映画「必殺仕掛人 春雪仕掛」


緒形拳                          岩下志麻

今回は貞永方久監督1974年製作「必殺仕掛人 春雪仕掛」をピックアップする。
本作は、仇役に岩下志麻さんを迎えて制作され、劇場版第3作にしてシリーズ最終作。原作「春雪仕掛針」の名を冠しているが、原作の内容とは全く違うオリジナルストーリーである。


林与一                                                                   竜崎勝

【ストリー】
正月の雪の降る夜、漆器問屋の一家が惨殺された。この事件は、半年前、ここに後妻に入ったお千代(岩下志麻)が盗賊の首領であり、彼女の手引きによるものだった。この真相を知っているのは、昔は盗っ人で今は堅気となっている、お千代を育てた小兵衛(花澤徳衛)だけだった。小兵衛は千代を立直らすには彼女の子分たち--勝四郎(夏八木勲)、三上(竜崎勝)、定六(地井武男)--を殺すしかないと考え、仕掛人音羽屋半右衛門(山村聡)に三人の始末を依頼した。半右衛門の命を受けた梅安は、まず、定六を風呂屋の中で殺した。そして、三上は小杉十五郎の剣に倒れた。次に勝四郎を狙った梅安は、勝四郎が千代の情夫であるのを知ると同時に、千代は、昔、自分が女にした女であることを知った。千代が次に目をつけたのは大阪屋で、そこの手代幸太郎(村井国夫)の誘惑に成功するが、幸太郎は勝四郎に殺されてしまった。そんなある日、千代は梅安を尋ね、勝四郎殺害を依頼した。だが、これは千代と勝四郎の罠で、梅安は捕えられ、定六たちの殺しの依頼者を聞き出そうとする勝四郎の拷問を受けた。その時、梅安を救いに、小兵衛が現われ、自分は殺されてしまった。ある雪の夜、大阪屋の金蔵を勝四郎一味が襲った。しかし、金蔵の中に入っていたのは半右衛門と小杉。一転して修羅場と化した蔵の中で、盗賊たち、そして勝四郎が次々と死んでいった。一味の帰りを待つ千代の前に、梅安が立った。「梅安さんのお内儀さんになりたかった」とすがるように言う千代のうなじに、梅安の殺し針が突き刺さった。


岩下志麻、花澤徳衛                   夏八木勲、高橋長英

題名:必殺仕掛人 春雪仕掛
監督:貞永方久
製作:織田明
原作:池波正太郎「春雪仕掛針」
脚本:安倍徹郎
撮影:丸川恵司
照明:三浦礼
録音:平松時夫
調音:松本隆司
美術:梅田千代夫
装置:川添善治
装飾:印南昇
擬斗:湯浅謙太郎
衣裳:松竹衣装
かつら:八木かつら店
編集:太田和夫
音楽:鏑木創 主題曲:平尾昌晃
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製作進行:玉生久宗
助監督:熊谷勲
スチール:長谷川宗平
出演:緒形拳、岩下志麻、林与一、山村聡、夏八木勲、地井武男、花澤徳衛、竜崎勝、村井国夫、佐々木孝丸、高橋長英、相川圭子、荒砂ゆき
1974年日本・松竹京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
必殺仕掛人 春雪仕掛 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緒形拳、林与一                   山村聡、緒形拳

映画「必殺仕掛人 梅安蟻地獄」


緒形拳                           林与一

今回は渡邊祐介監督1973年製作「必殺仕掛人 梅安蟻地獄」をピックアップする。
本作は、“必殺仕掛人”シリーズ第二作目である。テレビ版「必殺仕掛人」に見慣れた観客からの要望で、メインキャスト2人がテレビ版の緒形拳さん、林与一さんに変更された。原作で活躍した浪人剣士、小杉十五郎が登場し、林与一さんが好演している。


松尾嘉代                      津坂匡章、緒形拳

【ストリー】
鍼医者・梅安(緒形拳)は、ある夜、一人の浪人に本道医師・宗伯(小池朝雄)と間違えられて襲われた。人違いと知ったその浪人は闇に消えた。数日後、梅安は仕掛の元締・半右衛門(山村聡)から伊豆屋長兵衛(佐藤慶)の暗殺を頼まれた。伊豆屋は5年前に江戸に来て以来、急速に財をなしており、その私生活は謎につつまれていた。ある日、梅安は伊豆屋と宗伯が密会しているのを張り込んでいたところ、先日の浪人も宗伯を見張っていた。浪人は小杉十五郎(林与一)と名乗り、薄幸な女郎お仲(津田京子)の母を犯し自殺に追いやった宗伯を狙っていたのだった。やがて調査で宗伯と伊豆屋の過去が判明した。伊豆屋は紀州家の侍であったが、藩内部の政権争いで、二人の家老のために宗伯から毒薬を手に入れ、藩主を秘かに毒殺したのだった。以後、侍を捨てた伊豆屋は、家老から金を強請っていたのだった。伊豆屋の仕掛を依頼したのもその家老だった。一方自分たちが狙われていると察知した伊豆屋は、宗伯を甲府へ逃がし、他の仕掛人に梅安、小杉の殺しを依頼した。梅安の家に罠が仕掛けられた。帰って来た梅安と小杉に襲いかかる殺し屋たち。それは一度入ったら抜けられぬ蟻地獄だった。危機に立つ二人だったが、かけつけてきた半右衛門の助けでどうやら助かった。殺し屋の一人から宗伯の居場所を聞き出した小杉は、すぐ後を追い、斬った。祭りの夜、やぐらの上で銭まきをしていた伊豆屋が転落した。騒ぎをよそに、面を被った梅安が、くわえた針を納め、人ごみを離れた。


佐藤慶                          小池朝雄

題名:必殺仕掛人 梅安蟻地獄
監督:渡邊祐介
製作:織田明
原作:池波正太郎「梅安蟻地獄」
脚本:宮川一郎、渡邊祐介
撮影:小杉正雄
照明:佐久間丈彦
録音:中村寛
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平
装置:森勇
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣装 かつら:八木かつら店
殺陣:湯浅謙太郎
編集:寺田昭光
音楽:鏑木創 主題曲:平尾昌晃
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:小尾健彦
出演:緒形拳、林与一、津坂匡章(秋野太作)、松尾嘉代、山村聡、佐藤慶、小池朝雄、岩崎和子、津田京子、ひろみどり、野村昭子
1973年日本・松竹京都撮影所/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
必殺仕掛人 梅安蟻地獄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


林与一、緒形拳、津坂匡章               緒形拳、山村聡

映画「影の軍団 服部半蔵」


影の軍団 服部半蔵

渡瀬恒彦                        緒形拳

今回は工藤栄一監督1980年製作「影の軍団 服部半蔵」をピックアップする。
本作は、忍者・服部半蔵がもしも2人いたらというユニークな着想で描かれたものだ。当初は千葉真一さんが服部半蔵役を予定していたが降板し、渡瀬恒彦さんが起用されたという経緯がある。


西郷輝彦                       森下愛子

原田エミ                       森下愛子

【ストリー】
慶安4年、徳川政権は表向きは安泰の色を呈していたが、江戸城内では、三代将軍・家光が急死したため、混乱のるつぼと化していた。副将軍・水戸光圀(金子信雄)をはじめとする御三家は、光圀の実弟で会津藩主、保科正之(山村聡)を世継ぎ家綱の補作役と決め、事態の収拾を計った。一方、老中筆頭、松平伊豆守(成田三樹夫)は権力を維持するために密かに策を練っていた。伊賀忍者、服部には上下二家があり、上は隠れ名にて常に世人に混わり、下は草に生き機に乗じ時に応じ現われる。上の服部半蔵(西郷輝彦)は隠れ名を由比民部と称した。下半蔵(渡瀬恒彦)は大名屋敷を狙う盗賊の頭でもある。下半蔵は伊豆派の内藤山城守の屋敷に押し入るが失敗し、伊豆守に引き会わされる。下半蔵は、保科正之の首を取れば許してやるという伊豆守の甘い言葉を信じてしまう。伊豆守の影には甲賀忍者の頭目、甲賀四郎兵衛(緒形拳)が控えている。下半蔵は正之の屋敷に忍び込むが、警備に見つかり、上半蔵に助けられ、なんとか脱出する。政権を狙う上半蔵はこの事件を機会に正之に接近。数日後、正之は光圀によって執政職に命じられ、上半蔵の思い通りに事は運んだ。だが伊豆守も金を使い優位な立場にたとうと光圀へ莫大なワイロを送る。そして、家綱の生母、お楽の方(中島ゆたか)に取り入り、四郎兵衛の娘、千里(森下愛子)を大奥へ潜入させることに成功。伊豆守は、家綱側仕えの青山図書(三浦洋一)らの意見を無視して、お世継の日光参詣を強引に決行する。そして、日光へ向う行列の中、家綱(上田孝則)の姿が消えてしまった。四郎兵衛の仕業だ。下半蔵は女忍者小萩(原田エミ)を大奥に潜入させ千里の後をつけ、四郎兵衛の隠れ家をつきとめるが、あと一歩のところでとり逃してしまう。図書は伊豆守の陰謀で、ぬれぎぬを着せられたまま殺され、正之は執政職を返上、上半蔵の由比道場にも、正之に加担していたと伊豆守の手の役人が乱入して来る。上半蔵は道場に火を放ち、下半蔵の隠れ家に逃げ込む。そこへ、家綱は伊豆守の城内鬼門櫓に閉じ込められている知らせが入った。鬼門櫓は初代半蔵が飛騨の工匠によって作らせたもので、櫓を一挙に崩してしまう仕掛が施してあり、それは半蔵家に伝わる秘伝であった。家綱救出に、鬼門櫓に向う上半蔵と下半蔵。櫓上層部に斬り込む上半蔵は応戦する四郎兵衛の腹に大クナイを突き刺す。下半蔵は両者の死闘の脇をすり抜け、家綱を抱え櫓を脱出。その時、凄じい亀裂が櫓全体に走り、最後の呻きのような異様な爆音とともに、上半蔵と四郎兵衛を呑み込んだ鬼門櫓は崩れ落ちていった。翌朝、城中で新将軍家綱御宣下の儀が滞りなく行なわれていた。無称の大名として列座している正之。伊豆守が得意満面で家綱を勅使対面の席に導く。一同が平伏したとき、天井が開き、伊豆守と家綱の前に下半蔵が飛び降りて来た。呆然となる伊豆守。平伏したままで気づかない諸侯。家綱が半蔵を見て笑いかけたとき、下半蔵の抜き討ち一閃。伊豆の絶叫で一斉に顔をあげる一同。しかし、事すでに遅く、伊豆守は血の海に横たわり、死んでいたのだった。


山村聡                        成田三樹夫

題名:影の軍団 服部半蔵
監督:工藤栄一
企画:翁長孝雄、日下部五朗、松平乗道
脚本:高田宏治、志村正浩、 山田隆之
撮影:中島徹
照明:海地栄
録音:溝口正義
美術:井川徳道、山下謙爾
装置:三浦公久
装飾:山田久司
背景:平松敬一郎
衣装:岩逧保
美粧・結髪:東和美粧
擬斗:菅原俊夫
記録:梅津泰子
編集:市田勇
特撮監督:矢島信男(特撮研究所)
撮影:増田敏雄(特撮研究所)
操演:鈴木昶(特撮研究所)
美術:松原裕志(特撮研究所)
特技:崎津均、竹内誠治、藤川聡、吉田昌雄、黒崎誠輝(特技TAC)
音楽:原田祐臣
進行主任:山本吉応
助監督:藤原敏之
スチール:中山健司
出演:渡瀬恒彦、西郷輝彦、緒形拳、森下愛子、原田エミ、中島ゆたか、三浦洋一、山村聡、蟹江敬三、成田三樹夫、金子信雄、仲谷昇、藤田まこと、上田孝則
1980年日本・東映/シネスコサイズ・カラー133分35mmフィルム
影の軍団 服部半蔵 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


蟹江敬三                     影の軍団 服部半蔵

1 2 3