィルム
鬼龍院花子の生涯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


丹波哲郎                        仲代達矢

夏目雅子、仲代達矢

映画「氷点」


「氷点」若尾文子

若尾文子                       大楠道代

今回は山本薩夫監督1966年製作「氷点」をピックアップする。
本作は三浦綾子氏の同名小説を映画化したもので、氷点とは心が凍るほどの凍え死ぬ限界点を意味するそうだ。何と言っても若尾文子さん、大楠道代さんを始めとする俳優陣の存在感が壮絶だ。
現在のテレビドラマ俳優にはない女優オーラがある。

1965年11月末、大映が「氷点」の映画化を決定、永田社長から山本薩夫監督に声がかかる。山本監督は2時間前後のカラー作品にしたかったが、テレビが終わるまでに封切るため、公開開始の3月末という予定は動かせず、1時間37分の白黒映画となり、陽子が白紙の答辞を読むシーンはカットされた。翌年3月23日、朝日新聞東京本社で映画『氷点』の試写会が2回開かれるが、社告が出てから5日間の間に21,739通の応募があり、締切後も2,000通の応募があったという。1966年3月26日、大映映画『氷点』が公開される。
封切り直後の土・日曜の全国主要4館(東京・浅草、名古屋、京都、大阪・梅田)の入館者数から推定すると、同社の看板シリーズである「座頭市」に匹敵する観客動員数160万人、興行収入3億2千万が見込まれ、地元の旭川では人口の約1割に当たる2万5千人が前売り券を買ったという。(「氷点」を旅する参照)


船越英二、鈴木瑞穂                船越英二、森光子

【ストリー】
辻口啓造(船越英二)は父の遺した病院を継いでいる。博愛家でとおってきた彼が、娘ルリ子を殺害した犯人の娘妻夏枝(若尾文子)に秘密で養女にすることを思いたったのは、ルリ子の代りに女の子を育てたいという夏枝の望みを迎える風を装いながら、娘を殺された時刻に夏枝が眼科医村井(成田三樹夫)と不貞を働いていたのでは、との猜疑の拭いきれないあせりのためではなかったのか。夏枝は何も知らない。彼女はその養女陽子(大楠道代)をを異常なほど溺愛した。そんなある日、乳児院に勤める啓造の親友高木(鈴木瑞穂)に宛てた夫の手紙を見て、夏技は陽子の出世の秘密を知った。人格の一変した夏枝に、啓造も自分の偏狭さと軽卒を侮いた。長男徹(山本圭)は直感で陽子の秘密を知り、ただ一人の庇護者になろうと心に決めた。八年過った。その間に徹は妹の秘密を知ったが、陽子の方も母の冷い仕打に耐えて明るい娘に成長していた。徹はそんな彼女を異性として愛するようになっていたが、大学の親友北原(津川雅彦)に陽子を託す心づもりで、彼を夏休みに紹介した。二人はなんとなく直感で愛しあうようにみえた。が、夏枝の方が北原に興味を示し、歓待した。その頃、夏枝の親友で陽子も慕っている辰子(森光子)が、啓造に陽子を養女に欲しいと申し出た。辰子の同情だった。夏枝は陽子宛の北原の手紙を陽子の意思と偽って返送したり、妹との写真を婚約者と写したものだと言ったりして二人を離そうとしたが、やがて陽子たちの仲が氷解したとき、夏枝は陽子の面前で北原に彼女の過去をぶちまけた。罪の血に絶望した陽子は遺書を認め、ルリ子が殺された川原で睡眠薬を呑んだ。その間、北原はその真実を求めて陽子を世話した高木に会った。高木は実はかつての仲間の不義の子を、犯人の子として啓造たちに育てさせていたのだった。それは彼の同情でもあった。皆、後悔した。悔いの中で、陽子の生命は再び息づきはじめていた。


成田三樹夫                     大楠道代、山本圭

題名:氷点
監督:山本薩夫
企画:三輪孝仁、伊藤武郎
原作:三浦綾子
脚本:水木洋子
撮影:中川芳久
照明:渡辺長治
録音:須田武雄
美術:間野重雄
編集:中静達治
音楽:池野成
製作主任:林秀樹
助監督:崎山周
スチール:柳沢英雄
出演:若尾文子、大楠道代(現:大楠道代)、山本圭、津川雅彦、森光子、船越英二、成田三樹夫、鈴木瑞穂、明星雅子、仲村隆
1966年日本・大映/シネスコサイズ・モノクロ107分35mmフィルム
氷点 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


大楠道代、津川雅彦                津川雅彦、大楠道代

若尾文子、大楠道代

1 2