映画「黒の奔流」


「黒の奔流」岡田茉莉子

岡田茉莉子                       山崎努

今回は渡邊祐介監督1972年製作「黒の奔流」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の推理小説「種族同盟」を映画化したものだ。先が読める筋立てだったが、山崎努さんと岡田茉莉子さんの上質な芝居にエンドロールまで安心して観れる作品だある。


松坂慶子、松村達雄                  谷口香、山崎努

【ストリー】
ある殺人事件の裁判が始まった。事件とは多摩川渓谷の旅館の女中、貝塚藤江(岡田茉莉子)がなじみの客(穂積隆信)を崖から突き落した、というのである。しかし藤江はあくまでも無罪を主張した、が、状況的には彼女の有罪を裏付けるものばかりだった。この弁護を担当したのが矢野武(山崎努)である。矢野はこの勝ち目の薄い事件を無罪に出来たら一躍有名になり、前から狙っている弁護士会々長・若宮正道(松村達雄)の娘朋子(松坂慶子)をものにできるかもしれない、という目算があったのである。弁護は難行したが、藤江に有利な新しい証人が現われ、矢野は見事、無罪判決を勝ら取る。そして矢野の思惑通り、マスコミに騒がれるとともに、若宮と朋子の祝福を受け、若宮は朋子の結婚相手に矢野を選ぶのだった。一方、藤江を自分の事務所で勤めさせていた矢野は、ある晩、藤江を抱いた。藤江は今では矢野への感謝の気持ちが思慕へと変っていたのである。やがて藤江は矢野が朋子と結婚するということを知った。藤江が朋子のことを失野に問いただすと、矢野は冷たく「僕が君と結婚すると思っていたわけではないだろうね」と言い放ち、去ろうとした。そこで藤江は、あの事件の真犯人は彼女であること、もし矢野が別れるなら裁判所へ行って全てを白状すると逆に矢野を脅迫する。矢野は憔悴の夜を送った。藤江はやりかねない。それは矢野の滅亡を意味する。やがて矢野は藤江に対して殺意をいだく。翌日、矢野は藤江に詫びを入れ、旅行に誘うと、藤江は涙ながらに喜び、数日後、富士の見える西湖畔に二人は宿をとった。藤江は幸福だった。翌朝、矢野は藤江を釣に誘った。人気のない霧の湖上を二人を乗せたボートが沖へ向った。矢野が舟を止めると矢野の殺意には既に気が付いていたと藤江がつぶやいた。矢野は舟底のコックを抜いた、奔流のように水が舟に入って来る。矢野が脱出しようとした瞬間、藤江の体が矢野の上にのしかかり、矢野の悲鳴が上った。「先生を誰にも渡さない!」藤江の頬には止めどなく涙が流れた。折りしも流れて来た濃い霧の中に慟哭とともにボートと藤江と矢野の姿は消えていった。


佐藤慶                          黒の奔流

題名:黒の奔流
監督:渡邊祐介
製作:猪股尭
原作:松本清張「種族同盟」
脚本:國弘威雄、渡邊祐介
撮影:小杉正雄
照明:佐久間丈彦
録音:中村寛
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平
装置:森勇
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣裳
編集:寺田昭光
音楽:渡辺宙明
現像:東映化学 オプチカル合成:石川智弘
製作主任:峰順一
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:金田正
出演:岡田茉莉子、山崎努、松坂慶子、谷口香、佐藤慶、松村達雄、中村伸郎、穂積隆信、玉川伊佐男、菅井きん、谷村昌彦、高木信夫
1972年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
黒の奔流 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山崎努                       岡田茉莉子、山崎努

映画「タンポポ」


「タンポポ」山崎努、渡辺謙、加藤嘉、桜金造、安岡力也

宮本信子                         山崎努

今回は伊丹十三監督1985年製作「タンポポ」をピックアップする。
本作は、売れないラーメン屋を立て直す物語だが、本筋とは無関係ない食にまつわるエピソードが唐突に入り込んで来る構成になっている。モデルとなったラーメン店は、東京荻窪の”佐久信”を下書きにしたとされている。
2008年に本作をオマージュしたロバート・アラン・アッカーマン監督によるハリウッド映画「ラーメンガール(THE RAMEN GIRL)」が制作され、山崎努さんも出演している。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「タンポポ」宮本信子

役所広司                        岡田茉莉子

【ストリー】
雨の降る夜、タンクローリーの運転手、ゴロー(山崎努)とガン(渡辺謙)は、ふらりと来々軒というさびれたラーメン屋に入った。店内には、ピスケン(安岡力也)という図体の大きい男とその子分達がいてゴローと乱闘になる。ケガをしたゴローは、店の女主人タンポポ(宮本信子)に介抱された。彼女は夫亡き後、ターボー(池内万平)というひとり息子を抱えて店を切盛りしている。ゴローとガンのラーメンの味が今一つの言葉に、タンポポは二人の弟子にしてくれと頼み込む。そして、マラソンなど体力作り、他の店の視察と特訓が始まった。タンポポは他の店のスープの味を盗んだりするが、なかなかうまくいかない。ゴローはそんな彼女を、食通の乞食集団と一緒にいるセンセイ(加藤嘉)という人物に会わせた。それを近くのホテルの窓から、白服の男(役所広司)が情婦(黒田福美)と共に見ている。“来々軒”はゴローの提案で、“タンポポ”と名を替えることになった。ある日、ゴロー、タンポポ、ガン、センセイの四人は、そば屋で餅を喉につまらせた老人(大滝秀治)を救けた。老人は富豪で、彼らは御礼にとスッポン料理と老人の運転手、ショーヘイ(桜金造)が作ったラーメンをごちそうになる。ラーメンの味は抜群で、ショーヘイも“タンポポ”を町一番の店にする協力者となった。ある日、ゴローはピスケンに声をかけられ、一対一で勝負した後、ピスケンも彼らの仲間に加わり、店の内装を担当することになった。ゴローとタンポポは互いに魅かれあうものを感じていた。一方、白服の男が何者かに撃たれる。血だらけになって倒れた彼のもとに情婦が駆けつけるが、男は息をひきとった。--やがて、タンポポの努力が実り、ゴロー達が彼女の作ったラーメンを「この味だ」という日が来た。店の改装も終わり、“タンポポ”にはお客が詰めかけ、行列が続いた。ゴローはタンクローリーに乗ってガンと共に去っていく。


津川雅彦                         藤田敏八監督

題名:タンポポ
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:田村正毅
照明:井上幸男
特機:落合保雄
録音:橋本文雄
音効:斎藤昌利 リーレコ:河野競司
美術:木村威夫
装飾:越智利治
小道具:小俣倉之助、毛尾喜泰
衣裳:小合惠美子、中山邦夫
結髪:小沼みとせり ヘアーメイク:雑賀健治
料理:石森いずみ、小川聖子
配役:笹岡幸三郎
擬斗:高瀬将嗣
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄 ネガ編集:荒川鎮雄
音楽:村井邦彦
現像:東洋現像所
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
製作担当:川崎隆
製作進行:長田忠彦、岩下真司
演技事務:桜田繁
助監督:白山一城
演出助手:久保田延広、鈴木健二
撮影助手:笠松則通、伊藤栄美、茂呂高志、三森葉子
照明助手:加藤博美、斎藤志伸、町田修一、岡本幸典、関根謙一
録音助手:林大輔、柴山申広、葛木誠
美術助手:丸山裕司
編集助手:米山幹一
グラフィック・デザイン:佐村憲一
スチール:目黒祐司、宮本一郎
出演:山崎努、宮本信子、役所広司、渡辺謙、安岡力也、加藤嘉、桜金造、岡田茉莉子、大滝秀治、津川雅彦、竹内直人、橋爪功、大友柳太朗、黒田福美、藤田敏八、松本明子、池内万平
1985年日本・伊丹プロダクション+ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー115分35mmフィルム
タンポポ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


タンポポ

映画「マルサの女」


宮本信子                              山崎努

今回は伊丹十三監督1987年製作「マルサの女」をピックアップする。
本作は、徹底したリサーチに基づいた脚本作りが、秀悦な作品として仕上がっていると思う。
テーマに沿ったストリー展開に釘付けになる演出手法は凄い。それを支える全ての俳優陣の演技に一流を魅せて戴いた。
今の日本映画で、この様に、優秀で非凡な俳優と真正プロフェシュナルのスタッフが作った劇映画が、極めて少ないのは嘆かわしいと思う。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


岡田茉莉子、津川雅彦                        芦田伸介

【ストリー】
税務所の調査官、板倉亮子(宮本信子)は、小柄で顔がソバカスだらけの不美人だが、脱税を徹底的に調べるやり手だった。ある日、彼女は一軒のラブホテルに目をつけ、そこのオーナー権藤英樹(山崎努)が売り上げ金をごまかしているのではないかと調査を始める。権藤には息子の太郎(山下大介)と内縁の妻、杉野光子(岡田茉莉子)がいた。権藤は一筋縄ではいかない相手で、なかなか証拠も掴めない。そんな時、亮子は国税局査察部に抜擢された。彼らはマルサと呼ばれる摘発のプロである。マルサとしての調査経験を積んでいった亮子は、上司の花村(津川雅彦)と組んで権藤を調べることになった。ある時、権藤の元愛人、剣持和江(志水季里子)から彼の今の愛人、鳥飼久美子(松居一代)が毎朝捨てるゴミの袋を調べろとタレコミの電話が入った。亮子たらは清掃車を追いかけ、やっとのことで証拠の書類を見つけた。権藤邸をガサ入れする日が決まった。当日の朝、出かけた光子を亮子は尾行。権藤邸に花村たちが入った途端、他の何人かが権藤の取り引き先の銀行、久美子のマンションをガサ入れする。光子の見張りを交代して権藤邸に向かった亮子は、権藤と喧嘩し、大金を持って飛びだした太郎を追いかけ慰めた。亮子が邸に戻ると、調査はほぼ完了で証拠は何も出て来なかった。花村は権藤に質問し、亮子に眼の動きを追えと命令する。そして、本棚を推定、本の中をしらみつぶしに探すが徒労に終わる。疲れた亮子が立ちあがって、体を伸ばし本棚にぶつかった途端、壁が動き奥の隠し部屋が現われ大金が見つかった。その頃、久美子の部屋では口紅に隠された多くの印鑑が発見された。また、銀行でも架空の名義が確認された。権藤から貸し金庫の鍵は光子が持っていると聞かされた花村は、光子のいる美容室に出かけ鍵を受け取る。半年後、亮子のまえに太郎のことで御礼が言いたかったと権藤が現われた。彼はまだ全部に口を割らず頑張っていた。自分のもとで働かないかと言う権藤に亮子は首を横に振る。突然、亮子が以前忘れたハンカチを出した権藤は、ナイフで指を傷つけ、血でハンカチに残りの貸し金庫の暗号を記して渡した。


大滝秀治                                     伊東四朗

題名:マルサの女
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:桂昭夫
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斉藤昌利
美術:中村州志
装飾:山崎輝
衣装:斎藤昌美
美粧:小沼みどり
衣装:小合恵美子
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄
配役:笹岡幸三郎
音楽:本多俊之 音楽監督:立川直樹
フィルム:イーストマンコダック(日本コダック)
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:東洋照明
現像:イマジカ
製作担当:川崎隆
製作進行:玉置泰、細越省吾
演出助手:久保田延廣
助監督:白山一城
グラフィックデザイン:佐村憲一
スチール:宮沢鬼太郎、柏木和明
出演:宮本信子、山崎努、津川雅彦、岡田茉莉子、小林桂樹、芦田伸介、大滝秀治、室田日出男、大地康雄、桜金造、松居一代、橋爪功、伊東四朗、杉山とく子、横山道代、白川和子、絵沢萠子、山下大介、志水季里子
1987年日本・伊丹プロダクション+ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
マルサの女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


白川和子                              宮本信子、津川雅彦

1 2 3 6