映画「横浜暗黒街 マシンガンの竜」


菅原文太、三益愛子                  中島ゆたか

今回は岡本明久監督1976年製作「横浜暗黒街 マシンガンの竜」をピックアップする。
本作は、岡本監督のデビュー作で、兇悪ギャング母子が、ハマを牛耳る組織から15億円の麻薬を強奪し、マシンガンの竜と関わる人々が全員死んでしまうという展開になる。マシンガンの竜がマザコンという設定が目新しい。菅原文太さんと母子コンビを組む三益愛子さんのほか、(敬称略)千葉真一、田中邦衛、岩城滉一、中島ゆたか、江波杏子、室田日出男ら豪華キャストが集結している。


江波杏子                          小池朝雄

【ストリー】
横浜暗黒街を牛耳る大組織・睦連合から、大量の麻薬を横取りした矢吹竜太(菅原文太)とマサ(三益愛子)は、強奪、殺人を平気で行なう兇悪なギャングの母子である。15億円にも及ぶ麻薬を、マサは2年後に香港でさばくつもりなのだが、めぐみ(中島ゆたか)という情婦を囲い、次郎(千葉治郎)、光一(岩城滉一)をはじめ多数の子分をかかえている派手好みで遊び人の竜太は、マサに内証で除々に麻薬を持ち出して金に替えていた。しかし、竜太の行動を知った睦蓮合の幹部・大門(中野英治)はニューヨークからバラキの舎弟分の殺し屋2名を呼び寄せ竜太を狙わせた。次々と子分を殺され、やがて身の危険を感じた竜太は、自ら微罪を名乗り出て刑務所に入った。だが、刑務所内にも殺し屋が入り込み、さらに担当の刑事・荒尾(小池朝雄)までが大門の子飼いと知った竜太は身の縮まる思いをする。そんな竜太に正体不明の海老名(田中邦衛)という囚人が近づいた。一方、竜太の留守を守るマサは、睦連合と警察から鋭い追求を受けた事が原因で心臓発作で死んでしまった。マサの死を知った竜太は、海老名の協力を得て脱獄し、海外逃亡すべく、昔なじみの小松(千葉真一)に偽のパスポートを依頼した。だが、小松は海老名を麻薬捜査官と見破り、怒った竜太は海老名を射殺した。そして、竜太を追っていた荒尾刑事を捕えた竜太は、麻薬を隠し場所から運び出す手伝いをさせたうえ、殺した。一方、竜太が麻薬を持って高飛びするのを知った睦蓮合は、殺し屋を総動員して竜太を追跡した。孤立無援となった竜太は昔の情婦・里子(江波杏子)に密航船の手配を頼み、彼女の指示によって竜太とめぐみは小津湊へ向った。しかし、里子は竜太を逃がした後、睦運合の殺し屋の前で自害した。別々にタクシーに乗り込み目的地に向う竜太とめぐみ。その後を殺し屋たちが追った……。


田中邦衛、菅原文太                   石橋蓮司

題名:横浜暗黒街 マシンガンの竜
監督:岡本明久
企画:俊藤浩滋、太田浩児
脚本:松田寛夫
撮影:飯村雅彦
照明:川崎保之丞
録音:井上賢三
美術:中村修一郎
装置:畠山耕一
装飾:米沢一弘
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
刺青:毛利清ニ
ファッション・コーディネーター:北本正孟(菅原文太)
記録:山内康代
編集:戸田健夫
音楽:青山八郎 挿入歌:チェリー・ボーイズ「いとしのエンジェル」
現像:東映化学
進行主任:志村一治
演技事務:山田光男
助監督:福湯通夫
スチール:加藤光男
出演:菅原文太、岩城滉一、千葉治郎、江波杏子、中島ゆたか、三益愛子、千葉真一、田中邦衛、小池朝雄、室田日出男、葉山良二、山本麟一、中野英治、石橋蓮司、相馬剛三
1976年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
横浜暗黒街 マシンガンの竜 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


今井健二、石橋蓮司                   菅原文太

菅原文太、中島ゆたか             横浜暗黒街 マシンガンの竜