映画「最後の博徒」

最後の博徒最後の博徒
松方弘樹                 千葉真一、峰岸徹、三島ゆり子、成田三樹夫
最後の博徒最後の博徒
岡田奈々                       三島ゆり子

今回は山下耕作監督1985年製作「最後の博徒」をピックアップする。
仁義なき戦いシリーズ」開始から12年後に作られた本作の舞台も広島だが、”仁義ある任侠”もあったというノスタルジックな内容で拍子抜けした。東映任侠映画を支えて来た俳優陣が総出演するのは良いのだが、アクションやガンファイトシーンも少なく、迫力に乏しい内容だった。本作は鶴田浩二さんの遺作となった作品でもある。

最後の博徒最後の博徒
成田三樹夫                   千葉真一、松方弘樹
最後の博徒最後の博徒
鶴田浩二                        梅宮辰夫 

【ストリー】
昭和52年4月13日、北陸最大の組織で北陸の帝王と呼ばれた川名組・川名勇組長(柳田真宏)が越前三国で殺害された。福井県警はその日のうちに刺客4人を逮捕。さらに殺人教唆の黒幕として、荒谷政之(松方弘樹)を逮捕した。荒谷には懲役20年の判決が下りた。荒谷は少年時代から呉の素人賭場に出入り、石岡博(梅宮辰夫)の子分となる。そこで博徒の行儀作法を学んだ。一年後には若中に成長した彼に目をかけてくれたのは兄費分の大松義寛(江夏豊)である。昭和21年8月、大松は愚連隊を叩き潰した。その中には後の大原組組長大原勝(泉谷しげる)がおり、彼は後に呉一帯をしきる山辰信男(成田三樹夫)と親交があった。石岡は大松を怒った。朝鮮戦争勃発直前、新興の運送業者山辰は勢力を伸ばし、山辰組を拡大していく。そんな時、呉駅近くで博徒のいざこざが起り、山辰組の若い者に突然現われた加納良三(千葉真一)が助っ人をした。山辰は警察に捕まった加納を見込んで5万円の保釈金を積み子分にした。だが加納は刑務所内で大松と兄弟分の盃を交わしていた。荒谷と加納もすぐ親しくなった。昭和24年9月、加納は石岡を撃つ。だが命までは取れず刑務所入りとなった。この事件が山辰の命令と知った荒谷は単身山辰の命を狙うが、彼をかばうために出て来て命を落してしまったのは大松だった。この抗争は、山辰が加納を破門にするという条件を加え、広島の大親分清島春信(萬屋錦之介)の仲介で手打ちとなる。荒谷は山辰を狙って逮捕される。昭和27年6月、大原によって石岡が刺殺された。この仇は荒谷の若い者杉本(清水健太郎)が打ったが、山辰はのうのうと毎日を送っていた。荒谷はいつかは山辰を殺ると決心した。そんな荒谷に脅えて、山辰は刑務所内にまで刺客を送り込んできた。だが、荒谷の命はなかなか取れなかった。昭和34年2月、荒谷は出所。彼は神戸の神岡組の三代目、田城一正(丹波哲郎)の最高幹部の菅田組組長菅田猛雄(鶴田浩二)と兄弟分の盃を交わした。その頃、山辰は呉を一本化、共栄会という組織を作り、初代会長におさまっていた。昭和45年9月、加納の出所の時が来た。加納と荒谷は手を握り合い、打倒山辰をめざす。そんな二人の前に清島が現われ、山辰を引退させるから、彼から手を引いてくれと言うのだった。加納は足を洗い、荒谷は幼な馴染の道代(岡田奈々)を妻にして、大阪で一匹狼としての組を組織した。昭和50年9月、菅田組内の川名組と浅井組が戦争に突入。菅田は神岡組から絶縁状を送られてしまう。そんな時、荒谷のところに川名殺害の殺人教唆の逮捕状がきた。彼は菅田に最後の言葉を送った。菅田と神岡組三代目は和解した。昭和59年9月、最高裁は荒谷の原判決を破棄した。

最後の博徒最後の博徒
丹波哲郎                         峰岸徹
最後の博徒最後の博徒
萬屋錦之介                     松方弘樹、江夏豊

題名:最後の博徒
監督:山下耕作
企画:藤映像コーポレーション
製作総指揮:俊藤浩滋、高岩淡
製作:佐藤雅夫、厨子稔雄
原作:正延哲士「最後の博徒 波谷守之の半生」
脚本:村尾昭
撮影:鈴木達夫
照明:渡辺喜和
録音:芝氏章
整音:荒川輝彦
美術:井川徳道
装置:梶谷信男
装飾:窪田治
背景:西村三郎
衣裳:森譲、豊中健
美粧・結髪:東和美粧
擬斗:上野隆三
配役:葛原隆康
記録:石田照
編集:玉木濬夫
音楽:伊部晴美 主題歌:松下奈生「叱られた子のように」
進行主任:野口忠志
助監督:俵坂昭康
演技事務:村田五郎
和楽:中元敏生
舞踊指導:藤間紋蔵
方言指導:国一朗太、司祐介、宮川珠季
宣伝:寺西国光、小田和治、吉富三久良、佐藤一也
製作宣伝:丸国艦
スチール:飯塚文正
出演:松方弘樹、鶴田浩二、丹波哲郎、千葉真一、梅宮辰夫、萬屋錦之介、成田三樹夫、品川隆二、岡田奈々、待田京介、江夏豊、泉谷しげる、清水健太郎、木之元亮、誠直也、ガッツ石松、三島ゆり子、峰岸徹、日高澄子、森次晃嗣、苅谷俊介、岡崎二朗、丹波義隆、岩本多代、下川辰平、柳田真宏、小松方正(ナレーター)
1985年日本・東映/ビスタサイズ・カラー125分35mmフィルム
最後の博徒 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

最後の博徒最後の博徒
苅谷俊介、森次晃嗣                  最後の博徒

映画「野良猫ロック マシン・アニマル」


梶芽衣子                               藤竜也

今回は長谷部安春監督1970年製作「野良猫ロック マシン・アニマル」をピックアップする。
本作は、野良猫ロックシリーズ4作目である。脚本に難がある作品だと思ったが、劇中登場して歌ったのは、青山ミチさん、梶芽衣子さんの実妹・太田とも子さん、沢村和子とピーターパン、ズーニーブー(尾崎紀世彦「また逢う日まで」の元歌)は貴重である。

【野良猫ロックシリーズ】
1970年「女番長 野良猫ロック」監督:長谷部安春/出演:和田アキ子、梶芽衣子
1970年「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、范文雀
1970年「野良猫ロック セックス・ハンター」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、安岡力也
1970年「野良猫ロック マシンアニマル」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、范文雀、黒沢のり子
1970年「野良猫ロック 暴走集団’71」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、原田芳雄、藤竜也(※公開は1971年)


范文雀                                  郷鍈治

【ストリー】
横浜の元町の一角に、マヤ(梶芽衣子)が率いる不良少女グループと佐倉(郷鍈治)が率いる「ドラゴン」と異名を取る不良グループが群れていた。ある日、一台のオンボロワゴンがこの町にやってくる。ノボ(藤竜也)、サブ(岡崎二朗)、チャーリー(山野俊也)の三人で、米軍の脱走兵であるチャーリーをスウェーデンに逃がすため、船の出る横浜に、岩国の基地からやって来たのだ。この奇妙な三人組に目を付けたマヤは、五百錠という大量のLSDを持っていることを探り出し、これを奪った。しかし、LSDを売った金をチャーリーの逃亡資金にすると聞かされ、マヤはLSDを返すことを約束、その上、薬を捌く手伝いを申し出た。翌日、さっそくマヤは薬捌きの早い佐倉へ話を持ちかけた。一方、隠れていたチャーリーはマヤの仲間エマ(黒沢のり子)からボーリングに誘われ、エマとゴーゴーバーのバーテン清水の罠に落ち、薬を奪われてしまった。その頃、マヤから薬の捌きを頼まれていた佐倉は、バーテンの清水が大量の薬を売り歩いている情報をキャッチし、清水を捕えて薬を横取りした。この事件を聞きつけたマヤたちが清水を見つけた時はすでに薬は佐倉の手に渡っていた。マヤはドラゴンと衝突しても薬を取り返そうと決心し、以前、仲間だったミキから佐倉の総元締がユリという女であることを聞き出した。ユリのマンションに乗り込んだが、薬はすでに佐倉が捌き始めていた。最後の手段としてマヤはユリを囮に使い、佐倉から薬の代金500万円を受け取ることに成功した。この金でスウェーデン行きが可能になったチャーリーは、マヤたちと共に隠れ家でパーティーの準備をしていた。しかし、佐倉の密告でMPがやって来てチャーリーは逮捕されてしまった。その上、マヤのもとに佐倉から一通の挑戦状が届けられた。翌日、マヤは自分たちの手で決着をつけようとノボ、サブには知らせずに約束の場所へと向かう。後を追ったサブ、ノボも加わって乱戦になるが、佐倉はサブを射殺、その場を逃げ去った。


黒沢のり子                                  岡崎二朗

題名:野良猫ロック マシン・アニマル
監督:長谷部安春
企画:葛生雅美
脚本:中西隆三
撮影:山崎善弘
照明:高島正博
録音:片桐登司美
美術:佐谷晃能
擬斗:田畑善彦
編集:丹治睦夫
音楽:たかしまあきひこ 挿入歌:梶芽衣子「明日を賭けよう」
現像:東洋現像所
製作担当者:柴垣達郎
助監督:田中登
色彩計測:小清水忍
スチール:目黒祐司
出演:梶芽衣子、藤竜也、范文雀、郷鍈治、岡崎二朗、山野俊也、亀山靖博、高野沙里、黒沢のり子、小島克巳、氷室政司、青山ミチ、太田とも子、松田英子、沢村和子とピーターパン、ズーニーブー
1970年日本・日活/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
野良猫ロック マシン・アニマル -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


梶芽衣子                   野良猫ロック マシン・アニマル

野良猫ロック マシン・アニマル

映画「野良猫ロック セックス・ハンター」



梶芽衣子                                  安岡力也

今回は長谷部安春監督1970年製作「野良猫ロック セックス・ハンター」をピックアップする。
本作は、野良猫ロックシリーズ3作目で脚本を大和屋竺氏が担当している。堀企画制作で始まった野良猫ロック・シリーズは、1970年に5作が作られた。

【野良猫ロックシリーズ】
1970年「女番長 野良猫ロック」監督:長谷部安春/出演:和田アキ子、梶芽衣子
1970年「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、范文雀
1970年「野良猫ロック セックス・ハンター」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、安岡力也
1970年「野良猫ロック マシンアニマル」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、范文雀、黒沢のり子
1970年「野良猫ロック 暴走集団’71」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、原田芳雄、藤竜也(※公開は1971年)


藤竜也                                  有川由紀

【ストリー】
星条旗が降され、米軍が引き揚げた基地の町、立川はガランとして静かだった。逆に「日本人も大歓迎」というネオンをつけたバー街は華やかさを増していた。その華やかさの片隅にマコ(梶芽衣子)を中心とした不良少女グループとバロン(藤竜也)をリーダーとする非行少年グループ「イーグルス」、それにハーフたちがいた。ある夜、バー街の外れにある空き地で、不良少女グループの番長の座をめぐりマコとミキ(青木伸子)が対決していた。勝負はマコの圧倒的な勝利に終り、マコたちは傷ついたミキを取り残しその場を去る。ミキを助けたのは通りすがりの男、数馬(安岡力也)だった。数馬は10年前に別れた妹のメグミ(有川由紀)を捜していたが、立川の「ママブルース」というスナックに行けば解ると人づてに教えられ、向かう途中だった。翌日、数馬は「ママブルース」を尋ねるが、店内でハーフとイーグルスの喧嘩に巻き込まれ、ハーフに加担したことからイーグルスから狙われるはめになってしまう。また、スナックのママからは妹に会ってもガッカリするだけだから捜さない方がよいと言われる。ある日、ボーリング場で数馬はメグミと会うがメグミは堕落した姿を兄に知られたくないために妹だと言わなかった。しかし、確信のある数馬は自動車修理工場に務めながらメグミの変心を待つことにした。一方、バロンは姉が黒人兵に犯されたことからハーフや黒人に対する怒りをたぎらせ、彼らを町から締めだそうとする。同時に目障りな不良少女グループを暴力団を通じて、白人に売り飛ばそうと計画、彼女らをパーティーに誘い出す。しかし、密かに想いを寄せていたマコだけを助けようと彼女をホテルに連れ込む。ホテル内でのバロンは日頃の彼に似合わず意気消沈してしまい、そんなバロンに厭気がさしたマコはバロンを突倒しパーティーの会場に向う。そこではユカたちがバロンの策略によって、外国人たちに手篭にされようとしていた。マコはバロンの仕組んだ罠に気づき、火焔ビンを投げて仲間を救った。翌朝、丸焼けになった邸宅を見た暴力団員はバロンに、このおとしまえは必ずつけるようにと命令を下した。マコを数馬に取られたと感違いするバロンは数馬を襲うが相手にされず、最後の手段として妹のメグミを犯した。翌日、怒りに燃えた数馬はバロンに挑むが、多数の「イーグルス」が相手では勝目がなかった。カービン銃の一斉掃射の前に数馬の身体は敢えなく地に伏してしまった。


ゴールデン・ハーフ

題名:野良猫ロック セックス・ハンター
監督:長谷部安春
企画:高木雅行、沢田喜代一
脚本:大和屋竺、藤井鷹史
撮影:上田宗男
照明:森年男
録音:片桐登司美
美術:佐谷晃能
擬斗:田畑善彦
記録:荻野昇
編集:丹治睦夫
音楽:鏑木創 主題歌:安岡力也「禁じられた一夜」
現像:東洋現像所
製作担当:福田慶治
助監督:白井伸明
色彩計測:永塚各一郎
スチール:荻野昇
出演:梶芽衣子、安岡力也、藤竜也、岡崎二朗、有川由紀、ケン・サンダース、秋とも子、高樹蓉子、奈良あけみ、英美枝、小磯マリ、美波節子、青木伸子、亀山靖博、市村博、ゴールデン・ハーフ
1970年日本・日活/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
野良猫ロック セックス・ハンター -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤竜也                                 安岡力也