映画「愛と死をみつめて」


吉永小百合                       浜田光夫

今回は斎藤武市監督1964年製作「愛と死をみつめて」をピックアップする。
本作は1963年に出版された河野実さんと大島みち子さんの書簡集が原作の映画化になる。事実に基づいて脚色された作品であるだけに、当時相当の話題になったのを幼心に記憶する。ロケーション撮影は、大阪市、大阪駅、中之島公園、通天閣、京都市、京都御所、御所の築地塀、実景のみを長野県信州駒ケ岳頂上付近で行われたそうだ。


内藤武敏                        笠智衆

【ストリー】
高野誠(浜田光夫)が小島道子(吉永小百合)に会ったのは、誠が浪人中、阪大病院に入院したときであった。知的な美しい瞳と、清純な顔は、その日から誠の心の中に好感をもってむかえられた。一見健康そうにみえた道子は、誠が東京の大学に入って二年目に再会したときも、病院生活を送っていた。二人の文通は続けられた。入院生活を続ける道子の不安は、誠の手紙によって力づけられていた。高校をどうにか卒業した道子は、希望の大学に入学したが、軟骨肉腫の再発で四度目の入院をした。アルバイトで大阪に来た誠は、病院を訪れては、信州の山々の美しさや、野球の話に楽しい時間を過した。道子も、不安を抱きながらも、強いて明朗にふるまっていた。9月になって、誠は東京に帰ったが、道子は主治医のすすめで、大学を退学すると本格的な、闘病生活に入った。日本には、まだデータのない不治の病と聞かされた道子は、誠に別れの手紙を出すと、淋しく、病室に横たわった。手紙を受け取った誠は、病院にかけつけるとくじける道子の気持を責めた。道子も誠の誠実な愛情に号泣するのだった。一方主治医(内藤武敏)は、道子の生命を守るために、道子の顔半分がつぶれるという、大手術が必要だと言った。話を聞いた道子の動揺は激しかった。だが誠の愛情の大きさに、ついに道子は決意をきめて、手術を受けた。元気になって社会奉仕をしたい、道子の願いは、病床の中で強く燃えあがった。大手術のあと、容態は順調であった。道子の顔は左半分、白いガーゼで覆われたが、日増しに明るくなっていった。だがある日、道子は健康な右半分に、骨が出て来たのに気づき、愕然とした。再び、手術台の上で道子は21歳の誕生日を迎えた。手術半ば、道子はこの世を去った。道子の日記帳には誠との楽しい生活を夢みた、数々の青春の悲しみと喜びが記してあった。


ミヤコ蝶々、笠置シヅ子                宇野重吉

題名:愛と死をみつめて
監督:斎藤武市
企画:児井英生
原作:大島みち子、河野実
脚本:八木保太郎
撮影:萩原憲治
照明:大西美津男
録音:高橋三郎
美術:坂口武玄
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎 主題歌:吉永小百合「愛と死のテーマ」
製作主任:櫻井宏信
助監督:鍛冶昇
スチール:目黒祐司
出演:吉永小百合、浜田光夫、北林谷栄、内藤武敏、笠置シヅ子、初井言栄、ミヤコ蝶々、宇野重吉、笠智衆、原恵子、河上信夫、滝沢修、山田禅二、杉山元
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ118分35mmフィルム
愛と死をみつめて -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


浜田光夫、吉永小百合              吉永小百合、浜田光夫

映画「ずべ公番長 東京流れ者」


「ずべ公番長 東京流れ者」大信田礼子

大信田礼子                                渡瀬恒彦

今回は山口和彦監督1970年製作「ずべ公番長 東京流れ者」をピックアップする。
本作は「ずべ公番長 夢は夜ひらく」に続く、シリーズ第2作になる。1971年までに4作品が大信田礼子さん主演で制作された。
内容は前作の方が良かった様に思う。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
以上の4本が山口和彦監督、大信田礼子さん主演で作られた”お色気アクション”ものだ。


「ずべ公番長 東京流れ者」大信田礼子

人見明                                   宮城千賀子

【ストリー】
2年前、新宿で大暴れして赤城学園に逆もどりした影山リカ(大信田礼子)は出所して、真面目に生活しようと小さな町工場で働いていたが、ミスが多すぎてクビにされてしまった。古巣新宿に戻ったリカは学園の大先輩、ガセ寅一家の女親分お蘭(宮城千賀子)の身内になった。そこで学園を出所して間のないマリ(賀川雪絵)、長子(橘ますみ)、ツナオ(左とん平)らに再会する。一方新興ヤクザでキャバレー・ブラックジャックの社長黒江(南原宏治)は、錦糸町を縄張りとする錦元組をバックに、ガセ寅一家の金看板の横取りをたくらんでいた。秋の神農祭が終った日、一人先祖の墓に参るお蘭に黒江の魔手がのび、お蘭は斬殺されてしまう。この知らせを聞いたリカ、長子、マリらはネオンの消えた新宿を、ブラックジャックへと殴り込んでいった。


南原宏治                                    集三枝子

題名:ずべ公番長 東京流れ者
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:宮下教雄、山口和彦
撮影:中島芳男
照明:元持秀雄
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:根上徳一
装飾:上原光男
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:津島利章 主題歌:大信田礼子「東京流れ者」
現像:東映化学
進行主任:志村一治
助監督:深町秀煕
スチール:藤井善男
出演:大信田礼子、渡瀬恒彦、人見明、宮城千賀子、南原宏治、橘ますみ、集三枝子、賀川雪絵、南利明、南利明、上田吉二郎、由利徹、佐々木梨里、六本木はるみ、左とん平、藤山浩二、佐藤晟也、東八郎(トリオ・スカイライン)、小島三児(トリオ・スカイライン)、原田健二(トリオ・スカイライン)、沖田俊一、山田禅二、見明凡太朗、白石恵美子、児島春美、章文栄、堀としみ、土山登志幸、小林稔侍、円山理映子、久地明、織田暁子、鈴木暁子、須賀良
1970年日本・東映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
ずべ公番長 東京流れ者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ずべ公番長 東京流れ者

映画「対決」


高橋英樹、葉山良二                  小林旭

今回は舛田利雄監督1967年製作「対決」をピックアップする。
日活で任侠ものを作ると東映とは全く違うスタンスになる。セット画作りの奥行き感は、素晴らしいものがあるが、東映作品に比べキャラクターが弱いと思った。社風カラーの違いがよく出ている。


和泉雅子                       青木義朗

【ストリー】
大正末期。上州富河原一帯に勢力を張っている芝寅一家は新興やくざの高安一家に押され気味だった。芝寅(安部徹)は次々と縄張りを荒されるに及んで、ついに殴り込みを決意し、それを銭山(青木義朗)にまかせた。銭山は代貸清太郎(中谷一郎)の弟直二郎(高橋英樹)や客人の満州常(小林旭)を率いて高安一家に殴り込んだ。彼らは高安(山田禅二)と代貸益子(玉川伊佐男)を逃がしたものの、勝負は芝寅一家の勝利に終った。しかし翌日、芝寅の宴会の席に高安とその残党が殴り込み、電灯の消えた暗闇の中で芝寅と高安が殺された。このため直二郎は清太郎の命令で、一切の責任を負って自首したのだった。
それから6年後、出所した直二郎が帰ってみると富河原は手を結んだ金山と益子に支配され、清太郎は乞食同然に放り出されていた。しかも直二郎と相思相愛の仲だったおしん(北林早苗)は銭山によって遊廓に売られ直二郎に会うと自殺してしまった。怒った直二郎は暴れ回ったが、益子に捕われて悽惨なリンチを受けた。それを見た銭山はさすがにとめようとしたが、益子は狂気のように直二郎を痛めつけるのだった。しかし、直二郎は益子の洩らした言葉から、芝寅を殺したのが、銭山に命ぜられた満州常であることを知った。その満州常は、かつての殴り込みの際、直二郎に命を助けられた恩を返すため、彼を益子のリンチから救い出したのだった。芝寅の死にからんで対立する二人の間に、友情が芽生えたのはその時からだった。一方、仲間割れで益子を殺した銭山は直二郎を逃がした満州常を怒って捕えたが、今度は直二郎が救い出した。直二郎は芝寅の本当の仇は銭山とばかり斬りつけたが、銭山のとどめを刺したのは清太郎だった。銭山の子分らが、彼らと手を切った満州常と、直二郎に倒されたのはその直後だった。


北林早苗、高橋英樹                    安部徹

題名:対決
監督:舛田利雄
企画:高木雅行
脚本:池上金男、舛田利雄
撮影:萩原憲治
照明:宮崎清
録音:福島信雅
美術:木村威夫
技斗:高瀬将敏
記録:土屋豊
編集:井上親弥
音楽:真鍋理一郎 主題歌:小林旭「落日」
現像:東洋現像所
製作主任:戸倉寿
助監督:小澤啓一
色彩計測:前田米造
スチール:土屋豊
出演:高橋英樹、小林旭、和泉雅子、北林早苗、葉山良二、三条泰子、中谷一郎、玉川伊佐男、青木義朗、安部徹、山田禅二
1967年日本・日活/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
2017年7月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「対決」

小林旭、高橋英樹「対決」