映画「ニュージーランドの若大将」

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
ジェシカ・ピータース、加山雄三              酒井和歌子

今回は福田純監督1969年製作「ニュージーランドの若大将」をピックアップする。
本作は、若大将シリーズの第14作(社会人編の第2作)で、前作「フレッシュマン若大将」からは半年後の公開だったが、加山雄三さんの実年齢に近づけるために2年間の海外赴任をしていたという設定で、ニュージーランドとオーストラリアで長期ロケが敢行されたそうだ。

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
田中邦衛                   江原達怡、飯田蝶子、中真千子

【ストリー】
田沼雄一(加山雄三)は2年間のオーストラリアの駐在生活を出勤前にシドニー湾でクルージングするなどエンジョイしていたが、急遽本社の日東自動車からの命令で帰国することになる。帰国早々の空港でライバル会社が出迎えた外国人を追おうとして偶然にニュージーランド産業振興会に勤める森川節子(酒井和歌子)と同じタクシーに乗り合う。節子から当の外国人がニュージーランドの実業家オハラ氏であることを知る。宣伝課に配属された雄一は、藤原課長(藤岡琢也)のもと同期入社の小山(小鹿敦)や大島昌子(岡田可愛)と会社に出入りする大学時代からの悪友で旅行代理店・世界航空社長の青大将こと石山(田中邦衛)らと楽しく再会を祝うのだった。雄一が再び出逢った節子に目をつけた青大将は猛烈にアタックをし始め、雄一にはモデルの朝吹マリ(中山麻里)が言い寄る始末。一方、実家の鋤焼き屋・田能久でも父親(有島一郎)が支店をおろそかにして女性にのめりこんでいることにおばあちゃん(飯田蝶子)や妹と大学時代からの親友の江口の夫婦(中真千子、江原達怡)らは怒り心頭である。そんな折、ニュージーランドでのライバル会社の攻勢に対抗するため雄一は、肉の買い付けのために同行する江口とともにニュージーランドに飛ぶことになった。そんな雄一を追って節子も、また節子について青大将もニュージーランドに赴くのだった。

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
有島一郎、加山雄三                 藤岡琢也、加山雄三

題名:ニュージーランドの若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:宇野晋作
照明:佐藤幸次郎
録音:田中信行
整音:下永尚
美術:育野重一
大道具:高橋昭治
小道具:杉本茂、田代昭男、高津幸一
装置:蜷川修治
電飾:山口清
衣裳:田辺城三
結髪:上田美穂子
記録:小林孝子
編集:岩下広一
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「ニュージーランド若大将」「氷河の上を」
現像:東京現像所
製作担当:橋本利明
製作進行:西川紀之
演技事務:衣川一夫
監督助手:大森健次郎
監督助手:橋本幸治、今村一平
撮影助手:伊地智昭亘、五十畑幸勇、中尾成雄、関口芳則
照明助手:荒井定邦、村上修一、兼田晴雄、山口正春、斉藤進、増田勲、三上鴻平、山崎惣一郎
録音助手:大庭弘、金田清俊、川島洋次、里埜厚郎
美術助手:小方一男、本田清方、櫻木晶
宣伝:中須英男
協力:パンアメリカン航空、日産自動車
スチール:橋山直己
出演:加山雄三、酒井和歌子、田中邦衛、有島一郎、江原達怡、佐野周二、藤岡琢也、岡田可愛、小鹿敦、中山麻理、飯田蝶子、中真千子、うつみみどり、なべおさみ、ジェシカ・ピーターズ、コロンビア・トップ・ライト
1969年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー85分35mmフィルム
ニュージーランドの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ニュージーランドの若大将ニュージーランドの若大将
酒井和歌子                     酒井和歌子、加山雄三

映画「フレッシュマン若大将」



加山雄三                        酒井和歌子

今回は福田純監督1968年製作「フレッシュマン若大将」をピックアップする。
本作は、1969年1月1日に公開された若大将シリーズの第13作になる。
今作より加山雄三さんのキャラクターが学生から社会人になり、社会人編の第1作でもある。恋人役は澄ちゃん(星由里子さん)から節ちゃん(酒井和歌子さん)に代わる。1966年の「レッツゴー!若大将」で酒井和歌子さんがスチュワーデス役で短く登場するが、カメラテストあるいは現場テストだったのだろうかと推測する。


田中邦衛、酒井和歌子                    江原達怡、中真千子

【ストリー】
田沼雄一(加山雄三)は、老人を連れた高木節子(酒井和歌子)にタクシーを譲ったために、日本自動車の就職試験に間にあわなかった。受験を拒否された雄一に話しかけたのは、社長の猪股(藤田進)だった。そこで雄一は、理由も聞かず追いたてた試験官の態度を非難した。それから間もなく、雄一は彼が社長と知ったが後の祭だった。が、猪股は、率直な雄一に好感を持ち、彼を採用した。一方、田沼家では婿養子の江口(江原達怡)が、“田能久”の暖簾を継ぎ、祖母のリキ(飯田蝶子)は大張切りだった。お蔭で、すっかり影のうすれた久太郎(有島一郎)は、うっぷん晴らしにスナック通いに明け暮れるのだった。さて、雄一が配属されたのはサービス課。早速、取引先東西オートの副社長就任祝いに出かけた。ところが、その副社長が落第生の石山(田中邦衛)だったのには驚いた。それから雄一は、日曜毎に自動車の修理工場に通いはじめた。それは整備士の免許をとることと節子に会える楽しみからだった。石山が節子に求婚したのは、そんな折りだった。それからの雄一は、何をやってもヘマばかり、心の動揺はぬぐえなかった。そんなある日、東北オートの得意先、北斗観光の竹内社長(高田稔)が上京した。雄一は、石山と空港に出向いたものの、石山は途中で出会った節子と雲隠れしてしまった。その結果は、さんざんだった。顔を知らない雄一は、お得意先を商売仇にさらわれ途方に暮れてしまった。そこへ、石山が竹内を連れて戻って商取引きは万事順調に運んだ。それから数日、竹内から取引き停止の知らせが東西オートに届いた。日東製の車が、車輌不良による事故を起したというのだ。これに驚いた日東自動車は雄一を、東西車輌は石山を派遣し、不良車の調査に当らせた。事故は、商売仇の陰謀によるものだった。意気揚々と羽田に降り立つ二人。そこで節子は、石山の求婚を断り、雄一と肩を並べて去って行った。


岡田可愛                         草笛光子

題名:フレッシュマン若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:逢沢譲
照明:森弘充
特機:藤田昭、高原定
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
美術:本多好文
装置:小川峰雄
装飾:早川信清、秋元和男、高津幸一
衣裳:田辺城三
結髪:中尾さかゑ
技髪:高橋勝三
記録:小林孝子
編集:氷見正久
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「フレッシュマン若大将」「いい娘だから」
製作担当:橋本利明
製作進行:石井幸一
助監督:渡辺邦彦
監督助手:奈良正博、小島不可止
撮影助手:伊地智昭亘、田辺博通、柿沼勝、牧村寿夫
照明助手:佐藤幸次郎、栗山孝三郎、池田泰平、望月英樹、北川忠利、乾勝人、本田弘明、中谷孝正
録音助手:山田守、池田昇
美術助手:小方一男、秋森直美
編集助手:加藤八重子、船沢昌介、宮田稔
演技事務:松尾武勲
製作宣伝:中須英男
スチール:岩井隆志
出演:加山雄三、酒井和歌子、田中邦衛、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、草笛光子、藤木悠、中真千子、岡田可愛、長慶子、高橋紀子、藤岡琢也、藤田進、小泉博、高田稔、左卜全
1968年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
フレッシュマン若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中邦衛、藤岡琢也                  藤木悠、加山雄三

長慶子、加山雄三                  酒井和歌子、加山雄三

映画「キューポラのある街」

キューポラのある街
吉永小百合
キューポラのある街キューポラのある街
吉永小百合                    浜田光夫、吉永小百合

今回は浦山桐郎監督1962年製作「キューポラのある街」をピックアップする。
本作は今では見られないキューポラの煙突が風物詩だった埼玉県川口市を舞台に川口市荒川堤、南中学校庭、鋳物工場、川口銀座、川口駅前、川口オートレース場、さいたま市別所沼公園、東京都小平市日立製作所武蔵工場などで撮影したそうだ。脚本は浦山監督の師である今村昌平氏との共同執筆であり、日活の助監督だった浦山桐郎氏の監督昇格デビュー作だ。ドラマの背景にある在日朝鮮人の北朝鮮への帰国事業は、当時の朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞等のマスコミが率先し報道をして北朝鮮と朝鮮総連による”地上の楽園”と言う大嘘を多くの人に信じ込ませた事実があり、この”地上の楽園”に夢を求めて北朝鮮に渡った人々は、1984年までに約93,000人(日本人妻は約1,800人)になると言われている。今でこそ明らかな事実を踏まえると、本作のテーマはさらに深刻なものになる内容がとても皮肉だ。1960年代、その頃の日本を知るには外せない作品だと思う。

キューポラのある街キューポラのある街
加藤武、吉永小百合、鈴木光子          東野栄治郎、杉山徳子

【ストリー】
鋳物の町として有名な埼玉県川口市。銑鉄溶解炉キューポラやこしきが林立するこの町は、昔から鉄と火と汗に汚れた鋳物職人の町である。石黒辰五郎(東野栄治郎)も、昔怪我をした足をひきずりながらも、職人気質一途にこしきを守って来た炭たきである。この辰五郎のつとめている松永工場には五、六人の職工しかおらず、それも今年二十歳の塚本克巳(浜田光夫)を除いては中老の職工ばかり、それだけにこの工場が丸三という大工場に買収され、そのためクビになった辰五郎ほかの職工は翌日から路頭に迷うより仕方なかった。辰五郎の家は妻トミ(杉山徳子)、長女ジュン(吉永小百合)、長男タカユキ(市川好郎)、次男テツハル(岩城亨)の五人家族。路地裏の長屋に住んでいた。辰五郎がクビになった夜、トミはとある小病院の一室で男児を生んだが辰五郎はやけ酒を飲み歩いて病院へは顔も出さなかった。その後、退職の涙金も出ず辰五郎の家は苦しくなった。そしてささいなことでタカユキが家をとびだすような大さわぎがおこった。タカユキはサンキチ(森坂秀樹)のところへ逃げ込んだ。サンキチの父親(浜村純)が朝鮮人だというので辰五郎はタカユキがサンキチとつきあうのを喜ばなかった。そのうえ克巳が辰五郎の退職金のことでかけあって来ると、「職人がアカの世話になっちゃあ」といって皆を唖然とさせた。しかしタカユキが鳩のヒナのことで開田組のチンピラにインネンをつけられたことを知ったジュンは、敢然とチンピラの本拠へ乗り込んでタカユキを救った。貧しいながらこの姉弟の心のなかには暖かしい未来の灯があかあかとともっていた。やっとジュンの親友ノブコ(日吉順子)の父の会社に仕事がみつかった辰五郎も、新しい技術についてゆけずやめてしまいジュンを悲しませた。街をさまよったジュンは、トミが町角の飲み屋で男たちと嬌声をあげるのを見てしまった。不良の級友リス(青木加代子)にバーにつれていかれ睡眠薬をのまされてしまったジュンは、危機一髪のところで克巳が誘導した刑事(河上信夫)に助けられた。学校に行かなくなったジュンを野田先生(加藤武)の温情がつれもどした。やがて石黒家にも春がめぐって来た。克巳の会社が大拡張され、克巳の世話で辰五郎もその工場に行くこととなった。ジュンも昼間働きながら夜間高校に行くようになった。克巳もこの一家の喜びがわがことのように思えてならなかった。石黒家は久し振りの笑い声でいっぱいだった。

キューポラのある街キューポラのある街
吉行和子、吉永小百合            ー浜田光夫、東野栄治郎、杉山徳子

題名:キューポラのある街
監督:浦山桐郎
企画:大塚和
原作:早船ちよ
脚本:今村昌平、浦山桐郎
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
録音:古山恒夫
美術:中村公彦
特技:金田啓治
記録:小林圭子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:山野井政則
助監督:大木崇史
スチール:井本俊康
出演:吉永小百合、浜田光夫、市川好郎、東野栄治郎、杉山徳子、加藤武、鈴木光子、北林谷栄、吉行和子、殿山泰司、小沢昭一、菅井きん、浜村純、下元勉、小林昭二、森坂秀樹、岩城亨、日吉順子、河上信夫、青木加代子、岡田可愛
1962年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ100分35mmフィルム
キューポラのある街-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

キューポラのある街キューポラのある街
市川好郎、吉永小百合

キューポラのある街