映画「必殺仕掛人」


田宮二郎                      高橋幸治、田宮二郎、山村聰

今回は渡邊祐介監督1973年製作「必殺仕掛人」をピックアップする。
本作は、1972年9月から1973年4月まで朝日放送と松竹京都撮影所で制作された人気テレビ映画(16mm)「必殺仕掛人(全33話)」を映画化したものだ。藤枝梅安役は、テレビ版の緒形拳さんから田宮二郎さんが映画第1作で演じている。その後1973年に映画版「必殺仕掛人 梅安蟻地獄」1974年「必殺仕掛人 春雪仕掛針」で再び藤枝梅安役を緒形拳さんが演じている。


川地民夫、野際陽子                    森次晃嗣

【ストリー】
鍼医者・藤枝梅安(田宮二郎)は、仕掛人の元締・音羽屋半右衛門(山村聡)から前金二十五両と引換えに日本橋蝋燭問屋・辻屋文吉の後添いお照(川崎あかね)を殺した。お照は、盗っ人稼業駿府の音蔵の娘で、音蔵が乾分の徳次郎(浜田寅彦)に殺された後は、孫八(川地民夫)と組んで悪事を重ねていた。その上、老い先短い文吉(穂積隆信)をたぶらかして後妻に入り込み辻屋の身代を狙っていた。文吉がお照の仕掛を依頼したのもそのためであった。翌日、梅安は血の匂いを消すため、今では梅安の助っ人となっている徳次郎を連れて甲州へ旅立った。二人の後を、梅安のお照殺しを目撃していた孫八が尾けていた。その夜、徳次郎は裏切者として孫八に殺された。仕掛人西村左内(高橋幸治)は研師を稼業としていたが、その喧嘩さばきを買われて、八丁堀同心峯山又十郎(室田日出男)から町方同心になることをすすめられていた。ただし、与力、組頭への手土産として三十両が必要だという。だが、それは又十郎の地位利用のユスリタカリだった。街はずれの私娼宿の女将・お吉(野際陽子)は、上野界隈を縄張りとする香具師・三の松の平十(河村憲一郎)の妾だが、今では平十の乾分になっている孫八とも深い仲であった。やがて、病弱な平十は、度々難癖つけてユスっていた又十郎の殺しを音羽屋に依頼して息を引き取った。平十の弟分・聖天の大五郎(三津田健)もあらためて又十郎殺しと、そしてお吉の仕掛を依頼した。音羽屋は、又十郎を左内に、お吉の仕掛を梅安に命じた。左内の大刀が一閃した。又十郎は愛妾の絶叫を聞きながら死んでいった。一方、梅安は、お吉と孫八が情欲の後、熟睡している時を狙って殺した。平十の遺児・為吉(森次晃嗣)は、お吉、孫八、又十郎と邪魔者が亡くなって平十の縄張りを継いだ。ところが、大五郎はかねてからの計画通りに、為吉を殺し、縄張りを手中にした。だが、大五郎に利用されたと知った音羽屋は、大五郎を許さなかった。音羽屋の白扇の柄からスッと抜かれた細い刃が一閃した……。数日後、音羽屋、梅安、左内が酒を交わしていた。そして、梅安が淋しそうに言った。「あのお吉の目が、おふくろの目にそっくりだったんですよ……。」


野際陽子                                                                  浜田寅彦

題名:必殺仕掛人
監督:渡邊祐介
製作:織田明
原作:池波正太郎
脚本:安倍徹郎、渡邊祐介
撮影:小杉正雄
照明:佐久間丈彦
録音:中村寛
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平、佐藤之俊
装置:小島勝男
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣装
かつら:八木かつら店
刺青:北島一男
擬斗:湯浅謙太郎
編集:寺田昭光
音楽:鏑木創 主題曲「荒野の果てに」
現像:東映化学
製作主任:峰順一
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:長谷川宗平
出演:田宮二郎、高橋幸治、山村聰、野際陽子、川地民夫、津坂匡章(秋野太作)、森次晃嗣、浜田寅彦、三津田健、室田日出男、谷村昌彦、穂積隆信、川崎あかね
1973年日本・松竹京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
必殺仕掛人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高橋幸治、室田日出                   必殺仕掛人

映画「瘋癲老人日記」


「瘋癲老人日記」若尾文子

若尾文子                          山村聰

今回は木村恵吾監督1962年製作「瘋癲(ふうてん)老人日記」をピックアップする。
本作は、谷崎潤一郎氏の原作を映画化したものだが、足部に非常に強い誘惑を覚えるフット・フェティシズムとマゾヒズムを描いた濃密な演出に刺激を受ける。裸体そのものを映す事をしなくても、エロスを表現出来るのは、恐らく若尾文子さんの演技、表情、仕草が天性のものだからこそ成功しているのではないか?


川崎敬三                      東山千栄子、丹阿弥谷津子

【ストリー】
77歳の卯木督助(山村聰)は、軽い脳溢血で寝たり起きたりの日日を送っている。それに今では完全に不能である。が、--不能ニナッタ老人ニモ或ル種ノ性生活ハアルノダ--と思っている。そんな督助の性と食欲だけの楽しみを息子浄吉(川崎敬三)の嫁、颯子(若尾文子)は察している。ある日、老人がベッドでぼんやりしていると、突然浴室の戸が開き、颯子が顔を出した。「アタシ、シャワーノ時ダッテ、ココ閉メタコトナイノヨ」老人を信用しているからか、入って来いというのか、老いぼれの存在なぞ眼中にないのか、なんのためにそんなことを言うのだろう。夜になりシャワーの音がして来た。幸い誰もいない。老人は浴室へにじりよった。「入リタインデショ、早ク入ッテ……」。老人のあぶない足元が水に濡れてすべりそうになる。それでも颯子の足に取りすがる老人。「足ニ接吻スルクライ、オ許シガ出タッテヨサソウナモノダ」「ダメ! アタシソコハ弱イノヨ」--。「アアショウガナイ、ジャア、モ一度、ヒザカラ下ナラ許シテヤル!一度ダケヨ」その接吻の代償に老人は颯子に、従兄の春久(石井竜一)にバスを使わせることを承知させられた。颯子と春久は出来ているのだろうか?……。ある夜、また老人の部屋で颯子と二人になった。やにわに背後から抱きすくめ首筋へ接吻する老人。「オ爺チャン、イヤダッタラ、誰ガソンナコトシロト言ッタノヨ、ネッキングナンテ」いきなり床に手をつき三拝九拝する老人。「ジャ、ナンデモワタシノコトキク?」結局老人は300万もする猫眼石の指輪をせしめられてしまった。秋が来て、冷たい風が吹き始める。京都へ来て老人にひとつのアイデアが生まれた。自分の墓に仏足石を彫ろうというのだ。その足型は、颯子のものでなければならない。宿で老人はいやがる颯子の足の裏に朱墨を塗り、ちょうど魚拓を作るような足型をとった。何度も何度も良いものが出来るまで異常なまでに続けた。晩秋の卯木家でブルトーザーの唸りが騒々しい。庭の一角にプールを作ろうというのだ。それを見つめる老人の若々しい眼。「プール作ッテネ、ソシタラ、アタシ泳グノ見セテアゲル」。老人はたった一つのこの言葉を何度もくりかえしていた。


「瘋癲老人日記」若尾文子

「瘋癲老人日記」山村聰 ※この足は若尾文子さんではなく代役(パーツモデル)である。

題名:瘋癲老人日記
監督:木村恵吾
企画:藤井浩明
製作:永田雅一
原作:谷崎潤一郎
脚本:木村恵吾
撮影:宗川信夫
照明:柴田恒吉
録音:須田武雄
美術:柴田篤二
編集:鈴木東陽
音楽:小川寛興
現像:東京現像所
製作主任:松本賢夫
助監督:阿部志馬
スチール:宮崎忠郎
出演:若尾文子、山村聰、川崎敬三、東山千栄子、村田知栄子、丹阿弥谷津子、倉田マユミ、藤原礼子、石井竜一
1962年日本・大映/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
瘋癲老人日記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山村聰                       若尾文子、山村聰

映画「穴」

穴穴
京マチ子

今回は巨匠市川崑監督1957年製作「穴」をピックアップした。
本作はロマンティック・コミック・スリラーというジャンルだそうだが、60年近く前の映画としては抜群にテンポが良い。日本映画が鈍調というのは作品であり、当時から市川崑監督はその様な事はしないのだ。
また大女優京マチ子さんの七変化は、当時の人気女優ぶりが伺える。(今もご健在だ)
奇妙なカメラアングルは名匠小林節雄氏が担当されている。

【市川崑監督略歴】
1915年11月20日、三重県生まれ。1933年にアニメーターとしてJ.O.スタヂオに入社、1936年に短編アニメ「新説カチカチ山」を手がける。
1948年「花ひらく」で映画監督としてデビュー。和田夏十と結婚。
1956年「ビルマの竪琴」でベネチア国際映画祭サン・ジョルジオ賞を受賞。以後、1964年の「東京オリンピック」まで毎年のように話題作・傑作を生み出す。その後も1976年に「犬神家の一族」1983年「細雪」を発表し、存在感を示した。2008年2月13日、死去。

【追記。訃報】
女優の京マチ子(本名・矢野元子=やの・もとこ)さんが、2019年5月12日に心不全のため都内の病院で亡くなったと、14日、東宝が発表した。享年95。京さんの生前の遺志により、この日、石井ふく子さん(92)ら数名の友人の立ち会いのもと、密葬が営まれた。石井さんによると、数年前、京さんがハワイへ赴き、自ら手配したお墓に入るという。京さんは49年に映画会社の大映に入社し、女優デビュー。映画「羅生門(1950年)」「雨月物語(1953年)」など数々の名作に出演した。遺作は2006年の舞台「女たちの忠臣蔵(石井ふく子演出)」。
スポーツ報知5/14(火) 17:25配信

穴穴
船越英二、京マチ子          春本富士夫、山村聰、船越英二

【ストリー】
有能な美人記者北長子は、鳥飼巡査から聞き出した材料で、猿丸警部をモデルにした汚職警官の記事を書いて、文芸公論を馘になった。悲観している長子に友達の赤羽スガが、長子自ら一カ月間この世から失踪して、そのルポルタージュを書き、その長子を探す懸賞募集というプランを、雑誌社に売りこめとすすめた。長子は週刊ニッポン社と契約して、スガの紹介で第億銀行の白州に資金を借りに行った。白州は部下の千木や六井と共謀して、自分たちの預金横領の犯人に長子を仕立てようとたくらんだ。ある日、長子は例の記事のために、警官を免職になり千葉に帰って私立探偵になるという鳥飼に会った。失踪完遂の前日、変装した長子は白州をたずねた。そこではからずも、長子の替玉の中村竹子のいることも、白州たちの悪事も知った。そのあとで六井をたずねると、六井は何者かに殺害され、妹のふき子に犯人と間違えられた。猿丸警部は六井殺しの犯人が長子であるらしいと捜査を始めた。
長子は鳥飼のところに、事件解決の協力を頼みに行った。千木は長子の味方をよそおって、偽せの長子に会わせるといって、彼女をおびき寄せようとしたが、長子は事前にそれを察知した。一足先に竹子に会い、そこで荷物の預り証の三分の一を手に入れた。またふき子の所からも残りを探し出して、あずけた荷物を横取りしてみたが、中味は現金ではなく新聞紙であった。長子は白州のところに行って、荷物の一件を話しているとき、しのびよった千木のために白州は射殺された。しかし千木は北海道に高飛びする寸前に捕えられた。そして観念した千木は捜査室の窓を破って飛降り自殺した。長子と鳥飼は失踪成功の賞金で、東京に法律事務所を開く相談をするのであった。

穴穴
京マチ子                 船越英二、京マチ子

題名:穴
監督:市川崑
企画:藤井浩明
製作:永田秀雅
脚本:久里子亭
撮影:小林節雄
照明:米山勇
録音:渡辺利一
美術:下河原友雄
編集:中静達治
音楽:芥川也寸志
出演:京マチ子、船越英二、山村聰、菅原謙二、北林谷栄、山村聡、川上康子、春本富士夫
1957年日本・大映/スタンダードサイズ・モノクロ103分35mmフィルム
穴 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

穴穴
カメオ出演:石原慎太郎          京マチ子、山村聰

1 2 3