映画「横浜暗黒街 マシンガンの竜」


菅原文太、三益愛子                  中島ゆたか

今回は岡本明久監督1976年製作「横浜暗黒街 マシンガンの竜」をピックアップする。
本作は、岡本監督のデビュー作で、兇悪ギャング母子が、ハマを牛耳る組織から15億円の麻薬を強奪し、マシンガンの竜と関わる人々が全員死んでしまうという展開になる。マシンガンの竜がマザコンという設定が目新しい。菅原文太さんと母子コンビを組む三益愛子さんのほか、(敬称略)千葉真一、田中邦衛、岩城滉一、中島ゆたか、江波杏子、室田日出男ら豪華キャストが集結している。


江波杏子                          小池朝雄

【ストリー】
横浜暗黒街を牛耳る大組織・睦連合から、大量の麻薬を横取りした矢吹竜太(菅原文太)とマサ(三益愛子)は、強奪、殺人を平気で行なう兇悪なギャングの母子である。15億円にも及ぶ麻薬を、マサは2年後に香港でさばくつもりなのだが、めぐみ(中島ゆたか)という情婦を囲い、次郎(千葉治郎)、光一(岩城滉一)をはじめ多数の子分をかかえている派手好みで遊び人の竜太は、マサに内証で除々に麻薬を持ち出して金に替えていた。しかし、竜太の行動を知った睦蓮合の幹部・大門(中野英治)はニューヨークからバラキの舎弟分の殺し屋2名を呼び寄せ竜太を狙わせた。次々と子分を殺され、やがて身の危険を感じた竜太は、自ら微罪を名乗り出て刑務所に入った。だが、刑務所内にも殺し屋が入り込み、さらに担当の刑事・荒尾(小池朝雄)までが大門の子飼いと知った竜太は身の縮まる思いをする。そんな竜太に正体不明の海老名(田中邦衛)という囚人が近づいた。一方、竜太の留守を守るマサは、睦連合と警察から鋭い追求を受けた事が原因で心臓発作で死んでしまった。マサの死を知った竜太は、海老名の協力を得て脱獄し、海外逃亡すべく、昔なじみの小松(千葉真一)に偽のパスポートを依頼した。だが、小松は海老名を麻薬捜査官と見破り、怒った竜太は海老名を射殺した。そして、竜太を追っていた荒尾刑事を捕えた竜太は、麻薬を隠し場所から運び出す手伝いをさせたうえ、殺した。一方、竜太が麻薬を持って高飛びするのを知った睦蓮合は、殺し屋を総動員して竜太を追跡した。孤立無援となった竜太は昔の情婦・里子(江波杏子)に密航船の手配を頼み、彼女の指示によって竜太とめぐみは小津湊へ向った。しかし、里子は竜太を逃がした後、睦運合の殺し屋の前で自害した。別々にタクシーに乗り込み目的地に向う竜太とめぐみ。その後を殺し屋たちが追った……。


田中邦衛、菅原文太                   石橋蓮司

題名:横浜暗黒街 マシンガンの竜
監督:岡本明久
企画:俊藤浩滋、太田浩児
脚本:松田寛夫
撮影:飯村雅彦
照明:川崎保之丞
録音:井上賢三
美術:中村修一郎
装置:畠山耕一
装飾:米沢一弘
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
刺青:毛利清ニ
ファッション・コーディネーター:北本正孟(菅原文太)
記録:山内康代
編集:戸田健夫
音楽:青山八郎 挿入歌:チェリー・ボーイズ「いとしのエンジェル」
現像:東映化学
進行主任:志村一治
演技事務:山田光男
助監督:福湯通夫
スチール:加藤光男
出演:菅原文太、岩城滉一、千葉治郎、江波杏子、中島ゆたか、三益愛子、千葉真一、田中邦衛、小池朝雄、室田日出男、葉山良二、山本麟一、中野英治、石橋蓮司、相馬剛三
1976年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
横浜暗黒街 マシンガンの竜 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


今井健二、石橋蓮司                   菅原文太

菅原文太、中島ゆたか             横浜暗黒街 マシンガンの竜

映画「花と嵐とギャング」


「花と嵐とギャング」高倉健

高倉健                         鶴田浩二

今回は石井輝男監督1961年製作「花と嵐とギャング」をピックアップする。
本作は、1961年に新東宝が倒産した事で東映に移籍した石井輝男監督の第一作になる。新東宝で「女王蜂の怒り」「女王蜂と大学の竜」などの”女王蜂シリーズ”や「黒線地帯」「黄線地帯」「セクシー地帯」などの”地帯(ライン)シリーズ”などで磨き上げたキレのいい演出が継承されている。


「花と嵐とギャング」小宮光江

小宮光江                         新井茂子、清川虹子、小川守 

【ストリー】
母親をはじめ子供達全部が悪の世界で暮らしている悪党一家があった。母親まさ(清川虹子)は安宿を経営しているが、裏では凄腕の女傑で通っている。長男は香港ジョー(鶴田浩二)の異名をとる国際的大物。長女佐和(小宮光江)は女ながらも前科者、それにスマイリー健(高倉健)という河北組の兄貴株で刑務所帰りを亭主にしているこれまた大変な女。次男正夫(小川守)でさえ一ぱしやくざを気取っている。河北組のツンパの山藤(沖竜次)は、健を蹴落そうと銀行ギャングを計画、その指揮を健に指名した。健は厭がる正夫と、犬猿の仲の殺し屋、楽隊(江原真二郎)とウィスパー(曽根晴美)、それに権爺(打越正八)を加えて綿密な作戦をたてた。銀行ギャングは見事成功するが、そのドサクサにまぎれてウイスパーは、楽隊を撃って逃走した。楽隊は警察病院に収容され一命をとりとめるが、ウイスパーを狙って病院を脱走した。紙弊ナンバーが知られた札とあって、山藤は、略奪金をドルと交換に出かけるが香港ジョーに奪われてしまった。その頃、河北組組長(佐々木孝丸)の暗殺命令を正夫が拒否したため、佐和は正夫がもどってくるための人質となった。正夫は恋人の圭子(新井茂子)とある牧場に隠れていた。それを知った河北組は、山藤、ウイスパーが健を監視して牧場に乗りこんだ。牧場には正夫の身を案じた香港ジョーが、一足先に潜入していたが、佐和の身を思う健はジョーにまで拳銃を向けた。組長の秘密命令を持つウイスパーは、ジョー、正夫もろともに健まで葬り去ろうとした一瞬、突如、楽隊が出現、ウイスパーは倒された。そのすきをみて三兄弟は協力して射ちまくった。三人三様の見事なガンさばきは、山藤達を圧倒、断崖に追いつめられた山藤は、ジョーから取り返した略奪金を手にしたまま谷底に滑り落ちていった。


江原慎二郎                      曽根晴美、小宮光江

題名:花と嵐とギャング
監督:石井輝男
企画:斎藤安代、吉田達
原作:藤原審爾「花と嵐とギャング」
脚本:佐治乾
撮影:星島一郎
照明:原田政重
録音:小松忠之
美術:近藤照男
編集:鈴木寛
音楽:三保敬太郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学(ノンクレジット)
進行主任:白浜汎城
助監督:鷹森立一
スチール:山守勇
出演:高倉健、鶴田浩二、江原慎二郎、曽根晴美、小宮光江、新井茂子、小川守、佐々木孝丸、清川虹子、山本麟一、沖竜次、八代万智子、八名信夫、打越正八、鈴木志郎、潮健児、愛川かおる
1961年日本・ニュー東映(東京撮影所)/シネスコサイズ・モノクロ83分35mmフィルム
花と嵐とギャング -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小宮光江                        高倉健

映画「人生劇場 飛車角」


鶴田浩二                     佐久間良子

今回は沢島忠監督1963年製作「人生劇場 飛車角」をピックアップする。
人生劇場は、1936年に内田吐夢監督が日活で製作したのが始まりで、東宝、大映でも製作されているが、物語の脇役に過ぎない飛車角こと小山角太郎に着目し、スピンオフ作品として作られたのが本作である。
当時の東映社長であり製作総指揮を執った岡田茂氏が、東映京都撮影所で時代劇を中心に活躍していた沢島忠監督を東映東京撮影所に呼び寄せ製作した。描かれた義理と人情と男の悲哀、その中で生きるヤクザ者の姿が、熱狂的な支持を集め大ヒットした。これからヤクザを主体に据えた新しいジャンル「ヤクザ映画」が生まれ、仁侠映画、実録路線、女ヤクザを生んで行ったという。


高倉健                      月形龍之介

【ストリー】
横浜の遊女だったおとよ(佐久間良子)と逃げのびて来た飛車角こと小山角太郎(鶴田浩二)は、小金親分(加藤嘉)の計らいで深川の裏町に住むことになった。そんなある日、小金一家と文徳組は喧嘩になった。一宿一飯の義理を持つ飛車角は、宮川健(高倉健)と熊吉を連れて文徳一家に殴りこんだ。そこで飛車角は文徳(沢彰謙)を刺し殺し、吉良常(月形龍之介)と名のる老人に救われた。吉良常は一目みて飛車角に惚れこんだ。小金の弟分奈良平(水島道太郎)の計らいでおとよと逢った飛車角は、警察に自首、五年の刑で前橋刑務所に服することになった。飛車角の帰りを待つおとよを、奈良平は深川不動の夏祭に誘った。その二人の目の前で小金親分が何者かに殺された。奈良平の冷たい笑いにおとよは総てを察した。おとよは逃げた。そのおとよを宮川が救った。そこで二人は同じような身の上であることを知って自然に結ばれた。だが、宮川はおとよが飛車角の女と知って愕然とした。そして悩んだ。そんな頃、恩赦で飛車角が刑務所を出た。吉良常一人が出迎えに出ていて、おとよと宮川のことを飛車角につげた。飛車角は男らしくおとよをあきらめ、吉良常の勧めるまま吉良へ足を運んだ。吉良で青成瓢(梅宮辰夫)吉と知り会った飛車角は、吉良で骨を埋めようと決心するのだった。吉良常が娘のように可愛がっている料理屋よしだやの娘お千代(本間千代子)も、そうした飛車角を慕うようになった。そうした飛車角のところに宮川とおとよが詫びを入れに来た。飛車角はだまって二人を許してやるのだった。そしてまた何カ月が過ぎた。仁吉まつりの権利をめぐって吉良常は、土地のテキ屋浜勝(山本麟一)と争うことになった。飛車角は単身浜勝おとずれ、仁吉まつりには指一本ふれないという証文をとりあげた。浜勝も飛車角の男らしい態度に手も足も出なかった。
そんなところへ熊吉がやって来た。男を立てようとした宮川が、小金親分を殺したのが奈良平だと知って、単身殴り込みをかけて殺されたというのだ。飛車角はお千代の止めるのもきかず東京へ飛んだ。お千代の泣き声を背にするのはつらかったが、吉良常は分ってくれると思ったのだ。「飛車角来たる!」奈良常一家は沸いた。一家総動員で飛車角を待ちうけていた。これを知ったおとよは、必死になって飛車角を止めたが、「あの世で逢おうぜ」と飛車角はずらりと並んだ刃の中へ飛びこんでいったのだった。


村田英雄                    村田英雄、高倉健

題名:人生劇場 飛車角
監督:沢島忠
企画:岡田茂、亀田耕司、吉田達
原作:尾崎士郎
脚本:直居欽哉
撮影:藤井静
照明:川崎保之丞
録音:大谷政信
美術:進藤誠吾
殺陣:谷俊夫
編集:田中修
音楽:佐藤勝 主題歌:村田英雄「人生劇場」
現像:東映化学
製作主任:白浜汎域
助監督:田口勝彦
出演:鶴田浩二、高倉健、佐久間良子、月形龍之介、村田英雄、梅宮辰夫、本間千代子、曽根晴美、山本麟一、田中春男、加藤嘉、潮健児、水島道太郎、沢彰謙
1963年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
人生劇場 飛車角 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


人生劇場 飛車角」高倉健、佐久間良子      鶴田浩二、高倉健

1 2 3 11