映画「誘惑」

誘惑誘惑
千田是也、芦川いづみ                 左幸子

今回は中平康監督1957年製作「誘惑」をピックアップした。
本作はフランソワ・トリュフォー監督やヌーヴェルヴァーグの作家たちに「孤高のニッポン・モダニス ト」と称された中平康監督が純愛をコミカルでモダンに描いた作品だ。
現代のアイドル顔負けの女優・芦川いづみさんは、出番は少ないもののドラマの核となる重要な役柄を清楚に演じ、そのラストシーンは素晴らしく凛としていた。また画伯の岡本太郎氏、東郷青児氏、大徳寺公英氏がカメオ出演しているのと1957年7月6日より営業運転を開始した初代小田急ロマンスカー3000形の実走シーンの歴史的価値は高い。ロケーションは、59年前の湯島天神(文京区)上野東照宮境内(台東区)麻布周辺(港区)銀座服部時計店、並木通り、築地周辺(中央区)井の頭公園(三鷹市)で行われている。

誘惑誘惑
千田是也                      葉山良二

【ストリー】
大正気質の杉本省吉(千田是也)は銀座の洋品店主。娘の秀子(左幸子)とやもめ暮しで、店の二階を画廊に改造しようと考えていた。洋品店には無愛想で化粧嫌いな竹山順子(渡辺美佐子)がいた。順子は他人の迷感も顧みない貧乏画家草平(安井昌二)にその美貌を指摘されるや、一転してお化粧に専念し、草平を恋するようになる。省吉の画廊が完成した。パーティの日に草平の画が、一流画伯の目にとまり、一躍有名となり発表会は連日盛況をきわめた。秀子は小平(葉山良二)の妹章子(芦川いづみ)のもとに草平の画が四、五点埋れているというので、それを持って章子と画廊に来た。省吉は驚いた。なぜなら、章子が初恋の人に瓜二つで、その娘だとわかったからだった・・・。

誘惑誘惑
渡辺美佐子                                                   安井昌二、渡辺美佐子

題名:誘惑
監督:中平康
製作:高木雅行
原作:伊藤整
脚本:大橋参吉
撮影:山崎善弘
照明:岩木保夫
録音:神谷正和
美術:松山崇
記録:堀北昌子
編集:辻井正則
音楽:黛敏郎
製作主任:山下昭
助監督:松尾昭典
出演:左幸子、芦川いづみ、葉山良二、轟夕起子、安井昌二、千田是也、渡辺美佐子、中原早苗、高友子、殿山泰司、二谷英明、宍戸錠、小沢昭一、初井言栄、天本英世、浜村純、岡本太郎、東郷青児、大徳寺公英
1957年日本・日活/スタンダードサイズ・モノクロ91分35mmフィルム
誘惑 [DVD]
2016年8月現在、DVDレンタルはありません。

誘惑誘惑
カメオ出演:岡本太郎、東郷青児         千田是也、芦川いづみ

麗しの芦川いづみさん


誘惑誘惑
ex03ex04

【当ブログで紹介した芦川いずみさん出演作品】
1956年川島雄三監督「風船
1956年川島雄三監督「洲崎パラダイス 赤信号
1957年川島雄三監督「幕末太陽傳
1957年中平康監督「誘惑
1962年蔵原惟繕監督「硝子のジョニー 野獣のように見えて
1962年西河克己監督「青い山脈
1964年森永健次郎監督「若草物語
1965年熊井啓監督「日本列島

【芦川いずみさんプロフィール】
東京市滝野川区田端町(現・北区田端)に生まれる。1952年法政大学潤光女子高校(現・法政大学女子高等学校)を中退し、松竹歌劇団付属松竹音楽舞踊学校に入学する。同期に野添ひとみ、姫ゆり子、山鳩くるみ(小林夕岐子の母とは別人)らがいた。この時、芸名を「芦川いづみ」とする。1953年、ファッション・ショーに出演中、偶然いあわせた松竹の川島雄三監督に認められ、川島監督の「東京マダムと大阪夫人」に、月丘夢路の妹役でデビューする。その後、1955年、日活に移った川島監督の推薦で松竹歌劇団を退団し日活に入社する。
その後、「幕末太陽傳」などの川島監督の作品をはじめ、様々な役に挑戦し、松竹から移ってきていた北原三とともに日活の中心的な存在となった。また、1956年には、田坂具隆監督の「乳母車」で石原裕次郎と初共演する。裕次郎はこの作品の演技で、新しい魅力を遺憾なく発揮し代表作の一つとしたが、芦川もさわやかな演技で人気を不動のものとした。以降、北原三枝とともに裕次郎の相手役として欠かせない存在となる。若い浅丘ルリ子にその座を譲ってからも日活を代表するトップ女優として活躍した。
一時、葉山良二とのロマンスが噂されたが、1968年に藤竜也と結婚して引退。家庭の人となった。
2007年11月17日、新宿の京王プラザホテルで開催された日活出身の俳優で構成する「俳優倶楽部」とスタッフらで構成する「旧友会」の合同パーティーに、渡哲也・浅丘ルリ子・宍戸錠・川地民夫・沢本忠雄・鈴木清順監督・井上梅次監督・齋藤武市監督・舛田利雄監督らと共に出席。久々に公の場に姿を見せ、話題になった。
2009年には石原裕次郎の二十三回忌、南田洋子の死去に際して、スポーツ新聞にコメントを寄せている。
(ウィキペディア参照)

【芦川いずみさん出演映画作品】
1953年「東京マダムと大阪夫人」
1955年「青春怪談」
1956年「風船」「東京の人」「洲崎パラダイス赤信号」「乳母車」
1957年「孤獨の人」「幕末太陽傳」「嵐を呼ぶ男」
1958年「佳人」「 陽のあたる坂道」「紅の翼」
1959年「祈るひと」
1960年「青年の樹」「やくざの詩 」「霧笛が俺を呼んでいる」「喧嘩太郎」「あした晴れるか」
1961年「あいつと私」「堂堂たる人生」「アラブの嵐」
1962年「硝子のジョニー 野獣のように見えて」「しろばんば」「青年の椅子」「憎いあンちくしょう」
1963年「青い山脈」「真白き富士の嶺」「美しい暦」
1964年「鉄火場破り」「若草物語」
1965年「日本列島」「四つの恋の物語」「結婚相談」
1966年「夜のバラを消せ」「嵐を呼ぶ男」
1967年「君は恋人」
1968年「大幹部無頼」「孤島の太陽」

映画「宇宙人東京に現わる」

宇宙人東京に現わる
宇宙人東京に現わる
宇宙人東京に現わる宇宙人東京に現わる
苅田とよみ

今回は島耕二監督1955年製作「宇宙人東京に現わる」をピックアップする。
1951年に「カルメン故郷に帰る(製作:松竹/監督:木下惠介/主演:高峰秀子/富士フィルム)」が国産初だが、それから4年後の本作も当時は希少な総天然色映画だ。色彩指導を芸術家・岡本太郎氏が担当し、ヒトデ形の宇宙人”パイラ星人”のキャラクターデザインも岡本氏が手掛けている。また友好的な宇宙人と地球への天体衝突という設定は、ロバート・ワイズ監督が1951年に製作した「地球の静止する日」をインスパイア―したのだろうか。特撮スタッフには後に円谷プロのウルトラシリーズを手掛ける的場徹氏、撮影助手に「日本沈没」の撮影を担当された村井博氏がクレジットされている大映特撮大作だ。

宇宙人東京に現わる宇宙人東京に現わる
川崎敬三、山形勲

【ストリー】
宇宙の中のパイラと呼ばれる星から地球を観測していたパイラ人は、近頃地球上で頻々と起る原子雲を見つけ、自分達がその昔、原子力の破壊力を戦争に使う使わないで苦労したことを思い出した。そして、おろかな地球人に、自分達が如何に原子力を平和的に使ったかを知らせる為に宇宙船に乗り地球に近づいた。そんなことを知らない地球では空飛ぶ円盤が現われたといってさわぎ、東京城北天文台長の小村博士や助手の磯辺徹、小村の従弟で物理学者の松田博士等が怪円盤研究に腐心していた。宇宙船では地球への連絡地を日本と決め、次々とパイラ人の使者を送ったが、その形の奇怪な為に人々は恐れて近づかなかった。業を煮やしたパイラ人はその一人を銀子という名の日本の女に変身させて地球に送った。銀子は松田博士の家に入り込むことに成功した。パイラ人特有の明晰な頭脳を持つ銀子は博士が密かに発見していた、原水爆以上のエネルギーを持つ爆発物ウリュウムの方程式を読みとり、博士に自分の正体を打明けながら、地球上にその研究を発表するのは狂人に刄物だから止めろと注意した。博士は方程式を焼き捨てた。その頃、新天体Rが現われ、地球と衝突する軌道を進みつつあった。世界は驚愕し、R破壊の為に各国の原水爆が一せいに発射された。しかしいずれも不成功であった。某国の手先は松田博士を誘拐し、方程式を書かせようとした。危いところをパイラ人の使者達に救われた博士は、地球上には残さない約束で銀子に方程式を書いて渡した。パイラ人によってウリュウムが作られ、その爆発力でRは消え、地球は救われた。銀子は宇宙船に乗って地球を去って行った。

宇宙人東京に現わる宇宙人東京に現わる
岡本太郎氏デザインのパイラ人

題名:宇宙人東京に現わる
監督:島耕二
企画:中代冨士男
製作:藤井朝太
原案:中島源太郎
脚本:小国英雄
撮影:渡辺公夫
特撮:的場徹、築地米三郎、田中捨一
照明:久保田行一
録音:西井憲一
美術:間野重雄
編集:西井憲一
音楽:大森盛太郎
現像:東洋現像所
色彩指導:岡本太郎
撮影助手:村井博
出演:川崎敬三、苅田とよみ、山形勲、永井ミエ子、志村喬、南部彰三、八木沢敏、見明凡太郎
1955年日本・大映/スタンダードサイズ・カラー87分35mmフィルム
宇宙人東京に現わる [DVD]
2016年7月現在、DVDレンタルはありません。
宇宙人東京に現わる宇宙人東京に現わる
1955年の京王井の頭線高井戸駅
※1984年まで使用されたデハ1900形