映画「白い野獣」

白い野獣白い野獣
三浦光子                        山村聡

今回は成瀬巳喜男監督1950年製作「白い野獣」をピックアップする。
本作は「ゴジラ(1954年)」以降、東宝の看板シリーズとなった怪獣・SF映画のほとんどをプロデュースした名匠である田中友幸氏の田中プロダクション制作である。内容は、1957年に売春禁止法が施行される以前の売春婦の更生施設”白百合寮”を巡る物語で、当時としては先進的な内容であった様に見受けるが、私が生まれる前の作品であり、ディテールは分からない。

白い野獣白い野獣
飯野公子                        岡田英次

【ストリー】
ここ白百合療では多くのヤミの女に強い自覚と生活のよろこびを与えるため青年療長泉(山村聡)と理知的な女医中原(飯野公子)が、自分を忘れて尽していた。新しく療へ入って来た啓子(三浦光子)は、自分の踏んで来た道を間違ったものと考えていなかった。「きょう楽と共に自分の生活が苦もなく続けられたことがどうして間違ったことであろう、汚れた女だとひとはいう、しかし私が求めた喜びがどうして汚れているというのだ」と彼女は思う。だが泉は「身体の問題じゃない、そのことが間違ったことであるとわかるのは君が本当に何かに愛情を感じたときにはじめてわかることだ、今はただここで真面目に働らけばいい」そういって聞かせるのだ。中原は泉の寛い愛情の中で、同性のために働らくことが幸せであった。そしてそのような正しい生き方をしている泉や中原をみる啓子の心はしだいに自分自身のあゆんで来た道へのキグがうまれてきた。それは泉へのいつか芽生えた女の心であったかもしれぬ。そのころ、療生の一人玉江(北林谷栄)は脳ばい毒で気が狂って死んでいった。最後まで女の肉体の尊さを知ることなく--。そして同じころまだ少女のあどけなさの残っているマリ(木匠久美子)は新しい生命を宿していた。それらを知った啓子の心は急に何か知らぬ大きな転換をはじめた。だがすでに享楽はけがれでないと信じていた彼女の肉体も病魔に襲われていた。ばい毒性視神経交さ炎がそれであった。眼がいたみ、そして次第に明るさを失っていく彼女の耳に、マリの赤ん坊の産声が聞えた。しらじらと夜が明けた。啓子はすでに心のさく乱がなかった。朝の庭に泉と中原が夜明けの誕生を喜びあい、「すべての女が母というものをいつも感じていたら多くの間違いがなかったのに--」と語りあっている姿が、光を浴びて立っていた。

白い野獣白い野獣
飯野公子                        千石規子

題名:白い野獣
監督:成瀬巳喜男
製作:田中友幸
脚本:西亀元貞、成瀬巳喜男
撮影:玉井正夫
照明:島百味
美術:平川透徹、武田正夫
録音:三上長七郎
編集:坂東良治
音楽:伊福部昭
現像:東宝現像所
製作主任:眞木照夫
演出補佐:川西正義
出演:三浦光子、山村聡、岡田英次、飯野公子、中北千枝子、木匠くみ子、千石規子、北林谷栄、石黒達也、登山晴子、河野糸子
1950年日本・東宝+田中プロダクション/スタンダードサイズ・モノクロ92分35mmフィルム

白い野獣白い野獣
飯野公子、山村聡                    白い野獣

映画「美しさと哀しみと」

美しさと哀しみと美しさと哀しみと
加賀まりこ                      八千草薫

今回は篠田正浩監督1965年製作「美しさと哀しみと」をピックアップする。
本作は川端康成氏の同名小説を映画化したもので、1985年にはフランスのジョイ・フルーリー監督によりリメイクされている。美しい二人と耽美世界は、京都が良く似合うと思った。

美しさと哀しみと美しさと哀しみと
山村聡                       渡辺美佐子

【ストリー】
鎌倉に住む作家大木年雄(山村聡)は、新しい年を京都で迎えたいと心誘われていた。大木の心の中には、京都で絵筆をふるう上野音子(八千草薫)の面影がよぎった。20年前大木は、妻子ある身で少女であった音子を愛した。大木の子供をみごもった音子は、その日から平凡な女の倖せを奪われ、死産というショックを経て、自殺を計った。そして大木はこの事件を描いた作品で文壇に地位を築いたのだった。大木が京都を訪れた時、迎えに出たのは音子の弟子の坂見けい子(加賀まりこ)だった。そして音子と会った大木は、その冷やかな態度に、ある虚しさが残った。唯、「少し気違いさんです」と紹介されたけい子の妖しい魅力に、惹かれるものがあった。けい子は、音子を姉のように慕っていたが、音子から大木の話を聞くと、彼女は大木への復讐を誓った。梅雨の頃、けい子は自作の絵をもって、鎌倉の大木の家を訪ねた。私立大の講師をする一人息子太一郎(山本圭)の案内で、けい子は楽しい日を過した。その夜けい子は大木に抱かれた。けい子から大木との、一夜を聞いた音子は、なぜか嫉妬心にかられた。年月がたつにつれ、音子の心の中で大木との交情が浄化されていた。そして、妖しいけい子との同性愛に溺れる音子であった。夏のある日、京都を訪れた太一郎を、けい子は琵琶湖へ誘った。「音子先生の復讐を太一郎さんでやるんだ」けい子の心は高なった。小倉山の二尊院で太一郎はけい子を抱いた。翌夕、モーターボートに乗った二人は、沖へと出た。音子がラジオのニュースを聞いてかけつけた時、けい子はベッドに寝かされ、太一郎は行方不明のまま、捜索船が動きまわっていた。けい子の寝顔に涙がひと筋光っていた。

美しさと哀しみと美しさと哀しみと
山本圭                     八千草薫、加賀まりこ

題名:美しさと哀しみと
監督:篠田正浩
製作:佐々木孟
原作:川端康成
脚本:山田信夫
撮影:小杉正雄
照明:青松明
録音:栗田周十郎
調音:吉田庄太郎
美術:大角純一
装置:高橋利男
編集:杉原よ志
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
進行主任:峰順一
監督助手:麓川繁利
渉外交渉:大久保安夫
絵:池田満寿夫
題字:金森磐
着物:十日町織物
衣装考証:内藤新 衣装協力:市原亀之介商店
スチール:長谷川宗平
出演:加賀まりこ、山村聡、八千草薫、山本圭、渡辺美佐子、杉村春子、中村芳子、中西杏子、佐藤芳秀、鈴木房子、朝生郁子
1965年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー106分35mmフィルム
美しさと哀しみと -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

美しさと哀しみと美しさと哀しみと
美しさと哀しみと

美しさと哀しみと
美しさと哀しみと

映画「世界大戦争」

世界大戦争世界大戦争
フランキー堺                       宝田明
世界大戦争世界大戦争
星由里子                           乙羽信子

今回は松林宗恵監督1961年製作「世界大戦争」をピックアップする。
本作は、冷たい戦争と呼ばれた自由主義陣営と共産主義陣営との世界的対立構造と1947年の米国のマーシャル・プラン以降のヨーロッパに於ける東西軍事ブロックの確立、そして1961年にキューバ危機が起こり、ほんとうに核戦争の危機が迫った時代に作られた真に迫った作品である。当時の製作費で3億円、構想3年、4千名を越すエキストラ、そして特撮班が総力を挙げて水爆に見舞われた東京の姿を描き出している。東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、モスクワが、核ミサイルによって破壊されるクライマックスシーンは、天地を逆にしたミニチュアの下から圧縮空気を吹き出させる方法で撮影されたそうだ。

世界大戦争世界大戦争
笠智衆、白川由美                     山村聡

【ストリー】
世界各地に連鎖反応的に起りつつある侵略と闘争は、全人類の平和を危機に追いつめていた。核戦争の鍵を握る同盟国側と連邦国側は、一触即発の状態を続けていた。戦争が始まったら、間違って押したボタン一つからでも音速の十倍以上で飛んでくるミサイルが、全人類を灰にし、地球は取返しのつかないことになってしまう。全人類が一つになって原水爆禁止のための何かをしなければならないのだ。アメリカ・プレス・クラブの運転手田村茂吉(フランキー堺)は裸一貫からささやかな幸せを築いてきた。娘冴子(星由里子)と二階にいる通信技師高野(宝田明)とは恋人同士で原水爆のことを真剣に考えていた。貨物船笠置丸船上で、突然夜空にオレンジ色から紫紅色へと膨らむ不思議な物体を見た高野は、冴子のもとへの帰途、胃潰瘍手術で九死に一生を得た船のコック長江原(笠智衆)を見舞った。彼は保母をやっている娘早苗(白川由美)や子供達に囲まれて生きる素晴しさを感じていた。連邦軍基地で核弾頭を装填したミサイルが手違いで発射されそうになった折、同盟国ICBM陣地でも作業員のミスからダイナマイトが暴発、核弾庫の誘爆の危機に襲われた。そうなれば世界は破滅だと判断した司令官は命を賭して起爆装置をはずした。皆、一兵卒に至る迄心から平和を念じているのだが……平和の願いはパリ首脳会談に託された。記者ワトキンス(ジェリー伊藤)を車で送った茂吉はこれらの状勢は金儲けのための株の変動への期待としか考えられなかった。そして神経痛に顔を歪めるお由(乙羽信子)に代って、庭にチューリップの球根を埋めてやるのだった。バーング海上で連邦軍と同盟軍編隊機の衝突から戦闘状態に入り、くすぶり続けた各地の侵略と闘争は再開され、日本政府は徒らに平和と停戦を呼び続けるのみだった。日本国内基地から飛び立った連邦軍爆撃機への報復として、同盟国の原子爆弾はロケットを発射し、東京は混乱の巷と化し、恐怖は全ての人を捉えた。保育園では早苗がなす術もなく、逃げまどう人々の心には平和を願い続けたのになぜ殺されねばならないのだ!と一様に去来した。冴子は無電機で高野の送信をキャッチした。「コーフクダッタネ……」やがて火球が東京を包み第三次世界大戦が勃発、巨大なビルは破片となって散り、全てが数万度の熱に晒された。ニューヨークでもパリでもモスコーでも……津波の後の静かな洋上を笠置丸は再び東京へ向っていた。東京の最期を見たのは高野達乗組員だけだろう。流れくる放射能のために生きて戻ることは不可能でも高野は帰りたいと思った。全世界がもっと早く声を揃えて戦争を反対すればよかったものを……あらゆる良識を無視して世界大戦は勃発し、そして終ったのだ。

世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)
世界大戦争世界大戦争
フランキー堺、星由里子、乙羽信子            東野英治郎

題名:世界大戦争
英題:THE LAST WAR
監督:松林宗恵
製作:藤本真澄、田中友幸
脚本:八住利雄、木村武
撮影:西垣六郎
照明:森弘充
特機:矢島袈裟夫、加賀見正友
録音:矢野口文雄
整音:下永尚
音響:北沢靖 (パースペクタ立体音響)
美術:北猛夫、安倍輝明
大道具:小川重太郎、田中喜一、大谷忠雄
舞台組付:徳竹信義
小道具:建守末好、佐伯慎也
衣裳:岩井正晴
結髪:鈴木和子
記録:米山久江
編集:岩下広一
音楽:団伊玖磨
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:森本朴
製作進行:江口英彦
演技事務:松山元計
助監督:田実泰良
監督助手:岩内克己、砂原博泰、千葉隆司
撮影助手:永井仙吉、志田篤弘、宝田武久、入口勝男
照明助手:秋池深仁、大口良雄、宮下義雄、北川忠利
録音助手:田中信行、山田守、影山修
美術助手:育野重一、鈴木一八、秋森直美
【特殊技術】
監督:円谷英二
撮影:有川貞昌、富岡素敬
美術:渡辺明
照明:岸田九一郎
特機:中代文雄
火薬:山本久蔵、渡辺忠昭
石膏:利光貞三、安丸信行
造型・造形:利光貞三、八木康栄、八木勘寿、開米栄三
光学撮影:幸隆生、徳政義行
合成撮影:三瓶一信、鵜飼啓一
合成作画:石井義雄、塚田猛昭
光学作画:幸隆生、飯塚定雄、茂田江津子、黒川博通
編集:石井清子
製作担当:成田貫
製作進行:関和郎
助監督:浅井正勝
スチール:田中一清
出演:フランキー堺、宝田明、星由里子、乙羽信子、白川由美、笠智衆、ジェリー伊藤、東野英治郎、山村聡、上原謙、河津清三郎、中村伸郎、中北千枝子、富永裕子、阿部浩司
1961年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー110分35mmフィルム
世界大戦争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

世界大戦争世界大戦争
星由里子、宝田明                      星由里子
世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)

1 2 3 4