映画「野獣死すべし」


野獣死すべし

松田優作                    松田優作、鹿賀丈史

今回は村川透監督1980年製作「野獣死すべし」をピックアップする。
本作は大藪春彦氏の同名ハードボイルド小説を映画化したものだが、1959年に東宝で須川栄三監督が仲代達矢さん主演で撮っている。本作の方は、原作をペースにしているものの、全く異質の作品に仕上げている。作品の良し悪しは別として、1979年に製作されたフランシス・フォード・コッポラ監督の「地獄の黙示録」に相当影響を受け、名優松田優作さんの個性が炸裂している事は確かだ。劇場で観たのが懐かしい。

※1959年須川栄三監督「野獣死すべし


「野獣死すべし」松田優作

小林麻美                       室田日出男

【ストリー】
ある夜、警視庁捜査一課の岡田警部補(青木義朗)が殺害され、拳銃が奪われた。数日後、秘密賭博場が襲われ、暴力団3人が射殺され、テラ銭3,000万円が奪われた。使われた拳銃は奪われたものだった。伊達邦彦(松田優作)は、通信社のカメラマンとして、アンゴラ、レバノン、ウガンダなど血と硝煙の戦場を渡り歩き、帰国して退社した今、翻訳の仕事をしている。戦場でめざめた野獣の血、巧みな射撃術、冷徹無比な頭脳の持ち主だ。岡田警部補の部下だった柏木(室田日出男)は、執念深く事件を追い、長身、ガッチリとし体の男という容疑者像を割り出した。そして、伊達の尾行を始める。柏木の尾行をよそに、伊達はコンサート会場で華田令子(小林麻美)に接近したり、優雅な日々を送っている。暫くして、伊達は次の行動に移った。高級宝石店の店員を支払いをするからと銀行に呼び出した。店員が預金カウンターに近づくと、伊達は係の男に、前にいる男に金を渡せと電話をした。係員の防犯の合言葉で、何も知らない宝石店の男は、組み伏せられ、1分30秒後にパトカーが到着した。これは銀行の防犯体勢を調べる伊達の実験だ。大学の同窓会に出席した伊達は、そこで、自分と同じ野獣の血を感じた真田(鹿賀丈史)と出会い、彼を仲間に入れる。伊豆山中での拳銃の練習。真田はアッという間に腕を上げた。同行した恋人、雪絵(根岸季衣)が邪魔になった真田は、伊達に促され動く標的として、彼女に銃口を向けた。銀行襲撃は決行された。巧妙に逃走する伊達と真田。追う柏木。銀行に居合わせた令子も射殺して、伊達は野獣のみちを突き進んでいく……。


野獣死すべし

「野獣死すべし」松田優作、鹿賀丈史

題名:野獣死すべし
監督:村川透
製作総指揮:角川春樹
製作:黒澤満、紫垣達郎
原作:大藪春彦
脚本:丸山昇一
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:福島信雅
音効:坂井三郎
美術:今村力
擬斗:松尾悟
衣装:第一衣装
美粧:入江美粧
記録:今井治子
編集:田中修
音楽:たかしまあきひこ
現像:東映化学
色彩計測:川口徹也
助監督:小池要之助
製作担当:青木勝彦、山本勉
スチール:関谷嘉明
出演:松田優作、小林麻美、鹿賀丈史、室田日出男、根岸季衣、風間杜夫、岩城滉一、泉谷しげる、佐藤慶、青木義朗、安岡力也、トビー門口、岡本麗
1980年日本・角川春樹事務所+東映/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
野獣死すべし -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「野獣死すべし」室田日出男               松田優作

「野獣死すべし」松田優作          日比谷公園市政會舘(ラストカット)

映画「蒲田行進曲」


「蒲田行進曲」松坂慶子

松坂慶子                        風間杜夫

今回は深作欣二監督1982年製作「蒲田行進曲」をピックアップする。
原作「蒲田行進曲」は松竹蒲田撮影所を舞台にしているが、本作では時代劇全盛期の東映京都撮影所を舞台にしている。本来なら太秦行進曲であろう。本作は、角川春樹氏が東映に提案した企画を、当時の東映社長の岡田茂氏が「当たらないから」と断った為に松竹との提携となり、異例の事態となった経緯がある。

松竹の名監督である野村芳太郎氏は、松竹映画の歴史を象徴する「蒲田行進曲」というタイトルの映画を東映出身の深作欣二監督に東映撮影所で撮られた事に憤り、4年後の1986年に自らプロデューサーとして「キネマの天地」を制作する。

蒲田撮影所時代を経験し小津安二郎監督作品の撮影技師である厚田雄春氏は、「蒲田行進曲」「キネマの天地」のどちらも蒲田撮影所の当時の雰囲気が出ておらず、それは無理もないとしながらも、やっぱり物足りないと評している。私には、分からない世界だ。


平田満                        原田大二郎

【ストリー】
ここは、時代劇のメッカ、東映京都撮影所。今、折りしも「新撰組」の撮影がたけなわである。さっそうと土方歳三に扮して登場したのは、その名も高い“銀ちゃん”こと倉岡銀四郎(風間杜夫)である。役者としての華もあり、人情家でもあるのだが、感情の落差が激しいのが玉にキズ。こんな銀ちゃんに憧れているのが大部屋俳優のヤス(平田満)。ヤスの目から見れば銀ちゃんは決して悪人ではない、人一倍、仕事、人生に自分なりの美学を持っているだけだ。ある日、ヤスのアパートに銀ちゃんが、女優の小夏(松坂慶子)を連れて来た。彼女は銀ちゃんの子供を身ごもっていて、スキャンダルになると困るのでヤスと一緒になり、ヤスの子供として育ててくれと言うのだ。ヤスは承諾した。やがて、小夏が妊娠中毒症で入院するが、ヤスは毎日看病に通った。その間、ヤスは、撮影所で金になる危険な役をすすんで引き受けた。小夏が退院して、ヤスのアパートに戻ってみると、新品の家具と電化製品がズラリと揃っていた。だが、それとひきかえにヤスのケガが目立つようになった。それまで銀ちゃん、銀ちゃんと自主性のないヤスを腹立たしく思っていた小夏の心が、しだいに動き始めた。そして、小夏はヤスと結婚する決意をし、ヤスの郷里への挨拶もすませ、式を挙げて新居にマンションも買った。そんなある日、銀ちゃんが二人の前に現われた。小夏と別れたのも朋子(高見知佳)という若い女に夢中になったためだが、彼女とも別れ、しかも仕事に行きづまっていて、かなり落ち込んでいるのだ。そんな銀ちゃんをヤスは「“階段落ち”をやりますから」と励ました。“階段落ち”とは、「新撰組」のクライマックスで、斬られた役者が数十メートルもの階段をころげ落ち、主役に花をもたす危険な撮影なのだ。ヤスは大部屋役者の心意気を見せて、なんとか銀ちゃんを励まそうと必死だった。“階段落ち”撮影決行の日が近づいてきた。ヤスの心に徐々に不安が広がるとともに、その表情には鬼気さえ感じるようになった。心の内を察して、小夏は精一杯つくすのだが、今のヤスには通じない。撮影の日、銀ちゃんは、いきすぎたヤスの態度に怒り、久しぶりに殴りつけた。その一発でヤスは我に帰った。撮影所の門の前で、心配で駆けつけた小夏が倒れた。“階段落ち”はヤスの一世一代の演技で終った。小夏がベッドの上で意識を取り戻したとき、傷だらけのヤスの腕の中に、女の子の赤ん坊が抱かれていた。


清川虹子                     蟹江敬三、佐藤晟也

高見知佳                     松坂慶子、岡本麗

題名:蒲田行進曲
監督:深作欣二
企画:松竹映像
製作総指揮:角川春樹
製作:佐藤雅夫(東映)、斎藤一重(東映)、小坂一雄(松竹映像)
原作・脚本:つかこうへい
撮影:北坂清
照明:海地栄
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
美術:高橋章
装置:三浦公久
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:黒木宗幸
スタイリスト:葛西充子
ヘアーメイク:アートメイク・トキ
技斗:菅原俊夫、上野隆三、三好郁夫
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:甲斐正人 主題歌:松坂慶子・風間杜夫・平田満「蒲田行進曲」挿入歌:中村雅俊「恋人も濡れる街角」
現像:東洋現像所
進行主任:山本吉應
助監督:比嘉一郎
演技事務:寺内文夫
スタント指導:西本良治郎 スタント:猿渡幸太郎(J.A.C)
方言指導:落合智子
題字:和田誠
制作協力:東映京都撮影所
スチール:金井謹治
出演:松坂慶子、風間杜夫、平田満、高見知佳、蟹江敬三、原田大二郎、清川虹子、千葉真一、真田広之、志穂美悦子、岡本麗、汐路章、石丸謙二郎、萩原流行、酒井敏也、佐藤晟也、清水昭博、榎木兵衛、高野嗣郎
1982年日本・角川春樹事務所+松竹/ビスタサイズ・カラー109分35mmフィルム
蒲田行進曲 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「蒲田行進曲」松坂慶子

東映京都撮影所                   蒲田行進曲

蒲田行進曲                      松坂慶子

平田満                       蒲田行進曲

映画「マルサの女2」


宮本信子                      大地康雄、津川雅彦、桜金造

今回は伊丹十三監督1988年製作「マルサの女2」をピックアップする。
本作は、日経平均株価が終値3万円代というバブル景気の時代背景に、マルサ(国税局査察部)の地上げ屋や宗教法人に対する戦いを描いたもので、前作よりスケールアップしている。
この作品で、まだ当時日本に1台しかなかった最新型のスタインベック編集機を使ってポジ編集をしたそうだ。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


35mm Steenbeck編集機                                       三國連太郎

三國連太郎、上田耕一                益岡徹、宮本信子

洞口依子                        笠智衆

【ストリー】
マルサこと国税局査察部査察官・板倉亮子に、東京大学を卒業したばかりという部下がついた。亮子はある地上げ屋の脱税を追求していたが、その裏にはもっと大きな力がうごめいていた。それはヤクザであり、宗教法人であり、さらに大物政治家までもが絡んでいた。宗教法人というのはいくらお金をもうけても税金はかからない。そこに目をつけた悪人たちは、宗教法人を隠れミノに金儲けを企む。亮子たちは地上げ屋を繰る鬼沢鉄平という天の道教団の代表に目をつけ調査を始めるが、なかなかシッポをつかまえることができない。亮子らはあるとき税務署員を装い教団へと潜入するが、教徒らによって追い出されてしまった。地上げ屋のマンションの住人や大衆食堂に対する横暴が続く中で、何億円という巨額な金が動いていた。しかし、亮子たちが証拠をつかもうとすると、次々にトカゲのシッポを切るように人が殺されていく。いよいよ脱税の確信をつかんだ査察部は、天の道教団へ乗り込み、証拠書類を押収。鬼沢鉄平を取り調べまで追い込んだ。しかし、最後まで鬼沢は口を割らず挙句の果てに自ら顔を壁にぶつけて血だらけになりながら、「国税局は納税者を拷問にかけるのか」とすごむ始末。しかし、そんなとき取り調べ室まで狙撃された。鬼沢までトカゲのシッポでしかなかったのか。やがて鬼沢の腹心・猫田が死体となって発見され、鬼沢は身重の愛人と巨額の財産を隠していた自分の墓に逃げ込み高笑いし続ける。鬼沢の地上げした土地ではビルの着工を前に地鎮祭が行われ、鬼沢を背後で操って自らは手を汚すことなく利益を得た大臣・代議士・企業幹部が談笑する。その姿を少数の同僚とともにフェンス越しに隠れて見つめていた亮子は、やりきれなさに唇を噛む。


加藤治子                           岡本信人

題名:マルサの女2
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:桂昭夫
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斉藤昌利
美術:中村州志
装飾:山崎輝。石田登、富沢幸男
装置:木村浩之
美粧:小沼みどり、石垣昌子
衣装:小合恵美子、斎藤昌美
特殊効果:白組、サンク・アール
造形:江川悦子
擬斗:高瀬将嗣
カースタント:タカハシレーシング
スタント:ジャパン・アクション・クラブ
配役:笹岡幸三郎+N.C.P.
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄 ネガ編集:土井由美子
音楽:本多俊之 音楽プロデューサー:立川直樹
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:東洋照明 ゼネ:三穂電機
フィルム:イーストマンコダック(日本コダック)
現像:イマジカ
製作担当:山崎隆
製作進行:岩下真司、土井征一
助監督:久保田延廣
演技事務:朝妻秀明
演出助手:当摩寿史、片島章三、前田哲
撮影助手:高瀬比呂志、上野彰吾、石山稔、浮谷康至
特機助手:度合誠司
照明助手:橋本好和、島田正、石川和明
録音助手:桜井敬悟、高橋勝美
美術助手:沖山真保、佐々木修
衣装助手:神林泰子
編集助手:米沢幹一
グラフィックデザイン:佐村憲一
スチール:野上哲夫
出演:宮本信子、津川雅彦、三國連太郎、丹波哲郎、大地康雄、益岡徹、上田耕一、桜金造、洞口依子、マッハ文朱、岡本麗、中村竹弥、不破万作、南原宏治、洞口依子、加藤治子、きたろう、小松方正、結城美栄子、笠智衆、小鹿番、岡本信人
1988年日本・伊丹プロダクション/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
マルサの女2 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


津川雅彦、小松方正              丹波哲郎、津川雅彦、宮本信子

1 2