映画「キネマの天地」


有森也実                        中井貴一

今回は山田洋次監督1986年製作「キネマの天地」をピックアップする。
本作は、1982年に深作欣二監督が角川映画(松竹配給)で「蒲田行進曲」を東映京都撮影所で撮り、大ヒットし(興行収入17億6,300万円)、それに奮起した松竹のスタッフが、松竹大船撮影所50周年記念作品として作られた経緯がある。

松竹が撮影所を大船に移転する直前の1934年頃の松竹蒲田撮影所(城戸四郎所長)を舞台に、若き日の斎藤寅次郎、島津保次郎、小津安二郎、清水宏ら気鋭の監督たちが腕を競い、田中絹代(本作のモデル)がスターへの階段を上りかけた映画黄金期(サイレントからトーキー)時代を背景にしている。

今とは違い、映画会社がキャスト(俳優部)、スタッフ(演出部、脚本部、撮影部、照明部、録音部、美術部、編集部など)を抱え、一丸となって映画創りに勤しんでいた時代である。

本作に出てくるサイレント映画キャメラのクランクによる手動スプリング駆動は、実機を用いて撮られているが、同時録音シーンのNCミッチェルのプリンプは、ハリボテではないかと思う。

サイレント映画キャメラのクランクによる手動スプリング駆動は、ジャイロが付いているとはいえ、3コマ落ちると1ステップ、8コマ落ちると1ストップの露光オーバーになる。手動で定速コマ数を維持するのは職人技である。ちなみにトーキーは今日でも24コマ/秒であるが、サイレントは16コマ/秒であった。

蒲田撮影所時代を経験し小津安二郎監督作品の撮影技師である厚田雄春氏は、「蒲田行進曲」「キネマの天地」のどちらも蒲田撮影所の当時の雰囲気が出ておらず、それは無理もないとしながらも、やっぱり物足りないと評している。

私はCF作品で有森也実さんを撮影した事がある。その現場の印象は、大作の主演女優を果たした側面は一切見せず、真摯にテーマである商品を引き立てる芝居に懸命だったと記憶する。
中井貴一さんは、私が撮影チーフ助手最後の作品でフランスロケに行った時にご一緒させて戴いた事があるが、気さくな方であった。

※「蒲田行進曲」は時代劇全盛の東映京都撮影所が舞台。
※大船撮影所については「太陽の墓場」で記述してます。
※本作でサイレント映画のキャメラはミッチェルスタンダード、シンクレア等が使われている。

松竹蒲田撮影所 1920年6月~1936年1月15日 閉鎖
日本映画黎明期をリードする撮影所として一時代を築いた。小津安二郎や成瀬巳喜男、田中絹代、高峰秀子等の映画人を輩出し、国産初の本格的トーキー映画を生み出したのも同撮影所である。

松竹大船撮影所 1936年1月15日~2000年6月30日 閉鎖
それまで松竹は東京市蒲田区(現・東京都大田区)の蒲田撮影所で撮影をしていたが、町工場の多い蒲田では騒音がトーキーの撮影に差し障るという理由から神奈川県鎌倉市大船に移転した。


渥美清、前田吟、倍賞千恵子                油井昌由樹、すまけい、中井貴一

【ストリー】
浅草の活動小屋で売り子をしていた田中小春(有森也実)が、松竹キネマの小倉監督(すまけい)に見出され、蒲田撮影所の大部屋に入ったのは昭和8年の春だった。小春は大震災で母親を失い、若い頃旅回り一座の人気者だったという病弱の父・喜八(渥美清)と長屋でのふたり暮らしだ。蒲田撮影所での体験は何もかもが新鮮だった。ある日、守衛(桜井センリ)に案内されて小倉組の撮影見学をしていた小春はエキストラとして映画出演することになった。だが素人の小春にうまく演じられる訳がなく、小倉に怒鳴られた小春は泣き泣き家に帰り、女優になることをあきらめた。長屋に戻って近所の奥さんにことのいきさつを話している小春を、小倉組の助監督島田健二郎(中井貴一)が迎えにきた。「女優になりたがる娘はいっぱいいるけど、女優にしたい娘はそんなにいるもんじゃない」。健二郎の言葉で、小春は再び女優への道を歩み始めた。やがて健二郎と小春はひと眼を盗んでデートする間柄になった。小春は幸福だった。しかし時がたつにつれ、映画のことにしか興味をしめさない健二郎に少しずつ物足りなさを覚えるようになった。小春の長屋の住人たちは不況下の失業にあえいでいた。そんな中で、唯一の希望はスクリーンに登場する小春だった。夏もすぎ秋になって、小春はプレイボーイとして有名な二枚目スター、井川時彦(田中健)と親しくつき合うようになった。師走に入って、健二郎は、労働運動で警察から追われている大学時代の先輩(平田満)をかくまったとして、留置所に入れられてしまう。その留置所生活で得たのは、かつてなかった映画作りに対する情熱だった。年が明けて、小春が大作の主演に大抜擢された。主演のトップスター川島澄江(松坂慶子)が愛の失踪事件を起こしたため、その代打に起用されたのだ。しかしその大作「浮草」で演技の壁にぶつかって、小春は苦悩した。その小春を、喜八はかつて旅回り一座の看板女優だった母と一座の二枚目俳優のロマンスを語り励ました。実は小春の本当の父親はその二枚目であることも--。「浮草」は成功した。人があふれる浅草の映画館でゆきと「浮草」を見に行った喜八は、映画を見ながら静かに息をひきとった。


松本幸四郎                         田中健

題名:キネマの天地
監督:山田洋次
製作総指揮:奥山融
製作:野村芳太郎、杉崎重美、升本喜年、島津清
脚本:井上ひさし、山田太一、朝間義隆、山田洋次
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男
装置:小島勝男
装飾:町田武
美粧:宮沢兼子、吉野桂子
床山:八木かつら
衣裳:松竹衣装
編集:石井巌
音楽:山本直純
現像:イマジカ
撮影機材:パナビジョン
製作主任:新井重美
製作進行:副田稔、玉生久宗
助監督:五十嵐敬司
プロダクション・コーディネーター:内藤誠、田中康義
風俗考証:林美一、結城一朗
スチール:赤井博且
出演:中井貴一、有森也実、渥美清、松坂慶子、倍賞千恵子、美保純、笠智衆、桃井かおり、田中健、すまけい、岸部一徳、堺正章、柄本明、油井昌由樹、山本晋也、なべおさみ、大和田伸也、広岡瞬、レオナルド熊、石倉三郎、山城新伍、木の実ナナ、下條正巳、三崎千恵子、平田満、財津一郎、ハナ肇、桜井センリ、佐藤蛾次郎、人見明、関敬六、前田吟、吉岡秀隆、笹野高史、藤山寛美、松本幸四郎(9代目)
1986年日本・松竹/ビスタサイズ・カラー135分35mmフィルム
キネマの天地 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


笹野高史、渥美清                     有森也実

映画「下落合焼とりムービー」

下落合焼とりムービー下落合焼とりムービー
所ジョージ

今回は山本晋也監督1979年製作「下落合焼とりムービー」をピックアップする。
前回紹介した「愛染恭子の未亡人下宿」同様に豪華キャストのスラップステイック・コメディだ。内容云々より、所ジョージや柄本明、アルフィーの坂崎幸之助、タモリといった芸能界の大御所たちの若かりし時代の姿を記録した貴重なフィルムでもあり、 チーフ助監督が滝田洋二郎氏である事に驚く。学校のシーンは和光大学がロケ地として使われ、船上パーティーのシーンは客船「スカンジナビア号」だったそうだ。しかし、ラストシーンが岡本喜八監督の「肉弾」そのままには笑った。

下落合焼とりムービー下落合焼とりムービー
柄本明                   坂崎幸之助(アルフィー)

【ストリー】
長田総長以下、西田教授、山田助教授らによる徹底したファッショ教育が行なわれている大日本下落合大学に、ハーレー・ダビッドソンにまたがる軽佻浮薄な 男、矢車栄二がやってて来た。校風とまったくかけ離れた、やたら調子の良い矢車に長田総長の娘、まりが一目惚れしてしまった。一方、まりに密かに思いを寄せていた西田助教授は、まりの気持を知り、矢車を葬ることを決意する。そんな矢車に、大学浄化運動の女リーダー、日本不二子が 接近してきた。不二子は矢車に、長田総長が日本中を騒がせたポッキード事件に関係して、大金をダイアモンドに替え、大学地下金庫に隠しているという事実を 告げる。暫くして、自称大学の若大将こと大山厳が主催するパーティーが校内で開かれた。軟弱派学生たちが集まって青春を謳歌していると、そこへ、パー ティーを潰しに長田軍団の学生たちがやって来た。まりとのデートでパーティーに遅れてやって来た矢車は、そこに、軟弱派学生の惨状を見て、不二子とともに 当局に対し、復讐を決意する。大学は長田軍団の思うがままに半年が過ぎ、大学創立二五周年記念のパーティーが迫っていた。不二子、矢車ら大学浄化運動のグループは、パーティーで大学がカラになった隙に地下金庫を襲う計画を立てる。当日、パーティーが開かれているある船の上で は、日本の影のドン、赤坂と長田総長との間で、ダイアモンドを前に、闇の取引が行なわれていた。そうとも知らず、苦心の末、地下金庫を開けた矢車ら一同、 中を覗いてビックリ。ダイアモンドは船の上と知った矢車ら、それとばかりに船に、向かう。長田軍団、不二子、矢車、それに奇妙なボーイがいり混じって船上 は大混乱。そのとき、総長の情婦、康子の激烈なウィンクで大津波が生じ、ダイアモンドは海の中へ……。口措しがる長田たちを残して、矢車と不二子はモーターボートで船から去っていくのだった。

下落合焼とりムービー下落合焼とりムービー
たこ八郎                                                                   タモリ

題名:下落合焼とりムービー
監督:山本晋也
製作:向江寛城
脚本:赤塚不二夫、高平哲郎、滝大作
撮影:鈴木史郎
照明:出雲静二
録音:東映東京撮影所録音部
音効:赤塚不二夫
美術:大野薫
音楽:クニ河内、所ジョージ 音楽監督:北島肇、 石松宗治 主題歌:所ジョージ 作詞:宇崎竜童 作曲:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
編集:田中修
フィルム:富士フィルムACE
現像:東映化学工業
助監督:滝田洋二郎
スチール:田辺幸雄、川西晋巳
出演:所ジョージ、タモリ、柄本明、佐藤B作、宇崎竜童、内藤陳、たこ八郎、近江俊郎、団しん也、鳥居恵子、土方鉄人、アルフィー(坂崎幸之助・高見沢俊彦・桜井賢)、ビジーフォー(グッチ裕三・モト冬樹・ウガンダ・トラ)、高見恭子、松金よね子、景山民夫、赤塚不二夫
1979年日本・東映セントラルフィルム+獅子プロダクション/ビスタサイズ・カラー86分35mmフィルム
下落合焼とりムービー [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

下落合焼とりムービー下落合焼とりムービー
近江俊郎↑                    ↑赤塚不二夫
下落合焼とりムービー下落合焼とりムービー
高見恭子・佐藤B作                鳥居恵子

 

映画「愛染恭子の未亡人下宿」

愛染恭子の未亡人下宿愛染恭子の未亡人下宿
愛染恭子

今回は山本晋也監督1984年製作「愛染恭子の未亡人下宿」をピックアップする。
“未亡人下宿”大当たりシリーズの第一作目は、1969年に製作され本作で16作目となる。未亡人役は7代目で愛染恭子さんが主演した。今では絶対出演しないであろう”タモリ”、所ジョージ、立川談志、大竹まこと、なぎら健壱など豪華共演陣が凄い。当時、山本晋也監督が出演していた「ツゥナイト(テレビ朝日)」や、今春終了する「笑っていいとも!(フジテレビ)」等のTV番組も映像協力している。内容はナンセンスコメディ・ポルノ仕立てだが、今や共演陣の若き日のノリは貴重でもある。

愛染恭子の未亡人下宿愛染恭子の未亡人下宿
大竹まこと・なぎら健壱             たこ八郎

【ストリー】
未亡人下宿のママ、かつは、夫の遺影を裏返すと仏壇の扉を閉め、社会に巣立ってゆく下宿生を抱いてあげた。これが未亡人下宿のお決まりの出発のセレモニー だ。下宿には国士館大学の万年留学生の尾崎を筆頭に、早稲田の鈴木、慶応ボーイの山本などがおり、新しく東大のヒロシが仲間になった。
下宿生たちは恒例のスキヤキ・パーティーでヒロシを歓迎した。暫くして尾崎の後輩の佐藤も下宿の仲間となった。佐藤はオナニー狂いの尾崎と違って、家庭教 師のアルバイトに精を出す勤勉学生だ。ある日、尾崎たちは下宿の風呂を壊してしまい、ママはしかたなく銭湯に行くことにするが、男湯は、かつの裸を覗こう とする男たちで満員となってしまう。下宿に佐藤の父親が訪ねて来た。かつは佐藤の父が亡き夫にそっくりなのに驚かされる。家出した息子がアルバイトに精出す真面目学生と聞かされ、佐藤の父は大喜び。しかし、尾崎たちがセックス産業で賑わう街を歩いていると、佐藤が電話ボック スにホテトルのビラを貼っているのを目撃する。家庭教師はウソで、尾崎に金を渡すと、父親には黙っていてくれと話す。そして、佐藤はヒロシが思いを寄せる タバコ屋のミドリちゃんとも肉体関係があり、怒った尾崎たちは、佐藤の秘密を父に話してしまい、さらに大学の先輩で大男のオカマに佐藤を犯させてしまう。 数日後、佐藤は失踪してしまい、かつは田舎にいる彼の父を訪ねた。そこでテレビを見ていると、深夜番組で、佐藤が登場、オカマになったけど元気でやってる から心配するなと画面に向つて叫んだ。ある日、ヤクザが下宿にやって来た。鈴木がストリッパーでマッサージ嬢のマリアンヌに毛じらみをうつしてしまったと いう。マリアンヌに替って、ママがストリップの舞台に立つことになった。街中のママのファンが劇場に集まり、まな板本番では、尾崎はジャンケンに敗けて口 惜し涙を流す。その夜、尾崎の思いに、ママは彼を寝室に呼んだ。次の日、未亡人下宿は何事もなかったように、いつもの朝を迎えていた。

愛染恭子の未亡人下宿愛染恭子の未亡人下宿
桜金造・朝吹ケイト            タモリ・立川談志

題名:愛染恭子の未亡人下宿
監督:山本晋也
製作:渡辺護
原作:山本晋也
脚本:山本晋也、吉本昌弘
撮影:志村敏雄
照明:出雲静二
録音:佐藤富士男
美術:斉藤岩男
編集:鍋島惇
現像:東洋現像所
出演:愛染恭子、朝吹ケイト、タモリ、所ジョージ、桜金造、コント赤信号、九十九一、立川談志、なぎら健壱、大竹まこと、佐藤恒治、たこ八郎、所ジョージ、城源寺くるみ
1984年/ビスタサイズ・カラー74分35mmフィルム
愛染恭子の未亡人下宿 [DVD]
2014年1月現在、DVDレンタルはありません。
愛染恭子の未亡人下宿愛染恭子の未亡人下宿

1 2